遠藤のFK弾などで逆転の磐田が首位浮上、相模原は藤本のPKで競り勝ち最下位脱出【明治安田J2第25節】

2021.08.14 21:51 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第25節の6試合が14日に各地で行われた。

この日は悪天候や新型コロナウイルスの影響で松本山雅FCvs京都サンガF.C.戦を含む4試合が中止となった。

ヤマハスタジアム(磐田)では2位磐田(勝ち点49)は9位東京Vが対戦した。先に試合を動かしたのは押されていたアウェイの東京V。縦パスを奪ってカウンターを仕掛けると、山下、佐藤とつなぎ、最後はスルーパスを受けた森田がボックス右からフィニッシュ。前節から右サイドバックを務めている森田が、ここでもタイミングの良いオーバーラップからニアを抜く見事なシュートを沈めて東京Vが先制した。

追い掛ける磐田はルキアンがペナルティアーク付近でファウルを受けてFKを得ると、ボールの前には遠藤がスタンバイ。短い助走から右足を振り抜くと、あるべき場所へと収まるように美しい軌道で右隅へと吸い込まれた。

同点で迎えた後半の頭にも遠藤の右足からチャンスが生まれる。52分、磐田は左からのCKを得ると、遠藤のクロスに山田が頭で合わせて逆転に成功。終盤は相手にボールを持たれる時間が増えたものの、シュートシーンまでは作らせず。4試合ぶりに3ポイントを手にし、暫定ながら首位に返り咲いた。

新加入の武田を加入後初のスタメンで起用した3位琉球 (勝ち点47)は、ホームに11位水戸を迎えての一戦。ゴールレスで前半を終えると、65分に高い位置でボールを失い、途中出場の水戸・松崎にドリブルからの一発を浴びてしまう。以降は追い掛ける中で最後まで決め手を欠き、黒星を喫した。

4位新潟 (勝ち点46)は千葉とアウェイで対戦した。前半はハイプレスを決行する千葉に終始圧倒されて劣勢の時間が続く。千葉は矢田が空中戦の着地の際に相手選手と交錯し、頭部から出血するアクシデント。船山との交代を余儀なくされたが、その船山は40分にクロスバー直撃のFKを浴びせるなど存在感を示す。

後半は新潟にも負傷交代者が。GK小島がハイボールを処理した際に見木と接触し、頭から嫌な落ち方をしてしまう。担架で運ばれ、GK藤田との交代となった。

自動昇格圏返り咲きのためにも負けられない新潟は、61分にキャプテン・堀米のクロスがDFとGKの間を抜けてファーのロメロまで届くが、フリーで合わせたシュートは枠の左へ外れた。終盤には新潟が髙沢、千葉は檀崎といった前線の新加入選手を送り込むも、限られた時間で結果を残すことはできず、両チームゴールレスで試合を終えた。

この夏に積極的な補強を行った最下位の相模原(勝ち点17)は、6戦負けなし中の6位甲府(勝ち点44)とホームで対戦。降りしきる雨の中、左サイドの深い位置でFKを得ると、藤本のクロスがクリアされ、こぼれ球に反応した川上がミドル。相手に当たってコースが変わり、幸先よく先制点を奪うも、ウィリアン・リラに13試合ぶりのゴールを許して同点とされる。

それでも相模原は1-1で迎えた56分、兒玉からの斜めのパスを受けた澤上がボックス内で粘ってPKを獲得。藤本がGKの逆を突いてきっちりと決めると、これが決勝点に。3試合ぶりの勝利で、暫定ながら最下位を脱出した。

その他の試合は以下の通り。
◆第25節
▽8/14(土)
ジェフユナイテッド千葉 0-0 アルビレックス新潟
SC相模原 2-1 ヴァンフォーレ甲府
FC琉球 0-1 水戸ホーリーホック
大宮アルディージャ 1-1 ブラウブリッツ秋田
FC町田ゼルビア 1-1 ファジアーノ岡山
ジュビロ磐田 2-1 東京ヴェルディ

栃木SC vs ザスパクサツ群馬※新型コロナウイルスの影響により中止
レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢※悪天候のため中止
松本山雅FC vs 京都サンガF.C. ※悪天候のため中止
V・ファーレン長崎 vs モンテディオ山形※悪天候のため中止

▽8/15(日)
《19:00》
愛媛FC vs ギラヴァンツ北九州

関連ニュース
thumb

7戦未勝利で昇格争いから脱落の琉球が樋口靖洋監督を解任、喜名哲裕HCが後任に

FC琉球は20日、樋口靖洋監督(60)の解任を発表した。なお、喜名哲裕ヘッドコーチ(44)が後任に就任することとなる。 樋口監督は、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を務め、2019シーズンから琉球を率いていた。 J2に昇格したチームを率いた樋口監督は、就任1年目は開幕4連勝を達成するなど台風の目となるが、中盤戦以降は連敗が続くなどし最終的には14位でシーズンを終えた。 2年目の2020シーズンは、開幕9試合勝利なしと不調のスタートとなったが、徐々に盛り返すも16位でフィニッシュ。3シーズン目の今シーズンは、開幕5連勝、8戦無敗と好スタートを切ったが、後半戦は全く結果を出せず、直近は7戦未勝利(1分け6敗)と結果を出せず、8位と昇格争いから一気に転落していた。 後任の喜名ヘッドコーチは、現役時代は名古屋グランパスやFC東京、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。引退後は指導者となり、2016年に琉球のトップチームコーチとU-18監督に就任。2017年からヘッドコーチを務めていた。 両者はクラブを通じてコメントしている。 ◆樋口靖洋監督 「残り8試合を残してチームを離れる事になり、チーム関係者、選手・スタッフは勿論、これまで応援して頂いたファン・サホーターの皆様に大変申し訳なく思います」 「最後までやり切れなかった事は、本当に残念であり悔しい気持ちが強く残っていますが、J1昇格の可能性がほぼ無くなった事と、直近の戦績の結果責任は監督にあり、このクラブの判断は受け入れなければいけないものだと思っています」 「FC琉球では3シーズンに渡り指揮を執らせて頂きました」 「ホップ・ステップ・ジャンプとチーム力を上げ、3年後にはJ1にチャレンジするという目標をクラブと共有し、チーム作りを行ってきました今シーズン、9月以降難しい試合が続き失速してしまいましたが、シーズンの2/3を昇格の可能性を持って戦うことが出来ました。これは選手の成長と頑張り以外の何ものでもありません」 「共に戦った選手・スタッフを誇りに思います」 「昇格という目標は叶いませんでしたが、「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」を貫き、そのスタイルを積み上げ、クラブの礎となるものは築けたのではないかと思います」 「コロナ過の難しい状況にも関わらず、練習グラウンドを御提供頂いた自治体の皆様、いつも素晴らしいグラウンドを用意して頂いた、芝生管理の皆様、経済状況の厳しい中でもご支援を頂いたスポンサーの皆様、そしてスタジアムに足が運べない中でも応援を続けて頂いたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「今後のクラブの発展とFC琉球に関わる全ての皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。これからは、FC琉球のファンとして大好きな沖縄を訪れたいと思います」 ◆喜名哲裕ヘッドコーチ 「この度、FC琉球の監督に就任させていただきました喜名哲裕です。今回の監督交代はヘッドコーチとしてサポート出来なかった責任を強く感じております」 「2016年よりFC琉球トップチームに携わり多くのことを学び成長させていただいた中で恩もありますし今回、監督を引き受ける決断をいたしました」 「これまでチームが積み上げてきたものを大切にしながら、さらに前進させ攻守ともにアグレッシブに戦い、FC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開していきたいと考えております」 「多くのサポーターの皆様に応援していただけるよう強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜きます。熱いご声援のほど宜しくお願いします」 また、倉林啓士郎会長が退団する樋口監督、新たに率いる喜名新監督へコメントしている。 「樋口監督には、FC琉球がJ3リーグからJ2リーグへ戦いの舞台を移した2019シーズンから、クラブとして新しくレベルを試された難しく不安もある時期を3シーズン共に過ごして頂きました。いつもチームやクラブに対して献身的で、目の前の勝利のためにプロフェッショナルとして挑戦を続ける樋口監督のもと、チームは「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」 スタイルを築き上げ、3シーズンを戦い抜いてきました」 「特に今シーズンはコロナウィルスの影響を受けながらも、開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮して、J1昇格の可能性を感じさせ、ファン・サポーター・関係者に感動と喜びを与え続けてくれました。シーズン最後まで一緒に仕事をすることを楽しみにしていましたが、この数ヶ月は私達が思い描いていたような結果にはならなかったことを、とても残念に悔しく思っています』 「樋口監督のこれまでの多大なる貢献にクラブを代表して感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました」 「今シーズン残り8試合は、沖縄県出身者でもある喜名ヘッドコーチが新監督となり指揮をとる事になります。沖縄初のJリーグ監督として、持ち前の柔軟な発想と思い切りの良さで、チームを勝利に導いてくれる事を期待しております。「沖縄とともに、強くなる。」チームを支えて頂いているファン・サポーター・パートナーの皆様にも、引き続きのご支援・ご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.20 12:28 Wed
twitterfacebook
thumb

キック時に転倒し負傷交代の相模原GK竹重安希彦、左膝蓋じん帯断裂と診断

SC相模原は20日、GK竹重安希彦の負傷を発表した。 クラブの発表によると、竹重は10日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の京都サンガF.C.戦で負傷。左膝蓋じん帯断裂と診断されたとのことだ。 なお、全治などは明かされていない。 竹重は京都戦に先発出場。0-0で迎えた36分にFKから前線へフィードした際に足を滑らせ転倒。ミスキックを拾われ京都にカウンターを許し、ピーター・ウタカが持ち込むと無人のゴールへロングシュートしていた。 竹重は転倒した際に負傷し、懸命に戻ったがゴールを防ぎきれず。40分にGK三浦基瑛と交代していた。 今シーズンから相模原へと加入した竹重は、ここまで明治安田生命J2リーグで16試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ウタカが無人のゴールへ! 負傷したGK竹重が懸命に戻るもゴールを防げず…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田生命J2リーグ 第33節<br> 京都vs相模原<br> 1-0<br> 36分<br>ピーター ウタカ(京都)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFCvs%EF%BC%B3%EF%BC%A3%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFCvsSC相模原</a><br>その他の動画はこちら<a href="https://t.co/JUEMOXLYeZ">https://t.co/JUEMOXLYeZ</a> <a href="https://t.co/XKlqDgoHVR">pic.twitter.com/XKlqDgoHVR</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1447171554006245383?ref_src=twsrc%5Etfw">October 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 10:18 Wed
twitterfacebook
thumb

「心無い投稿や度を超えた批判…」北九州がSNSでの誹謗中傷に声明「厳正に対処して参ります」

ギラヴァンツ北九州は19日、SNSなどでの誹謗中傷に関して声明を発表した。 クラブによると、SNSを含めたインターネットで、選手やクラブへの度を超えた誹謗中傷などの書き込みが頻発しているとのことだ。 今シーズンは各クラブでも同様の事態が相次いでおり、SNS上での差別発言などへの対策が重要視されている。 北九州は声明にて、弁護士とも相談するとしている。 「今シーズン、選手個人およびクラブ公式のSNSアカウント、インターネット掲示板などにおいて、心無い投稿や度を超えた批判、特定の個人を傷つけるようなコメントやDMの投稿などが相次いでおります」 「弊クラブは、このような行為を到底許すことはできません。場合によっては顧問弁護士とも相談し、厳正に対処して参ります」 「ファン・サポーターの皆様におかれましてはJリーグの掲げる、相手をリスペクトする気持ち・フェアプレーの精神に基づいた発信・言動を行なっていただきますよう今一度お願い申し上げます」 北九州は今シーズンの明治安田生命J2リーグで34試合を終えて勝ち点31の20位。降格圏に位置しており、残留争いの真っ只中となっている。 2021.10.19 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが新型コロナのワクチン接種啓発映像を全57クラブ分制作、各クラブのホームゲームなどで順次放映

Jリーグは18日、「ワクチン・検査パッケージ」を導入したチケットによる技術実証を開始するにあたり、全57クラブの主力選手が出演する新型コロナウイルスワクチン接種啓発映像(30秒)を制作したことを発表した。 この啓発映像は、10月16日(土)の明治安田生命J1リーグ第32節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌にて横浜FMバージョンを先行放映。今後、各クラブのホームゲーム等で順次放映されるとのことだ。 映像はJリーグ全57クラブそれぞれのバージョンで制作され、映像の中では、制限がある生活の中で、選手たちが今何よりもしたいことを伝えることで感染対策と日常生活を回復することの大切さを訴え掛けている。 この映像は、2021年5月14日に全国知事会に対して申し入れを行った「新型コロナウイルスワクチン大規模接種への協力」の活動の一環として、試合時におけるスタジアムの大型映像装置やリーグ、クラブの公式ホームページ・SNSで放映するとともに、全国知事会を通じてJクラブのホームタウン自治体の広報活動にも活用頂くために提供される。 Jリーグは「ワクチン接種者(2回目の接種)が全人口の60%を超えたものの、さらに接種率を向上させることで、現在適用している様々な日常生活の制限を段階的に緩和し、感染対策と日常生活の回復に受けた取組を両立することが可能となります。リーグとJクラブは引き続き一体となって新型コロナウイルスワクチン接種への協力と接種を推進するための啓発活動を進めてまいります」としている。 <span class="paragraph-title">【画像】Jリーグが発表したワクチン接種啓発映像のキャプチャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> 2021.10.19 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】横浜FMのマルコス・ジュニオールや鹿島FWエヴェラウドらが出場停止

Jリーグは18日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからは北海道コンサドーレ札幌のDF福森晃斗、柏レイソルのDF大南拓磨、横浜F・マリノスのMFマルコス・ジュニオールが新たに出場停止となった。また鹿島アントラーズのFWエヴェラウド、FC東京のMFレアンドロは引き続き出場停止となる。 明治安田生命J2リーグからは、ブラウブリッツ秋田のFW齋藤恵太、京都サンガF.C.のMF松田天馬、V・ファーレン長崎のDF新里亮が出場停止に。明治安田生命J3リーグではテゲバジャーロ宮崎のMF前田椋介、鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣が出場停止となる。 新里に関しては、16日に行われた明治安田J2第35節のアルビレックス新潟戦で一発退場。Jリーグは、自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し後方より反則で止めた行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とすると発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 第33節 vsアビスパ福岡(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWエヴェラウド(鹿島アントラーズ) 第33節 vsFC東京(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF大南拓磨(柏レイソル) 第33節 vs浦和レッズ(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFレアンドロ(FC東京) 第33節 vs鹿島アントラーズ(10/23) 今回の停止:1試合停止(3/3) MFマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 第33節 vsセレッソ大阪(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 FW齋藤恵太(ブラウブリッツ秋田) 第35節 vsアルビレックス新潟(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF松田天馬(京都サンガF.C.) 第35節 vsレノファ山口FC(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF新里亮(V・ファーレン長崎) 第35節 vsヴァンフォーレ甲府(10/23) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF前田椋介(テゲバジャーロ宮崎) 第24節 vs福島ユナイテッドFC(10/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsアスルクラロ沼津(10/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.10.18 19:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly