コミュニティ・シールド敗戦…ペップ「選手の状態はトッテナム戦までに良くなる」

2021.08.08 09:25 Sun
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が今後の戦いに視線を向けた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。
PR
プレミアリーグ連覇だけでなく、昨季に準優勝で涙したチャンピオンズリーグ(CL)初制覇という悲願を目指して、新シーズンに挑むシティ。7日にリーグ王者として新シーズンの到来を告げるコミュニティ・シールド2021に臨み、FAカップ王者のレスター・シティと対戦した。
だが、一部主力がまだ揃わずの状態で今回の一戦に臨んだシティは79分から出場のナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョに89分のPKを決められ、0-1で敗戦。新戦力のイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを65分に投入するなどの策も講じたが、実らなかった。

グアルディオラ監督は試合後、レスターに祝福の言葉を送りつつ、自チームの戦いぶりを回想。15日に敵地で予定するプレミアリーグ開幕節のトッテナム戦までによりチームの状態を高めたいと語った。

「勝ちたかったね。コミュニティ・シールドを優勝したレスターを祝福したい。我々のパフォーマンスについては本当に、本当に良かった。特に、この時期にしては素晴らしいもので、後半も非常に良かったんだ」
「明日に選手たちが合流する。選手の大半はたった3回のトレーニングしかやれていない。日々、月々、我々はできる限り最高の試合をするためにベストを尽くしている。最高の状態じゃないのを承知の上でだ」

「最高の状態じゃないのは承知済み。次の日曜日までに選手たちの状態も良くなっているだろう。代表ウィーク前にできるだけ多くの勝ち点を積み上げておきたい。週を追うごとにきっと良くなってくるはずだ」

「今日の試合で目にしたものはシーズンに向けて自信になるものだ」

また、デビューを果たしたグリーリッシュについては「彼は仲間を知り、一歩ずつ自分のベストを見つけていくだろう」と評している。

PR
関連ニュース

4連覇見えてきたシティが左ウイングバックを補強? ウルブスのアルジェリア代表DFを獲得か

プレミアリーグで4連覇のチャンスを手にしたマンチェスター・シティ。今夏の移籍市場ではウイングバックを獲得するつもりがあるようだ。 アーセナル、リバプールとの熾烈な優勝争いをしているシティ。先週末のリーグ戦では、そのリバプールとアーセナルが共に敗れ、シティが首位に浮上した。 3位から一気に首位に浮上し、4連覇に向けてチャンスを掴んだシティ。イギリス『フットボール・トランスファー』によれば、今夏は左ウイングバックを獲得する予定があり、ウォルバーハンプトンのアルジェリア代表DFライアン・アイ=ヌーリ(22)を狙うという。 アイ=ヌーリに対しては、シティ以外にアーセナル、リバプールも関心を寄せているとのこと。ただ、代理人のジョルジュ・メンデス氏との関係からシティはリードする可能性があるという。 アイ=ヌーリは2020年10月にアンジェからレンタル移籍で加入すると、2021年7月に完全移籍。これまでウォルバーハンプトンでは公式戦で110試合7ゴール8アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで27試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 シティは2022年8月にアンデルレヒトから完全移籍で獲得したDFセルヒオ・ゴメス(23)を手放す可能性があるとのこと。2026年6月までの契約があるものの、シティでポジションを確保できておらず、退団を望んでいるとのこと。アイ=ヌーリの獲得に含める可能性もあるようだ。 2024.04.16 20:40 Tue

リーズがプレミア返り咲きならカルヴァン・フィリップスに救いの手?

イングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(28)にリーズ・ユナイテッド復帰の可能性だ。 昨季加入のマンチェスター・シティでは思うように活躍できず、今年1月からウェストハムにローン移籍中のフィリップス。デイビッド・モイーズ監督のもとではここまで公式戦9試合で使われるが、失点に絡むなど、一部サポーターの槍玉にも上がる。 ウェストハムはすでにローン契約終了とともに返却を決め、シティに戻っても居場所なしといわれるなか、イギリス『デイリー・メール』によると、古巣が状況次第だが、再獲得しうるという。 リーズは今季のチャンピオンシップでプレミアリーグ復帰を果たせば、シティが求める3000万ポンド(約57億5000万円)の支払いにこそ難色を示すが、ローン契約での連れ戻しを検討しているそうだ。 ダニエル・ファルケ監督が率いるリーズはシーズン終盤のチャンピオンシップで優勝位争いを演じ、首位イプスウィッチ・タウンFCと2ポイント差の3位に位置。自動昇格圏の2位レスター・シティとも1ポイント差だ。 プレミアリーグ返り咲きなら夏の補強に力を入れる考えで、実績十分のフィリップス再獲得にも前向きとされるリーズだが、果たして。 2024.04.16 11:05 Tue

負傷明けのウォーカー、CLレアル戦2ndレグではプレーか…グアルディオラ監督「何分か出てもらうかも」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表DFカイル・ウォーカーの状態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 3月下旬の代表戦でハムストリングを負傷し、欠場が続いていたウォーカー。13日のプレミアリーグ第33節ルートン・タウン戦でベンチに戻ってきたが、ピッチに立つことはなかった。 17日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦が控える中、グアルディオラ監督はルートン戦で起用しなかったウォーカーについてコメント。CL準決勝進出がかかる大一番ではプレーする可能性があると述べた。 「だいぶ良くなっているようだが、ケガをしていたから数日は様子を見る」 「これは喜ぶべきことだ。もし彼のフィーリングが良ければ、決戦だから何分か出てもらうことになるかもしれない。しかし、彼がまたケガをしたらとも考えてしまう。私は彼を長い間失いたくない」 「我々が決めることだ。彼は明日(14日)、少しトレーニングする予定だ。どうなるか見てみよう」 また、マドリーとの1stレグに出場した、スイス代表DFマヌエル・アカンジ、イングランド代表DFジョン・ストーンズ、ポルトガル代表DFルベン・ディアス、クロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルの働きぶりにも言及。無理にウォーカーを使うつもりはないようだ。 「レアル・マドリーの選手に対する上で、カイルがどれだけ重要な存在になるかはわかっている」 「だが、彼はマドリードにいなかったし、マヌやジョン、ルベン、ヨシュコの振る舞いやプレーは信じられないほど素晴らしかった。それは理解している。様子を見よう」 2024.04.15 14:20 Mon

暫定首位浮上のシティ、着実勝利にグアルディオラ監督「自分たちらしいパフォーマンス」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が大勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 逆転でのプレミアリーグ制覇を狙う3位シティ。チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレアル・マドリー戦、FAカップ準決勝のチェルシー戦とビッグマッチが控える中、リーグ3連覇が懸かる13日の第33節ではルートン・タウンをホームに迎えた。 開始早々、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのシュートが日本代表DF橋岡大樹のオウンゴールを誘発し、幸先良く先制したシティだったが、その後は圧倒しながら得点奪えず前半終了。それでも64分、CKからクロアチア代表MFマテオ・コバチッチのシュートが決まると、ハーランド、ベルギー代表FWジェレミー・ドク、クロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオルが追加点を奪い、終わってみれば大量5得点の勝利を飾った。 グアルディオラ監督は前半の苦戦を認めながらも、選手たちのパフォーマンスに概ね満足。1失点はあったが、しっかり勝ったことが大事と主張した。 「2点目が入るまでは本当に大変だった。前半は本当に良いプレーをしていたし、チャンスもたくさんあったから疲れてはいない。フィニッシュでいくつかミスがあった」 「多くのシュートを打ったが、失点はしなかった。しかし、世界のサッカーを見渡せば、より優れたチームが試合に勝てずに終わることはいくらだってある」 「2点目と3点目を奪った後に失点した。サッカーではよくあることだ。全体的なパフォーマンスは良かった。マドリー戦を考慮すれば、選手たちは自分たちらしいパフォーマンスを見せてくれた」 また、シティは今回の勝利で暫定首位に浮上しており、アーセナルとリバプールの試合結果を待つことに。しかし、グアルディオラ監督はCL出場権が得られる4位以内確保に近づいたことが大きいとコメントしている。 「我々はCL出場権獲得に近づいている。だが人々は『ペップ、何を言っているんだ?』と言う。いいや、我々はCLの出場権を獲得しなければならないんだ」 「今日トッテナムが敗れたことで、我々は安定に近づいた。多くの理由から、他のクラブもそれ(CL出場)がどれだけ重要かを知っている」 「毎シーズンの最大の目標だ。今日はそこに近づいた。今日はリーグ首位で眠り、明日の様子を見る。何をしなければならないかはわかっている」 2024.04.14 11:29 Sun

「流石に不運」「めちゃくちゃ痛そう」ハーランドのボレーが至近距離で顔面に…橋岡大樹が“痛い”OGが話題「かわいそう」

ルートン・タウンの日本代表DF橋岡大樹が“痛い”オウンゴールを記録してしまった。 13日、プレミアリーグ第33節でルートンはアウェイでマンチェスター・シティと対戦した。 橋岡はこの試合も3バックの一角で先発出場。すると開始2分にオウンゴールを与えてしまった。 自陣からカウンターを繰り広げたシティ。アーリング・ハーランドがフィニッシュに持ち込むが、ここはGKがセーブする。しかし、こぼれ球を拾われると、ジェレミー・ドクがシュート。これもDFがブロックすると、高く跳ね上がったボールをハーランドがボックス内でダイレクトボレーを放った。 すると、ミスキックになるも、ブロックに入った橋岡の顔面をシュートが直撃。コースが変わったボールがネットを揺らし、オウンゴールが記録された。 橋岡にとってもチームにとっても“痛い”オウンゴール。これはシーズン途中加入ながら2点目のオウンゴールとなった。 ファンは「流石に不運すぎる」、「これは不憫でならない」、「めちゃくちゃ痛そう」、「かわいそうだな」、「これで2点目なのか」、「顔面ブロックならず」とオウンゴールにコメント。一方で、その他のプレーには王者のシティ相手に5失点こそしたものの奮闘していると称賛のコメントが集まった。 なお、橋岡は至近距離で脳震とうが疑われたが、その後ピッチに戻ってプレーを続けることに。試合は、5-1で力の差を見せつけられて大敗となった。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡大樹が痛恨OG…ハーランドのシュートが顔面直撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nV48iIjDNXA";var video_start = 17;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 10:10 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly