イングランドvsポーランドの一戦で小競り合い…グリクがウォーカーの喉の皮膚をつまむ

2021.09.09 17:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第6節、ポーランド代表vsイングランド代表は前半終了時に小競り合いがあった。

予選5戦全勝でグループ首位に立つイングランドが、5ポイント差で2位に位置するポーランドのホームに乗り込んだグループIの頂上決戦は、0-0のまま前半終了間際にポーランドがFKを獲得する。

ここで、イングランドのDFカイル・ウォーカーとポーランドのDFカミル・グリクが言い合うと、グリクがウォーカーの喉あたりの皮膚をつまむ場面があった。ウォーカーはこれに応じず、この行為は主審の目の前であったものの特にお咎めなしでFKが行われ、その後前半終了の笛が吹かれた。

すると、今度はグリクがFKの場面で相手のファウルがあったとして主審に主張する。これをきっかけにイングランドのDFハリー・マグワイアとグリクの言い争いに発展し、両軍の選手が入り乱れる事態に。しばらくの小競り合いがあった後、ロッカールームに戻ろうとしたグリクが呼び戻され、マグワイアとグリクの2人にイエローカードが提示された。

イギリス『サン』によると、この件はすでにFAに報告されているとイングランドのFWハリー・ケインのコメントを伝えている。

「ハーフタイムの直前に事件があり、FAに報告された。彼らが慎重に調査している、まずはそれからだ」

「聞いたところではすでにそれが行われているが、まだ言われていない。僕たちは映像をみて、彼らと話す機会がなかった」

イングランドのガレス・サウスゲイト監督も同様のコメントを残している。

「どんなことが起きたのかを把握している。報告があるので、何が起こったのかをもう少し知る必要がある」

「現時点ではまだすべての証拠を収集している段階、これ以上推測する意味はない」



1 2
関連ニュース
thumb

見たことない2戦連続直接CKを決める偉業!サウサンプトン出身MFのキックに脚光

バートンのアイルランド人MFトーマス・オコナー(22)が2試合連続でCKを直接決めた。 サウサンプトンの育成組織出身のオコナーは2019年のトップチーム昇格後、EFLリーグ1(イングランド3部)のジリンガムへとレンタルで加入。2年間のローンを経た後に、サウサンプトンとの契約が満了となり、今季からはバートンへ加入していた。 16日に行われたリーグ1第13節のモアカム戦では1点ビハインドの5分、オコナーが右CKから左足でニアへ低くて速いクロスを送ると、GKが処理をし切れずにゴールイン。この試合では、オコナーは後半の開始早々にも得点を奪っている。 続く20日の第14節フリート・ウッド戦ではゴールレスで迎えた36分だ。同じく右CKから、今度は遠いサイドを狙った高いボールを送ると、誰にも触れられることなくネットを揺らした。 リーグ1の公式ツイッターは、このオコナー2本のCKを紹介。2019年のリーグ1で、FK1本とCK2本でハットトリックを達成したウィコムのジョー・ヤコブソンのキックと比較し、両者の功績を称えている。 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続の直接CK弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Scoring from corners...<a href="https://twitter.com/joe_jacobson?ref_src=twsrc%5Etfw">@joe_jacobson</a> Tom O&#39;Connor<a href="https://twitter.com/hashtag/EFL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EFL</a> | <a href="https://twitter.com/burtonalbionfc?ref_src=twsrc%5Etfw">@burtonalbionfc</a> | <a href="https://twitter.com/wwfcofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@wwfcofficial</a> <a href="https://t.co/RShNMPIoje">pic.twitter.com/RShNMPIoje</a></p>&mdash; Sky Bet League One (@SkyBetLeagueOne) <a href="https://twitter.com/SkyBetLeagueOne/status/1450837334585380870?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.21 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

失敗したPKが警備員の顔面にクリーンヒット…死角からの不意打ちもガッツポーズで無事をアピール!

外れたPKが警備員の顔面を捉えた。 20日に行われたエミレーツFAカップ予選4回戦の再試合、ウェイマスvsヨービルの一戦は1-1で90分を終え、延長戦でも決着がつかずPK戦に突入した。 後攻のヨービルは1-2とリードして迎えた4人目にトム・ノウルズが登場した。だが、右足で狙い澄ましたシュートは枠の右へ逸れたうえに、ピッチ脇にいた警備員の顔面にクリーンヒット。スタンド側を注視していた警備員は突然のボールを避けることはできず、思わぬ不意打ちを受けてしまった。 幸いなことに大事には至らなかった様子。そのうえ、問題ないことをアピールするためか、はたまたアウェイチームのPK失敗を喜んでか、警備員はたくましいガッツポーズを観客に向かって披露した。 この動画は多くのファンの目に留まることとなり、270万回以上の再生数を記録した。なお、試合はウェイマスの5人目が失敗し、PKスコア1-2でヨービルが次のステージへ駒を進めている。 <span class="paragraph-title">【動画】失敗したPKが警備員の顔面にクリーンヒットも…たくましいガッツポーズを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Forget Messi’s panenka. This penalty from Yeovil vs Weymouth’s shootout last night is exceptional <a href="https://t.co/tqsW3RbFkm">pic.twitter.com/tqsW3RbFkm</a></p>&mdash; Football Ramble (@FootballRamble) <a href="https://twitter.com/FootballRamble/status/1450734423306027009?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.21 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

飛び出したGKをかわすも水溜まりでボールが止まって置き去りに…全員でフォローし辛うじてゴールを決める

EFLリーグ1(イングランド3部)の試合で、コミカルなゴールが記録された。イギリス『サン』が伝えている。 19日のプリマスvsボルトンの一戦は悪天候の中で行われた。前半にホームのプリマスが2点を先行する展開となるが、雨足は激しさを増す。 ピッチ上の至るところに水溜まりができ、ボールが止まってしまう箇所が多数。そのような劣悪なピッチで90分が過ぎ、迎えた後半のアディショナルタイムに珍妙なゴールが生まれた。 プリマスのダニー・メイヤーはボールの止まるピッチを利用して足の長いドリブルを見せる。飛び出してきたGKをかわし、無人のゴールへ向かおうとするが、今度はボールが止まったことでメイヤー自身がオーバーラン。ボールを置いてきてしまう。 チームメイトがフォローするも、今度は過剰に丁寧になり過ぎてDFに追い付かれる始末。ボックス内にこぼれたボールをライアン・ブルームが蹴り込み、ようやくネットを揺らす。最後は水を含んだピッチを滑ってクロールのパフォーマンス見せた。 雨のピッチ特有のコミカルなゴールに両指揮官は対照的なコメントを残した。プリマスのライアン・ロウ監督は「我々が素晴らしいピッチに投資し、素晴らしいグラウンドマンに投資した結果だね。彼らはトップドローだ」とコメント。 一方でボルトンの指揮官は「最後にとんでもなくコミカルなゴールを浴びたが、境界線も不鮮明なピッチ状況ではね…。タフだった、我々は本当に難しい週を過ごしてしまったよ」とぼやくしかなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】土砂降りのピッチで生まれたコミカルなゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Celebration of the night belongs to Plymouth&#39;s Ryan Broom...<a href="https://twitter.com/ryanbroom10?ref_src=twsrc%5Etfw">@ryanbroom10</a> <a href="https://twitter.com/Only1Argyle?ref_src=twsrc%5Etfw">@Only1Argyle</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PAFC</a> <a href="https://t.co/aaB3WWqSfA">pic.twitter.com/aaB3WWqSfA</a></p>&mdash; Sporting Life Football &amp; Infogol (@InfogolApp) <a href="https://twitter.com/InfogolApp/status/1450582452385288193?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFA、ユーロ決勝での暴動についてFAに無観客&罰金処分を科す

UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ユーロ2020決勝で観衆が騒動を起こした問題でイングランドサッカー協会(FA)に2試合の無観客試合と10万ユーロ(約1330万円)の罰金処分を下した。 問題が起きたのは、7月11日にウェンブリーで行われたユーロ2020決勝のイタリア代表vsイングランド代表で、試合前にチケットを持たない多くのサポーターが警備を突破して入場するトラブルが発生。さらに会場の内外で統制が取れておらず、ピッチへの乱入や物の投げ込みもあった。 UEFAは約3か月間の調査の末に、ウェンブリー周辺で「秩序と規律の欠如」があったとし、FAに対して前述の処分を下した。無観客の対象はUEFA主催大会の代表戦となり、うち1試合は2年間の猶予期間が設けられている。 なお、FAは今回の処分を受けて同日に「今季の決定には失望したが、この処分を受け入れます」との声明を発表している。 2021.10.19 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「頭いい」ピックフォードがドリンクボトルに相手PKのデータを貼付「カンニングしている…」

エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードのドリンクボトルが画期的だと話題になっている。 17日に行われたプレミアリーグ第8節、エバートンはホームでウェストハムと激突。ピックフォードはこの日も先発に名を連ねた。 74分にセットプレーから失点を喫すると、これが決勝点となり惜敗したホームチーム。だが、この試合では意外なポイントにフォーカスが当たったようだ。 『ESPN』がピックアップしたのは守護神のドリンクボトル。そこにはなんと対戦相手のPKの傾向が貼られていた。各選手が過去に蹴った位置、成否などの詳細が、ラベルのようにボトルに貼り付けられている。 7月のユーロ2020決勝ではPK戦の末に敗れたイングランドの守護神を務めていたピックフォード。それもあってか、ファンからは「頭いい」、「クレイジー笑」、「カンニングしている…」、「ユーロ決勝のフラッシュバック」などのコメントがSNSに寄せられた。 仮にデータを覚えていたとしても、緊迫した状況では思い出すことが困難なこともあるだろう。実際、日本代表GK谷晃生などは、東京オリンピック準々決勝ニュージーランド戦のPK戦勝利後に「相手キッカーの特徴を見せてもらったけれど、覚えきれなかった」と話している。 この試合では幸か不幸か、PKの機会はなかった。だが、ピックフォードの工夫はいつか実を結ぶ日がくるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】カンニング?!相手PKの傾向がびっしりと貼り付けれられたドリンクボトル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVIpTw7MRV5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVIpTw7MRV5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVIpTw7MRV5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.18 20:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly