ファルカオがガラタサライと契約解消…ラージョ移籍で8年ぶりのラ・リーガ復帰へ

2021.09.01 09:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライは8月31日、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(35)との契約を双方合意の下で解消した。

これまでポルトやアトレティコ・マドリー、モナコと渡り歩いたファルカオは、モナコ在籍中にはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーへのローン移籍も経験し、ガラタサライには2019年夏に加入した。

ガラタサライでは通算43試合に出場し20ゴールを記録。契約は来夏まで残っていたが、深刻な財政難に陥っているクラブは400万ユーロ(約5億2000万円)とされる同選手の高額なサラリーを支払うことが難しく、今夏のタイミングでの契約解消となった。

なお、スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、ファルカオの新天地はラージョ・バジェカーノとなる模様。同選手は近日中にラージョ入りし、2023年までの2年契約にサインする見込みだ。

近年は度重なるケガなど、コンディションに問題を抱えるエル・ティグレだが、アトレティコ時代の2013年以来となるラ・リーガの舞台で再びゴール量産となるか…。


関連ニュース
thumb

リバプールでも活躍したオランダ代表FWが“自伝ヒップホップ”をリリース、ベニテス監督との関係も歌に乗せる

ガラタサライのオランダ代表FWライアン・バベルが自伝CDをリリースした。 サッカー選手として活躍する一方で、音楽にも興味を持っていたというバベル。ただ、サッカーに時間を取られることが多かったため、代わりに22歳の時にレーベルを立ち上げ、他のアーティスト作品に参加するなどしていた。 新型コロナウイルス(COVID-19)による最初のロックダウン中に持て余していたバベルは、この時に斬新な計画を思いついたという。ヒップホップで自身のライフストーリーを語るという方法を思いついたバベルは、音楽業界の仲間と連絡を取り合い、この度リリースにまで至った。 曲のタイトルは『Open Letter』。リリースに際し、バベルはイギリス『ガーディアン』に「真に成功したいのならば、普段は言いにくいことも共有すべきだって分かっていた」と語っている。 曲中ではリバプール時代のラファエル・ベニテス監督(現:エバートン監督)との関係性や、オランダ代表ルイス・ファン・ハール監督についてなども、メロディに乗せて赤裸々に歌っているとのことだ。 「けど、同時にそれをする心の準備もできていたね。関係者と執筆をしている間は刺激的だったよ。できた作品や(音楽で)こういう伝え方ができて、本当に誇りに思っている」 「曲中ではリバプールでのラファエル・ベニテスとの小さな関係について、後半ではオランダのジャーナリズムについても語っているよ」 「作り話を語るのは簡単だけど、面白いとは思わなかったし、やりたいとも思わなかった。僕の真実をできるだけありのまま共有したかったんだ」 ヒップホップという斬新な方法で自伝を作り上げたバベル。スポーツ選手にとって自身の考えを伝える新しい形となるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】バベルが作成した自伝ヒップホップのMV</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GUTfJxlwwpg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.12.01 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が来季の新監督にドイツ人指揮官のスキッべ氏を招へい、ドルトムントやフランクフルト、ギリシャ代表なども指揮

サンフレッチェ広島は25日、2022シーズンの新監督にドイツ人のミヒャエル・スキッべ氏(56)が就任することを発表した。 スキッベ氏は、シャルケで現役時代を過ごし、U-18ドイツ代表としても活躍。22歳から指導者の道を歩みシャルケU-19の監督でキャリアをスタート。その後、ドルトムントのU-19やセカンドチームで監督を務め、ファーストチームの監督も務めた。 その後、ドイツ代表のコーチ、U-18ドイツ代表、U-20ドイツ代表の監督を務めた他、レバークーゼン、ガラタサライ、フランクフルト、エスキシェヒルスポル、ヘルタ・ベルリン、カルデミル・デミル・チェリク・カラビュックスポル、グラスホッパー、ギリシャ代表でも監督を務めた。 2020年からはサウジアラビアのアル・アインで監督を務めていた。 スキッベ監督はクラブを通じてコメントしている。 「サンフレッチェ広島での時間を本当に楽しみにしています!このチームで成功すること、素晴らしいファンからのサポートを受けられること、そして日本の人々や文化を知る機会を得られることは私にとって大きな名誉です」 「サンフレッチェ広島の歴史に名を残せるような素晴らしいチームを作り上げ、皆さまと共に喜びを分かち合いたいと思っています」 広島は、10月26日に城福浩監督が退任。ヘッドコーチを務めていた沢田謙太郎氏が監督に就任したが、3試合を戦い1分け2敗と勝利がまだない状況となっている。 2021.11.25 11:21 Thu
twitterfacebook
thumb

クタラララス・デルビで退席処分のガラタサライ指揮官、最大8試合のベンチ入り禁止の可能性

ガラタサライのファティ・テリム監督に重たい処分が科される見込みだ。トルコ『fotoMac』など複数メディアが伝えている。 21日に行われたガラタサライvsフェネルバフチェのクタラララス・デルビ。共に首都イスタンブールを拠点とする両クラブの一戦は100年以上続いており、国内全土が高い関心を見せる催し物となっている。 熾烈なライバル関係にある両クラブの激突は数あるダービー・マッチの中でも指折りの過激さで知られ、選手同士の乱闘もしばしば。今回もフェネルバフチェ側に退場者を出した中、話題となっているのは、ガラタサライ指揮官だ。 この試合でテリム監督は2度の警告で退場処分となっている。前半アディショナルタイムの際に、サイドラインを越えていないボールに触ったとして1枚目のイエローカードが提示されると、後半アディショナルタイムには主審に対して暴言を浴びせたとして2枚目のイエローカードを出され退場となった。 さらに試合後には、退場処分となったにもかかわらずロッカールームに入ったと、主審からレポートが提出されており、これらを踏まえて、トルコメディアは最大8試合のベンチ入り禁止処分が科される可能性があると報じている。 なお、試合は後半アディショナルタイムのゴールでフェネルバフチェが1-2で勝利。8位のガラタサライは首位トラブゾンスポルと12ポイント差となっている。 2021.11.24 15:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ピッチ内での判定を巡って試合後に相手を煽るオランダ人DFにファンも呆れ「お互いにたわごと」

ガラタサライのオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルトがマルセイユのフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージを挑発した。 ガラタサライは9月30日、ヨーロッパリーグ(EL)グループE第2節でマルセイユとアウェイで対戦。前半にはスタンドから投げ込まれた発煙筒の影響で一時試合が中断するなど、壮絶な一戦となっていた。 ゴールレスで迎えた75分にはボックス内でゲンドゥージがファン・アーンホルトに倒されてホイッスル。マルセイユがPK獲得かと思われたが、オン・フィールド・レビューの結果、ファウルはなしとの判定が下された。 PKだと確信していたゲンドゥージはその後ファン・アーンホルトと激しいののしり合いをしていたようだが、試合後にはオランダ人DFも応戦。トレードマークの長髪を引っ張られて倒れるアーセナル時代のゲンドゥージのGIF動画を持ち出し、「落ち着けよ」とツイートした。 挑発しあう2人にはファンもやや呆れ気味。「お互いにたわごと」、「あぁ、神よ」、「ガラタサライがECLに回った時用にとっておくわ」などのコメントが寄せられた。 試合は両チーム譲らず、結局ゴールレスドローでタイムアップ。ELでの再戦は11月25日の第5節、ガラタサライのホームでの一戦となっているが、両者は再び火花を散らすことになるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ゲンドゥージの長髪を挑発するファン・アーンホルト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Running your mouth after VAR proved you wrong... likkleman needs to relax before I snatch that wig off your head ‍♂️ <br><br>Well done to my lions for a well earned point on the roads <a href="https://t.co/YQmmtVGcPa">pic.twitter.com/YQmmtVGcPa</a></p>&mdash; Patrick van Aanholt (@pvanaanholt) <a href="https://twitter.com/pvanaanholt/status/1443704333774770181?ref_src=twsrc%5Etfw">September 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.02 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターMFメンディがガラタサライ移籍か? クラブ間合意も締め切りまでに間に合うか…

レスター・シティのセネガル代表MFナンパリイズ・メンディ(29)がガラタサライにレンタル移籍する見込みだ。フランス『フット・メルカート』など複数メディアが報じている。 メンディは、モナコやニースでプレーした後、2016年7月にレスターに完全移籍。その後ニースへのレンタル移籍を経験していた。昨シーズンは公式戦29試合に出場するなど、中盤の準主力として活躍していた。 しかし、今シーズンはフランス人MFブバカリ・スマレの加入に加え、イングランド人MFキアナン・デューズバリー=ホールの台頭によって出場機会減が見込まれる。 そういった中、今夏中盤の補強に難航するガラタサライがレンタルでの獲得を打診している模様。トルコ屈指の名門はここ最近、ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ、アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー、ベンフィカのポルトガル代表MFジェジソン・フェルナンデスらの獲得に動いていたものの、クラブや選手サイドからの拒否によって交渉がまとまらず。 なお、メンディに関してはクラブ間で合意に至っているものの、トルコの移籍市場閉幕が現地時間8日夜までとなっている中、同選手が現地入りして契約にサインできるか、時間との勝負になるようだ。 2021.09.08 22:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly