ベシクタシュ善戦もベリンガム1G1Aのドルトムントが白星発進《CL》

2021.09.16 03:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節でベシクタシュとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

スポルティング・リスボンとアヤックスが同居しているグループC。

昨季はマンチェスター・シティに敗れてベスト16敗退に終わったドルトムントは、ローゼ新監督の下、今季のブンデスリーガ3勝1敗スタート。そのドルトムントは4-3で競り勝った4日前のレバークーゼン戦のスタメンから2選手を変更。ヴィツェルとポングラチッチに代えてフンメルスとマレンを起用した。
4シーズンぶりのCL出場となるトルコ王者ベシクタシュに対して、ハーランドとロイスの2トップで臨んだドルトムントは守勢の入りとなった中、6分にピンチ。バチュアイの個人技から決定的なシュートを打たれたが、GKコベルが好守で凌いだ。

その後も劣勢が続いたドルトムントだったが、20分に先制する。ムニエのパスを受けたボックス右のベリンガムが胸トラップからシュートを蹴り込んだ。

さらに27分、マレンのお膳立てからハーランドに追加点のチャンスが訪れるもシュートを枠に飛ばせなかった。1分後にもロイスに決定機があったが、シュートはGKの好守に阻まれる。

ハーフタイムにかけてはドルトムントが主導権を握って時間を進めると、追加タイムにはロイスの直接FKがGKを強襲。そして直後、スローインを受けたベリンガムがボックス左深くまで侵入してマイナスに折り返し、ハーランドが押し込んだ。

迎えた後半、2点をリードしたドルトムントが危なげなく時間を進めると、67分に3点目のチャンス。しかし、ハーランドのお膳立てからベリンガムの放ったシュートはGKのセーブに阻まれた。

直後にはバチュアイに決定機を許すも、GKコベルの好守で凌ぐと、71分にはハーランドがGKと一対一となる決定機を迎えたが、ここもGKデスタノギュルの好守に阻止された。

追加タイム4分にモンテーロのヘディングシュートを決められたドルトムントだったが、2-1で勝利。ベリンガムの1ゴール1アシストの活躍で白星発進としている。



関連ニュース
thumb

闘病のアラーが2度目の手術成功を明らかに! 復活にまた一歩前進

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが2度目の手術も成功した旨を報告した。 FWアーリング・ハーランドに代わる得点源として期待され、今夏にアヤックスからドルトムント入りしたアラーだが、開幕前に精巣がんが見つかって手術。それから古巣アヤックスでリハビリを始めたが、16日に自身のSNSで再び手術を受ける予定を明らかにした。 そして、完全復活が待たれる長身ストライカーは25日にSNSを更新。医療スタッフとの写真を添えて「リハビリテーションの新たな一歩。2回目の手術もうまくいった! 日頃から世話になる医療スタッフのみんな、本当にありがとう。早く続きを始めたい」と綴った。 2022.11.26 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEO、厳しい経営状況下を認める 「ウクライナ、エネルギー危機…」

ドルトムントは新型コロナウイルスによるパンデミック以降、厳しい経営状況が続いているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 21日にドルトムントの株主総会が開かれ、最高経営責任者(CEO)のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏が登壇。新型コロナによるパンデミックが全世界に経済危機をもたらして以降、自らのクラブも厳しい経営状況下にあると明言した。 「私たちはこの3年間、危機に直面したなかで運営を続けてきました。少なくともパンデミックによるそれは過ぎ去りましたが、現在はロシアのウクライナ侵攻や、それに伴う欧州のエネルギー危機の煽りを受けています」 ドルトムントは増資を行ったために負債こそないものの、2021-22シーズン会計では1億5000万ユーロ(約218億3000万円)以上の損失が生じたとのこと。昨季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、想定通りの収益を上げられなかったことも拍車をかけたという。 株主総会では財務面を統括する幹部もスピーチし、「現在の2022-23シーズン会計は損失ゼロが目標」と意欲。ホームゲームでは欧州屈指の観客動員数を誇るドルトムントだが、様々な外的要因が経営を苦しめているようだ。 2022.11.22 16:46 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、18歳ムココの獲得に動かず... マドリーやバルサら関心も

バイエルンは、ドルトムントのドイツ代表FWユスファ・ムココ(18)獲得には動かないようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今季は中断期間までにブンデスリーガで14試合6得点4アシストを記録し、18歳の若さで一気にカタールW杯メンバーまで駆け上がったムココ。ドルトムントで定位置を確保しているが、契約が2023年6月で満了を迎えるため、現状では来夏にステップアップするとの見方が強い。 すでにレアル・マドリーやバルセロナ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどといったメガクラブからの関心が取り沙汰されている一方、ドイツの絶対王者バイエルンは、すでに18歳の至宝から手を引いているとのことだ。 つい先日には、GKマヌエル・ノイアーが記者会見に同席したムココを冗談混じりにバイエルンへ勧誘するという一幕が話題を呼んだが、首脳陣らは早い段階でムココへの関心を放棄していたという。 なお、ムココ本人は給与面で折り合いがついていないという理由でドルトムントとの契約延長を保留中。しかし、エディン・テルジッチ監督への絶大な信頼があり、W杯から帰国次第、延長交渉を再開するとみられている。 2022.11.21 14:11 Mon
twitterfacebook
thumb

主要大会に縁のないロイス「これもスポーツの一部」

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが懸命に前を向いている。これまでもケガにより2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)、ユーロ2016への出場を逃した経緯のあるロイスだが、カタールW杯を前にした今回もケガにより大舞台の出場を阻まれた。 そんなロイスだが、ケガとうまく付き合い、乗り越える方法を心得ているようだ。ドイツ『ビルト』のインタビューで答えた。 「大舞台出場を逃すこともスポーツの一部だよ。僕は基本的にポジティブな人間だ。賢明に対処し、新年から新たな気持ちで戦うよ」 33歳のロイスだが、今後もドイツ代表の活動を続けていくことを明言した。 「基本的に絶対はないが、ユーロ2024を目指すよ。もちろん、それまでに多くのことが起こるだろうけど」 現在のコンディションについては以下のように述べた。 「もっと前にトップフォームを取り戻していたはずだった。残念ながら幾つかの合併症に阻まれた。少し復帰が早かったのかもしれない」 2022.11.20 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、来冬に3度目のムニエ獲得挑戦へ? 選手本人は乗り気

バルセロナが、ドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエ(31)獲得を諦めていないようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 カタールW杯にベルギー代表として参戦するムニエ。所属するドルトムントでは頬骨の骨折のため、10月中旬以降は公式戦の出場がなかったが、離脱前にリーグ戦8試合、チャンピオンズリーグ(CL)4試合に出場した。 一方のバルセロナは来冬、補強の最優先ポイントを右サイドバックに設定。今夏にアーセナルから獲得したDFエクトル・ベジェリンはすでに退団の噂が飛び交っており、新たなレギュラーにムニエを据える思惑とされる。 ムニエ本人も先日、ベルギーメディアのインタビューで「僕の実績や年齢、プレーに加え、バルサの財務状況なんかも考慮すれば、僕は彼らにぴったりのプロフィールなんじゃないかな」とコメントしていた。 だが、財政難のバルセロナにとって、ドルトムントが要求する2000万ユーロ(約29億円)前後という金額は負担が大きい模様。昨冬と今夏にもクラブ間交渉をまとめられなかった経緯があり、来冬の挑戦も困難を極めると考えられている。 2022.11.20 14:26 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly