偉大なる功績、メッシが17年間でバルセロナに残したもの

2021.08.06 08:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界に衝撃が走ったのは5日のことだった。バルセロナが公式声明を発表。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)がクラブをさるというものだった。世界最高峰のフットボーラーの1人としてその名を知らないものはいない選手。これまでの数々の功績に加え、今夏はコパ・アメリカ2021でアルゼンチン代表として初優勝。悲願の代表でのタイトルも手にした。

1年前、クラブから退団するという意思を示したメッシ。結果として契約が満了を迎えるまでは残ることを決断した。

そして迎えた今夏。契約は満了を迎えたが、クラブの誠意もありメッシ側が譲歩する形で新契約を結ぶと報道。50%の減俸を飲むなどと報じられ、両者間では合意に至る寸前。5日には、メッシのバルセロナ残留が発表されると思われた矢先、まさかの退団発表となった。

バルセロナは「バルセロナとリオネル・メッシは個人間の条件面で合意に達し、本日にも新契約を結ぶという双方の明確な意思があったが、財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)のため、実現が不可能となりました」と発表。クラブとメッシの間の問題ではないことを発表した。


関連ニュース
thumb

「馬鹿馬鹿しい」チャビ監督はATの長さに言及、大型補強もゴールレスドロー「トラップが仕掛けられている」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ラ・リーガの開幕戦となったラージョ・バジェカーノ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 12日に開幕を迎えた2022-23シーズンのラ・リーガ。バルセロナはラージョをホームに迎えてシーズンのスタートを切った。 今夏の大型補強に加え、財政難、サラリーキャップ問題による選手登録不可という2つの話題を振り撒いてきた中、無事にジュール・クンデを除いた選手を登録したバルセロナ。圧倒する試合が予想されたが、昨季も苦しめられたラージョの前に苦戦する。 決定機を何度か作るも活かせないでいると、ラージョの守備の前にこじ開けることができず。有効なプレータイムを使えずにゴールレスドローに終わった。 試合後、『DAZN』のフラッシュインタビューに応じたチャビ監督は。ゴールレスドローに終わり「ガッカリしたか?」との質問に答え、ラージョに上手く守られたとし、プレータイムを有効に使えなかったと振り返った。 「無理な話だ。ラージョはよく守っていた。いつもより多くチャンスを作ることに苦労したが、得点のチャンスはあった。時間を浪費し、試合がどんどん遅くなっていた」 「期待感を示したからには、正しい道を歩んでいることを示したかったが、まだ始まりに過ぎない。辛抱強く、このチームを信じてもらいたいと願いたい」 「今日は残念な結果になってしまったが、これはスタートであり、我々はこのプレーモデルを信じ続けなければいけない」 また、後半のアディショナルタイムが8分も与えられたことについて言及。あわや失点というシーンも迎えるなどした中、無駄な時間を過ごして時間が追加されるのはおかしいと疑問を呈した。 「私にとっては馬鹿馬鹿しい。効果的な時間ができるまで待つというのか?そうすれば、8分でも22分でも、何分追加されるのかを見る必要はなくなる。トラップが仕掛けられているからバカにされるんだ」 「またいつか自分たちでやるだろう。ラージョのために言ってるんじゃない。(プレーが)有効な時間がない唯一のスポーツだと思う」 2022.08.14 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大型補強で注目の新生バルサ、昨季苦戦ラージョに勝ち切れず…ホームでドロースタート《ラ・リーガ》

2022-23シーズンのラ・リーガ開幕節、バルセロナvsラージョ・バジェカーノが13日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。 盤石のレアル・マドリーから覇権奪還を目指す昨季2位のバルセロナは、昨季のカンプ・ノウでの対戦で屈辱の敗戦を喫したラージョを相手に白星発進を目指した。 今夏、新スポンサー契約や今後のテレビ放映権の一部売却で7億ユーロ以上の資金調達を図り、レヴァンドフスキ、ハフィーニャ、クンデら数選手を獲得する大型補強を敢行したチャビ率いるチームは、プレシーズンでその新戦力が早速フィットし、好調を維持。また、ラ・リーガのサラリーキャップの問題で新戦力を含め主力数名を登録できずにいたが、辛くも開幕戦前日にクンデを除く選手の登録を完了させた。 そして、注目の開幕スタメンは守護神テア・シュテーゲンやアラウホ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ペドリら昨季の主力と共に、クリステンセン、ハフィーニャ、レヴァンドフスキの新戦力3選手がデビューを飾った。 近年稀に見る積極補強により、大きな期待感が漂うカンプ・ノウでスタートした今季の開幕戦。 UNAMプーマスを6-0で粉砕した直近のジョアン・ガンペール杯のような相手を圧倒する立ち上がりが期待されたが、昨季対戦での良いイメージを持つラージョの勇猛果敢な戦いもあり拮抗した状況が続く。 それでも、10分を過ぎた辺りから相手を押し込むことに成功すると、右サイドのハフィーニャが積極的に足を振っていく。ただ、ペドリとレヴァンドフスキの新ホットラインを含め中央での細かい崩しは封じられて、外回りの攻撃が続く。 決定機まであと一歩という場面が目立つ中、飲水タイムにはチャビ監督が細かな修正を施す。デンベレとハフィーニャのサイドを入れ替えるなど、異なるアプローチで相手の堅守攻略を図る中、ボックス内のデンベレのシュートやペドリのミドルシュートでチャンスを窺うが、先制点が遠い。 逆に、前半終了間際には相手が狙っている背後への速い攻めからピンチを迎える。トレホの浮き球パスに抜け出したアルバロ・ガルシアにボックス左に抜け出されてDFアラウホのスライディングもかわされるが、ここはうまく間合いを詰めたGKテア・シュテーゲンのビッグセーブにより事なきを得た。 やや不満を残す形で前半を終えたバルセロナだが、後半もメンバー交代や立ち位置の変更はなくスタート。勢いを持って入ったものの、前半同様にアタッキングサードでの手詰まりが目立つ。 後半序盤の先制点奪取を逃したホームチームは60分過ぎに3枚替えを敢行。クリステンセン、ハフィーニャ、ガビを下げてセルジ・ロベルト、フレンキー・デ・ヨング、アンス・ファティを投入。この交代でアラウホがセンターバックにポジションを移した。 65分には投入直後のファティがデンベレからの横パスをボックス中央でダイレクトシュート。いきなりゴールへ迫ったが、ここは相手GKの好守に阻まれる。さらに、直後にもブスケッツのミドルシュートが枠を捉えたが、これもディミトリエフスキのファインセーブに遭う。 ラージョに疲労が出始めたこともあり、徐々に相手を崩しかける場面が増えてきた中、チャビ監督は73分にペドリを下げてケシエ、82分にはアルバを下げてオーバメヤンを投入。[3-3-3-1]の攻撃的な布陣で勝ち点3奪取へのこだわりを見せる。 しかし、レヴァンドフスキやオーバメヤンがボックス内でのビッグチャンスをモノにできず、0-0のスコアのまま試合は8分が加えられた後半アディショナルタイムに突入する。 そのアディショナルタイムでは見せ場はおろか、ブスケッツが2枚目のカードで退場となったほか、オフサイドで取り消しとなったもののサルビにゴールネットを揺らされて、あわや土壇場失点での敗戦というピンチも招いた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、大型補強で注目を集める新生バルセロナの初陣は消化不良のゴールレスドローに終わった。 2022.08.14 06:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ニコが買取OPなしの1年ローンでバレンシアへ! バルサと26年まで契約延長の上で

バレンシアは13日、バルセロナからU-21スペイン代表MFニコ・ゴンサレス(20)の獲得を発表した。契約は2023年6月30日までのレンタルとなる。 また、バルセロナはニコを貸し出すにあたり、2024年6月30日までの契約を新たに2026年6月30日まで延長。契約解除金も10億ユーロ(約1369億2000万円)に設定し直され、買取オプションなしのレンタルだという。 ニコは11歳の頃にバルセロナの門を叩いて以降、アカデミーで順調な成長曲線を描き、昨季のラ・リーガ開幕戦でトップチームデビュー。プロ1年目からリーグ戦27試合に出場と上々のデビューシーズンを過ごした。 ところが、今季に向けてはコートジボワール代表MFフランク・ケシエが加わり、中盤のポジション争いが激化。選手本人は出場機会を優先しての移籍を望むとされ、バレンシア行きの報道が加熱している状況だった。 バレンシアは今季からジェンナーロ・ガットゥーゾ体制に。その新監督の願いが叶ってのバレンシア入りとされるニコはFWサム・カスティジェホ、FWウーゴ・ドゥロ、FWサムエウ・リーノに続く今夏の新戦力となる。 2022.08.13 18:57 Sat
twitterfacebook
thumb

「第4の手」が奏功、バルサがレヴァンドフスキら6名の選手登録完了…残すはクンデのみ

資金調達のために子会社の株式を新たに売却し、1億ユーロ(約138億円)を手にしたバルセロナ。どうやら開幕戦に向けて選手登録が間に合ったようだ。 財政難に陥っていながら、今夏は大型補強を敢行したバルセロナ。FWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加えた。 さらに、チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバの獲得も目指すとされている。 しかし、財政難に加え、ラ・リーガのサラリーキャップに抵触しているバルセロナは、今夏獲得した5名に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレの合計7名が選手登録できていない状況となっていた。 その状況を解決すべく、様々な手を尽くそうとしているバルセロナ。その中で、「第4の手」としてオーディオビジュアル部門を運営する子会社『Barça Studios』の株式24.5%を売却。合計で49.5%を売却し2億ユーロ(約276億円)を手にしていた。 その結果、ラ・リーガの公式HP上ではこれまで存在しなかった選手たちが、バルセロナの選手リストに登録されることとなった。 それは、レヴァンドフスキ、ハフィーニャ、ケシエ、クリステンセン、さらにセルジ・ロベルトとデンベレの6名。ただ、クンデのみが登録できていないという状況が残っている。 「第4の手」を打ったことで補強が水の泡とならずに済んだバルセロナ。残りのクンデを登録するには、既存選手のサラリーを削減するか、選手を放出する必要がある。 放出候補としては、オランダ代表FWメンフィス・デパイ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、デンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトの3名が対象に。元がボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンにもチェルシーが強い関心を持っており、このリストに入る可能性はゼロではない。 新たに選手を加える気もあることを考えれば、1人の放出では済まない状況。まずは一安心というところだろうが、解決しなければいけない問題はまだまだあることは忘れてはいけない。 2022.08.13 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ開幕節プレビュー】王者レアル・マドリーは2部王者アルメリア戦! 久保はソシエダデビューなるか

2022-23シーズンのラ・リーガが8月12日(金)に開幕を迎える。昨シーズンは中盤戦以降に独走態勢に入ったレアル・マドリーが2シーズンぶり35度目の優勝を決めたが、今シーズンのラ・リーガの覇権争いを占う開幕節はいかなる結果となるか…。 2度目の就任となったアンチェロッティ監督の下で昨季のプリメーラ王者に輝いたレアル・マドリーは、連覇に向けた今季の初陣で昨季セグンダ王者のアルメリアと対戦する。 今夏の移籍市場ではMFチュアメニ、DFリュディガーの2選手の補強にとどまり、シーズン3冠を達成した昨季の継続路線を歩むエル・ブランコ。リーグ開幕に先駆けて10日に行われたUEFAスーパーカップではヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトを圧倒し、DFアラバとエースFWベンゼマのゴールによって2-0の快勝。シーズン6冠を目指す中で幸先よく今季最初のタイトルを獲得した。 そのフランクフルト戦では昨季チャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたチームへのリスペクトもあり、リバプールとの決勝と全く同じスタメンを採用したが、中3日の日程で行われる開幕戦ではMFカマヴィンガやFWロドリゴ、前述の新戦力2選手がスタメンデビューを飾る可能性もある。 一方、8年ぶりのプリメーラ復帰となったアルメリアはプリメーラ王者をホームに迎える開幕戦で大番狂わせを狙う。レアル・マドリー相手に劣勢は必至と思われるが、粘り強く守備をしながら昨季セグンダで18ゴールを挙げたFWサディクらの一発に賭けたい。 盤石のレアル・マドリーから覇権奪還を目指す昨季2位のバルセロナは、昨季のカンプ・ノウでの対戦で屈辱の敗戦を喫したラージョ・バジェカーノを相手に白星発進を目指す。 今夏の移籍市場では新スポンサー契約や今後のテレビ放映権の一部売却で6億ユーロ以上の資金調達を図り、FWレヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFクンデら数選手を獲得する大型補強を敢行。プレシーズンではその新戦力が早速フィットし、好調を維持している。ただ、ラ・リーガのサラリーキャップの問題で新戦力を含め主力数名を登録できず。クラブ首脳は最終的な登録を楽観視しているものの、13日のラージョ戦で新戦力がプレーできるかは不透明な状況だ。 一昨シーズンの王者で昨季は3位に甘んじたアトレティコ・マドリーは、ヘタフェとのマドリード自治州ダービーで巻き返しを図るシーズンをスタートする。シメオネ体制11年目のコルチョネロスは、DFモリーナやMFヴィツェルらを補強したものの、基本的には昨季の戦いがベースとなる。プレシーズンはマンチェスター・ユナイテッド、ユベントスを破るなどまずまずの仕上がりを見せており、昨季対戦で苦戦を強いられたキケ・フローレス率いる曲者相手にきっちり勝ち切りたいところだ。 また、現時点で今季のラ・リーガで唯一プレーするMF久保建英は、レアル・マドリーから完全移籍したレアル・ソシエダでのデビュー戦に臨む。プレシーズンは右ウイングを主戦場にまずまずのパフォーマンスでアピールを見せており、今回のカディス戦ではスタメンでのデビューも期待されるが、チームが昨季後半戦で採用していた[4-3-1-2]で臨むとの現地報道もあり、その場合はベンチからのスタートとなるかもしれない。 フライデーナイトの開幕カードとなったオサスナ戦に臨む昨季4位のセビージャは、難敵相手に白星発進を目指す。今夏にDFジエゴ・カルロス、クンデの主力センターバック2人が移籍した中、ガラタサライからDFマルコンを獲得したが、この開幕戦ではDFレキク、DFグデリがセンターバックでコンビを組む見込みだ。また、新加入組ではMFイスコ、マルコンが招集外となっているが、DFアレックス・テレスがメンバー入りを果たしている。 その他ではガットゥーゾのバレンシア、ディエゴ・マルティネスのエスパニョール、バルベルデのアスレティック・ビルバオという新指揮官の初陣、バジャドリーとジローナの昇格組の戦いにも注目したい。 《ラ・リーガ開幕節》 ▽8/12(金) 《28:00》 オサスナ vs セビージャ ▽8/13(土) 《24:00》 セルタ vs エスパニョール 《26:00》 バジャドリー vs ビジャレアル 《28:00》 バルセロナ vs ラージョ ▽8/14(日) 《24:30》 カディス vs レアル・ソシエダ 《26:30》 バレンシア vs ジローナ 《29:00》 アルメリア vs レアル・マドリー ▽8/15(月) 《24:30》 アスレティック・ビルバオ vs マジョルカ 《26:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《28:30》 ベティス vs エルチェ 2022.08.12 21:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly