「メッシよりも優れたドリブルスキル」ボスニアリーグの試合中に犬が侵入、ボール奪取から3回の股抜き

2021.09.24 06:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボスニア・ヘルツェゴビナで稀代のドリブラーが誕生した。

21日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナのプレミイェル・リーガ(1部リーグ)、スロボダ・トゥズラvsHSKポスシェの試合中に一匹の犬が侵入した。

ゴール前にクロスが上がるというスリリングな状況下、犬はクリアボールを拾ったポスシェの選手からボールを奪取。背後からやってきた突然の侵入者に選手も驚きを隠せない。

犬はそこから"股抜き"を見せてボールをキープすると、やってき別の選手にも"股抜き"を見せる。一度はクリアされるも自ら再び拾い直すと、先ほどの選手の股下を再び潜り抜けた。

テクニカルなドリブルを見せた侵入者には、「移籍ウィンドウの価格1億ユーロ」、「スパーズにサインして」、「メッシよりも優れたドリブルスキル」などの好意的なコメントが届けられた。

満足したのか、最終的には係員に両前足を抱えあげられる格好で、抵抗することなく連れ出されたドリブラー。思わず口元がほころんでしまう一コマだ。



1 2
関連ニュース
thumb

逃げ切り失敗のウクライナ、2位キープも首位フランスにプレッシャーをかけられず《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループD第8節、ウクライナ代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が12日に行われ、1-1のドローに終わった。 首位のフランス代表(勝ち点12)を追走する2位のウクライナ(勝ち点8)と、3位のボスニア・ヘルツェゴビナ(勝ち点6)の上位対決は、。 試合は立ち上がりから優勢に試合を進めたウクライナが早い時間帯にスコアを動かす。15分、味方のスルーパスに反応してボックス左へ抜け出したツィガンコフからの正確なグラウンダーの折り返しを、ファーに走り込んだヤルモレンコが冷静に押し込んだ。 幸先よく先制に成功したウクライナは、以降も切り替えの場面で相手を上回って再三鋭い仕掛けを見せる。その流れからティムチク、ツィガンコフと追加点に迫っていく。 一方、最前線のジェコの確度の高いポストワークを軸に反撃を試みるボスニア・ヘルツェゴビナは、34分に右サイドからの高速クロスがファーに流れてコラシナツに決定機が訪れるが、2度のシュートはいずれもGKピアトフのビッグセーブに阻まれた。 ウクライナペースで進んだ試合は1-0のスコアのまま後半に突入。立ち上がりから互いに決定機まで持ち込むオープンな入りを経て、徐々に膠着状態に陥っていく。69分にはボックス手前でパスを受けたジェコが右に持ち出して見事なミドルシュートを枠の右へ飛ばすが、ここはGKピアトフの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。 それでも、後半半ばを過ぎて完全に試合の流れを掴んだボスニア・ヘルツェゴビナは77分、ピッチの幅を使った攻撃でウクライナの守備を揺さぶると、中央のプルチッチが浮き球で右サイドに展開したボールをステファノビッチがダイレクトで折り返すと、この浮き球のボールをボックス右に走り込んだアフメドジッチが見事なボレーで左隅へ流し込んだ。 この圧巻のチームゴールで追いついたはボスニア・ヘルツェゴビナは以降も優勢に試合を進めていくが、ホームで負けられないウクライナも何とかここから盛り返し、試合は拮抗した展開のままタイムアップを迎えた。 この結果、ウクライナは2位キープに成功したものの、1試合未消化のフランスにプレッシャーをかけることはできなかった。 また、同日行われた最下位カザフスタン代表(勝ち点3)と5位のフィンランド代表(勝ち点5)の下位対決は、アウェイのフィンランドが0-2で勝利し、4位に浮上している。 ウクライナ代表 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 【ウクライナ】 ヤルモレンコ(15分) 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】 アフメドジッチ(77分) カザフスタン代表 0-2 フィンランド代表 2021.10.13 06:34 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のフランスがグループ最下位のボスニア・H相手にドロー…《カタールW杯欧州予選》

フランス代表は1日、カタールW杯欧州予選グループD第4節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。 今夏に行われたユーロ2020でラウンド16敗退という苦渋を味わったフランスだが、欧州予選ではいまだ無敗でグループ首位に立っている。そのフランスは今節に向けて、GKに主将のロリス、最終ラインに右からクンデ、ヴァラン、キンペンベ、ディーニュを起用。中盤はアンカーにヴェレトゥ、インサイドハーフにポグバとレマルを据え、3トップは右からグリーズマン、ベンゼマ、ムバッペが並んだ。 予選初勝利を目指す最下位のボスニア・H(勝ち点1/1試合未消化)に対し、フランスは4分、ポグバのロングスルーパスからゴール前に抜け出したベンゼマに決定機が訪れるも、これはオフサイドの判定となる。 一進一退の展開が続く中、フランスは27分にディーニュの折り返しが相手DFに当たると、こぼれ球を拾ったムバッペがボックス左深くまで侵入しシュート。しかし、これは左ポストを直撃した。 するとフランスは36分、ボスニア・Hに先制を許す。高い位置からプレスをかけたデミロビッチがバイタルエリアでボールをカットすると、こぼれ球を拾ったジェコがボックス手前からシュートを放つと、これがゴール右隅に吸い込まれた。 先制を許したフランスは、すぐに同点に追いつく。38分、左CKをニアサイドで弾き返したジェコのクリアがグリーズマンに当たると、跳ね返ったボールがゴール前のハジカドゥニッチに当たりゴールへ。これをGKシェヒッチがかき出すも、VARの末にゴールラインを越えていたと判断され、フランスのゴールが認められた。 同点で迎えた後半、フランスはレマルを下げてチュアメニを投入。しかし50分、敵陣でボールを奪い返そうとしたクンデがコラシナツに対してスライディングタックルを見舞うと、一度はイエローカード判定となったものの、VARが入り危険なタックルとして一発レッドカードに覆った。 数的不利となったフランスはヴェレトゥを下げてデュボワを投入。膠着状態が続く中、81分にはグリーズマンとベンゼマを下げてマルシャルとコマンをピッチに送り出した。 その後も互いに何度かゴール前に迫るシーンもを演出したが最後まで追加点は生まれず。試合は1-1のドローで終了した。 ◆欧州予選グループD第4節結果 ▽9/1(水) フランス 1-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ 【フランス】 OG(後40) 【ボスニア・ヘルツェゴビナ】 ジェコ(前35) カザフスタン 2-2 ウクライナ 2021.09.02 05:43 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン弾のフランスがボスニア・Hにシャットアウト勝利《カタールW杯欧州予選》

フランス代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループD第3節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 3日前に行われたカザフスタン代表戦を2-0と快勝して1勝1分けスタートとしたフランスは、カザフスタン戦のスタメンから7選手を変更。ロリス、グリーズマン、ポグバ、レマルのみ引き続きスタメンとなった。 ピャニッチやジェコが先発となった、初戦のフィンランド代表戦を引き分けたボスニア・Hに対し、[4-2-3-1]で臨んだフランスは最前線にムバッペ、2列目に右からコマン、グリーズマン、レマルと並べた。 そのフランスが立ち上がりから押し込む展開で立ち上がると、15分に先制のチャンス。左サイドからリュカの上げたクロスにコマンが頭で合わせたが、シュートはGKの守備範囲だった。 前半半ば以降はボスニア・Hのポゼッションが高まった中、最前線のムバッペに良い形でボールが渡らず、目立ったチャンスを作れなかったフランスはゴールレスのままハーフタイムに入った。 迎えた後半も攻めあぐねたフランスは59分、コマンに代えてジルーを投入。すると直後に先制する。60分、ショートコーナーの流れからラビオの左クロスにグリーズマンがヘッドで押し込んだ。 先制後から終盤にかけてはフランスが試合をコントロール。1-0のまま逃げ切り、2勝1分けスタートとしている。 ◆欧州予選グループI第3節結果 ▽3/31(水) ボスニア・ヘルツェゴビナ 0-1 フランス 【フランス】 グリーズマン(後16) ウクライナ 1-1 カザフスタン 2021.04.01 06:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表がイバイロ・ペレフ監督のコロナ感染を発表

ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は27日、イバイロ・ペレフ監督が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表した。 24日にアウェイで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第1節のフィンランド代表戦を2-2の引き分けに終わったボスニア・ヘルツェゴビナ代表。 FSBiHによれば、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は国際親善試合のコスタリカ代表戦に向けて26日に帰国。帰国後に実施した新型コロナウイルスの検査で無症状ながら、ペレフ監督に陽性反応が見られたとのことだ。 なお、代表選手やその他のスタッフは全員に陰性が確認されたとのことだ。 ボスニア・ヘルツェゴビナは今後、27日にホームでコスタリカと対戦し、31日に欧州予選グループD第2節でフランス代表とホームで対戦する。 2021.03.27 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ベロッティ&ベラルディ弾のイタリアがボスニア・Hに快勝で準決勝進出!《UEFAネーションズリーグ》

イタリア代表は18日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1最終節でボスニア・ヘルツェゴビナ代表とのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 3日前に行われたポーランド代表戦を快勝して2勝3分けとした首位イタリアが、最下位が確定してリーグB降格となったボスニア・Hのホームに乗り込んだ一戦。 イタリアはポーランド戦のスタメンからベルナルデスキに代えてベラルディのみ変更し、[4-3-3]を継続して3トップにはベロッティ、インシーニェ、ベラルディが構えた。 新たにコラシナツがコロナ陽性となったボスニア・Hはピャニッチやクルニッチが先発となった中、イタリアが押し込む展開で立ち上がる。 すると15分にはベロッティがダイビングヘッドでゴールに迫ると、22分に先制した。ボックス手前左からインシーニェが柔らかく上げたクロスをベロッティがボレーで蹴り込んだ。 続く25分にもベラルディのカットインシュートでGKを強襲したイタリアがハーフタイムにかけても主導権を握ると、39分にはインシーニェがボックス左から際どいコントロールシュートを浴びせたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、60分にイタリアにチャンス。しかしCKの流れからボックス左のアチェルビが放ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも68分、ベラルディの2戦連発ゴールで加点する。ロカテッリの浮き球パスでボックス中央に走り込んだベラルディがボレーで蹴り込んだ。 サッスオーロのホットラインでリードを広げたイタリアは、終盤にかけては危なげなく試合を進める。負傷によって10人での戦いを強いられたボスニア・Hに対し、2-0のまま快勝したイタリアがグループ首位となり、準決勝進出を決めている。 2020.11.19 06:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly