「皆様の怒りをお察し…」3rdユニフォームを巡るドルトムントファンの憤慨にプーマが謝罪

2021.09.17 20:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファンの怒りにサプライヤーが謝罪した。

大きな物議を醸し、ファンからの反発を受けているのはドルトムント。プーマが手がけた3rdユニフォームを巡って問題が起きていた。

今シーズンの3rdキットは、プーマがサプライヤーを務めるクラブで統一のデザインが用いられており、サッカーとストリートウェアの文化を融合させた新しいアプローチでユニフォームを再考するという考えのもとになされたデザインとなっている。

特徴的なのは、通常は胸に施されるクラブのエンブレムが全面から消え、背面の首元に施されていること。胸にはクラブ名とメインスポンサーが大きく記されている。

しかし、5月にこの3rdキットが出回ると、スポンサーが目立つとしてドルトムントのファンが憤慨。クラブは「ファン、新しいシーズンのカップジャージに対する批判を受けました。リークされたジャージはどのように見えるかわかりません。少々お待ちください。どうぞよろしくお願いします」と答えていた。

そんな中、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節でベシクタシュと対戦。この試合で、選手たちが実際に着用してお披露目された。

しかし、公式に着用されたユニフォームに対しても批判的な意見が殺到していた。

この件に対し、プーマのビョルン・ガルデン最高経営責任者(CEO)が謝罪したとドイツ『ビルト』が伝えた。

「ファンの皆様の怒りをお察しし、心よりお詫び申し上げます」

「ファンの批判は、BVBのロゴが素材に何度かトーンイントーン(トーンを統一して明度差を小さくした配色)で加工されているだけで、シャツの胸元に大きくエンボス加工されているものの、クラブのクレストとは明確に認識できないという点にあります」

この3rdキットは今週に入りインターネット上で公開され大騒ぎに。クラブはその事態を見て、なんとかロゴを入れることで対応したとのことだ。

しかし、全く肉眼で確認できず、透かしになっていることが大きく問題視されたが、すでにユニフォームをUEFA(欧州サッカー連盟)に登録していたため、他の対応ができなかったという。

ガルデン氏はこのようなことを二度と起こさないと約束した。

「いただいた意見を真摯に受け止め、これまでと同様に、今後のユニフォームに反映させていきたいと思う」



1 2
関連ニュース
thumb

ドルトムント、ハーランドが再負傷…指揮官「数週間の離脱になる」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督は22日、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがケガで数週間離脱することを報告した。クラブ公式で伝えられている。 今季もここまでブンデスリーガ6試合で9ゴール4アシストと、怪物っぷりを大いに表現しているハーランド。ただ、9月末から10月初旬にかけてブンデスリーガ2試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合を欠場していた。 その復帰戦となった16日のマインツ戦では2ゴールの活躍を披露したものの、19日に行われたCLのアヤックス戦でケガを再発させてしまった模様。マルコ・ローゼ監督によると股関節部分の筋肉損傷とのことで、数週間の離脱と伝えた。 指揮官はまた、DFトーマス・ムニエとDFニコ・シュルツの離脱も確認。後者はこれで今季2度目の負傷離脱となる。 なお、今年3月に左ヒザの手術を受けたDFダン=アレックス・ザガドゥは、トレーニングには復帰しているものの、さらに14日間はリザーブチームで練習試合に励むとのことだ。 ここまでのドルトムントは、ブンデスリーガで6勝2敗と、首位のバイエルンに食らいつく成績を残している。しかし、得点源のハーランドの離脱が長引くようであれば、苦しい時期を過ごすことになるかもしれない。 2021.10.22 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ムココの今冬武者修行のプランなし

ドルトムントは今冬の移籍市場でU-21ドイツ代表FWユスファ・ムココ(16)を武者修行に出す意向はないようだ。 10代前半から“神童”として注目を集め、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグで最年少デビュー記録を樹立するなど、早熟の天才として知られるムココ。 今シーズンはマルコ・ローゼ監督の下、ここまで公式戦8試合に出場しているが、スタメン出場は主力の負傷離脱に見舞われたボルシアMG戦の1試合に留まっている。 そういった事情もあり、よりレベルの落ちるクラブで定期的に先発でのプレー経験を得ることが、ムココの成長にとって有益との声も挙がっている。 しかし、ドルトムントの有資格選手部門責任者のセバスティアン・ケール氏は、ドイツ『シュポルト・ビルト』でその可能性を否定している。 「我々は、ユスファが16歳として成長するために必要な時間を与える。彼は非常に野心的で、毎日向上したいと思っている」 「冬のレンタルは、ユスファにとっても我々にとっても選択肢にはない」 2021.10.21 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4失点大敗のドルトムント…ローゼ監督は完敗認める「もっと良いプレーができたはずだ」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、まさかの大敗に落胆を隠さなかった。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でアヤックスと対戦。グループステージ2連勝のチーム同士の対戦となったが、11分にオウンゴールで先制点を献上したドルトムントは、そこから守備が崩壊。大量4ゴールを許すと、自慢の攻撃陣も不発に終わり0-4で敗れた。 グループステージの首位攻防戦で完敗を喫したドルトムントは、首位に勝ち点差「3」をつけられての2位となっている。試合後のローゼ監督は、内容にも結果にも落胆。アヤックスに完全に上回られたことを認めている。 「今日は我々にとって良い日ではなかった。2、3本のシュートで0-2とされてしまったが、すでに4点差で負けているようにも感じられた。2点目を取られた後は、信念の問題になったと思う。つまり、本当に強い相手に対してどのように対応するのかが重要になったのだ」 「我々はアタッキングサードにおいて、もっと良いプレーができたはずだ。あまりにも多くのミス、単純なミスをしてしまった。アヤックスは我々がゴールを奪うためのアタッキングサードでの動きがいかに少ないか、教えてくれたと思う」 「全体的に見て、アヤックスの勝利は当然以上のものだった。我々は自分たちの目標を達成するために、大きな努力が必要になるだろう」 2021.10.20 15:24 Wed
twitterfacebook
thumb

連勝対決はアヤックスがドルトムントに完勝で3連勝《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節、アヤックスvsドルトムントが20日に行われ、4-0でアヤックスが完勝した。 共に2連勝スタートとした両チームの一戦。アヤックスはアラーやタディッチ、アントニーらがスタメンとなった。 対するドルトムントはハーランドやロイス、ベリンガムらがスタメンとなった。 立ち上がりからアヤックスペースで進むと、11分に先制する。右サイド高い位置で得たFKをタディッチが直接狙うと、ロイスの頭に当たってそのままゴールに吸い込まれた。 さらに25分、アラーの落としをペナルティアーク右のブリントが左足で一閃。強烈なシュートが決まり、アヤックスに追加点が生まれた。 ドルトムントは前半追加タイム1分、ボックス左に進入したハーランドがGK強襲のシュートを放ったが、劣勢のまま前半を終えた。 迎えた後半開始3分、ハーランドのシュートがバーに直撃したドルトムントだったが、57分にアヤックスが3点目。アントニーがボックス右からカットインシュートを決めた。 さらに72分、ブリントの左クロスからアラーのヘディングシュートが決まってアヤックスが4-0で完勝。連勝対決を制し、3連勝としている。 グループCもう一試合のベシクタシュvsスポルティング・リスボンは元リバプールDFコアテスの2発などで1-4としたスポルティングが勝利。今大会初勝利を挙げている。 2021.10.20 05:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘイニエルが今冬にベンフィカ移籍? 出場機会求めかつての恩師の下へ渡るか…

レアル・マドリーからドルトムントにレンタル中のブラジル代表MFヘイニエル(19)が今冬のベンフィカ移籍を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 2020年1月にマドリーへ移籍金3000万ユーロ(約40億円)で完全移籍を果たしたヘイニエル。“カカ2世”としてセレソン、マドリーで将来を嘱望される逸材は、昨夏に2年間のレンタル移籍で育成の名門ドルトムントへ武者修行に出た。 加入1年目は公式戦19試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残したものの、先発出場はわずかに1試合。さらに、マルコ・ローゼ新監督を迎えた今季は公式戦5試合に出場しているが、いずれも試合終盤の投入と思うようにプレータイムを得られていない。 この苦境を受け、ヘイニエルは今冬のタイミングでドルトムントとのレンタル契約を打ち切り、新たなレンタル先としてベンフィカ行きを検討しているようだ。 現在、ベンフィカを率いるのはヘイニエルがフラメンゴ時代に指導を受けた恩師のジョルジェ・ジェズス監督。また、チームはリーグ戦で首位、チャンピオンズリーグ(CL)でグループ2位と好調を維持しており、同選手にとって理想的な環境と言える。 2021.10.20 00:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly