アマド・ディアロ、フェイエでの武者修行話が消滅…移籍直前にケガ

2021.08.30 13:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドに所属するコートジボワール代表FWアマド・ディアロ(19)は武者修行の話がなくなったようだ。昨夏に移籍金最大3700万ポンド(現レートで約55億9000万円)でアタランタからの加入が決まり、今年1月からユナイテッドのユニフォームに袖を通したアマド・ディアロ。デビューイヤーの2020-21シーズンは公式戦8試合の出場で1ゴール1アシストの数字をマークした。

先の東京オリンピックでも背番号「10」として4試合に出場したが、ユナイテッドでの今季は合流遅れもあり、ここまで出場なし。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも復帰して、より限定的な出番が見込まれ、以前から武者修行の可能性が取り沙汰されている。

そこで貸し出し先に浮上したのがオランダの名門フェイエノールト。移籍市場のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、移籍合意に至り、メディカルチェックや渡航も予定されたが、ユナイテッドでの最後の練習で筋肉系のトラブルを訴えたという。

こうした事情を受けて、フェイエノールトにレンタル移籍という話はとん挫して、ユナイテッドに残留する模様。なお、フェイエノールトのテクニカルディレクター(TD)を務めるフランク・アルネセン氏もオランダ『AD』でアマド・ディアロのレンタル加入消滅を認めている。

「彼はケガをしてしまい、キャンセルされた。残念だが、すべてが終わりだ。マンチェスター・ユナイテッドの関係者と色々な話をしたが、あのクラブでリカバリーに努めさせるのが賢明。彼の復帰はしばらく先になるかもしれない」

関連ニュース
thumb

C・ロナウドは途中交代に不満隠さずも…ファンは「平常運転」「交代させられて満足する方がおかしい」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが不満を隠さなかった。 ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードとアウェイで対戦。前節負傷欠場のC・ロナウドは先発に復帰した。 前半のピンチを凌いだユナイテッドは、後半に先制。リードを2点に広げた後の71分、C・ロナウドを下げ、DFハリー・マグワイアを投入し守備を固めた。 C・ロナウドは交代に不満を隠さず、マグワイアとラングニック監督と握手は交わしたものの、受け取ったベンチコートを投げ捨てた。 C・ロナウドは苛立っていたものの、ファンは「ラングニックは正しい」、「よく交代させた」、「ケガ明けだしね」、「守備重視の交代」と指揮官の判断に納得のようだ。 また、「扱いにくい」という声もあるものの、「平常運転だろ」、「交代させられて満足する方がおかしい」、「これが彼の良さ」とC・ロナウドのリアクションについてもおかしなものではないという意見が多く見られる。 その後、ベンチでも不満が収まらず、ラングニック監督と会話したC・ロナウド。その時の内容について、ラングニック監督は「彼は私に『なぜ交代させるんだ』と言ってきた」と不満を打ち明けられたとコメント。ただ、「私は『聞いて欲しい。私はチームの利益のため決定を下す必要がある』と答えたよ」と明かしている。 試合は途中出場のFWマーカス・ラッシュフォードがダメ押しの3点目を決め、1点を返されたもののユナイテッドは3-1で勝利。チームの3点目の際にはC・ロナウドもベンチで喜ぶ姿を見せており、問題はないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドが不満を露わに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ronaldo was visibly upset after being subbed off <br><br>(via <a href="https://twitter.com/Slasherrrr?ref_src=twsrc%5Etfw">@Slasherrrr</a>) <a href="https://t.co/kcuMz6C6Di">pic.twitter.com/kcuMz6C6Di</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1483927514552619012?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

交代に不満のC・ロナウド、ラングニック監督がやり取り明かす「『なぜ交代させるんだ』と言ってきた」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの途中交代に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは19日に行われたプレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードと対戦。前半幾度となくピンチを迎えるもGKダビド・デ・ヘアの好セーブで凌ぐと、後半FWアントニー・エランガのプレミア初ゴールで先制。その後、FWメイソン・グリーンウッド、FWマーカス・ラッシュフォードにもゴールが生まれ、3-1で勝利した。 この試合で先発したC・ロナウドは、前節のアストン・ビラ戦では負傷によりメンバー外に。そして、この試合では71分にハリー・マグワイアと交代してピッチを後にしていた。 ラングニック監督は、C・ロナウドを途中交代させたことに言及。交代時に選手は不満を露わにしていたが、ラングニック監督は正しい判断だったと強調した。 「彼は私に『なぜ交代させるんだ』と言ってきた。私は『聞いて欲しい。私はチームの利益のため決定を下す必要がある』と答えたよ。5日前の(ドローに終わった)アストン・ビラ戦でも、残り15分で2-0と状況はまったく同じだった。だから、同じミスを繰り返したくはなかったんだ」 「マグワイアを加えた5バックにして、右サイドにもう1人速いウイングが欲しかったからマーカスを入れた。これは正しい判断だったと思う」 「クリスティアーノは不満そうだったね。彼はゴールを量産する選手だから、残ってゴールを決めたかったのだろう」 「3点目が決まった後で、私は彼に言ったよ。『自分が点を取りたいのはわかるが、数年後に指揮官となったとき、君は同じ決断を下すかもしれない』とね」 <span class="paragraph-title">【動画】交代時に不満を隠さなかったC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ronaldo was visibly upset after being subbed off <br><br>(via <a href="https://twitter.com/Slasherrrr?ref_src=twsrc%5Etfw">@Slasherrrr</a>) <a href="https://t.co/kcuMz6C6Di">pic.twitter.com/kcuMz6C6Di</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1483927514552619012?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

3発快勝のユナイテッド、ラングニック監督は初ゴールのエランガを称賛「彼は傑出していた」

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督が、チームの快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは19日に行われたプレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードと対戦した。 前半幾度となくピンチを迎えるもGKダビド・デ・ヘアの好セーブで凌ぐと、後半FWアントニー・エランガの今季初ゴールで先制。その後、FWメイソン・グリーンウッド、FWマーカス・ラッシュフォードにもゴールが生まれ、3-1で勝利した。 試合後のインタビューに応じたラングニック監督は、前半のチームのパフォーマンスに苦言を呈するも、後半は立て直せたとコメント。勝利の立役者であるデ・ヘアやエランガらを称賛した。 「前半は、ほぼすべて良くなかった。パスはいい加減であり、イーブンの状況で強度が低く、ほとんどのセカンドボールを奪われた。後半、我々はよりプレッシャーをかけ、高い位置で攻撃を仕掛け、カウンターでは正しいポジションを取り、そして得点できた。これは大きな違いになった」 「(デ・ヘアが)前半に見せたセーブは見事だった。彼は世界最高のGKの1人だ。そして後半、スコット(・マクトミネイ)は真の意味でリーダーだった。彼は、我々が必要としているときに、堂々としたプレーを見せてくれた。それが、他の選手たちにも良い意味で影響を与えたと思う」 「今日は若い選手3人がゴールを決めてくれて嬉しい。もちろん、ブルーノ(・フェルナンデス)の見事なお膳立てがあってこそと言わざるを得ないがね。(エランガは前節の)ヴィラ・パークでも本当に良かった。そして今日の後半も、彼は傑出していたと言えるだろう」 2022.01.20 11:16 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、プライベートジェットをバックにしたフォーマルな1枚に反響「ボーイングCR777だ」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインスタグラムに公開したフォーマルな1枚に注目が集まっている。 C・ロナウドは、17日に行われた2021年度の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の式典に参加。ポルトガル代表で通算115ゴールに到達し、歴代最多のゴール数を更新したことで特別賞を受賞した。 スイスで行われた式典にはプライベートジェットで訪れたようで、C・ロナウドは帰国後にインスタグラムを更新。 『CR7』のロゴが入った機体をバックに、トロフィーを持った自身の写真を投稿した。タートルネックにスーツを合わせたフォーマルな1枚とともに「ベストなキャプションを着けた人が勝ち!」とフォロワーに投げかけた。 C・ロナウドの問いかけには多くのファンが反応。「C AIR SEVEN!」、「世界最高のスマイル」、「ボーイングCR777」、「siuuu(C・ロナウドのゴールパフォーマンスの愛称)」など様々なコメントが寄せられている。 世界最多3億8000万人のフォロワーを持つC・ロナウド。ピッチの外でも常に注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたならなんとコメントする?C・ロナウドがプライベートジェットバックにポージング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY4JoX7oSrg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.20 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エランガのプレミア初弾、ラッシュフォード3カ月ぶり弾のユナイテッドが3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第17節延期分でブレントフォードとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ユナイテッド内での新型コロナウイルスの感染拡大により延期となっていた一戦。 4日前に行われたアストン・ビラ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた7位ユナイテッド(勝ち点32)は、前節負傷欠場のC・ロナウドが復帰。[4-2-3-1]で臨み、2列目には右からグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、エランガと並べた。 積極的な入りを見せてきた14位ブレントフォード(勝ち点23)に対し、ユナイテッドは13分に大ピンチ。ダロトの自陣でのパスミスからボックス内のイェンセンに枠内シュートを打たれるも、GKデ・ヘアがファインセーブで凌いだ。 ひやりとしたユナイテッドは25分、ダロトが際どいミドルシュートを放ったが、32分にもピンチ。ロングカウンターを受けた流れからボックス内でのイェンセンとの一対一をGKデ・ヘアが再びファインセーブで救った。 ハーフタイムにかけては互いに好機を作れずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にユナイテッドに決定機。CKの流れからC・ロナウドのヘディングシュートがバーに直撃した。 そして55分、ユナイテッドが先制する。フレッジのフィードをボックス中央で受けたエランガがヘディングシュートで押し込んだ。 エランガのプレミア初ゴールで試合を動かしたユナイテッドは62分、リードを広げる。マクトミネイのボール奪取からカウンターに転じると、C・ロナウドのチェストパスを受けたブルーノ・フェルナンデスがボックス内へ独走。並走していたグリーンウッドへプレゼントパスを送り、ユナイテッドに2点目が生まれた。 負傷明けのC・ロナウドを下げ、ラッシュフォードを投入したユナイテッドは、そのラッシュフォードが77分に3点目。マクトミネイのボール奪取からショートカウンターに転じ、ブルーノ・フェルナンデスのラストパスを受けたラッシュフォードがシュートを決め切った。 ラッシュフォードの約3カ月ぶり弾で勝負を決めたユナイテッドは、85分にロングスローの流れからトニーにゴールを許すも、3-1で勝利。リーグ戦3試合ぶりの白星を飾っている。 2022.01.20 06:56 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly