エンブレムやマスコットが!Jリーグがユニクロ『エアリズムマスク』とのコラボグッズを発表

2021.08.27 20:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは27日、株式会社ユニクロとのコラボレーション・マスクの発売が決定したと発表した。

発表されたグッズはユニクロの人気商品『エアリズムマスク』とJ1・16クラブがコラボしたものだ。マスクにはそれぞれ、Jクラブのエンブレムやロゴ、マスコットのアイロンシールが付属している。あらかじめデザインやプリントがされているのではなく、自宅のアイロンで取り付ける仕様となっている。

8月30日(月)より、ユニクロ・オンラインストアならびにJ1・ 16クラブのホームタウンを中心とした「UNIQLO」の店舗にて数量限定で販売されるとのことだ。価格は3枚組で990円(税込み)となっている。

コラボレーションの対象となる16クラブは以下の通りだ。

・鹿島アントラーズ
・浦和レッズ
・柏レイソル
・FC東京
・横浜FC
・湘南ベルマーレ
・清水エスパルス
・名古屋グランパス
・ガンバ大阪
・セレッソ大阪
・ヴィッセル神戸
・サンフレッチェ広島
・徳島ヴォルティス
・アビスパ福岡
・サガン鳥栖
・大分トリニータ



1 2

関連ニュース
thumb

「ごはん3杯いける」スピードスター・宮市亮が横浜FMでJ初ゴール! 技術詰まった珠玉の一撃に「うまっ」、「天才」

遂にこの男にJリーグ初ゴールが誕生した。 18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分となる浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われた。 5試合連続引き分け、3試合連続ゴールレスドローの浦和と、3連勝中の横浜FMの試合となったが、前半は横浜FMが圧倒した。 横浜FMは12分には宮市亮が起点となると、最後は水沼宏太がゴールを決めて先制。19分には宮市のクロスからアンデルソン・ロペスがヘディングで合わせて2点目を奪う。 そして迎えた30分に待望の瞬間が。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスが左サイドへと展開。すると、パスを受けた宮市がボールを晒しながら狭いコースを狙ってボックス内で右足シュート。コントロールされたシュートは、弧を描いてゴール右隅に決まった。 見事なコントロールショットには「Jリーグ初ゴールおめでとう」、「待ってました」、「嬉しいゴール!!」、「うまっ」、「ごはん3杯いけますね」、「天才」と絶妙なゴールに翔さんの声が止まらない。 中京大中京高校を卒業後、海を渡りアーセナルへと入団した宮市。フェイエノールトやボルトン、ウィガン、トゥベンテへのレンタル移籍を経験。ケガとも戦いながら、ザンクト・パウリでもプレーすると、2021年7月に横浜FMへと完全移籍し、初めてJリーグの舞台に立った。 今シーズンは開幕から出番があり、ここまで7試合に出場。この試合が初ゴールであり、初アシストを記録したこととなった。 なお、試合は0-3から後半にキャスパー・ユンカーにハットトリックを決められ、3-3の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】宮市亮が待望のJリーグ初ゴール!テクニックが詰まった珠玉の一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今度は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> がゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9CFM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和横浜FM</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jが世界を熱くする</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a> <a href="https://t.co/EIjpIH13OE">pic.twitter.com/EIjpIH13OE</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1526884335583866886?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

宮市亮がJ初ゴールも横浜FMは3点差守れず、ユンカーのハットで浦和が追いつき6戦連続ドロー【明治安田J1第11節】

18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分の浦和レッズvs横浜F・マリノスが埼玉スタジアム2002で行われ、3-3の引き分けに終わった。 現在5試合連続での引き分け、3試合連続ゴールレスドローの浦和と、前節は湘南ベルマーレに勝利し、リーグ戦3連勝の横浜FMの一戦となった。 ホームの浦和は前節のサンフレッチェ広島戦から2名を変更。伊藤敦樹、ダヴィド・モーベルグに代えて、柴戸海、キャスパー・ユンカーが入った。 対する横浜FMは湘南戦から5名のスタメンを変更。エドゥアルド、永戸勝也、藤田譲瑠チマ、マルコス・ジュニオール、仲川輝人が外れ、角田涼太朗、松原健、渡辺皓太、西村拓真、宮市亮が入った。キャプテンの喜田拓也はこの試合がJ1通算200試合目の出場となった。 状況は違えど、互いに勝ち点3がどうしても欲しい試合。立ち上がりにチャンスを迎えたのは浦和だった。 4分、裏のスペースに平野がパス。抜け出したユンカーに対して角田が対応。それでも中央へ折り返すが、シュートは打てない。 横浜FMは8分。左サイドでボールを持った宮市がカットインと見せかけて右足クロス。低いクロスをアンデルソン・ロペスが合わせるが、シュートは打てない。 その横浜FMだが、12分にゴールを仕留める。左サイドでボールを持った宮市が前に送ると、オーバーラップした小池がグラウンダーのクロス。ニアサイドに西村が飛び込むがこれは合わず。それでも、ファーサイドに走り込んだ水沼がゴールへと流し込み、横浜FMが先制する。 さらに19分にも横浜FMが追加点。左サイドでパスを受けた宮市が縦を見せながら右足でクロス。これを下がりながらもアンデルソン・ロペスがヘッドで合わせ、リードを2点に広げる。 さらに30分、縦パスを受けたアンデルソン・ロペスが左サイドに展開。パスを受けた宮市がクロスをうかがわせながらも右足シュート。これがゴール右に決まり、宮市がJリーグ初ゴールを記録した。 3点ビハインドとなった浦和だが34分には個人技でチャンス。右サイドに抜けたユンカーが角田との競り合いを制してグラウンダーのクロス。アレックス・シャルクが合わせにいくが、これはわずかに届かない。 アディショナルタイムには左CKからサインプレー。グラウンダーのパスをユンカーがフリーでシュートも、抑えられず大きく枠を超えていく。 3点ビハインドの浦和は選手交代なし。その中で後半早々にスコアを動かす。47分、裏のスペースにパスを出すと、上手く抜け出したユンカーが落ち着いて流し込み早々に1点を返す。 立ち上がり早々に1点を返した浦和。ユンカーを裏に走らせる攻撃で幾度となく横浜FMゴールに迫っていくが、なかなかゴールを奪えない。 68分には浦和がカウンター。シャルクがセンターサークル付近でボールを収めてスルーパス。これに抜け出したユンカーがボックス内からシュート。しかし、前に出たGK高丘がセーブする。 徐々に浦和が押し込み始めた中、横浜FMは3枚替え。水沼、渡辺、宮市を下げ、吉尾海夏、岩田智輝、仲川輝人を投入。浦和は馬渡とシャルクを下げて、松尾佑介、大久保智明を投入する。 すると横浜FMは仲川のスピードを生かしてカウンター。徐々に盛り返していくが、ゴールは奪えない。 さらに両チームとも選手を代えていくと、81分に前線へのパスを松尾がヒールで流すと、オフサイドラインギリギリで飛び出したユンカーが絶妙なタッチから落ち着いて蹴り込み、1点差に詰め寄る。 3点差から2点を奪った浦和は、ここから一気にボルテージが上がることに。リカルド・ロドリゲス監督もスタンドを煽り、サポーターの拍手も一際大きさを増していく。 すると89分、スローインからボックス左で受けた大久保がドリブルを仕掛けてボックス内に侵入。大久保がシュートを放つと、ユンカーが麺を作って合わせてハットトリック達成。3点差を追いつく。 前半の3点リードを後半で追いつかれた横浜FM。失点直後から一気に切り替えレオ・セアラが2度ゴールに迫るが、GK西川がカギをかける。 最後まで浦和が攻め込む中、アディショナルタイムの4分間は譲らずに終了。ユンカーのハットトリックの活躍で3-3のドロー。浦和は6試合連続でドローとなった。 浦和レッズ 3-3 横浜F・マリノス 【浦和】 キャスパー・ユンカー(後2、後36、後44) 【横浜FM】 水沼宏太(前12) アンデルソン・ロペス(前19) 宮市亮(前30) 2022.05.18 21:29 Wed
twitterfacebook
thumb

互いに譲らなかった試合、ラストプレーで谷口彰悟がヘッド! 川崎Fが勝利し首位浮上!【明治安田J1第11節】

18日、明治安田生命J1リーグ第11節の延期分のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1で川崎Fが勝利を収めた。 前節はサガン鳥栖を相手に今シーズンのリーグ戦で初勝利を挙げた神戸と、勝利すれば首位に浮上できる川崎Fの一戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦っていた両チームによる延期試合となった。 ホームの神戸は鳥栖戦から1名を変更。槙野智章がはずれ、菊池流帆が入った。今シーズンのリーグ戦2勝目を目指し、王者に挑む。 対する川崎Fは前節のアビスパ福岡戦と同じメンバーで臨むことに。GKチョン・ソンリョンはJ1で通算200試合出場を達成した。 最初にチャンスを作ったのは川崎F。8分、左からの佐々木のクロスに対してレアンドロ・ダミアンが右足アウトサイドで合わせるもシュートはクロスバーに嫌われる。 互いに攻め合う展開となると、21分には神戸がチャンス。佐々木の横パスを汰木がカット。最後は右サイドを上がってきた郷家がボックス際からシュートもGKチョン・ソンリョンがセーブ。このCKからのクロスを菊池が合わせると、DFに当たったボールがゴールに向かったが、これは外れた。 川崎Fは27分に決定機。左サイドからのマイナスのクロスを脇坂がシュート。しかしこれはブロックされることに。そこからのカウンターで武藤が粘りを見せると、最後はイニエスタからのスルーパスが汰木に通りそうになったが、わずかに通らない。 神戸は36分にもチャンス。イニエスタが運び出すと、相手にプレスをかけられながらもボックス手前でシュート。際どいシュートだったが、わずかに枠を超えていった。 徐々に川崎Fがボールを握る時間が長くなっていく中で、イニエスタが時間を作って神戸はゲームコントロール。互いに譲らない展開が続いていくが、ゴールは生まれないまま前半を終える。 後半だったが立ち上がりに神戸がチャンス。前にアバウトに送ったボールを橘田がヘッド。これが最終ライン裏への絶妙なパスになってしまうと、汰木が反応。独走するがコントロールを誤り、苦しい体勢でのシュートとなり、枠を捉えられない。 後半に入ってからは神戸が前からプレスをかけていき、川崎Fにビルドアップを上手くさせず。運ばれ出すと、引いてブロックを作る戦いを見せる。 57分にはシンプルな攻撃で神戸がチャンス。左サイドへの大きな展開から酒井が素早くクロス、これに反応した武藤が合わせにいくが、谷口がなんとかクリアしてことなきを得る。 リズムを変えたい川崎Fは63分にレアンドロ・ダミアンと遠野を下げて、知念慶とジョアン・シミッチを投入する。すると65分、川崎Fがカウンターを仕掛けると、最後はマルシーニョがボックス内で右足シュート。しかし、これはGK前川がキャッチする。 神戸の集中した守備の前に、川崎Fはボールを繋いで時間を掛けて攻め込んでいく。 神戸はイニエスタと郷家を下げて、井上潮音、小田裕太郎を投入。川崎Fはマルシーニョと脇坂を下げて、宮城天と小林悠を投入していく。 イニエスタが下がったことで時間を作れなくなった神戸。一方で川崎Fはボールを保持しながら、ジリジリと神戸ゴールに迫っていく。 それでもゴールが生まれない中、後半アディショナルタイムにドラマが。右CKを獲得した川崎Fは、小塚のクロスに谷口がニアに飛び込みヘッド。これが決まり、川崎Fが土壇場で先制。その直後に試合は終了し、0-1で川崎Fが勝利し、首位に浮上した。 ヴィッセル神戸 0-1 川崎フロンターレ 【川崎F】 谷口彰悟(後45+2) 2022.05.18 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:浦和vs横浜FM】ポイントは決定力。ピッチ上で修正力をみせるのは?

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月18日(水) 19:30キックオフ 浦和レッズ(16位/12pt) vs 横浜F・マリノス(3位/24pt) [埼玉スタジアム2002] ◆遠いゴール、こじ開けられるか【浦和レッズ】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えたが0-0のゴールレスドロー。リーグ戦は中断前から3試合連続でゴールレスドローという苦しい状況に陥っている。 引き分けに至っては5試合連続。6戦無敗と聞こえは良いが、内容は決して楽観視できるものではないというのが実情だ。 ただ、試合内容自体は本当に悪いものではない。試合する時間帯もある中で、遠いのがゴール。前節もネットは揺れたがVARで取り消されるなど、あと1つ手が届かないという状況だ。 大きな後ろ支えとなるファン・サポーターに関しても、そろそろ業を煮やし始めてくる頃。なんとかホームで気持ちよく勝ち点3を積み上げたいところだ。 横浜FM、鹿島と上位に位置するチームとの連戦。今年の浦和がどの程度やれるのかがはかれる試合となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、松尾佑介 FW:アレックス・シャルク 監督:リカルド・ロドリゲス ◆決定力の差を見せつけろ【横浜F・マリノス】 前節は湘南ベルマーレとの“神奈川ダービー”で4-1と勝利。これでリーグ戦3連勝とした。 3位に位置しており、優勝を目指せるポジションにいるが、試合内容の改善はしっかりと図りたいところ。湘南戦は相手に多くのシュート打たれるなど、ビルドアップの詰まりがピンチを招いていた。 一定レベルのパフォーマンスでは満足してはいけないチームなだけに、どこかででも同じ攻撃を繰り出せることが理想。右サイド変調となりがちなところを誰が改善すべきか。キーマンは小池龍太になりそうだ。 今シーズンはサイドバックだけでなくボランチでもプレー。今節は左サイドバックに入ると予想されるが、右偏重の攻撃に改善が見られるかに注目。チーム全体で起こっている問題点を解決できる力はあるだけに、冷静に判断して曲面を打開したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、實藤友紀、角田涼太朗、小池龍太 MF:喜田拓也、西村拓真、渡辺皓太 FW:宮市亮、アンデルソン・ロペス、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.18 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第11節:神戸vs川崎F】掴みたい2勝目、勝てば首位の川崎Fは4連勝なるか

【明治安田生命J1リーグ第11節】 2022年5月18日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(17位/7pt) vs 川崎フロンターレ(2位/26pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ついに掴んだ1勝を繋げられるか【ヴィッセル神戸】 前節はサガン鳥栖をホームに迎えての一戦。リーグ戦で勝利がない神戸だったが、この日はついに攻撃陣が躍動。アンドレス・イニエスタのゴールを皮切りに、4-0で勝利を収めた。 最下位に沈んでいたチームだったが、この勝利によって最下位を脱出。ここから巻き返しを図っていきたいところだ。 イニエスタ、武藤嘉紀、大迫勇也と役者が揃い踏みした点もプラスに働くと考えて良い。ただ、この1勝で終わっては意味がないところだ。 今節の相手は首位浮上を目指す川崎F。鳥栖戦の勝利がまぐれではなかったことを示さなければいけない。連戦が行われる中で、どのようなパフォーマンスを見せられるか。チーム力も問われる一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、槙野智章、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆勝てば首位、しっかりと掴めるか【川崎フロンターレ】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えた一戦で、2-0と勝利。ACLによる中断後に連勝を飾った。 失意の敗退は記憶には残るものの、チームの足枷となることはもうなさそうだ。そして目の前には首位という大きな目標が手の届くところにある。 内容も充実した2試合を終え、勝てば首位という状況。ここでしっかりと勝利を掴めるかどうかは、今シーズンの優勝戦線を占うといっても良いだろう。 2試合連続クリーンシート中ということもあり、守備陣に自信も。ただ、神戸の攻撃陣は強力であり、隙を見せれば一気に突かれてしまう可能性も高い。まずは先制を目指し、鹿k理と戦いたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.18 15:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly