リベリにセリエA昇格組サレルニターナ加入の可能性! 近日中に去就決定へ

2021.09.03 23:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表FWフランク・リベリ(38)にサレルニターナ加入の可能性が浮上しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。

これまでガラタサライ、マルセイユ、バイエルンで輝かしいキャリアを築いてきたリベリは、2019年夏にフリーでフィオレンティーナへ移籍。度重なる負傷に悩まされながらも2シーズンに渡って主力として活躍した。

しかし、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ新監督の構想から外れたベテランFWは、フィレンツェ残留を希望しながらも昨シーズン限りで退団を余儀なくされた。

今夏の移籍市場ではイタリア残留を最優先にしつつ、世界中のクラブから届いたオファーを吟味してきたが、現時点でもフリーの状態が続いている。

そういった中、現在はセリエA昇格組のサレルニターナ行きの可能性が強まっているようだ。

リベリには先日エラス・ヴェローナから公式なオファーが届き、トルコのファティ・カラギュムリュクからも2年契約という好条件のオファーが届いている。

これに対して、サレルニターナは年俸150万ユーロ(約1億9500万円)+ボーナスの1年契約を掲示し、現時点では最も好感触を得ているようだ。

リベリは前述の3つのオファーを含め、去就を熟慮している段階だが、今後数日以内にも新天地を決断する構えだ。


関連ニュース
thumb

ピオリ監督が長期離脱のケアーにエール「彼は強い人間であり、困難も乗り越えていく」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、負傷したデンマーク代表DFシモン・ケアーや、来年1月の移籍市場について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランは今シーズンのセリエAで開幕から好調を維持しており、現在2位の好位置につけている。また、久々の出場となったチャンピオンズリーグ(CL)では3連敗スタートとなったが、第5節のアトレティコ・マドリー戦で勝利を収めたことにより、最終節までグループステージ突破の可能性を残す状況となった。 さらに、1日に行われたセリエA第15節のジェノア戦では3-0の完勝を収めており、リーグの連敗をストップ。首位ナポリとの勝ち点差を「1」にまで詰めている。 一方で、ジェノア戦ではチームの守備を支え続けていたケアーがヒザを負傷。3日に手術が行われ、半年程度の離脱が予想されている。 4日にはセリエA第16節のサレルニターナ戦が控える中、ピオリ監督はケアーの長期離脱についてコメント。チームとして痛手であることを認めながらも、個人的にエールを送っている。 「我々はシモンのクオリティや、人としての深みを知っている。彼のカリスマ性、個性、そして適切なタイミングでの発言は、チーム内で非常に重要なものとなっているのだ」 「我々はシモンと非常に親密であり、彼のことを心配している。しかし、すべてがうまくいくことはわかっているよ。彼は強い人間であり、こうした困難であっても乗り越えていくだろう」 また、ピオリ監督は来年1月に開かれる移籍市場についても言及。冬の補強についてはテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が以前に消極的な発言をしていたが、負傷者が出た以上状況は変わる可能性があると語った。 「長期の負傷が確認された場合、市場への介入が必要になるとクラブが考えていることは明らかだ。とはいえ、我々はチームの改善が有効と判断した時のみにそれを行うだろう。チームを改善するため、必要であればクラブは準備をするはずだ」 2021.12.04 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

「多くを与えてくれたクラブにお返しをする時」勝利に貢献のキエッリーニがチームに責任感要求

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、チームへの責任感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 キエッリーニは11月30日に行われたセリエA第15節のサレルニターナ戦で先発出場した。公式戦連敗中でリーグ7位に沈むなど不調に苦しむチームだったが、この日は積極的な姿勢を見せ前半のうちにFWパウロ・ディバラのゴールで先制。後半はなかなか追加点を挙げられない時間が続いたが、70分にFWアルバロ・モラタが追加点を挙げた後は安定した戦いを見せ、公式戦3試合ぶりの白星を手にしている。 この試合でフル出場を果たしてクリーンシート達成に貢献したキエッリーニは、試合後にチームの勝利に安堵。これからクリスマスまでの間に、チームとして良い形を見つけたいと語った。 「僕たちは特別なことをするのではなく、頭を使って意識をして、責任感を持つことを必要としている。そうでないと続けてはいけないのだから、今日は謙虚にプレーしたよ。これからは日曜日の試合を考えながら、1日1日を過ごしていかないとね」 「ユベントスは僕たち全員に多くのものを与えてくれた。だから、それをお返しする時だ。今夜はこのピッチで良いプレーができたと思う。もっと早く試合を決めるべきだったかもしれないが、良い試合はできた」 「僕は常にチームメイトを助けることを考えているよ。自分にはまだ小さな目標がたくさんあり、そのために努力している。今はクリスマスまでの間に継続性を見つけて、できるだけ多くのポイントを獲得する必要があるね」 2021.12.01 11:09 Wed
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり勝利のユーベ、アッレグリ監督は巻き返しに期待「より冷静に仕事をしなければならない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、3試合ぶりの勝利に安堵した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは11月30日に行われたセリエA第15節でサレルニターナと対戦した。チャンピオンズリーグ(CL)でチェルシーに0-4の完敗を喫し、先週末に行われたセリエA第14節でもアタランタに敗れ公式戦連敗中のチームだったが、この日は21分にFWパウロ・ディバラのゴールで先制に成功。後半にも主導権を握るとFWアルバロ・モラタのゴールでリードを広げ、そのまま2-0で勝利した。 公式戦3試合ぶりの勝利を挙げたユベントスは、暫定7位をキープ。まだトップ4との差は大きいものの、ここからの復調が期待されている。 試合後、アッレグリ監督はチームのパフォーマンスを称賛。現状が望んでいたものからほど遠いことは認めつつ、ここから挑戦の姿勢を示したいと語った。 「難しいフィールドで、チームは良いパフォーマンスを見せてくれた。現状に大きなプレッシャーを感じていたが、我々は今日、ここ数年クラブからは多くのものを与えられているのだから、責任感を持つ必要があると話し合った。試合でボールの管理をすることはうまくいったが、ライン間の加速はまだまだ改善しなければならない」 「我々には才能のある選手がいる一方、ミスをしてこそゲームの状況をよく理解できることもある。そして、今は明らかに順位が下がっているのだから、この結果を受けてより冷静に仕事をしなければならないだろう」 「こういうときは、シンプルにやるのが一番だと私は思っている。今日、私は選手たちに精神面での努力をするよう言ったが、今は我々が何かを与えることが大切だ。まだ経験を積んでいない若者たちとのプロジェクトを進めているのだからね。こうした経験はプレーすることでしか得られず、困難な状況を経験から得ることもある」 「クラブは我々にとって身近な存在であり、非常に高い存在感を放っている。ユーベのDNAは、一人の人生のサイクルを超え、今後も残っていかなければならないものだ。そして今年は、素晴らしい挑戦になるだろう」 2021.12.01 10:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラ&モラタ弾のユベントスが公式戦連敗ストップ《セリエA》

ユベントスは11月30日、セリエA第15節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 3日前に行われた前節アタランタ戦をシャットアウト負けした7位ユベントス(勝ち点21)は、公式戦連敗となった中、ボヌッチやモラタ、ラビオらがベンチスタートとなってディバラとケアンの2トップで臨んだ。 最下位サレルニターナ(勝ち点8)に対し、立ち上がりから押し込む展開としたユベントスはディバラやクルゼフスキがミドルシュートで牽制していく。 すると21分、そのままユベントスが押し切る。クルゼフスキとのパス交換からペナルティアーク中央に走り込んだディバラが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。 さらに28分、ユベントスに追加点が生まれかける。クアドラードの直接FKが左ポストに直撃したルーズボールをキエッリーニが押し込んだ。しかし、ルーズボールに反応したケアンのポジションがVARの末にオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 それでも前半半ば以降もユベントスが主導権を握ったまま前半を1-0で終えた。 迎えた後半もユベントスが敵陣で試合を進めると、ディバラやクアドラードがゴールに迫っていく。 しかし58分に大ピンチ。ボックス内からのボナッツォーリのシュートが右ポストに直撃した。 ここからバタついたユベントスは幾つかピンチを迎えたものの、70分にリードを広げる。ボックス左ゴールライン際からのベルナルデスキのクロスを途中出場のモラタが合わせた。 終盤にかけて危なげなく試合を運んだユベントスは後半追加タイムに得たPKをディバラが失敗したものの2-0で勝利。公式戦連敗を止めている。 2021.12.01 06:44 Wed
twitterfacebook
thumb

カンドレーバが2点に絡んだサンプドリアが連敗脱出! 吉田はケガの影響で今季初のリーグ戦欠場《セリエA》

吉田麻也の所属するサンプドリアは21日、セリエA第13節でサレルニターナと対戦し2-0で勝利した。吉田はケガのため欠場している。 3連敗中の18位サンプドリア(勝ち点9)が、19位サレルニターナ(勝ち点7)のホームに乗り込んだ一戦。先日まで日本代表に招集されていた吉田は、左ヒザのケガの影響でベンチ外となっている。 低迷するチーム同士の一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続いたが、サンプドリアは36分にカンドレーバの右クロスを中央のトールスビーがボレーシュート。さらに相手GKの弾いたボールをカプートがヘディングで合わせたが、このシュートもGKベレツのセーブに阻まれた。 決定機を逃したサンプドリアだったが40分、左CKのチャンスでショートコーナーを選択し、ヴェッレの落としを再び受けたカンドレーバのクロスを供給すると、これがディ・タッキオのオウンゴールを誘発した。 待望の先制点を奪ったサンプドリアは、43分にも相手CKのこぼれ球からロングカウンターを発動。自陣バイタルエリアからドリブルで持ち上がったクアリアレッラのラストパスを受けたカンドレーバがボックス右からゴール左隅にシュートを突き刺した。 2点リードで後半を迎えたサンプドリアは、立ち上がりの54分にピンチ。リベリの左CKからファーサイドのラニエリにハーフボレーシュートを打たれたが、これはGKアウデーロが右手一本でファインセーブ。 ピンチを凌いだサンプドリアは60分、中盤でのパスカットからショートカウンターを仕掛けるとヴェッレのラストパスをボックス右で受けたカプートがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定で取り消された。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。カンドレーバ弾などでサレルニターナを下したサンプドリアが連敗を3でストップした。 2021.11.22 01:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly