昇格組ラージョ、ソシエダDFケヴィン・ロドリゲスをレンタルで獲得

2021.08.12 07:00 Thu
Getty Images
ラ・リーガに昇格したラージョ・バジェカーノは11日、レアル・ソシエダの元ポルトガル代表DFケヴィン・ロドリゲス(27)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。

ポルトガル代表として3試合の出場歴を持つ左サイドバックのK・ロドリゲスは、2015年にディジョンからソシエダに加入。2017-18シーズンはラ・リーガ20試合に出場したが、それ以降は出場機会に恵まれず、2019-20シーズンはレガネスに、昨季はエイバルにレンタルに出されていた。
そして昨季はエイバルでラ・リーガ22試合に出場していた。

ラージョ・バジェカーノの関連記事

バレンシアがラージョ退団のGKストレ・ディミトリエフスキを獲得!今季はラ・リーガで37試合に出場

バレンシアは12日、ラージョ・バジェカーノに所属した北マケドニア代表GKストレ・ディミトリエフスキ(30)が加入すると発表した。契約は2026年6月30日までとなる。 母国クラブのFKラボトニツキでプロデビューを飾ったディミトリエフスキ。これまでグラナダ、カディス、ジムナスティック・タラゴナとわたり歩き、2018年夏にラージョへ期限付き移籍の形で加入した。 翌年に完全移籍へと切り替わると守護神としての地位を築き、ここまでラージョで公式戦通算191試合に出場。今シーズンもラ・リーガで37試合に出場しており、13個のクリーンシートを達成した。 そんなディミトリエフスキとラージョの契約は、2024年6月まで。去就が注目されていたが、ラージョを契約満了により退団し、フリーでバレンシアに加入することとなった。 2024.06.13 13:30 Thu

ラージョ守護神ディミトリエフスキが退団、バレンシア加入へ

北マケドニア代表GKストレ・ディミトリエフスキ(30)が27日、自身のXでラージョ・バジェカーノ退団を発表した。 2018年夏にラージョに加入したディミトリエフスキは公式戦191試合に出場。ラージョの外国籍選手における歴代2位の出場試合数を記録した。 今季はラ・リーガ37試合に出場してクリーンシート13試合を達成。17位でぎりぎり残留したチームの守護神として活躍した。 ディミトリエフスキはXにて「ありがとう、ありがとう、ありがとう、この特別なクラブで6年プレーできてとても幸せだった」とコメント。 なお、新シーズンはバレンシアに活躍の場を移すことが報じられている。 2024.05.28 07:00 Tue

現状プレシーズン“GKゼロ”のバレンシア…ラージョから今季クリーンシート13回のディミトリエフスキを確保済みか

バレンシアが、ラージョ・バジェカーノから北マケドニア代表GKストレ・ディミトリエフスキ(30)をフリー獲得することになるようだ。 ディミトリエフスキは北マケドニア代表通算67キャップの同国No.1守護神。2018年夏からラージョ所属で、今季はここまでの全37試合出場で13回ものクリーンシートを誇る。 スペイン『Relevo』によると、来月で契約満了となるラージョに残る選択肢はなく、昨年1月から密かにバレンシアと協議。サウジアラビアの強豪からも接触があるようだが、国籍も保有するスペインでのキャリア続行を望み、バレンシアとの2年契約+延長オプション2年を水面下で勝ち取ったとみられている。 一方でバレンシア。 こちらは正守護神のジョージア代表GKギオルギ・ママルダシュヴィリ(23)がラ・リーガNo.1守護神との評価を得るが、今夏ユーロ2024で一定期間離脱するのがほぼ確実。 また控えのGKクリスティアン・リベロ(26)が今夏で契約満了、GKジャウメ・ドメネク(35)もケガで長期離脱に入る見通しで、現状プレシーズンでトップチーム登録のGKが不在という状況になる。 なお、ディミトリエフスキ獲得は、ある程度ママルダシュヴィリの売却を見据えたものでもあるとのこと。決して売却ありきではないものの、ジョージア代表GKはニューカッスルが獲得に向けて力を入れていると伝えられている。 2024.05.21 21:05 Tue

途中出場ペドリがドブレーテ! ホーム最終戦勝利のバルセロナが3連勝で2位確定【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第37節、バルセロナvsラージョが19日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが3-0で快勝した。 前節、最下位アルメリアを相手にフェルミン・ロペスのドブレーテの活躍で快勝を収めたバルセロナは、2連勝で2位の座を死守。15位のラージョをホームで迎え撃つホーム最終戦での勝利で来シーズンのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権確保を狙った。 ジローナ戦大敗後は2連勝と復調の気配を示すブラウグラナだが、ここ数日間ではチャビ監督とラポルタ会長の間での亀裂が報じられるなどチーム状態は芳しくない。その不穏なムードの中で臨んだ一戦では先発3人を変更。フォルト、ペドリ、フェラン・トーレスに代えてカンセロ、ギュンドアン、ハフィーニャの主力を復帰させた。 試合は開始早々にバルセロナがゴールをこじ開ける。3分、ボックス手前右でボールを持ったラミン・ヤマルから絶妙な左足インスウィングのクロスが供給されると、ボックス中央で胸トラップしたレヴァンドフスキがすかさず右足ボレーで流し込んだ。 幸先よく先制に成功したホームチームは、以降もレヴァンドフスキの鮮やかな単騎突破など良い形を作り出す一方、シンプルに背後を狙うラージョの攻撃に苦戦。幾度か際どいシーンを作られたが、GKテア・シュテーゲンらの冷静な対応で凌ぐ。 前半半ば以降はやや攻撃が停滞したが、ハフィーニャの直接FKに、40分位は右CKの場面でハフィーニャのクロスをニアでフリックしたセルジ・ロベルトのシュートがポストを叩くなど再びゴールの匂いをさせる形で前半を終えた。 後半もボールを保持したものの、決定機まであと一歩という場面が目立つブラウグラナ。この展開を受け、チャビ監督は62分に3枚替えを敢行。フェルミン・ロペス、ハフィーニャ、クバルシに代えてペドリ、フェリックス、アラウホを投入すると、この交代策が流れを変えた。 72分、ボックス右で鮮やかな個人技で局面を打開したフェリックスが鋭いシュートを放つと、これは相手GKの好守に阻まれたが、こぼれに詰めたペドリが蹴り込んで待望の2点目をもたらした。 さらに、75分にはアラウホからのロングフィードにタイミング良く抜け出したペドリがそのままボックス内に持ち込んで左足シュートを突き刺し、瞬く間のドブレーテとした。 この連続ゴールで試合を決めたバルセロナは、レヴァンドフスキを下げてヴィトール・ロッキを投入。残り時間ではファルカオらを投入して前がかったラージョの反撃を危なげなく凌ぎ切った。 この結果、ホーム最終戦を白星で飾って3連勝のバルセロナが、最終節を前に2位フィニッシュを確定させた。 2024.05.20 04:12 Mon

ロドリゴやファルカオも被害に遭ったマドリード高級住宅街での連続強盗事件の犯人逮捕…周到な計画の一部も明らかに

レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス、ラージョのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオらが被害に遭ったマドリード高級住宅街での連続強盗事件の犯人が逮捕された。『ロイター通信』が伝えている。 スペイン警察は13日、先月13日に男性5名と女性1名が逮捕され、高級時計10点や貴金属、現金3300ユーロ(約53万円)、空気銃2丁を押収したと発表した。 一連の強盗は2022年7月からマドリードとその周辺の高級住宅街で発生。警察関係者によると、ロドリゴやファルカオらを含む富裕層8名の自宅が被害に遭っていたという。 容疑者らは選手や取り巻きがSNSで共有した動画や写真を分析し、家の間取りや住人の不在時間に関する情報を収集し、「高度なプロ意識」を示していたという。さらに、侵入方法を決定するためにセキュリティシステムを調べており、組織的かつ周到な計画をもって行われたものだと主張している。 なお、拘束者のうち3名は拘留されており、武力による強盗、暴力や脅迫を伴う強盗1件、文書偽造、マネーロンダリングの容疑で捜査が進行中だという。 2024.03.13 23:41 Wed

記事をさがす

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly