【プレミア注目プレビュー】満身創痍スパーズvs盤石ブルーズ! 史上初“ネットゼロ”にも注目のダービー

2021.09.19 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が、日本時間19日24:30にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。離脱者の多さで早くも失速の気配漂うスパーズと、盤石のブルーズが対峙する今季最初のダービーだ。

ヌーノ新監督の下、開幕3試合連続クリーンシートで3連勝という最高のスタートを切ったトッテナム。しかし、崩しのアイデア、ボールの循環、ゲームコントロールと明確な課題が見え始めていた中、前節のクリスタル・パレス戦では多くの離脱者、後半序盤のDFタンガンガの退場というエクスキューズはあったものの、低調な内容で0-3の完敗を喫した。

数人の主力を起用してバウンスバックを図ったヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のスタッド・レンヌ戦では追いついての2-2のドローと、連敗を回避してのドローという結果自体は悪くなかったが、前述の課題解決の糸口を掴むことができなかった。新チームとしての真価が試される今回のダービーでは、マンチェスター・シティとの開幕戦のように敗色濃厚という下馬評を覆すことができるか…。

一方、プレミアリーグ開幕から公式戦4勝1分けの無敗を継続するチェルシーは、リバプール戦でのPKによる1失点を除き、流れの中ではここまで無失点と、昨季同様に守備の安定感が際立つ。さらに、新エースストライカー候補のFWルカクはここまで4戦4ゴールを記録。リーグ前節のアストン・ビラ戦(3-0)、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のゼニト戦(1-0)はいずれも難しい試合展開だったものの、苦しい時間帯にゴールを奪う、まさにエースの仕事ぶりを果たしている。

EFLカップのビラ戦を挟んでシティとの今季初対決を控える中、手負いのトッテナムを敵地できっちりと叩いて昨季リーグ王者との大一番に弾みを付けたいところだ。

なお、昨シーズンの3度の公式戦での対戦は1勝1敗1分けの全くの五分。今夏に行われたプレシーズンマッチでも2-2のドローに終わっている。また、トッテナムの新指揮官として初めてダービーに臨むヌーノ監督は、ウォルバーハンプトン時代にチェルシーと6度対戦し、2勝2敗2分けとこちらも五分の成績を収めている。

ちなみに、今回のダービーはトッテナムとイギリス『スカイ』の協力の下、トップレベルのフットボールで史上初となる“カーボン・ニュートラル(ネットゼロ)”を掲げたゲームとなる。

地球温暖化の観点から脱炭素化の取り組みが進む中、今回の試合では「二酸化炭素の排出を全体としてゼロにする」という目標の下、試合開催時の動力、スタジアムを訪れる両クラブとファンの当日の移動を、公共交通機関や自転車、バイオ燃料を用いた自動車などに変更するほか、スタジアムで提供する食事を持続可能な方法で調達された、植物性のものに限定する。また、試合中やウォームアップ時などの給水の際にはペットボトルではなく、トッテナムが特別に用意した容器を使用することになる。さらに、廃棄物の埋め立てをゼロとすべく、ゴミの分別の徹底を観客に啓発していく。

ただ、この試みで二酸化炭素の排出をゼロにすることはできないため、後日測定された排出量分を東アフリカの植林プロジェクトを支援することで、最終的にゼロにするとのことだ。

◆トッテナム◆
【4-3-3】
▽トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ロリス
DF:エメルソン、D・サンチェス、ロドン、レギロン
MF:ホイビュルク、スキップ、エンドンベレ
FW:デレ・アリ、ケイン、ブライアン・ヒル

負傷者:DFダイアー、MFセセニョン、FWベルフワイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラ
出場停止者:DFタンガンガ(1/1)

パレス戦で退場したタンガンガが出場停止となる。負傷者に関してはベルフワイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラのアタッカー3人に加え、パレス戦で負傷退場のダイアーに欠場の可能性がある。

また、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選参戦によってクロアチアでの隔離措置を取っていたDFロメロとMFロ・チェルソのアルゼンチン代表コンビ、コロンビア代表DFダビンソン・サンチェスに関しては、18日にイギリスに入国したばかりで、コンディション面に大きな不安を残す。

スタメンに関しては負傷者、合流間もない3選手のマッチフィットネス含め予想は困難だが、前述の11人の起用を予想する。ホームとはいえ、現時点での完成度で大きく劣ることもあり、より守備的な[3-4-3(3-5-2)]の採用も見込まれる。対ルカクという部分ではアタランタ時代に対戦経験がある、昨季セリエA最終優秀DFのロメロを3バックの中央でぶつけるプランもありか。

◆チェルシー◆
【3-4-2-1】
▽チェルシー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:メンディ
DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー
MF:リース・ジェームズ、ジョルジーニョ、コバチッチ、マルコス・アロンソ
MF:ハヴァーツ、マウント
FW:ルカク

負傷者:MFプリシッチ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。逆に、リバプール戦の退場でビラ戦を欠場していたリース・ジェームズが復帰する。負傷者に関してはカンテが復帰できる見込みとなっており、足首に問題を抱えるプリシッチを除き全選手が起用可能だ。

各ポジションで質の高いターンオーバーを可能な中、前述の11人をスタメンに予想する。ただ、チアゴ・シウバやカンテ、プレシーズンの前回対戦で2ゴールを挙げたツィエクといった選手たちに出番が巡ってくる可能性も十二分にある。

★注目選手
◆トッテナム:FWハリー・ケイン
Getty Images

トッテナムの注目プレーヤーは今季プレミアリーグ初ゴールが期待されるエースストライカー。昨季のプレミアリーグでいずれもリーグトップとなる23ゴール14アシストを記録したスパーズが誇る絶対的エース。しかし、クラブレベルでのトロフィー獲得を目指す28歳は、今夏にマンチェスター・シティへの移籍希望を公言。しかし、クラブ側の徹底抗戦に遭い、最終的に残留を決断した。

残留宣言後はECLプレーオフのパソス・デ・フェレイラ戦で2ゴールを挙げる見事な活躍を見せたが、以降の公式戦3試合ではノーゴールと苦戦。ただ、イングランド代表として臨んだ直近の代表戦では3試合連続でゴールを挙げており、コンディション自体に問題はなさそうだ。

ここ数試合のパフォーマンスの問題はチーム全体の攻撃のクオリティの問題だが、熾烈なリーグ戦ではチームの熟成を待っている時間はない。そのため、相棒ソン・フンミンや複数のアタッカー不在の中で臨む今回のダービーではエースの個の力が求められるところ。ダービーを得意とするケインだが、2018年11月の対戦を最後にチェルシー戦では5試合(2試合は負傷欠場)ゴールから遠ざかっている。今回の一戦で約3年ぶりのゴールを奪えるか。

◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ
Getty Images

チェルシーの注目プレーヤーは開幕から好調を維持するダイナモ。昨季、ジョルジーニョ、カンテと共にチェルシーの中盤を攻守両面で支えたクロアチア代表は、今季からディナモ・ザグレブ時代に背負った8番に背番号を変更。イングランドでは前指揮官のランパードら攻撃的MFの代名詞とされる新たな番号を背負うことになったコバチッチは、前節のビラ戦で約2年ぶりのゴールを挙げるなど、ここまでのリーグ戦4試合で1ゴール2アシストを記録。早くもチェルシー加入後のキャリアハイ更新が期待される。

昨季はジョルジーニョらと共に中盤のバランサー、ビルドアップ時に3バックからボールを引き出す仕事がメインだったが、チーム全体のビルドアップの質の向上に加え、前線にルカクという屈強なターゲットマンが加入したことで、クサビのパスを差し込んでから前線に飛び出していくプレーが増え始めている。

フィニッシュの精度に大いに伸びしろを残すが、アーセナル戦、ビラ戦で早くも良い関係を築くルカクとの連携を生かしてゴール、アシストという決定的な仕事を果たし、これまでの黒子役からダービーの主役を担いたい。


関連ニュース
thumb

ECL敗戦のトッテナムをOBが猛批判 「十分な能力も体力も、シャツを着るだけの決意と意欲もない」

かつてトッテナムでプレーしたジェイミー・オハラ氏が古巣を酷評した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でグループ全敗中だったスロベニアのムラに敗戦。アントニオ・コンテ監督が就任してから初黒星を喫したチームはこの結果、最終節に決勝トーナメント進出をかける状況となってしまった。 この試合後、『スカイ・スポーツ』に出演していたオハラ氏は古巣の選手たちに対して激怒。チームに相応しくない選手が多すぎると酷評している。 「恥ずかしいパフォーマンスだった。すべてのレベルで衝撃的だったね。スパーズは試合から何かを得ようとするため、ソン・フンミン、ルーカス・モウラ、ピエール=エミール・ホイビュルクなどの選手を投入しなければならなかった。だが、彼らを投入すること自体が恥ずべきことだろう」 「マット・ドハーティ、タンギ・エンドンベレ、デレ・アリ、ダビンソン・サンチェスのプレーは本当にショックだった。彼らは今夜のパフォーマンスを恥じるべきだ。私の意見では、彼らの何人かは二度とスパーズのシャツを着るべきではないね。これはECLの試合であり、突破するためには勝つ必要があり、コンテという新しい監督に印象を与えなければならなかったのに、このパフォーマンスだったのだから」 「ピッチにいた選手で、称賛に値する選手は一人もいない。選手たちは、まるでこの試合を否定するかのように、この試合でプレーするのはもったいかのように、公園を散歩しているようだった。これは絶対に不名誉なことだ」 「コンテが彼らに大きな変化をもたらせないのであれば、選手たちをクラブから追い出して欲しいね。哀れなものさ。十分な能力も体力もなく、スパーズのシャツを着るだけの決意と意欲もない」 「エンドンベレには6000万ポンド、ダビンソン・サンチェスには4000万ポンド、セセニョンには3000万ポンド、ドハーティには1500万ポンドも払った。計1億ポンドの価値がある選手たちがムラに対してあのようなパフォーマンスをしているのだから、恥ずかしいことだ。コンテは何かを、できるだけ早くしなければならない」 「選手たちはこれまで何人の監督を見送ってきた? ポチェッティーノ、モウリーニョ、ヌーノ・エスピリト・サント…コンテはそれに耐えられるだろうか。彼らをクラブから追い出すなり、ローンに出すなり、必要なことは何でもやって欲しい。彼らでは到底足りていない」 「ハーフタイムにコンテが何を言っても効果はなかった。毎回のトレーニング、正しい食事、正しい行動が大切だが、あの選手たちはそれをちゃんとやっていない。正しいことをしていれば、あんなパフォーマンスは出ないはずだ。ショックだよ」 2021.11.26 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

スロベニアクラブに不覚…ケインも肩落とす 「痛い」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが肩を落とした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループG4試合を消化して2勝1分け1敗で2位につけるトッテナム。25日の第5節では4戦全敗で最下位に沈むムラのホームに乗り込んだが、11分に先制点を献上した挙句、31分にMFライアン・セセニョンが退場と悪い流れが続き、1-2の敗北を喫した。 スロベニアのクラブに今大会初勝利を献上したトッテナムだが、2位の座をキープ。ただ、今節の他会場で首位スタッド・レンヌと引き分けたフィテッセに勝ち点で並ばれ、最終節の結果次第で敗退の可能性が浮上している。主将のケインも試合後、イギリス『BT Sport』で落胆の思いを吐露した。 「本当に受け入れ難い。1点ビハインドでのスタートも、10人での戦いも僕らにとって難しいことだった」 「後半の僕らは闘志やスピリットを示して試合に入り、ゴールを決めそうな感じがあったが、未熟なミスで失点してしまった。受け入れ難いが、この厳しい夜から学ぶ必要がある。仕事をやり遂げられなかったし、アウェイでの夜はうまくいかないと辛いものだ」 「僕らは落ち着いて、自分たちの戦いをしたが、それだけだと足りず、試合のラスト数秒で勝ち越しを許してしまった。痛いよね。試合に出て勝つのは選手の責任。だが、今日はそれができなかった。彼らから学ぶ必要があるが、埃も払わないといけない」 また、ドレッシングルーム内の様子を尋ねられると、「当然だが、怒りや失望の感情に包まれている。僕らはこの試合で勝利が期待されたが、いくつか未熟なミスをおかして、その罰を受けた。遠征したファンや、地元に残っているファンに申し訳ない」と返している。 2021.11.26 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム監督就任後初黒星のコンテ「今のチームレベルはそれほど高くない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がチームの現状について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL) グループG第5節でスロベニアのムラと対戦した。ここまでグループ全敗中の相手に確実に勝利を収めたいところだったが、11分に先制点を許すと、32分にはMFライアン・セセニョンが2枚目のカードをもらい、退場する苦しい展開に。それでも後半、FWハリー・ケインのゴールで1度は同点としたものの、後半アディショナルタイムに再び失点を喫し、1-2で敗れた。 この結果、トッテナムはグループ2位こそキープしたものの、勝ち点でフィテッセと並ばれ、最終節に決勝トーナメント進出をかける状況となっている。 試合後のインタビューに応じたコンテ監督はトップチームからほど遠いチーム状況と分析。ここから成長していくまでには時間がかかることを強調しつつ、今後に向けて強い意気込みを示した。 「正直に言って、(就任から)3週間半が経ち、私は状況を理解し始めている。この状況は単純ではない。なぜなら現在、トッテナムのレベルがそれほど高くないのは確かだからだ」 「イングランドのトップチームとの間には大きなギャップがある。だが、このことを怖がってはいけない。私はここで仕事し、状況を改善するためにいるのだ。今の状況では忍耐と時間が必要であることは理解しており、解決すべき問題があると知っているからこそ、私はここにいる」 「状況を改善するためにはたくさんの作業が必要だ。将来的にどうなるかはわからないが、私が今、ここにいるのはトッテナムのために働くことができて幸せだからだよ」 「我々には働く意欲があるが、よりそうである必要がある。とはいえ、車を最大レベルで走らせることができたとしても、競争力を高めるには不十分な場合もある。この道が1メートルでも100メートルでも私は恐れず、準備はできているよ。同時に、とても正直に言うことになるが、我々はたくさんの仕事をして、たくさんの面で改善する必要がある」 「サッカーではビジョンを持つことが重要だ。今、自分はどこにいるのか、そして将来的に何をしたいのか、というね。私はこの面で、クラブを助けるためにここにいる」 「私は魔法使いではないから、このことを知っておいてもらうことは重要だ。3週間で仕事をしたいと思っている選手や、素晴らしいコミットメントを持っている選手を見つけることはできた。だが、それだけでは十分ではないこともある」 2021.11.26 10:33 Fri
twitterfacebook
thumb

10人スパーズが後半ATの土壇場被弾でコンテ体制初黒星…GS突破に黄色信号…《ECL》

トッテナムは25日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループG第5節でスロベニアのムラとアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。 ここまで2勝1分け1敗の勝ち点7でグループ2位に位置するトッテナムは、4戦全敗で最下位に沈むムラを相手に連勝を目指した。 コンテ監督はプレミアリーグ初勝利を挙げた直近のリーズ戦からタンガンガとケインを除く先発9人を変更。GKにゴッリーニ、3バックは右からタンガンガ、ロドン、ダビンソン・サンチェス。中盤はドハーティとセセニョンがウイングバックに入り、スキップとエンドンベレの2セントラルMF。前線はケインを1トップに置きブライアン・ヒルとデレ・アリがシャドーに入った。 立ち上がりからボールを保持して攻め手を窺うトッテナムだが、一瞬の隙を突かれて先制点を奪われる。11分、右サイド深くに侵攻したホルヴァトに対してDFサンチェスの寄せが甘くなった上、足を滑らせて易々とボックス内へ切り込まれると、見事な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺された。 すぐさま反撃に転じるトッテナムは後方からのビルドアップがなかなかうまくいかず、リズム良くボールを前へ運ぶことができない。それでも、エンドンベレやケインの個の力で徐々に局面を打開。相手陣内の深い位置まで押し込むことに成功するが、ブライアン・ヒルやデレ・アリらが最後の精度を欠きゴールまであと一歩という状況が続く。 すると、32分にはすでに1枚カードをもらっていたセセニョンがやや不用意なチャレンジで相手の足を遅れて踏んでしまう。このファウルで2枚目のカードが出されて痛恨の退場となった。 ビハインドに加え、数的不利まで背負う最悪の状況となった中、コンテ監督はドハーティを右、タンガンガを左のサイドバックに置き[4-4-1]の布陣に変更。体力がある前半の内に何とか追いつこうと、攻勢を強めていく。37分にはボックス中央でドハーティから足元にパスを受けたケインが鮮やかなターンから左足を振り抜くが、この反転シュートはわずかに枠の右へ外れた。 結局、枠内シュート0で試合を折り返したトッテナムは、後半序盤の55分に4枚替えを敢行。ドハーティ、ロドン、デレ・アリ、ブライアン・ヒルを下げてベン・デイビス、ダイアー、ソン・フンミン、ルーカス・モウラと主力を投入した。 すると、ワールドクラスのタレントの投入で攻撃のギアを上げるアウェイチームは続けて決定機を創出。まずは58分、相手陣内でルーズボールを回収したソン・フンミンが左サイドからボックス右までボールを運んで右足のシュートを放つが、これはGKの好守に遭う。このプレーで得た右CKの場面ではソン・フンミンのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わすが、これは惜しくもGK正面を突いた。 それでも、ここから完全に相手を押し込むことに成功したトッテナムは、守勢によって消耗が見え始めた相手の隙を突いてゴールをこじ開ける。72分、ボックス付近でルーカスが出したグラウンダーの縦パスに対して相手DFの対応が曖昧になったところでうまくボックス右へ抜け出したケインが飛び出したGKにシュートコースを消されたが、絶妙な右足のループシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 このゴールで落ち着くことなくあくまで勝ち点3を狙うトッテナムは、エンドンベレを下げてホイビュルクを最後のカードとして投入。セットプレーからケインやタンガンガ、ルーカスのミドルシュートなどで相手ゴールへ迫る。 だが、逆転ゴールを奪えずに後半アディショナルタイムを迎えると、ラストプレーとなった94分には中盤で足を滑らせたベン・デイビスのボールロストからカウンターを許すと、ボックス右に抜け出したマロシャに対してDFサンチェスが内への切り返しでかわされてシュートを打たれる。サンチェスが決死のブロックを敢行すると、これが裏目に出て大きくディフレクトしたボールがGKゴッリーニの頭上を越える形でゴールネットを揺らした。 そして、試合は直後にタイムアップを迎え、格下相手に大金星を献上するコンテ体制初黒星を喫したトッテナムは、同時刻開催で行われた試合で首位スタッド・レンヌと引き分けたフィテッセに勝ち点で並ばれた。この結果、得失点差で2位キープも最終節のレンヌ戦の結果次第では敗退の可能性も出てきた。 ムラ 2-1 トッテナム 【ムラ】 ホルヴァト(11分) マロシャ(90分+4) 【トッテナム】 ケイン(72分) 2021.11.26 04:51 Fri
twitterfacebook
thumb

“闘将”コンテ、練習で選手よりも熱いスライディングタックルを披露!自ら戦う姿勢を示す

アントニオ・コンテ監督が戦う姿勢を自ら示した。 今月2日にヌーノ・エスピリト・サント監督の後任としてトッテナムの新指揮官に就任したコンテ監督。早々の初陣となった5日のヨーロッパ・カンファレンスルームリーグ(ECL)第4節のフィテッセ戦で勝利を収め、7日のリーグ戦ではエバートンと引き分けに終わっていた。 就任後は食事制限を課し、チームのフィットネスレベル向上に向けた特別なトレーニングメニューを実施するなど改革に着手している。その甲斐もあってか、代表ウィーク明け後の21日のリーズ・ユナイテッド戦でリーグ戦初勝利を収めた。 トッテナムはこの度、SNSで練習風景の一部を公開。そこには選手に混ざって汗を流すコンテ監督の姿も。“闘将”と呼ばれた現役時代さながらに、魂のこもったスライディングタックルを見せる姿が確認できる。 チームに足りなかった戦う姿勢を自ら示した指揮官。閲覧したファンからも「やっぱコンテ熱いなぁ」、「実践的なアプローチはまさに選手たちが必要としているものだ」などの声が寄せられた。 25日に行われるECL第5節では、NSムラとスロベニアで一戦を交えるトッテナム。グループ最下位に沈む相手に、好パフォーマンスを見せられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】コンテ監督が現役時代さながらの魂のスライディングタックルを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today at Hotspur Way. <br><br> <a href="https://twitter.com/getir_UK?ref_src=twsrc%5Etfw">@getir_UK</a> <a href="https://t.co/LgOtxUXn52">pic.twitter.com/LgOtxUXn52</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1463561048489922560?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 18:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly