偉大なる功績、メッシが17年間でバルセロナに残したもの

2021.08.06 08:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界に衝撃が走ったのは5日のことだった。バルセロナが公式声明を発表。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)がクラブをさるというものだった。

世界最高峰のフットボーラーの1人としてその名を知らないものはいない選手。これまでの数々の功績に加え、今夏はコパ・アメリカ2021でアルゼンチン代表として初優勝。悲願の代表でのタイトルも手にした。

1年前、クラブから退団するという意思を示したメッシ。結果として契約が満了を迎えるまでは残ることを決断した。

そして迎えた今夏。契約は満了を迎えたが、クラブの誠意もありメッシ側が譲歩する形で新契約を結ぶと報道。50%の減俸を飲むなどと報じられ、両者間では合意に至る寸前。5日には、メッシのバルセロナ残留が発表されると思われた矢先、まさかの退団発表となった。

バルセロナは「バルセロナとリオネル・メッシは個人間の条件面で合意に達し、本日にも新契約を結ぶという双方の明確な意思があったが、財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)のため、実現が不可能となりました」と発表。クラブとメッシの間の問題ではないことを発表した。




関連ニュース
thumb

ニコ・ゴンサレス、出場機会を求めてバレンシアにレンタルへ

バルセロナのスペイン人MFニコ・ゴンサレス(20)がバレンシア移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨季のラ・リーガ開幕戦のソシエダ戦でトップチームデビューを果たしたニコ。プロ1年目にして公式戦39試合に出場し、上々のデビューシーズンを過ごした。 ところが、新シーズンに向けては中盤にコートジボワール代表MFフランク・ケシエが加入したことから、20歳の出場機会は大幅に減少すると予想されている。そして、それに伴い移籍の噂も挙がっている状況だ。 国内複数のクラブが獲得に興味を持っていた中、新天地はバレンシアになる模様。新監督に就任したジェンナーロ・ガットゥーゾたっての希望で、出場機会を保証することを条件に獲得に漕ぎつけたようだ。 なお、別の情報では、ニコはバルセロナと契約を1年延長したうえで、バレンシアに1年間レンタルするようだ。 2022.08.10 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

問題未解決のバルサ、それでもベルナルド・シウバ獲得目指す…移籍金は70〜80億円程度

財政難に苦しみ、サラリーキャップに抵触して今夏獲得した選手を登録できていない状態のバルセロナだが、さらに選手を補強するつもりのようだ。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 そんなバルセロナは、獲得した5選手に加え、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも選手登録できておらず、さまざまな手を尽くして資金繰りに奔走している。 株式の売却や選手へのサラリーカットの要請を出したりしている一方で、選手の売却はしたくないスタンスのバルセロナ。その状況でありながら、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を実現させようとしているようだ。 スペイン『Fichajes』によれば、マルコス・アロンソの獲得についても迫っている中、ベルナルド・シウバ獲得に対して5000〜6000万ユーロ(約69億〜82億7000万円)を支払う予定でいるという。 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルナルド・シウバに対しての愛情を公言しており、チームに残って欲しいという希望を語っているものの、選手がチームを去りたいと考えるなら止められないともコメント。移籍を止めることはしないというスタンスだ。 ただ、前述の通り、バルセロナには資金がない状況。何も解決していない中で、新たな選手の確保は難しいとされており、少なくともオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは売却しなければいけないという見方が強い。 クラブは禁断の「第4の手」を発動させ、さらに1億ユーロ(約138億円)を手にする予定のようだが、それでもサラリーキャップを遵守できることになるかは不明。まだまだこの問題は解決しなそうだ。 2022.08.10 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

快足デンベレよりも速かったのは?バルセロナイレブンのダッシュ動画が反響!「足の回転が速い」

バルセロナの選手たちが自慢の快足を見せている。 9日、『ESPN』の公式SNSがバルセロナのウォーミングアップの動画を公開。バルセロナはプレシーズンマッチの試合前、選手たちにピッチの半分を走るダッシュを課しており、その様子を撮影したものだ。 足上げをしていた選手たちは合図と同時に加速開始。すると、1番手で駆け抜けたのはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだった。隣には快足で知られるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが並走しており、かなりのスピードを誇ることが分かる。 また、反対側では抜群の身体能力を誇るウルグアイ代表DFロナルド・アラウホも2人に劣らない圧巻のスピードを見せている。 この様子には、ファンも「デ・ヨング速い!」、「デンベレは分かるがデ・ヨングもここまで速いのか」と驚き。「100m走ならアラウホが速そうだ」、「デンベレは本気を出してない」、「デ・ヨングは足の回転が速いな」など様々な声が寄せられている。 すでにすべてのプレシーズンマッチを終えているバルセロナ。いよいよ13日にはラージョとのラ・リーガ開幕節を迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】デンベレはまだ本気じゃない?バルセロナイレブンの全力ダッシュ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChA5SIPJbdh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがバルサのオファー拒否? 給与後ろ倒しのウルトラCも実らずか

バルセロナがキャプテンのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)に新契約締結のオファーを出したが、拒否されたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 財政難に苦しむバルセロナは、今夏は資金がないにも関わらずに大型補強を敢行した。 しかし、獲得した選手たちは現時点でラ・リーガの選手登録が完了していない状況。クラブがサラリーキャップに抵触しており、登録が認められないという状況だ。 そんな中、バルセロナは今シーズン限りで契約が満了を迎えるブスケッツに対して、1年間の契約延長をオファーしているとのことだ。 これはサラリーキャップ抵触に対応する策と見られており、キャプテンに対して契約を延長し、給与を来年に後ろ倒しさせたい考えがあるとされている。 しかし、この手の操作はラ・リーガが認めないと見られており、ブスケッツの代理人も実現は不可能だろうと見ているとのこと。また、ブスケッツは今シーズン終了後にメジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も噂されている状況であり、クラブと契約を延長する可能性は低いとされている。 選手登録に向けて株式を売却するなど、様々な手を尽くしているバルセロナ。選手登録できなければ補強も全て無意味になるわけだが、解決策は見つかるだろうか。 2022.08.10 11:43 Wed
twitterfacebook
thumb

本当に大丈夫? 週末開幕も補強選手を登録できず…タイムリミット迫るバルサが1億ユーロで株式売却へ「第4の手」

今夏の移籍市場で主役になっているバルセロナだが、タイムリミットが迫ってきているようだ。 多額の負債を抱え、財政難に陥っていることは周知の事実となっているバルセロナ。しかし、そんな中でもクラブは補強を止めなかった。 今夏はFWロベルト・レヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFジュール・クンデ、MFフランク・ケシエ、DFアンドレアス・クリステンセンと各国の代表選手を大量にチームに加え、さらにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソの獲得も間近に迫っている状況だ。 一方で、チームから去る選手は限られており、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが多額の移籍金を支払ってでも獲得を目指すオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを売却する意思はないと表明しているが、そのバルセロナにもタイムリミットが迫っている。 ラ・リーガは今週末に新シーズンの開幕を迎える中、財政問題を抱えるバルセロナは、昨夏同様にサラリーキャップに抵触している。 昨夏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが憂き目に遭い、契約終了。パリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍せざるを得ない状況となっていた。 今夏もその状況は変わっておらず、サラリーキャップに抵触中。リーグ開幕1週間を切った中、前述した今夏獲得した選手は誰1人として登録されていない状況。さらに、再契約を結んだDFセルジ・ロベルト、FWウスマーヌ・デンベレも登録できていない状況だ。 給与削減にも限界がある中、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが減給を考慮しているという報道もあるが、クラブは禁断の「第4の手」を打つしか無くなってしまったという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナはオーディオビジュアル部門を運営する子会社『Barça Studios』の株式25%をシルク・ド・ソレイユのオーナーであるガブリエル・デ・アルバ氏が所有するアメリカ投資ファンドの『GDA Luma』に1億ユーロ(約138億円)で売却することになるとされ、じきに公式発表されるとしている。 すでに1日に『Barça Studios』の株式24.5%を『Socios.com』に1億ユーロで売却。たった1週間で、子会社の株式49.5%を売却し、2億ユーロを手にすることになる。 バルセロナにとってはこれは「第4の手」であり、本来では出したくなかったものだが、サラリーキャップを守るために必要なこと。ただし、これでも充足しているかどうかは不明な状況だ。 選手の補強を進める一方で、資金調達に苦労しているバルセロナ。まさに身を削っている状況だが、獲得した選手が登録できなければ何の意味もなさない。果たしてどうなるのか。シーズンの厳しい戦いの前に、時間とのギリギリの戦いに勝たなければいけない。 2022.08.09 23:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly