「誇りに思う」G大阪パトリックの日本語上達速度が凄い!学習ノートにも多くの反響「もう半分日本人」

2021.09.24 18:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックの語学力が伸びている。

ガンバ大阪は23日、YouTubeの公式チャンネルを更新した。投稿された動画のタイトルは『パトリック選手の日本語が上達する様子を時系列で見てみよう』というもの。その趣旨通り、昨年8月から現在までのインタビューシーンが収められている。

最初は片言に近い「アリガトウゴザイマス」が中心だったが、次第に使える単語の数が増加。直近のインタビューでは助詞も正しく使えており、リスニングに関してはほぼ問題ないのではないだろうか。

流暢な話し方以上に目を惹くのは、インタビューシーンの合間に差し込まれている学習ドリルの様子だろう。繰り返し相当な量を書き記していることからも、パトリックの勤勉さがうかがえるというものだ。

これを見たファンからは「誇りに思います」、「凄い努力家」、「語学もサッカーも頑張って欲しい」、「もう半分日本人」といった、温かみのある賛辞が送られた。

パトリックが初めて日本へやってきたのは2013年。川崎フロンターレへと加入し、夏にヴァンフォーレ甲府へと移った。翌年はブラジルへ戻ったが、同年夏にG大阪へ加入。強靭なフィジカルを生かして局面を変える"戦術パトリック"なるフレーズも生まれた。

その後はサンフレッチェ広島への移籍を経て2019年夏に再びG大阪へと加入。現在まで攻撃陣を牽引し続けている。

22日に行われた天皇杯4回戦、湘南ベルマーレとの一戦でも2ゴールを奪う大活躍。得点以外でもポストプレーや背後へのスプリントで常に相手の脅威であり続けた。

これまでも日本国籍取得への意欲を示してきたストライカー。"日本代表FWパトリック"が誕生する日も近いかもしれない。



1 2
関連ニュース
thumb

後半ATに2つのPK、GK東口の存在も輝く! 浦和vsG大阪は痛み分け【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節の1試合が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、浦和レッズvsガンバ大阪は1-1のドローに終わった。 熾烈な3位争いに食いついていきたい5位の浦和はルヴァンカップ準決勝敗退のショックも振り払う結果が欲しい一戦となるが、キャスパー・ユンカーが欠場。小泉も先発から外れ、明本が1トップでスタートから出場した。 一方、残留争いから抜け出したい14位のG大阪は今季のここまでケガもあり、ベンチにすら入れずの状況が続いたユース出身4年目の白井がJ1初先発&初出場。ケガ人が多いセンターバックは菅沼と佐藤のコンビでスタートした。 奇遇にも前節ともに5失点大敗を喫して、それぞれ2試合ぶりの勝利を目指す両者の一戦は序盤からホームチームのペースに。自陣にブロックを敷いて相手を誘い込み、速攻に繰り出そうとするG大阪だが、圧倒的にボールの主導権を握る浦和が相手の狙いを出させず、試合もコントロールする。 だが、再三にわたり、サイドを突破口に作り出したチャンスを不意にし続ける浦和は徐々にG大阪が盛り返し始めるなかで、35分に明本が負傷交代。小泉をスクランブル投入して以降も大きく流れを相手に渡さず、フィニッシュ数も増やしていくが、なかなかゴールに繋げられない。 後半も浦和ペースで進むが、ハーフタイム明けに白井とパトリックの交代を施したG大阪が前からボールを奪いに行く姿勢を強め、52分にウェリントン・シウバのパスをバイタルエリア中央で受けた宇佐美がわずか右に外れる惜しい右足ミドル。依然、攻めの場面こそ少ないが、迫る形を作る。 浦和も54分、敵陣中央でのボールカットから平野がドリブルでボックス左に持ち込み、惜しくもゴール右に外れる左足フィニッシュ。続く60分にも決定機が続き、関根の縦パスで完全に相手守備ラインの背後を抜け出した汰木がボックス中央でGK東口との一対一を迎えるが、仕留め切れない。 前半の良い時間帯を生かせず、拮抗した展開に持ち込まれてしまった浦和だが、78分までに残る交代枠を使い切ると、90分に江坂がボックス左から放った左足シュートがブロックを試みた菅沼の手に当たり、VARでPKに。これを江坂自らしっかりと決め切り、浦和が最終盤にスコアを動かす。 ところが、追いかけるG大阪も後半アディショナルタイム4分、ロングボールに反応したパトリックがボックス右でコントロールすると、対応に入った岩波のハンドを誘って、土壇場でPKチャンスをゲット。プレッシャーがかかる場面だったが、パトリックが決め切って、追いついた。 何とか突き放そうと猛攻に転じた浦和は勝ち越しのチャンスを作り出すが、G大阪守護神の東口が気迫のファインセーブで阻止され、3位浮上に向けて痛恨のドロー。G大阪も依然、苦しい内容だったが、残留に向けて敵地で最低限の勝ち点1を手にした。 浦和レッズ 1-1 ガンバ大阪 【浦和】 江坂任(後45+1) 【G大阪】 パトリック(後45+4) 2021.10.16 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:浦和vsG大阪】前節は共に5失点大敗、突き詰めるか割り切るか

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年10月16日(土) 15:00キックオフ 浦和レッズ(5位/54pt) vs ガンバ大阪(14位/33pt) [埼玉スタジアム2002] ◆今一度磨きたい崩しの一手【浦和レッズ】 中断前のリーグ戦ではヴィッセル神戸とアウェイで対戦し1-5で大敗。力なく負けてしまった。 中断期間中にはYBCルヴァンカップの準決勝でセレッソ大阪と対戦したが、2戦目では1-0で敗戦。ゴールを奪えずに、こちらも敗退と良い流れとは言えない。 神戸戦、C大阪戦とともに苦戦した理由は相手の強度の高さ。特にC大阪との第2戦は相手を押し込む時間帯もありながら、90分を通したインテンシティの高さに徐々に劣勢となっていき、跳ね返し切る力を見せられなかった。 チームとして選手の立ち位置を生かした崩しを見せる中、この局面での力弱さが露呈。局面を打開できずにゴールに迫れなくなると、自慢の攻撃陣も力を発揮できなくなってしまう。 残り7試合で3位を争う中では勝ち点を落とすのは避けたいところ。上位との試合が多く残っているだけに、下位チーム相手にはしっかりと勝ち点3を奪いたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:関根貴大、小泉佳穂、江坂任 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆ビルドアップの精度を上げられるか【ガンバ大阪】 中断前の北海道コンサドーレ札幌戦は1-5とホームで大敗。今季ワーストの試合をしてしまい、苦しい状況から抜け出せない。 降格圏との勝ち点差は「6」。得失点差で大きなビハインドを負ってしまったことで、全く余裕がなくなってしまった。 この浦和戦を皮切りに、サガン鳥栖、横浜F・マリノスと上位対決3連戦。その後にも名古屋グランパス、川崎フロンターレと上位との対戦が残っており、残留争いをする中でも特に厳しい相手が残っている状況だ。 大分トリニータ、湘南ベルマーレとライバルとの直接対決も残っているが、落とすようなことがあれば“降格”が現実味を帯びてきてしまう。その前にしっかりとチームとして立ち直りたいところだ。 崩壊した守備陣の立て直しに加え、稚拙なビルドアップをどうにかしなければいけない状況。浦和のハードなプレスであれば、札幌戦の二の舞もあり得る。戦い方にこだわるのか、それとも結果にこだわるのか。割り切った戦い方を選ぶことも必要になりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹 MF:小野瀬康介、宇佐美貴史、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 2021.10.16 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪のGK一森純が手術…3月に負傷も回復せず9月に実施

ガンバ大阪は6日、GK一森純の負傷を発表した。 クラブの発表によると、3月に左ハムストリング筋損傷と診断されていた一森はリハビリに努めていたものの、9月1日に手術を受けていたとのことだ。 検査の結果、診断も左ハムストリング付着部不全損傷に変更。全治は明かされていない。 一森は2020シーズンにファジアーノ岡山から加入。しかし、ここまでトップチームでの出場はない。 2021.10.06 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌が5発快勝でG大阪を粉砕、故・石水勲氏に白星を捧げる【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節、ガンバ大阪vs北海道コンサドーレ札幌が10月2日にパナソニックスタジアム吹田で行われ、1-5でアウェイの札幌が勝利を収めた。 前節は柏レイソルと対戦し、宇佐美の直接FKなどでリーグ戦6試合ぶりの勝利を手にしたG大阪。来シーズンに向けた新たなエンブレムやロゴも披露されるなど、『クラブ創立30周年記念マッチ』と銘打たれ今節は、倉田に代わって井手口が先発を務め、右のサイドハーフに入った。 一方、直近6試合のうち5試合で完封負けと、深刻な得点力不足にあえぐ札幌。前節のサンフレッチェ広島戦からは荒野に代えてミラン・トゥチッチを起用し、小柏を二列目に。26日に眠りについた最高顧問・石水勲氏への追悼の意を表し、喪章をつけてこの一戦に臨んだ。 高い位置からプレッシャーを掛ける札幌は、立ち上がり5分に試合を動かす。キム・ヨングォンのパスを中央でカットした駒井が自ら持ち運んでボックスに侵入。右足でグラウンダーのシュートを放つと、GK東口の手を弾いて早々にネットを揺らした。 G大阪は13分にも不安定なビルドアップからピンチを招き、小柏に裏を取られたが、GK東口がうまく外に追いやりフィニッシュまでは持ち込ませない。18分にはセットプレーからミラン・トゥチッチ、小柏に至近距離でシュートを浴びるも、いずれもGK東口が防ぎ切った。 パッとしないG大阪の最終ラインを尻目にチャンスを作り続ける札幌は32分、小柏がドリブルでボックス左に侵入してマイナスのパスを送ると、駒井は右に展開する。ルーカス・フェルナンデスがワンタッチでグラウンダーのパスを斜めに入れると、ゴールに背を向けて受けた金子は切り返して180度ターン。左アウトでネットを揺らすも、オフサイドを取られてしまった。 それでも32分にようやく追加点を奪う。こぼれ球を駒井が拾って中へ絞っていたルーカス・フェルナンデスへ預けると、前にスペースがある中、ドリブルで持ち上がる。気持ち右寄りにコースを取りながらボックスに侵入すると、対応にきた藤春の股を抜いて内側に進路を変え、カバーに入ったキム・ヨングォンもかわして右足トーキックで流し込んだ。 さらに40分にはルーカス・フェルナンデスからグラウンダーのパスが中央で送られると、ボックス手前から高嶺が左足を一閃。無回転の強烈な一撃がゴール右に突き刺し、J1初ゴールでリードを広げる。 ハーフタイムの3枚替えで巻き返しを図りたいG大阪だったが、後半も早々に札幌が仕掛ける。小柏の縦パスをキム・ヨングォンがクリアし損ね、ボールは金子の下へ。GK東口との一対一を迎えると、冷静に右足で股を抜いてネットを揺らした。 反撃の出端をくじかれたホームチームは、58分に山本のミドル、セットプレー崩れからパトリックと、次第にフィニッシュシーンが増え始める。すると65分、敵陣中央右でFKを得ると、宇佐美のキックからパトリックがヘディングを沈めて1点を返す。 83分にはこぼれ球を拾ったフリーの高尾が左足で狙ったがGK菅野の好セーブに阻まると、逆に終盤には札幌が追加点を奪取。中盤でミドルパスの応酬となり、駒井のパスが右の深い位置に出ると、ドウグラス・オリヴェイラが飛び出してきたGK東口の位置を見極めて丁寧に枠内へ流し込んだ。 そのままタイムアップを迎え、得点力不足に悩んでいたのが嘘のような5ゴールでG大阪を圧倒した札幌。3試合ぶりの勝利を石水氏に捧げた。 ガンバ大阪 1-5 北海道コンサドーレ札幌 【G大阪】 パトリック(後20) 【札幌】 駒井善成(前5) ルーカス・フェルナンデス(前32) 高嶺朋樹(前40) 金子拓郎(後2) ドウグラス・オリヴェイラ(後43) 2021.10.02 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が新エンブレム&ロゴを発表 「炎、ハート、ゴール」の要素で頭文字『G』を造形

ガンバ大阪は2日、来季から使用する新たなエンブレムとロゴを発表した。 クラブ創立30周年となり、先月27日に新たなクラブコンセプトを発表したG大阪。それを象徴するものとして、エンブレムの刷新も事前に明らかにされ、2日に本拠地で行われる明治安田生命J1リーグ第31節の北海道コンサドーレ札幌戦を前にピッチ上で実際に披露された。 新たなエンブレムは「炎、ハート、ゴール」の3つの要素が散りばめられ、G大阪の頭文字である『G』を造形。ロゴもこれまでから様変わりとなり、「エンブレムのエッセンスを取り入れた、シンプルでありながら意志の強さのあるユニークで現代的なデザイン」だと説明している。 代表取締役社長の小野忠史氏は「これまでの30年の歴史を胸に刻みながら、新たなG大阪の歴史を作るべく、その一歩を踏み出すことを決意いたしました」とコメント。さらに、新たなエンブレムやロゴとともに常勝軍団の復活を誓った。 「G大阪は来シーズンから新たなエンブレムを採用し、『常勝ガンバ』の定着はもちろん、必ずやみなさまの魅力あるG大阪を目指して参ります。今季も残り2カ月、全員の心をひとつに戦って参りますので、引き続きみなさまのご声援をよろしくお願い致します」 2021.10.02 19:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly