川崎Fの三笘薫がプレミアリーグのブライトンへ完全移籍、4年契約を締結「応援歌をスタジアムで聞けなかったのが心残り」

2021.08.10 17:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレは10日、U-24日本代表MF三笘薫(24)がブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍することを発表した。なお、ブライトンも三笘の加入を発表。4年契約を結んだとのことだ。

三笘は川崎Fの下部組織出身で、U-12からU-18まで所属。しかし、トップチームには昇格せずに筑波大学への進学を決断する。

クラブからの昇格の話を断った三笘は、大学2年次の2017年に天皇杯2回戦のベガルタ仙台戦で2得点の活躍。同年9月に川崎Fの特別指定選手となると、2018年には2020シーズンからの加入内定が前倒しで発表されていた。

2020年に正式に入団すると、ルーキーながら明治安田生命J1リーグで30試合に出場し13得点を記録し、新人最多得点記録タイの活躍。チームも2年ぶりにリーグを制し、Jリーグベストイレブンにも選ばれていた。

今シーズンは明治安田J1で20試合に出場し8得点を記録。U-24日本代表として東京オリンピックにも参加。3位決定戦のU-24メキシコ代表戦では大会初ゴールを記録していた。

三笘はクラブを通じてコメントしている。

「このたびブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに完全移籍することになりました。僕はU-10からフロンターレアカデミーで育ちました。フロンターレはサッカーだけではなく人として成長させてくれたクラブであり、さまざまな思いがありますが、プロサッカー選手として常に向上心とチャレンジの想いを持っているために今回の決断となりました」

「大学を経由してプロの世界に入ることができましたが、僕のサッカーに関するほとんどがフロンターレで学んだことです。このクラブには感謝の思いしかありません。アカデミー時代、先輩たちの背中をずっと追いかけていました。Jリーグで活躍するだけでなく、海外のクラブで活躍する方たちもいます。僕も先輩たちに続いて世界の舞台で結果を出すことが、川崎フロンターレというクラブを世界に知ってもらえる、そしてクラブの発展につながると思います。またアカデミーの代表としてそういう姿を見せることが、アカデミーの後輩たちやこれからフロンターレに入りたいと思っている子どもたちに希望を与えられると思っています」

「プロになって等々力でプレーして、スタジアムの熱気を肌で感じてすごく高ぶるものがありました。これがプロの世界なんだと実感した記憶があります。トップチームでの約1年半。コロナ禍の影響で、子どものころから見てきた満員の等々力の中で、サポーターの皆さんの大きな声援の中で一緒にプレーすることはできませんでしたが、皆さんにはいつも温かい雰囲気と大きな拍手で後押ししてもらいました。ありがとうございました」

「チームメイト、スタッフ、そしてたくさんのサポーターの皆さん、たくさんの方々に支えられてここまで来ることができました。フロンターレで学んだことを生かし、これからサッカー選手としてもっともっと成長していきたいと思います」

「最後に。去年僕の応援歌を作っていただいたのですが、その歌をスタジアムで聞けなかったのが心残りではあります。いつかまた等々力に帰ってきたときに、その応援歌を聞けたら嬉しいです。今まで応援ありがとうございました」


1 2

関連ニュース
thumb

チェルシー移籍囁かれるトロサール「僕はソファに座っていたいわけじゃない」

ブライトンのベルギー代表レアンドロ・トロサール(27)が、噂されているチェルシー移籍について言及した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに6試合で2ゴール2アシストという結果を出している。 そんな中、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督がチェルシーに引き抜かれた。これに伴い、トロサールもイングランド人指揮官の戦術を知る選手としてチェルシー移籍が噂されるようになったが、本人はプレー時間を重要視しているようだ。 「僕たちの監督はチェルシーへ行ったが、僕がそれに付いていくという憶測は無意味だ」 「チャンスがあれば行きたいと思う。だけど、僕は試合に出たいんだ。ソファに座っていたいわけじゃない」 2022.09.25 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

人気沸騰のカイセドに“先輩”バレンシアの願い 「ユナイテッドに」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンで存在感を放ち、人気も高まるエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)だが、“同胞の先輩”アントニオ・バレンシア氏は自身の古巣マンチェスター・ユナイテッド行きを願っているようだ。 昨季後半にブライトン入りしたカイセド。今季のブライトンは中盤の絶対軸だったMFイヴ・ビスマを失ってのシーズンインだったが、運動量、ボールの奪取力、そして推進力をもってさっそくその穴を埋めている。 そうした活躍は早くも移籍話に発展。今夏もビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、最近では今季開幕後にブライトンからグレアム・ポッター監督を引き抜いたチェルシーのターゲット入りが噂されている。 だが、2021年に現役引退のバレンシア氏は自国の新たなスター候補の将来に関して、自身も2009〜2019年までを過ごしたユナイテッドでプレーする姿を期待しているようだ。『La Radio Redonda』で明かした。 「モイセス・カイセドがイングランドのビッグクラブに行けるのを願っている。彼は謙虚な青年で、偉大な選手になるために生まれてきた。マンチェスター・ユナイテッドに行ってくれたらいいね」 2022.09.25 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「本当にらしいゴール」日本代表MF三笘薫、お得意ドリブルからの一撃に称賛の嵐「W杯本戦でも武器に」「語彙力飛ぶ」

これぞ日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーブ・アルビオン)の真骨頂だ。 日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦し、2-0で快勝した。 25分にMF鎌田大地(フランクフルト)がネットを揺らして以降も主導権を握っていた日本は、再三の決定機を作りながらも2点目が遠かったが、最終盤にジョーカーが持ち味を発揮した。 68分からピッチに立っていた三笘は終了間際の88分、左サイドの敵陣中央でボールを受け、得意の形でドリブルを仕掛けると、最後はボックス左でDF2枚の間を抜く見事な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 見事な個人技で大きな追加点をもたらした三笘。ファンからも「本当に三笘らしいゴール」、「さすがです」、「W杯本戦でも日本の武器になりそうですねー」、「これは圧巻」、「伊藤のパスと中山のポジション取りが適切」、「別格の一文字に尽きる」、「語彙力飛ぶ」など、称賛の声が多数寄せられている。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。出場すれば結果を残す日本が誇るドリブラーには、起用方法も含めて注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の十八番、アメリカ戦で勝負を決定づけたカットインからのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キリンチャレンジカップ2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本</a> × <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アメリカ</a> 】<br>後半43分<br>左サイド <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> ドリブルからゴール!日本追加点!<br>フジテレビ系列で生放送中‼️<br>TVerでLive配信中‼️ <a href="https://t.co/J8oP9SjsEO">https://t.co/J8oP9SjsEO</a><br>ThePushで代表を応援‼️ <a href="https://t.co/uS1RuKHOoP">https://t.co/uS1RuKHOoP</a><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/4kX77YnEmb">pic.twitter.com/4kX77YnEmb</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573315710465372160?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン就任のデ・ゼルビ監督「ポッターのおかげで仕事は容易になった」ペップへの闘志も燃やす

先日にブライトンの指揮官就任が発表されたロベルト・デ・ゼルビ監督が新天地での意気込みを語っている。 、 チェルシーに引き抜かれたグレアム・ポッター監督の後任として、現在4位の好位置につけるブライトンの指揮を引き受けたデ・ゼルビ監督。これまでパレルモやベネヴェント、サッスオーロと母国クラブを渡り歩いたイタリア人指揮官は、直近では2021年5からにシャフタール・ドネツクを率いていた。 ウクライナでは30試合で20勝5分け5敗の戦績を残したが、ロシアによる侵攻を受け、今年7月に契約を解消しフリーに。新天地にはボローニャやモンツァ、さらにはユベントスといったセリエAクラブも候補に挙がっていたが、最終的にブライトンを選択。43歳指揮官は、クラブの方針や自身の戦術に適した選手が揃っていることが理由になったと話している。 「ここに来られてとても嬉しく、新しい監督に慣れたことをとても誇りに思っている。クラブに感謝したい。今は選手たちのことを知る段階で、1月までには英語も話せるようになっていたいね」 「ブライトンは本当に私に関心を持ってくれたクラブだった。私の信条に似たフットボールのスタイルを持っており、他にも選択肢はあったが、ブライトンから連絡があってすぐに、彼らの方向性を引き継ぐことができると確信した。我々は直ちに意気投合したのだ」 「ブライトンでの仕事はポッターのおかげでやりやすくなった。私の考えるフットボールに適した特徴を持つ選手がたくさんいるし、私が見たいと思うようなメンタリティーやプレッシングの勇気も持ち合わせている。もちろん、4位のチームでの挑戦となるが、それは私にとってさらなるモチベーションになる」 また、デ・ゼルビ監督は選手の立ち位置やボールの循環にこだわる攻撃的なポゼッションスタイルから、ジョゼップ・グアルディオラ監督と似た戦術家であることが知られているが、ブライトン就任の際にはそのペップから連絡があったという。 「グアルディオラから連絡があり、とても喜んでくれていた。このクラブを高く評価していて、何か必要なことがあればいつでも助けると言ってくれたよ」 両指揮官は互いにフットボールへのアプローチを認め合う仲だが、デ・ゼルビ監督は「ペップは手の届かない監督だと思う」と謙遜。だが、「試合になれば話は別だ」と、早くも闘志を燃やす一面も見せた。 2022.09.21 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトンがデ・ゼルビ新監督招へいを発表! 三笘薫の新たなボスはペップ彷彿のイタリア人戦術家

三笘薫が在籍するブライトンは18日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(43)の新監督招へいを発表した。イタリア人指揮官はイギリスの労働許可証取得を前提に、2026年までの4年契約にサインした。 先日にグレアム・ポッター監督をチェルシーに引き抜かれた今季4位のブライトンは、インターナショナルマッチウィーク期間までに後任人事に着手。 これまでセルティックのアンジェ・ポステコグルー監督や、ボデ/グリムトを率いるヒェティル・クヌートセン監督、マインツのボー・スヴェンソン監督が候補に挙がっていたが、新指揮官は同じく早い段階からリストアップされていたフリーのデ・ゼルビ氏となった。 イタリア人指揮官のデ・ゼルビ氏はこれまでフォッジャ、パレルモ、ベネヴェントで実績を積み、2018年7月からサッスオーロの監督に就任。 ジョゼップ・グアルディオラを彷彿とさせる立ち位置、ボールの循環にこだわる攻撃的なポゼッションスタイルを志向する青年指揮官は、2019-20シーズンから2シーズン連続で8位フィニッシュに導いた。シャフタールでは30試合を指揮し、20勝5敗5分けの戦績を残したが、ロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、今年7月に契約を解消していた。 今夏には前指揮官を解任したボローニャやモンツァといったセリエAクラブからの関心を集めていたが、最終的にオファーを固辞。ここ最近ではマッシミリアーノ・アッレグリ監督に解任の可能性が取り沙汰されるユベントスからの関心も伝えられたが、プレミアリーグでの挑戦を選択する形となった。 クラブによると、デ・ゼルビ氏は16日に現地入りを果たし、17日に非公開で行われたトレーニングマッチをすでに観戦。また、労働許可証取得を条件にデ・ゼルビ氏のコーチングスタッフとの契約にも合意しており、インターナショナルマッチウィーク明けとなる10月1日のプレミアリーグ第9節のリバプール戦が同氏を含む新体制の初陣となるという。 なお、クラブはエリザベス女王への敬意を示すため、デ・ゼルビ氏のメディアへのプレゼンテーションを現地時間の20日午後に延期している。 2022.09.19 07:21 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly