川崎Fの三笘薫がプレミアリーグのブライトンへ完全移籍、4年契約を締結「応援歌をスタジアムで聞けなかったのが心残り」

2021.08.10 17:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレは10日、U-24日本代表MF三笘薫(24)がブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍することを発表した。なお、ブライトンも三笘の加入を発表。4年契約を結んだとのことだ。

三笘は川崎Fの下部組織出身で、U-12からU-18まで所属。しかし、トップチームには昇格せずに筑波大学への進学を決断する。
クラブからの昇格の話を断った三笘は、大学2年次の2017年に天皇杯2回戦のベガルタ仙台戦で2得点の活躍。同年9月に川崎Fの特別指定選手となると、2018年には2020シーズンからの加入内定が前倒しで発表されていた。

2020年に正式に入団すると、ルーキーながら明治安田生命J1リーグで30試合に出場し13得点を記録し、新人最多得点記録タイの活躍。チームも2年ぶりにリーグを制し、Jリーグベストイレブンにも選ばれていた。

今シーズンは明治安田J1で20試合に出場し8得点を記録。U-24日本代表として東京オリンピックにも参加。3位決定戦のU-24メキシコ代表戦では大会初ゴールを記録していた。

三笘はクラブを通じてコメントしている。

「このたびブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに完全移籍することになりました。僕はU-10からフロンターレアカデミーで育ちました。フロンターレはサッカーだけではなく人として成長させてくれたクラブであり、さまざまな思いがありますが、プロサッカー選手として常に向上心とチャレンジの想いを持っているために今回の決断となりました」

「大学を経由してプロの世界に入ることができましたが、僕のサッカーに関するほとんどがフロンターレで学んだことです。このクラブには感謝の思いしかありません。アカデミー時代、先輩たちの背中をずっと追いかけていました。Jリーグで活躍するだけでなく、海外のクラブで活躍する方たちもいます。僕も先輩たちに続いて世界の舞台で結果を出すことが、川崎フロンターレというクラブを世界に知ってもらえる、そしてクラブの発展につながると思います。またアカデミーの代表としてそういう姿を見せることが、アカデミーの後輩たちやこれからフロンターレに入りたいと思っている子どもたちに希望を与えられると思っています」

「プロになって等々力でプレーして、スタジアムの熱気を肌で感じてすごく高ぶるものがありました。これがプロの世界なんだと実感した記憶があります。トップチームでの約1年半。コロナ禍の影響で、子どものころから見てきた満員の等々力の中で、サポーターの皆さんの大きな声援の中で一緒にプレーすることはできませんでしたが、皆さんにはいつも温かい雰囲気と大きな拍手で後押ししてもらいました。ありがとうございました」

「チームメイト、スタッフ、そしてたくさんのサポーターの皆さん、たくさんの方々に支えられてここまで来ることができました。フロンターレで学んだことを生かし、これからサッカー選手としてもっともっと成長していきたいと思います」

「最後に。去年僕の応援歌を作っていただいたのですが、その歌をスタジアムで聞けなかったのが心残りではあります。いつかまた等々力に帰ってきたときに、その応援歌を聞けたら嬉しいです。今まで応援ありがとうございました」


1 2

関連ニュース
thumb

現地も驚く三笘薫の衝撃スタッツ! 初アシストから11試合で6ゴール2アシスト、8試合でゴールに絡む活躍

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫のスタッツに現地も驚きを隠せない。 ブライトンは29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプールをホームに迎えた。 2週間前のリーグ戦では3-0と快勝を収めたブライトン。この試合では前半に先制を許すも、すぐに追いつき1-1で後半を迎える。 しかし、その後は互いに譲らずゴールが生まれないまま後半アディショナルタイムへ。しかし、そのアディショナルタイムにはブライトンがFKからパスを繋ぐと、三笘がボックス内で相手に囲まれながらも巧みなタッチを見せ決勝ゴールを記録。ブライトンが2-1で逆転勝利を収めた。 多くの称賛を受ける三笘だが、データでも素晴らしいものを残すことになった。 今季からブライトンでプレーする三笘は、10月29日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦で初アシストを記録。この試合からリバプール戦で11試合目の出場となったが、なんと8試合でゴールに絡む活躍を見せている。 内訳は6ゴール2アシストと直接ゴールに絡む回数が多く、ゴールもアシストもなかった3試合のうち、リバプール戦ではほぼアシストの未遂もあり、数字に残らない部分でもブライトンの躍進を支えている。 その間ブライトンは、リーグ戦で5勝3分け1敗、FAカップで2連勝、EFLカップで1勝1敗という状況。カタール・ワールドカップ(W杯)後にさらに磨きのかかった三笘に牽引されるチームが勢いに乗っている。 <span class="paragraph-title">【動画】驚きの声連続!三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘が魅せた華麗なアウトサイドクロス</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> パスでも魅せる<br>得意のアウトでチャンス演出<br>\<br><br>FAカップ4回戦<br>ブライトン×リヴァプール<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中 <a href="https://t.co/aJiagdyoi8">pic.twitter.com/aJiagdyoi8</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1619713153822244865?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトン監督、カイセドの去就問題に「クラブと彼の問題。人生では間違いがつきもの」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が去就問題に揺れるエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)に言及した。 今季のプレミアリーグで上位に割って入るブライトンにおいて、原動力の1人に数えられるカイセド。ピッチ外では去就が注目され、つい先日に代理人変更が明らかになるなか、チェルシーに続いて、アーセナルが獲得に乗り出している。 そんなカイセドはアーセナルからの1stオファーをブライトンが拒否したとの報道が飛び交った後、自身のSNSで移籍願望を表明。ブライトンは今冬の移籍話を拒むスタンスだが、マーケット閉幕が迫るなか、動向がより一層注目される。 ブライトンはこうした状況からカイセドに練習参加を認めず、29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦もメンバー外に。イギリス『メトロ』によると、デ・ゼルビ監督はその試合に先立ったインタビューで自身の見解を示した。 「モイセスは好青年だ。明日、明後日になればわかるはずだし、何か起こるだろう。我々としては彼にシーズンの終わりまでいてほしいが、これはクラブとモイセスの問題だ。人生では間違いがつきもの。解決策は多くある。そして、クラブ、彼、我々にとってベストな解決策を探る」 なお、ガーナ代表MFトーマス・パルティの負傷もあってから、カイセドに熱を入れるアーセナルはアドオン込みで7000万ポンド(約112億7000万円)の再オファーを出したが、これもブライトンに拒否されたといわれる。 2023.01.30 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に良い選手」敗れたクロップ監督が決勝ゴールの三笘薫を称える「大変だった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫を称えた。 リバプールは29日に行われたFAカップ4回戦で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。 年明けから勝利のないチームはこの日も30分にMFハーヴェイ・エリオットのゴールで先制しながら、9分後に同点とされて後半へ突入。後半は拮抗した展開が続いたが、アディショナルタイムに三笘に逆転弾を許し、1-2で敗れ4回戦で敗退となった。 2週間前のプレミアリーグでも3-0と敗れたブライトン相手に連敗。FAカップ連覇を逃すことになった中、イギリス『BBC』のインタビューでクロップ監督が試合について言及。決勝ゴールを決めた三笘を称えた。 「左サイドのロボ(アンドリュー・ロバートソン)はサポートがあったので良かった。ただ、逆サイドのトレント(・アレクサンダー=アーノルド)は、サポートを受けられなかった」 「三笘は本当に良い選手であり、もちろん大変ではあった。ただ、我々は2つのゴールをより良く守ることができたと思う」 「1点目はディフレクトがあったが、おそらくシュートはブロックできた。あまり良い気分のものではない」 「時間が経てばポジティブな面も見えるかもしれないが、次のラウンドに行きたかった。ブライトンを祝福したい」 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督も脱帽、三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「こっちもえぐい」「ゴールより好き」三笘薫、芸術のようなアウトサイドクロスが称賛の嵐!惜しくもアシストにはならずも「モドリッチか」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がそのクオリティを遺憾なく発揮している。 29日に行われたFAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えたブライトン。ハーヴェイ・エリオットのゴールでリバプールに先制を許したものの、39分にルイス・ダンクのゴールで同点に追いつくと、後半アディショナルタイムに三笘が値千金の決勝弾をマークし、2-1で勝利を飾った。 イギリスの地元紙『Sussex Live』や『Sussex Express』の採点で9点(10点満点)という最高の評価を受けた三笘だが、ゴール以外のシーンにも脚光。特段注目を集めているのが、71分のプレーだ。 左サイド深くでボールを受けた三笘。広大なスペースがある中、三笘はドリブルではなくワントラップからのクロスを選択。ゴール前に走り込んだソリー・マーチにドンピシャのクロスを右足アウトで送ってみせた。 マーチのシュートはリバプールの守護神アリソン・ベッカーに防がれ、惜しくもアシストとはならなかったが、このクロスにはファンも「モドリッチか」、「こっちもえぐい」、「ゴールより好き」、「マジでスゴイ」と称賛の嵐。三笘が得意の右足アウトで繰り出した圧巻のパスだった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘のアウトサイドクロス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> パスでも魅せる<br>得意のアウトでチャンス演出<br>\<br><br>FAカップ4回戦<br>ブライトン×リヴァプール<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中 <a href="https://t.co/aJiagdyoi8">pic.twitter.com/aJiagdyoi8</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1619713153822244865?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘の華麗なゴール</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

またもブライトンに敗れ、FA杯敗退…クロップ監督「2週間前よりはずっと良かった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がFAカップ敗退もチームに一定の評価を与えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは29日に行われたFAカップ4回戦で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。年明けからいまだ勝利のないチームはこの日も30分にMFハーヴェイ・エリオットのゴールで先制しながら、9分後に同点とされて後半へ。後半は拮抗した展開が続いたが、アディショナルタイムにMF三笘薫に逆転弾を許し、1-2で敗れた。 FAカップ連覇の夢を絶たれたクロップ監督だが、試合後には2週間前のプレミアリーグで完敗を喫した相手に改善した姿を見せられたと強調。そのうえで、さらなる成長をチームに求めた。 「ここに来たとき、2週間前の試合が頭にあった。あれは私がここに来てからの中でも、かなり底辺のパフォーマンスだったからね。今日はより良い姿を見せられたが、それでも最終的にはセットプレーから2失点した。前回よりギャップはかなり埋められたが、セットプレーでそれは役に立たず、違うことをすべきだったね。当然、良い気分ではないが、それを受け止めなければならない」 「前半のセットプレーは本当に良かった。コーディ(・ガクポ)はボールを持っていてもいなくても、ピッチ中央で大いに助けとなったよ。左サイドのハーヴェイは守備の面で本当に便利な選手だ。だが、ブライトンのような練度の高いチームとの対戦では、すべてのポジションがうまく機能しなければならない。我々はほとんどの時間でギャップを埋められたが、突然それができなくなった」 「これからまた(プレミアリーグで)ウルブズとの対戦だが、そこではまたトライするだけだ。積み重ねる必要があり、改善する必要があり、もっとうまくやる必要がある。数人の選手はより良いプレーが必要であり、守備についても数人は改善しなければならない」 「このパフォーマンスに大喜びはしていない。だが、2週間前に酷い試合で負けた相手と良い勝負はできた。今日の試合の方がずっと良かったと思う。ブライトンは今回もまた本当に素晴らしかった。彼らはゴールを奪い、チャンスも作った。最終的に、1点はディフレクト、1点は92分に決まり、これは我々にとって悪い部分だ。そして敗退となったのは最悪の結果だが、ここから先に進めると思っている」 2023.01.30 11:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly