SPALがカリアリの元U-21イタリア代表DFトリパルデッリを買取義務のレンタルで獲得

2021.08.16 11:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
SPALは15日、カリアリの元U-21イタリア代表DFアレッサンドロ・トリパルデッリ(22)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

トリパルデッリは、ユベントスの下部組織で育ち、2018年1月にサッスオーロの下部組織へと移籍。同年7月にファーストチームへと昇格した。

その後は、ズヴォレ、クロトーネへとレンタル移籍を経験。2020年9月にカリアリへと完全移籍していた。
2020-21シーズンはセリエAで10試合に出場。コッパ・イタリアでも3試合に出場していた。

また、世代別のイタリア代表もU-16からU-21まで経験。2018年のU-19欧州選手権では準優勝を経験していた。

関連ニュース
thumb

ラツィオ、ふくらはぎのケガで離脱中のイタリア代表DFラッツァーリと2027年まで契約延長

ラツィオは22日、イタリア代表DFマヌエル・ラッツァーリ(28)との契約を2027年6月30日まで延長した。 2014年にレガ・プロ(セリエC)所属のSPALでプロデビューを飾ったラッツァーリは、2015-16、2016-17シーズンの連続昇格に大きく貢献。 セリエAの舞台でも持ち味のスピード、高精度の右足のクロスを武器に右ウイングバックを主戦場に印象的なパフォーマンスを披露すると、2019年の夏にラツィオへ完全移籍。 ラツィオでも加入直後から右サイドバックの主力としてプレーし、これまで4シーズンで公式戦134試合に出場し6ゴール14アシストを記録。今季もここまで公式戦16試合に出場しているが、直近のユベントス戦はふくらはぎのケガで欠場していた。 また、2018年9月に行われたポルトガル代表戦でイタリア代表を飾ったラッツァーリは、今年6月にはフィナリッシマ2022に臨むイタリア代表として1年3カ月ぶりに招集されると、右サイドバックとして後半からプレーした。 2022.11.23 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ニヤつきながら頭を踏みつけ…セリエB選手の非行に弁護士でもある相手クラブ会長が怒り「明らかに傷つけようとしている」

SPALのジョー・タコピーナ会長が試合中の出来事に怒りを露わにした。イタリア『パドバ・スポーツ』が伝えている。 事の発端は、16日に行われたセリエB第9節のチッタデッラvs SPALの一戦。SPALの新監督に就任した元イタリア代表ダニエレ・デ・ロッシ氏の初陣でもあった。 試合は、チッタデッラが前半に退場者を出したものの、SPALの攻撃を耐えしのぎ、0-0のまま後半アディショナルタイムを迎える。このまま試合終了かと思われた96分に事件が起こる。 チッタデッラのキャプテンでもあるMFシモーネ・ブランカとSPALのMFサルバトーレ・エスポジトが小競り合いを起こし、顔を近づけ合う。すると、制御できなくなったブランカが相手を突き飛ばし、エスポジトが地面に倒れ込んだ。 ブランカはさらに、ニヤリとしながら倒れているエスポジトの頭部を左足で踏みつけた。即座にレッドカードが提示されたこの行為だが、試合後、アメリカの弁護士でもあるSPALのタコピーナ会長がブランカを糾弾した。 「彼のは単なるファウルではない。サッカーでは悪いファウルを犯すことはあるが、これは本当の犯罪だ」 「シモーネ・ブランカという卑怯者が、私のチームのサッカー選手が地面に顔を伏せているときに、サッカーシューズでサルバトーレの頭を踏みつけるという卑怯な行為をしたんだ」 「これは明らかに傷つけようとする意図がある!これはサッカーではなく、路上のチンピラの反則だ」。 「この非常に良くないエピソードは、国際的なメディアの注目を集めており、我々のサッカーにとって非常に悪いことだ」 「イタリアサッカー界には、国際的なイメージを損なうようなエピソードはもう許されない。13年間イタリアサッカー界に身を置き、多くのものを見てきたが、このファウルほど卑劣なものは見たことがない。ブランカは無防備な選手に大怪我をさせようとした卑怯者だ。リーグとイタリアサッカー界の最高機関がこの件に介入するべきだ」 <span class="paragraph-title">【動画】犯罪行為だと非難されたブランカの踏みつけ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gmUwnAHNtbc";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.18 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

カルチョのレジェンド、ダニエレ・デ・ロッシがSPALで監督スタート!

セリエBのSPALは11日、ダニエレ・デ・ロッシ氏(39)を新監督に迎えたことを発表した。契約は2024年6月までとなる。 ローマとイタリア代表のレジェンドであるデ・ロッシ氏。現役時代は2001年から2019年にかけてジャッロロッシ一筋のキャリアを築き、2019年夏からボカ・ジュニアーズで半年間プレーした後に現役を引退。その後は予てより希望していた指導者の道に進み、現在はイタリア代表でロベルト・マンチーニ監督の副官の一人として研鑽を積んでいた。 ここ最近はセリエBのベネヴェントやサンプドリア、サレルニターナなどイタリアクラブの監督就任が噂されていたが、記念すべき初采配はSPALで執ることに。 同クラブは現在、セリエBで14位に位置。先日に今年1月から指揮していたロベルト・ヴェントゥラート監督を解任していた。 2022.10.11 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ダイヤモンドが並んでいるように見える!?SPALの新ユニフォームは立体的な斬新デザインに

セリエBのSPALは8日までに、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 2017-18シーズンから3年間はセリエAでプレーしたものの、現在はセリエBに所属しているSPAL。昨シーズンはセリエBでも15位に終わり、新シーズンの反撃を誓う。 すでに新シーズンのホームユニフォームを発表していたSPALだったが、アウェイユニフォームはかなり奇抜なデザインで、本拠地を構えるフェラーラの街のシンボルである宮殿パラッツォ・ディ・ディアマンティ(イタリア語でダイヤモンドの意味)にインスパイアされている。 宮殿の外壁に並んだ四角錐に刻まれた白大理石がダイヤモンドのように並ぶことからダイヤモンド宮殿とも呼ばれる建築物だが、ユニフォームにその外観のデザインをそのまま採用。白とグレーを交互に配置した菱形に見える柄を並べ、立体感のあるデザインになっている。 そして、襟の部分と袖の部分はターコイズブルーに切り替わっており、ベストを着ているようにも見えるデザインだ。 また、襟の内側と外側の両方にイタリア国旗があしらわれ、外側には「SPAL」の正式名称である「SOCIETÀ POLISPORTIVA ARS ET LABOR」の文字も刻まれている。 ショーツに関してはサイドにグレーの縦縞が入ったターコイズブルーで、同じくターコイズブルーに白のラインが入ったソックスでキットは完成する。 <span class="paragraph-title">【写真】ダイヤモンドに見える!?SPALの新アウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg13so2jBpB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg13so2jBpB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg13so2jBpB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SPAL(@spalferrara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】イメージのもととなったディアマンティ宮殿の実際の画像</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Buon <a href="https://twitter.com/hashtag/Ferragosto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ferragosto</a> a tutti gli Amici di Palazzo dei Diamanti! <a href="https://t.co/1vdZszguS4">pic.twitter.com/1vdZszguS4</a></p>&mdash; Palazzo dei Diamanti (@PalazzoDiamanti) <a href="https://twitter.com/PalazzoDiamanti/status/1426800830837977088?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.09 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

レッチェがSPALからディ・フランチェスコ獲得を発表! 父はセリエAファンお馴染みのあの人

セリエAのレッチェは31日、SPALから元U-21イタリア代表FWフェデリコ・ディ・フランチェスコ(28)を獲得したと発表。契約期間は2025年までの3年間とのことだ。 ディ・フランチェスコは身長171cmの小柄なアタッカー。上背こそないものの、小刻みなボールタッチや一瞬のスピード、ゴール前での嗅覚など、多くの魅力を併せ持つ好プレーヤーだ。 また、ディ・フランチェスコの父はセリエAファンにとってお馴染みの人物。サッスオーロやローマ、サンプドリアなどを率いた元イタリア代表のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(52)だ。 昨季はセリエBのSPALからエンポリに1年レンタルで加入し、セリエA26試合で5得点2アシストを記録。エンポリのセリエA残留に貢献した。 エンポリへの完全移籍こそ実現しなかったが、晴れて昇格組のレッチェ行きがまとまった。 2022.07.31 21:34 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly