計7発、ドルトムントがレバークーゼンとの壮絶な打ち合いを制す《ブンデスリーガ》

2021.09.12 00:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第4節、レバークーゼンvsドルトムントが11日に行われ、3-4でドルトムントが勝利した。

代表ウィーク前の前節、レバークーゼンはアウグスブルクに4-1と快勝し、2勝1分けスタート。そのレバークーゼンは[4-2-3-1]で臨み、最前線にシック、2列目に右からディアビ、ヴィルツ、パウリーニョと配置した。

対するドルトムントはホッフェンハイムとの打ち合いを何とか制し、2勝1敗スタート。中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨み、2トップにハーランドとロイス、トップ下にブラントを配置した。

オープンな展開で立ち上がった中、レバークーゼンが先手を取った。9分、ショートカウンターに転じた流れからパウリーニョのパスを受けたヴィルツがボックス中央に進入、トゥキックでシュートを蹴り込んだ。

失点したドルトムントは11分に同点のチャンスが訪れるも、ボックス中央に進入したブラントのチップキックシュートはGKフラデツキーのセーブに阻まれた。

その後はドルトムントが押し込む流れが続くと、37分に追いつく。ムニエの右クロスからハーランドのヘディングシュートが決まった。

さらに2分後、ベリンガムがヘディングシュートでネットを揺らして逆転かと思われたドルトムントだったがVARが入り、ゴール前にダフードのファウルがあったとしてノーゴールに覆った。

すると追加タイム2分、カウンターに転じた流れからヴィルツのラストパスを受けたシックがボックス左に進入してシュートを決めきり、レバークーゼンが2-1と勝ち越して前半を終えた。

迎えた後半、立ち上がりからドルトムントが攻勢に出ると、開始4分に追いつく。ハーランドのダイレクトパスをブラントが見事なコントロールで収めてボックス右に侵入、シュートを叩き込んだ。

それでも55分、レバークーゼンはCKのルーズボールを拾ったディアビがボックス手前右から右足でゴール右へシュートを蹴り込んで、三度勝ち越しに成功する。

しかし、打ち合いはまだまだ終わらない。71分、ボックス手前右で得たFKをラファエウ・ゲレイロがゴール右上へ直接叩き込んで3-3に。

さらに2分後、ボックス左に進入したロイスがコスヌに顔を叩かれると、VARの末にPKとなった。このPKをハーランドが決めてドルトムントが逆転に成功した。

そして80分のピンチをGKコベルが好守で凌いだドルトムントが4-3で勝利。レバークーゼンとの壮絶な打ち合いを制している。


関連ニュース
thumb

ドルトムント、逸材FWアデイェミの代理人と接触

ドルトムントがレッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)の代理人と接触していたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 『シュポルト・ビルト』によると、来夏のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの流出が有力視されているドルトムントは、後釜探しに動いており、快足と左利き、決定力と近いプロフィールを持つ19歳のドイツ代表FWを有力な後釜候補の一人に設定しているという。 そういった中、先日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヴォルフスブルク戦では、ドルトムントのライセンス選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏がスタジアムでスカウト活動を行い、同選手の関係者であるトーマス・ソロモン氏と話し合いの場を設けていたようだ。 ドイツの次代を担う逸材FWに関しては、バイエルン、RBライプツィヒ、リバプールといったビッグクラブがこぞって関心を示している。とりわけ、過去にアカデミーに所属していたという伝手もあるバイエルンが獲得レースをリードしているとの報道もある。 ただ、ブンデスリーガでのプレーを希望するアデイェミは、ドルトムントのプレースタイルに惹かれ、より出場機会を得られる可能性が高いこともあり、加入の可能性は十分にありそうだ。 2021.10.27 22:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ベリンガム“弟”にも関心か

ドルトムントで輝き続けるイングランド代表MFジュード・ベリンガム(写真)だが、その弟も同クラブに加入する可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 昨夏にバーミンガム史上最高の売却額となる2500万ポンド(約39億円)+数百万ポンドのインセンティブという条件でドルトムントに加入したベリンガム。6月に成人を迎え、身も心も新たに新天地デビューを果たした今季は、ここまで公式戦15試合で3ゴール7アシストと、期待に違わぬ活躍を披露している。 その才能に改めて感銘を受けたドルトムントは、彼の弟のジョーブにも関心を示しているようだ。先月に16歳になったばかりのジョーブは、兄と同じくバーミンガムの下部組織に在籍。ポジションは右ウイングで、今季はU-18プレミアリーグで5試合3ゴールをマークしている。 また、トップチームでもEFLカップの1回戦と2回戦でベンチ入りしており、クラブの最年少デビュー記録を持つ、兄の16歳38日を超える可能性もまだ残されている。 なお、『サン』によると、ドルトムントがジョーブに初めて目をつけたのは14歳の時。兄弟共に代理人は雇っておらず、現在は実父のマーク氏が管理しているとのこと。ただ、この父がなかなか手強い相手のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】そっくり過ぎるベリンガム兄弟</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BVB looking to sign Bellingham&#39;s brother Jobe to convince midfielder to stay <a href="https://t.co/yrzcyIRAPs">https://t.co/yrzcyIRAPs</a></p>&mdash; Sun Sport (@SunSport) <a href="https://twitter.com/SunSport/status/1453013739498835974?ref_src=twsrc%5Etfw">October 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.27 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

奥川ゴールもビーレフェルトは延長戦の末に敗退《DFBポカール》

DFBポカール2回戦が26日に行われ、MF奥川雅也のビーレフェルトはマインツとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末2-3で敗れた。 直近のブンデスリーガ第9節ドルトムント戦で出場機会のなかった奥川が2トップの後方、トップ下でスタートした一戦。 その奥川は開始2分に先制点を挙げる。スルーパスに抜け出し、ボックス中央まで侵入。GKとの一対一を制した。 さらに28分、ディフェンスライン裏を取った奥川に追加点のチャンス。だが、シュートはGKのセーブに阻まれた。 カウンターから好機を作るビーレフェルトは続く35分、ラズミがボックス左に進入してGKとの一対一となったが、シュートを決めきれない。 すると迎えた後半、マインツの反撃を受けたビーレフェルトは後半14分までに2失点。同点とされてしまう。 78分に奥川がピッチを後にした中、2-2で90分を終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではオープンな展開となった中、勝ち越しゴールを挙げたのはマインツ。延長後半10分、イングヴァルトセンの見事なミドルシュートが決まった。これが決勝点となってビーレフェルトは敗退となった。 また、ドルトムントはインゴルシュタットをホームに迎え、2-0で勝利した。 ケガ人続出のドルトムントは最前線にティゲス、2シャドーにブラントとヘイニエルを据える[3-4-2-1]でスタート。 ボールこそ持つものの攻めあぐねていた中27分、ベリンガムのシュートがバーに直撃。攻め手が少なくゴールレスで迎えた後半、71分にT・アザールとロイスを投入したドルトムントはその1分後に先制する。 ボックス右からブラントが入れたグラウンダーのクロスをT・アザールがダイレクトで流し込んだ。 さらに81分、ドルトムントに2点目。決めたのはまたもT・アザール。右サイドからのブラントのクロスをボレーで押し込んだ。2-0としたドルトムントが3回戦に進出している。 2021.10.27 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン以外のブンデス勢を批判のマガト氏、唯一ハーランドを称賛 「彼は他の選手と貪欲さが違う」

かつてバイエルンやヴォルフスブルクで指揮をとったフェリックス・マガト氏がバイエルン以外のブンデスリーガ勢に苦言を呈しつつ、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを称賛した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ブンデスリーガは現在、リーグ9連覇中のバイエルンが今季も9試合を消化した時点で首位を快走。2位ドルトムントが1ポイント差で追いかけているものの、王者の盤石ぶりは変わっていない。また、チャンピオンズリーグ(CL)においてもバイエルンはバルセロナやベンフィカら強豪と同組でありながら、ここまでグループステージ3戦3勝。欧州の舞台であっても万全を誇っている。 一方で、先週行われたCLグループステージ第3節ではバイエルン以外のブンデスリーガ3チーム(ライプツィヒ、ドルトムント、ヴォルフスブルク)が全て敗戦。こうした点からも、絶対王者とその他クラブとの力量差が明らかになっている。 ドイツ『Sport1』に出演したマガト氏は、バイエルン以外のブンデスリーガのクラブは勝つための取り組みを怠っていると苦言。選手の意識についても、バイエルンとその他クラブには大きな差があると語った。 「問題は勝ちたい気持ちがあるかどうかではなく、勝つために何をしているかだ。近年ではバイエルン以外のクラブは明らかにその部分が低下している」 「そしてバイエルン以外のクラブの選手からは勝ちたいという欲が見えない。だからこそ、(ヨシュア・)キミッヒ、(レオン・)ゴレツカ、(ロベルト・)レヴァンドフスキを擁するバイエルンは今も強いのだ」 また、マガト氏はバイエルン以外で強い欲を持つ選手として、ドルトムントのハーランドに言及。同クラブのキャプテンであるMFマルコ・ロイスと比較したうえで、ハーランドの持つ野心を称えた。 「ハーランドが他の選手と違うのはまさにその貪欲さにある。技術ではなくね。彼にはロイスが持っているようなクオリティはないだろう。それでも、ハーランドはロイスの2、3倍の野心を持っているのだ」 2021.10.26 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

再故障のハーランド、年内欠場の恐れが浮上…公式戦12試合を棒に?

復帰が待たれるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだが、年内欠場の恐れが浮上している。 ドルトムント入りから3季目となる今季もここまで公式戦10試合の出場で13得点と輝きを放つハーランド。ブンデスリーガでも6試合で9得点と首位バイエルンに食らいつくチームの攻撃を牽引する。 そんなノルウェー人ストライカーは9月末に負傷離脱を強いられ、16日に行われたブンデスリーガ第8節のマインツ戦で復帰。その試合でいきなり2ゴールの活躍をやってのけ、復活をアピールした。 だが、23日に行われたビーレフェルト戦前会見でマルコ・ローゼ監督から股間節のケガによる数週間の再離脱が明らかに。だが、ドイツ『ビルト』によると、程度は当初の想定よりも悪いようだ。 ハーランド家と親交がある元ノルウェー代表FWのヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏が母国のテレビ番組で「(19日に行われた)アヤックス戦が彼にとって、今年最後の試合になるかも」と話したという。 なお、ドルトムント側からは現時点でハーランドに関する続報なし。年内終了となれば、12月初旬に予定するバイエルンとのデア・クラシカーなど公式戦12試合を欠場することになるが、果たして。 2021.10.26 13:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly