偉大なる功績、メッシが17年間でバルセロナに残したもの

2021.08.06 08:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界に衝撃が走ったのは5日のことだった。バルセロナが公式声明を発表。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)がクラブをさるというものだった。世界最高峰のフットボーラーの1人としてその名を知らないものはいない選手。これまでの数々の功績に加え、今夏はコパ・アメリカ2021でアルゼンチン代表として初優勝。悲願の代表でのタイトルも手にした。

1年前、クラブから退団するという意思を示したメッシ。結果として契約が満了を迎えるまでは残ることを決断した。

そして迎えた今夏。契約は満了を迎えたが、クラブの誠意もありメッシ側が譲歩する形で新契約を結ぶと報道。50%の減俸を飲むなどと報じられ、両者間では合意に至る寸前。5日には、メッシのバルセロナ残留が発表されると思われた矢先、まさかの退団発表となった。

バルセロナは「バルセロナとリオネル・メッシは個人間の条件面で合意に達し、本日にも新契約を結ぶという双方の明確な意思があったが、財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)のため、実現が不可能となりました」と発表。クラブとメッシの間の問題ではないことを発表した。

◆21年の付き合い

メッシがバルセロナに加入したのは2000年7月。ニューウェルズ・オールドボーイズからバルセロナのユースに加入したのが始まりだ。

幼少期にその才能を見出されたメッシだったが、10歳の頃に成長ホルモンの分泌異常の症状が発覚。成長ホルモン投与などの治療なしでは身体が発達しないと診断された。将来が期待される才能がある中、アルゼンチンでは不況が続き、治療継続が困難に。そこに手を貸したのがバルセロナだった。

13歳でバルセロナのトライアウトに合格したメッシは、カンテラでメキメキと成長。才能を見せつける形となると、17歳となった2004年10月16日にBチーム所属ながらファーストチームデビューを果たした。

ファーストチームに昇格した当初は、早々にレギュラーポジションを掴んだ一方で、ケガなどもあり欠場が目立つことも。それでも、その才能が陰りを見せることはなく、数々の功績を残していく。

◆クラブにもたらせた35のタイトル

メッシがデビューを果たした2004-05シーズンは、先輩方の力を借りてラ・リーガ制覇。これがメッシにとってのバルセロナでの初タイトルとなった。

翌年はレギュラーポジションを争う中、シーズン終盤はケガで離脱。それでもチームはリーグ連覇に加え、チャンピオンズリーグも優勝した。

自身がレギュラーに定着しかけた3年目はスーペル・コパこそ勝ち取るものの、シーズンは無冠。4年目の2007-08シーズンは1つもタイトルに恵まれなかった。

しかし、迎えたが5年目の2008-09シーズンはシーズンを通して53試合で47ゴール12アシストを記録。ラ・リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグと3冠に導く活躍を見せ、2009年の初めてバロンドールを受賞することとなる。

その後の活躍は説明するまでもなく、メッシはラ・リーガで10回、コパ・デル・レイで7回、チャンピオンズリーグで4回優勝を達成。その他のタイトルも合わせて、35個のトロフィーをバルセロナで獲得した。

■獲得タイトル
ラ・リーガ:10回
コパ・デル・レイ:7回
チャンピオンズリーグ:4回
スーペル・コパ:8回
FIFAクラブ・ワールドカップ:3回
UEFAスーパーカップ:3回

◆およそ1000ゴールに絡む活躍

数々のタイトルをバルセロナにもたらせたメッシだが、個人の記録も偉大なものを残している。

永遠のライバルであるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとはバロンドールを常に争う関係となった。

メッシは、2009年に初受賞するとそこから4連覇。その後、2015年、2019年にも受賞し、通算6度のバロンドールに輝いている。

また、2019年にはFIFA最優秀選手にも選ばれるなど、個人としての表彰も多くされた。

バルセロナでは公式戦778試合に出場し672ゴール305アシスト。1人で1000ゴール近くに絡んでいることからも、その偉大さがわかる。

得点王はラ・リーガで8回、チャンピオンズリーグで6回も受賞。ラ・リーガの年間最優秀選手も9回受賞している。

大会別に見れば、ラ・リーガでは520試合で474ゴール217アシスト、コパ・デル・レイ、スーペル・コパを合わせて100試合で70ゴール42アシストを記録。チャンピオンズリーグでは149試合で120ゴール42アシストを記録していた。

数多くの記憶に残るゴールも残してきたメッシだが、その伝説も21年で幕。新たな章がスタートすることになる。


1 2

関連ニュース
thumb

デンベレ、再び招集外に…バルサは構想外の姿勢強める

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの退団がますます近づいているようだ。 クラブからの再三にわたる契約延長オファーを無視し続け、先日ついに招集メンバーから外されてしまったデンベレ。チャビ・エルナンデス監督が「もう待てない」と最後通告が突きつけた中、フットボール・ディレクターのマテュー・アレマニ氏も「クラブにコミットしないのであれば、直ちに出ていかなければならない」と、退団を促す発言をしていた。 そんな中、バルセロナは23日に行われるラ・リーガ第22節のアラベス戦に向けた招集メンバーを発表。直近のアスレティック・ビルバオ戦に続き、デンベレの名前はなかった。 これで、すでに構想から外されていることがより明確となったデンベレ。一部ではチェルシーがオファーを出したとの情報もあるが、果たして今冬の移籍市場で新たな職場を見つけることはできるだろうか。 2022.01.23 19:11 Sun
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表オスカル、バルサ移籍の噂認める「交渉しているし、興味もある」

上海海港の元ブラジル代表MFオスカル(30)が、バルセロナと移籍交渉中であることを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 オスカルは2017年1月にチェルシーから上海海港へ移籍。ブラジル代表MFの20台半ばにしての中国行きはその当時、大きな話題を呼んだ。 上海海港では公式戦170試合に出場し、50得点101アシストという圧倒的なスタッツを記録。司令塔としての位置を確立しているものの、ここ最近各国メディアによってバルセロナへの移籍が取り沙汰されている。 そんなオスカルがブラジル『TNT Sports』のインタビューに応対。噂通り、バルセロナと移籍交渉中であることを認めた。 「交渉しているし、興味もある。バルサは困難な時期を迎えているね。しかし、彼らは選手登録に苦労しているから、難しい面もあるんだ。また、クラブとの話し合いも必要だ。シーズン後の方がいいかもしれないね」 オスカルのコメントの通り、財政難に苦しむバルセロナは現時点でサラリーキャップ制度によって選手登録が困難な状態。放出が噂されるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)や、アメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(21)といった選手を売却すれば、追加の登録が可能となるが果たして…。 2022.01.22 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰間もないアンス・ファティがハムストリング負傷…2カ月程度離脱の見方も

バルセロナは21日、スペイン代表FWアンス・ファティの負傷を発表した。 ファティは20日に敵地で行われたコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦に61分から出場。だが、延長戦に入ってからの前半にスプリントした際に足を痛め、無念の交代を強いられた。 クラブによると、ファティは21日の検査で左足ハムストリング近位の腱損傷が判明。近日中に治療法が決まり、現時点で全治未公表だが、スペイン『マルカ』によれば、2カ月程度の離脱もあり得るという。 今季から背番号「10」を受け継いだファティだが、近年はケガが相次ぎ、チャビ・エルナンデス現体制が始動するタイミングでも左足大腿二頭筋を負傷。12日に行われたスーペル・コパのレアル・マドリー戦で復帰したばかりだった。 そうしたなかでも、今季のここまで公式戦10試合に出場して5得点1アシストと決定的な働きをしているファティ。この後半戦からさらなる巻き返しを期すバルセロナにとって、痛手となる。 2022.01.22 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元神戸のフェルマーレンが現役引退を表明…ベルギー代表のコーチに

ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)が現役引退を表明した。 フェルマーレンはアカデミーから過ごすアヤックスでプロデビュー後、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。ケガも多かったが、バルセロナでは4度のラ・リーガ優勝を経験して、チャンピオンズリーグ(CL)も制した。 2019年7月からはヴィッセル神戸に電撃加入して、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献。昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了による退団が決定した。 神戸を去ってのこれからが注目され、母国復帰の噂も取り沙汰されたフェルマーレンだが、21日に自身のインスタグラムで神戸での2シーズン半を最後にスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。 「プロフットボールから退く決断をしました。フットボール界で最も素晴らしいクラブでプレーでき、非常に幸運でした。そのことを非常に感謝しています。キャリアを通じて、みなさんのサポートに感謝します」 そう綴った名手はまた、今後についても触れ、自身も通算85キャップ(2ゴール)を記録したベルギー代表でコーチに転身する旨を明らかに。コーチとしてカタール・ワールドカップ(W杯)優勝を目指すようだ。 「ベルギー代表のアシスタントコーチになるのを発表できるのを非常に誇りに思うと同時に、感謝しています。 私の人生におけるこの新しいステップと新しい挑戦を楽しみにしています」 2022.01.22 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly