「レオメッシはどこ?」カディスサポーターが攻撃陣不振のバルセロナをチャントで煽る

2021.09.24 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスのサポーターがバルセロナを煽るチャントを歌い上げた。

23日に行われたラ・リーガ第6節でカディスはホーム、エスタディオ・ラモン・デ・カランサにバルセロナを迎えた。昨季は15シーズンぶりに1部を戦い残留を決めたカディスにとって、バルセロナは圧倒的な格上だったはずだ。

だが、今季のバルセロナは絶不調と言っても過言ではない。カディスのサポーターもそれを承知しているのだろう。キックオフ前のスタジアム近辺に集まった人々は次のようなチャントを歌った。

「レオメッシはどこだい?」

5季連続で得点王に輝くなど、バルセロナの顔でもあったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは今季からパリ・サンジェルマン(PSG)へ加入。彼の不在がバルセロナの調子に影を落としていることは否めず、それを揶揄した恰好だ。

試合でもバルセロナの攻撃陣を相手にクリーンシートを達成したカディス。辛抱強く戦い、ゴールレスドローで格上相手から勝ち点1をもぎ取っている。



1 2

関連ニュース
thumb

弘法にも筆の誤り、昨季ラ・リーガMVPオブラクがまさかのキャッチミス「それでも世界最高のキーパー」

アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクがまさかのキャッチミスで失点を喫した。 28日、ラ・リーガ第15節でカディスとアウェイで対戦したアトレティコは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)で惜敗したミラン戦と同じ先発メンバーを起用。[3-5-2]の布陣で臨んだ。 前半こそ0-0で終えたアトレティコだったが、56分のMFトマ・レマルのゴールを皮切りに得点を重ね、3点のリードを奪って終盤を迎えた。だが、勝利を確信して慢心が生じたのか、終了間際の86分にオブラクは失点直結のミスを犯してしまう。 自陣の左からFWアンソニー・ロサーノに強引にクロスまで持ち込まれると、ボールはDFに当たって大きく浮き上がりゴール前へ。比較的緩やかな流れ球に対し、オブラクは両手を伸ばして補球に行った。 だが、ポストが気になったのか軌道を見誤ったのか、落下地点よりも手前でジャンプ。ボールはオブラクの後方へ落ち、ゴールへと吸い込まれた。 昨シーズン、ラ・リーガ最優秀選手に選出されたオブラクによるまさかのエラーにファンも驚きと擁護のコメントを残している。 「誰もが通る道」、「彼がミスをすることはめったにないよ」、「それでも世界最高のキーパー」、「初めてミスしたのを見た」などの声がSNSに寄せられた。 さすがのオブラクもこれには苦笑いを浮かべるしかなかった。ただ、思いがけないミスをしても、チームメイトやファンからの信頼はまったく揺らいでいない様子。オブラクの積み上げてきた功績の大きさを感じさせる。 なお、試合は失点後1分も経たないうちにFWマテウス・クーニャのゴールで再びリードを広げたアトレティコが、4-1で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】昨季ラ・リーガMVP、名手オブラクがまさかの後逸</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW1Otnpl_Q8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.29 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

後半4発のアトレティコがカディスに快勝し暫定2位浮上!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは28日、ラ・リーガ第15節でカディスとアウェイで対戦し4-1で勝利した。 前節のオサスナ戦を辛勝した4位アトレティコ(勝ち点26)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)で惜敗したミラン戦と同じ先発メンバー起用。2トップにスアレスとグリーズマンを据えた[3-5-2]で臨んだ。 ここまで2勝で17位に沈むカディス(勝ち点12)に対し、アトレティコは13分にチャンス。デ・パウルの左CKをエルモソが頭で合わせると、相手DFに当たり混戦となったところをサビッチが狙ったが、シュートはわずかに枠の上に外れた。 主導権を握るアトレティコは、その後も何度かアタッキングサードまでボールを運ぶが、相手の集中した守備を前に仕掛けの部分でうまくいかず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 膠着状態が続く中、アトレティコは38分にこの試合最大の決定機が訪れる。デ・パウルのロングパスをボックス左付近でグリーズマンが競り合うと、相手DFに当たったこぼれ球をゴール前で反応したスアレスが左足ボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。57分、左サイドでボールキープしたカラスコのクロスをゴール右手前のレマルがヘディングで流し込み、アトレティコが先制に成功した。 さらにアトレティコは70分にも、レマルとのワンツーでボックス右横まで抜け出したM・ジョレンテがダイレクトクロスを供給すると、中央のグリーズマンが右足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。 2点差としたアトレティコは、73分にスアレスとレマルを下げてアンヘル・コレアとマテウス・クーニャを投入。すると76分、鮮やかなパスワークからクーニャのラストパスをボックス内で受けたアンヘル・コレアがゴール右にシュートを突き刺した。 その後、アトレティコは86分に1点を返されたが、直後のプレーでグリーズマンのロングスルーパスに反応したクーニャがボックス内から豪快にシュートを突き刺し、再びリードを3点に広げた。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。敵地で快勝したアトレティコはミラン戦からのバウンスバックに成功。暫定ながら2位に浮上している。 2021.11.29 04:30 Mon
twitterfacebook
thumb

指揮官退席の10人マジョルカが3戦連続逃げ切り失敗…久保建英は引き続き欠場《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、カディスvsマジョルカが10月31日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、1-1のドローに終わった。なお、マジョルカのMF久保建英は負傷のため招集外となった。   久保建英の欠場が続く12位のマジョルカは、降格圏の18位に沈むカディスを相手に4戦ぶりの白星を目指した。   立ち上がりからボールを握るマジョルカ、堅守速攻のカディスという構図の下で試合が進んでいく。   互いに決定機まであと一歩という状況が続いた中、22分にはペナルティアーク付近で得たFKをキッカーのセビージャが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩く。だが、29分には右CKの流れからゴール前で競った浮き球のこぼれに反応したイドリス・ババが右足のボレーを蹴り込んでマジョルカが先制に成功した。   一方、ビハインドを負ったカディスも直後の32分にヨンソンの中盤でのボール奪取から高速カウンターを発動。ロサーノのシュートのこぼれ球に反応したソブリーノがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、右足のシュートはGKマノロ・レイナに触られてクロスバーを叩く。さらに、直後にもペレアの個人技からシュートに持ち込んだが、これは枠の右に外れた。   マジョルカの1点リードで折り返した試合は後半もアウェイチームが主導権を握る。立ち上がりの49分にはイ・ガンインが得意の左足を振って相手GKに好守を強いると、55分にはセビージャの絶妙なタメからのラストパスに反応したアンヘルが右足のダイレクトシュートを狙うが、これもファインセーブに阻まれる。   その後は互いに交代カードを切り、試合は拮抗した展開に。そういった中、70分には試合の行方を大きく左右する判定が下される。   70分、イ・ガンインのスルーパスに反応したダニ・ロドリゲスが完璧に裏へ抜け出しそうになった際、イサ・カルセレンがハードなスライディングタックルを敢行。危険なファウルに加えて決定機阻止が加味されてイサにレッドカードが掲示される。だが、主審はVAR担当の助言を受けてオンフィールドレビューを行うと、当該プレーの前にババがエスピノの足をスパイクしたファウルがあったとし、イサのレッドカードを取り消しにすると共に、ババにイエローカードを掲示した。   一連の判定によって窮地を脱したカディスに俄然勢いが出る一方、マジョルカは83分にルイス・ガルシア監督が退席処分、87分には後半から投入されたセドラルが2枚目のカードをもらい退場処分。試合最終盤を指揮官不在、数的不利の状況で戦うことに。   すると、直近の試合で後半終盤の失点が目立つアウェイチームはまたしても逃げ切りに失敗する。93分、ボックス内でDFサストレがロサーノを後方から倒してしまいPK献上。これをキッカーのネグレドにゴール左隅へ決められた。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、3試合連続で逃げ切りに失敗したマジョルカは3試合連続ドローで4戦未勝利となった。 2021.10.31 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

TikTokで“100万人”のフォロワーを持つ選手がラ・リーガデビュー!

カディスのスペイン人FWペドロ・ベニート(21)がラ・リーガデビューを果たした。 カディスでのプレー経験もあるアルベルト・ベニートの息子である彼は、アルメリアのユースやスウォンジーのアカデミーに所属した後、キプロスやアメリカのクラブを転々とし、今年の夏にカディスBに加入した。 ベニートにはサッカー選手以外にもう1つの顔がある。それは、TikTokをメインとしたインフルエンサーであるということだ。 ベニートはアメリカにいた頃に動画投稿をはじめ、TikTokで100万人以上、YouTubeで10万人以上のフォロワーを有している。 ベニートは、2日にホームで行われたラ・リーガ第8節のバレンシア戦で、60分からFWアルバロ・ネグレドと代わって途中出場を果たし、ファーストチームデビュー。試合は0-0のゴールレスドローに終わったものの、ベニートには大きな拍手が送られていた。 試合後、ベニートは自身のツイッターを更新。デビューの喜びを綴っている。 「1部リーグでデビューすることは子供たちにとっての夢だが、それをキャリアの目標とするチームで、しかも子供時代のアイドルと交代して達成する気持ちは、決して言葉にできない」 「この道を選んだ僕についてきてくれたみなさん、そして愛情を注いでくれたカディスモのみなさんに感謝している。僕はこれまでも、そしてこれからもあなたたちの一員だ」 「僕たちの夢は実現したけれど、それだけで終わらせたくはない。僕たちはもっともっと戦い続ける。より魔法のような夜のために。カディス、愛している」 <span class="paragraph-title">【動画】TikTokerでもあるベニートが自身のデビュー時を音楽に乗せて動画に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>カディスB 新加入選手情報<br>\<br><br>お父ちゃんも元カディスCFに所属していたっていうペドロ・ベニートがBチームに加入しました!<a href="https://t.co/TBORaVrAl5">https://t.co/TBORaVrAl5</a> <a href="https://t.co/8SdNmRLGWX">pic.twitter.com/8SdNmRLGWX</a></p>&mdash; カディスCF|日本公式 (@Cadiz_CFJP) <a href="https://twitter.com/Cadiz_CFJP/status/1398189878551187459?ref_src=twsrc%5Etfw">May 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@pedrobenito9/video/7015216579893857541" data-video-id="7015216579893857541" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@pedrobenito9" href="https://www.tiktok.com/@pedrobenito9">@pedrobenito9</a> <p><a title="duet" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/duet">##duet</a> with @gb_hd.h4lcon </p> <a target="_blank" title="♬ sonido original - Un poco de edits " href="https://www.tiktok.com/music/sonido-original-7014914664224082693">♬ sonido original - Un poco de edits </a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2021.10.05 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

10人のバルセロナが格下カディスと辛くもドロー…守護神の好守に救われるもクーマン体制終焉近づく…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、カディスvsバルセロナが23日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、0-0のドローに終わった。 1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指した。マンデーナイト開催となったグラナダ戦ではピケとアラウホの2センターバックをルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として参加させる終盤の力業で、辛くもホームで勝ち点1を拾ったが、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。 そういった中、前日会見で短い声明を読み上げ、質疑応答を拒否した崖っぷちのオランダ人指揮官は、必勝が求められるアウェイゲームに向けて先発4人を変更。負傷のアレックス・バルデに替えてミンゲサを起用したほか、エリック・ガルシア、コウチーニョ、セルジ・ロベルトに替えて、ピケとL・デ・ヨング、プリメーラ初スタメンとなるガビを起用した。 戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握り、ホームのカディスが堅守速攻で応戦する構図で試合が進んでいく。 70%を超えるボール支配率を記録したバルセロナだったが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷く相手に対して、なかなか攻撃のスイッチを入れるパスが入らず、“ボールを持たされる”展開に。 そうなると、左ウイングに入るデパイの個での打開、L・デ・ヨングの空中戦に期待が懸かったものの、相手の集中した守備にうまく潰されてしまい、攻撃が著しく停滞した。 それでも、相手の要所で見せる果敢なカウンターアタックに対しては、ディフェンスリーダーのピケを中心に危なげなく対応。相手にシュートを1本も打たせずに試合を折り返した。 互いに決定機ゼロという見どころを欠いた前半45分を経て、試合はイーブンの状況のまま後半に突入。バルセロナはデミルを下げて後半開始からセルジ・ロベルトを右ウイングバックに配置した。 だが、キックオフ直後にはアグレッシブに入ったカディスの圧力に晒されてボックス手前のネグレドにゴール左上隅を捉えたシュートを打たれるが、これは守護神テア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだ。 前節のグラナダ戦のように相手のファーストシュートでゴールを割られずにすんだバルセロナは、ここから反撃を開始。50分には右サイドに流れたL・デ・ヨングからの絶妙なグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだデパイが左足ダイレクトで狙うが、ここはシュートをうまくミートできず。続く52分にはペナルティアーク付近で右から内へ切り込んだデパイが相手DFの股間を抜く左足のシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKレデスマの好守に阻まれた。 序盤の攻防を経て試合は前半同様に膠着状態に陥っていく。そういった流れの中でバルセロナに痛恨のアクシデントが発生。65分、直前に1枚イエローカードをもらっていたフレンキー・デ・ヨングが自身のボールコントロールのミスをリカバリーしようとした際に、相手のエスピノに不可抗力ながらも足裏を見せたタックルを見舞い、2枚目のカードをもらった退場となった。 この退場で窮地に追い込まれたクーマン監督はL・デ・ヨング、ガビを続けてベンチに下げてコウチーニョとニコ・ゴンサレスを投入。最前線にデパイを置く[4-4-1]の布陣に変更した。 格下相手に勝ち点3を持ち帰りたいものの、数的不利を撥ね返すほどのパワーを出せないバルセロナは、80分にデストを下げてリキ・プッチを投入。だが、そのリキ・プッチがファーストプレーでいきなりボールを失い、中央を持ち上がったエスピノからボックス右へ走り込むサルビは決定的なスルーパスを通される。だが、この絶体絶命のピンチはGKテア・シュテーゲンが完璧な飛び出しとコース取りで防ぎチームを救った。 守護神の2つのビッグセーブに報いたい攻撃陣は試合終盤に何とか見せ場を作る。90分、ボックス手前で得たFKの場面でリキ・プッチが横にずらしたボールを名手コウチーニョが狙うも枠を大きく外す。さらに、93分にはカウンターから攻撃参加を見せたピケの絶妙なスルーパスに反応したデパイがボックス右からファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れた。 その後、不可解な形でピッチに2つ目のボールが入ったところをブスケッツが外に蹴り出したプレーに対して、イエローカードとカディスにFKが与えられたことを受け、猛抗議のクーマン監督が退席処分に。さらに、このセットプレーの流れからアラルコンにボックス内でシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンのセーブで何とか凌いだ。 そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のバルセロナは前節のグラナダ戦に続き、格下相手にドローに持ち込むことが精いっぱいだった。これで公式戦3試合未勝利のブラウグラナは、指揮官更迭待ったなしの状況となった。 2021.09.24 07:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly