インテルに好相性のレアル・マドリー、終盤のロドリゴ弾で競り勝つ《CL》

2021.09.16 06:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節、インテルvsレアル・マドリーが15日に行われ、0-1でレアル・マドリーが勝利した。昨季もグループステージで同居し、レアル・マドリーが2連勝としていた両チームの一戦。

昨季グループステージ敗退に終わったインテルは、11季ぶりにセリエAを制覇。コンテ監督の退任に伴い、S・インザーギ監督が就任した中、セリエAでは2勝1敗スタート。直近のサンプドリア戦を引き分けたスタメンからディ・マルコに代えて負傷明けのバストーニが先発に戻った。

一方、優勝したチェルシーに敗れてベスト4敗退となったレアル・マドリーは、アンチェロッティ監督を6季ぶりに招へい。ラ・リーガでは3勝1分けスタートとした中、直近のセルタ戦のスタメンから2選手を変更し、アザールとミゲル・グティエレスに代えてL・バスケスとアラバが先発に入った。

3トップにベンゼマ、ヴィニシウス、L・バスケスと並べたレアル・マドリーがアグレッシブな入りを見せる。前線からプレスをかけ、インテルを牽制した。

しかし9分、インテルに決定機。ラウタロ・マルティネスのダイレクトパスでボックス右に抜け出したシュクリニアルがシュート。だが、GKクルトワの好守に阻まれた。

ここからインテルが盛り返すと、19分にも先制のチャンス。しかし、ペリシッチの左クロスに合わせたラウタロのヘディングシュートはGKクルトワの守備範囲だった。

その後もインテルが流れを引き寄せる中、レアル・マドリーは36分、CKからミリトンが決定的なヘディングシュートを浴びせる。

ひやりとしたインテルは43分、サイド攻撃で揺さぶり、ジェコがボレーシュート。だが、GKクルトワの再三の好守の前にゴールは奪えず0-0で前半を終えた。

迎えた後半、インテルは54分に先制のチャンス。右CKからジェコのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKクルトワのビッグセーブに阻まれた。

ここから両チームが動き、インテルはラウタロに代えてホアキン・コレアを投入。対するレアル・マドリーはL・バスケスに代えてロドリゴを投入した。

レアル・マドリーがヴィニシウスの突破力を生かして流れを引き寄せる中、引き分けかと思われた終盤の89分に試合を動かした。

ベンゼマの浮き球パスを途中出場のカマヴィンガがダイレクトで折り返し、ロドリゴが左足ボレーで決めた。

これが決勝点となってレアル・マドリーが勝利。昨季の2連勝に続き、インテルから勝利をもぎ取った。

グループDもう一試合のシェリフvsシャフタールは2-0でシェリフが勝利。CL初出場のシェリフが初勝利を飾っている。

関連ニュース
thumb

後半ATに劇的同点弾のミリトン、ファンはレジェンドCBの再来と絶賛「ネクスト・ラモスだ」

レアル・マドリーのブラジル代表DFエデル・ミリトンが劇的な同点ゴールでチームを救った。 今シーズンはラ・リーガ第14節のグラナダ戦を除き、フル出場を果たしているミリトン。23日に行われた第22節、ホームでのエルチェ戦でもスタメンに名を連ねた。 この日のマドリーはチャンスがありながらも点が取れず、逆に2点を奪われる苦しい展開を強いられた。だが、82分までビハインドの中、ルカ・モドリッチがPKを沈めて1点を返すと、試合終了間際にはミリトンが大きな仕事をやってのけた。 パワープレーで前線へと上がったミリトンは、左サイドからヴィニシウス・ジュニオールが上げたクロスを頭で合わせ、劇的な同点ゴールをゲット。そのままタイムアップを迎え、マドリーに貴重な勝ち点1をもたらした。 諦めない姿勢が生んだ同点ゴールにファンも「これがタイトルのために必要な精神」だと熱弁。さらに、昨季までマドリーに在籍し、数々のヘディングシュートを決めてきたセンターバック、セルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン)を引き合いに出し、「ネクスト・ラモスだ」、「ミリトンはラモスの再来」などとコメントするファンも現れた。 今季初ゴールでチームを救ったミリトンには、カルロ・アンチェロッティ監督もクラブ公式サイトで「かつてのラモスと同じくらいの精度」と今後に期待を寄せるコメントを残している。今後も攻守において大きな役割を担うことになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ミリトンの劇的同点ヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZFK8FMFd8S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZFK8FMFd8S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZFK8FMFd8S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.24 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、フランスで適応に苦しむメッシを擁護 「批判する人間はサッカーをわかってない」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマがパリ・サンジェルマン(PSG)で適応に苦しむアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁護した。 来月15日に1stレグが行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でPSGと対戦するマドリー。優勝候補同士の激突を前に、昨夏にPSG入りしてからリーグ・アンで12試合出場で1ゴール5アシストと鳴りを潜めている印象のメッシのコンディションにも注目が集まっている。 マドリーのエースであるベンゼマもフランス『テレフット』のインタビューで、そんなメッシについて言及。今はまだ適応の時期であり、ゴール以外の場面でチームへの貢献を果たしていると見解を示した。 「彼は世界最高の選手の1人なんだから、成功しないわけがないだろう。今は適応の時期に過ぎず、あまりゴールを決めていないけど、それ以外の場面でピッチで何をしているかを見てほしいよ」 「メッシを批判してはいけない。彼を批判する人はサッカーのことを何もわかっていないね」 新型コロナウイルス感染などによって約1カ月離脱していたものの、23日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・ランス戦で復帰を果たしたメッシ。大舞台でこそ輝く昨年のバロンドーラ―はビッグマッチでどんなプレーを見せるだろうか。 2022.01.24 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

劇的ドローのレアル・マドリー、 アンチェロッティ監督は「負けなかったことは非常に良い兆候」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームの姿勢を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは23日に行われたラ・リーガ第22節でエルチェと対戦した。立ち上がりからチャンスを作ったものの、FWカリム・ベンゼマがPKを失敗するなど、なかなか点を奪えずにいると、逆に先制点を許す展開に。ベンゼマが負傷交代となり、76分には追加点を許すなどでピンチを迎えたチームだが、そこからMFルカ・モドリッチがPKを決めて1点差とすると、後半アディショナルタイムにDFエデル・ミリトンが同点弾を記録し、2-2で試合を終えた。 この結果、2位セビージャとの勝ち点差「4」をキープしたチームについて、試合後のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は諦めない姿勢を称賛。一方で、2失点を許したことについては修正が必要だとも語った。 「敗北するかもしれないと思った、前半は少し混乱していたと思う。我々はPKを外したが、それでも多くのチャンスを作っており、落ち着いていれば得点できたはずだ。しかし、先制点を許して2点目も奪われた」 「そこからの反応はとても良く、諦めなかった。試合に負けなかったことはチームにとって非常に良い兆候だ。もっと積極的にデュエルに参加できたと思うが、2失点してしまった。より堅実になることで、試合を難しくしないようにしなければならない」 「もちろん、順位についてはこれ以上満足することはできず、考慮すべきことはたくさんある。もっと積極的に攻めれば、勝てたかもしれないしね。今は良いポジションにいるが、これからが一番大事な時期であり、タイトルを獲得するときだ」 また、アンチェロッティ監督は同点弾のミリトンに言及。かつてチームに所属していたDFセルヒオ・ラモスのようになれると今後に期待を寄せている。 「ラモスはこれまでたくさんのゴールを決めてきた。全部を覚えているわけではないが、彼はヘディングが得意であり、冗談で偉大なストライカーになるとよく言っていたよ。ミリトンはまだ学ぶ必要があり、上達もしている。彼はかつてのラモスと同じくらいの精度で、ヘディングができるのだからね」 <span class="paragraph-title">【動画】ミリトンが起死回生の劇的同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="E-uoqkYqXuU";var video_start = 322;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.24 12:31 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがミリトンの劇的弾でドローに持ち込む! エルチェはベルナベウ初勝利ならず…《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは23日、ラ・リーガ第22節でエルチェとホームで対戦し2-2の引き分けに終わった。 同一カードとなった直近のコパ・デル・レイ4回戦を延長戦の末に勝利したマドリーは、その試合から先発を大幅7人変更。ヨビッチやロドリゴ、カマヴィンガ、GKルニンらに替えてベンゼマ、アザール、モドリッチ、GKクルトワら主力が先発に名を連ねた。 新型コロナウイルスの影響でフランシスコ監督を欠くエルチェに対し、アザール、ベンゼマ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは11分に最初の決定機を創出する。ボックス左深くでボールキープしたベンゼマの落としを受けたヴィニシウスがゴールエリア左まで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKの好守に阻まれた。 主導権を握るマドリーは27分にも、ロングフィードを絶妙なトラップで収めたベンゼマがボックス内からシュートを放ったが、これも相手GKのセーブに防がれた。 さらにマドリーは、32分に敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左から侵入したヴィニシウスがパラシオスに倒されPKを獲得。しかし、ベンゼマのPKは枠の右上に外れた。 ハーフタイムにかけても攻勢を続けるマドリーだったが、一瞬の隙を突かれて失点する。42分、モヒカのスルーパスで左サイドを抜け出したフィデルがダイレクトクロスを供給すると、ゴール前に走りこんだボジェがヘディングシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したマドリーだが、すぐに反撃。44分、アラバが最前線のベンゼマへグラウンダーの縦パスを入れると、ベンゼマのヒールパスに反応したメンディがボックス左から左足を振り抜いたが、シュートはゴール右に外れた。 1点のビハインドで後半を迎えたマドリーは、開始早々の51分にボックス左から仕掛けたアザールがパラシオスに倒される。主審はPKを宣告したが、オンフィールドレビューの結果、ノーファウル判定となりPKは取り消された。 反撃したいマドリーだったが、57分にアクシデントに見舞われる。左モモ裏に違和感を訴えたベンゼマを下げてヨビッチが緊急投入。さらに64分には、クロースを下げてロドリゴをピッチに送り出した。 その後もマドリーが押し込む展開が続いたが、再びスコアを動かしたのはエルチェだった。76分、バイタルエリアでボールを受けたボジェが巧みなタッチで相手DF2人をかわしラストパスを供給。このパスでボックス右から侵入したペレ・ミジャがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ホームで2失点を喫したマドリーは、79分にアザールとルーカス・バスケスを下げてイスコとバルベルデを投入。すると81分、左CKからアラバがニアでフリックしたボールがペレ・ミジャに右手に当たるとオンフィールドレビューの結果、PKを獲得。このPKをモドリッチが冷静にゴール右隅へ沈めた。 最終盤に差し掛かり、ミリトンを前線に上げたパワープレーを敢行するマドリーは92分、イスコのパスをライン際ギリギリで残したヴィニシウスが左クロスを上げると、ミリトンがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。劇的弾で2度のビハインドを追いついたマドリーがホームで勝ち点1をもぎ取った。 2022.01.24 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

国王杯で一発退場のマルセロ、3試合の出場停止処分

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロに、3試合の出場停止処分が下った。 マルセロは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦のエルチェ戦で一発退場となった。互いにゴールレスで迎えた延長戦で、相手を背後から倒す形で決定機阻止。これがレッドカードの対象となった。 スペイン『マルカ』によれば、マルセロは3試合の出場停止処分に。チームは延長後半の2ゴールで駒を進めたが、準々決勝のアスレティック・ビルバオ戦に出場できなくなった。また、今大会は準決勝のみホーム&アウェイ方式となるが、チームが準決勝へ進出した場合は、その両方に出場できない。 なお、今回のマルセロの出場停止は4試合未満のため、出場停止がリーグ戦に適用されることはない。 2022.01.22 14:03 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly