なでしこのエース岩渕真奈がオシャレなパーマスタイルにイメチェン!東京五輪を終えアーセナルへ

2021.08.04 05:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックでの戦いを終えたなでしこジャパンのFW岩渕真奈が髪型をイメージチェンジしたようだ。自身のインスタグラムで伝えている。

母国開催という最高の舞台で金メダルを目指したなでしこジャパンだが、準々決勝のスウェーデン女子代表戦で力の差を見せつけられ3-1で敗戦。ベスト8で敗退となり、その戦いを終えた。

その翌日には、周囲の方々への感謝とともに「女子サッカー、WEリーグを発展させていくうえでなでしこジャパンは強くないといけないと思います」と決意を新たにしていた岩渕だが、しっかりと気持ちを切り替え、今回はパーマをかけたというニューヘアスタイルを披露した。

「パーマかけてすまし顔してみましたー」と記し、毛先に動きのあるオシャレなスタイルをアップ。「ショート、パーマ、ちょっと長いの どれが好きですかー???けっこう今回の髪型お気に入りー」と綴り、ピッチとは違った魅力的な表情を見せている。

今回のイメージチェンジは多くのファンからも絶賛されているが、岩渕は新シーズンからアーセナルでプレー。2020-21シーズンのFA女子スーパーリーグを3位で終えた強豪の中で、心機一転の活躍を誓う。



1 2
関連ニュース
thumb

ギャップ萌え、月間最優秀ゴール受賞の岩渕真奈がなにもないところでズッコケる「我々の心を掴んで離さない」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が思わぬところで足を取られた。 FA女子スーパーリーグ(WSL)の開幕戦では昨季チャンピオンのチェルシー女子を撃破し、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でもグループステージ進出を決めたアーセナル女子。今季はここまで公式戦全勝と絶好調だ。12日のWSL第2節ではレディング女子と対戦した。 岩渕はレディング戦で61分から途中出場したが、4-0と大量リードで迎えた67分にハプニングが発生した。 CKを得て、スタンドの隅に転がっていったボールに小走りで寄っていくと、拾い上げようとかがんだところで突然スリップ。両手を広げてピッチに倒れる恥ずかしい姿をさらしてしまった。 実況からクレバーな選手だと紹介された直後に、何もないところで転倒。その瞬間を押さえた動画が公開されると、サポーターからは暖かな眼差しが。「可愛いがすぎる」、「OK,これは見逃せない」、「我々の心を掴んで離さないな」などのコメントが殺到した。 幸いケガなどはなく、やや照れながらチームメイトにボールを渡してタッチする岩渕。アーセナルの8月度月間ベストゴールを叩き出した実力とのギャップに、ファンは改めて心を奪われたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを拾おうとしてズッコケる岩渕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You okay there, <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@Buchi_Mana</a>? <a href="https://t.co/kNzXtbLcAJ">pic.twitter.com/kNzXtbLcAJ</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437763475200266241?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが8月度月間最優秀ゴールを発表、なでしこ岩渕真奈のゴラッソが圧倒的多数で選出される

13日、アーセナルは8月度の月間最優秀ゴールを発表した。 見事に1位に輝いたのは、なでしこジャパンFW岩渕真奈のゴラッソ。8月21日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド1決勝のPSV(オランダ)戦で決めたセンセーショナルな一撃だ。 1-0でリードして迎えた39分、岩渕はショートコーナーを左サイドで受けると、意表を突いて右足を一閃。角度のない位置からファーのトップコーナーへと強烈な一発を沈めた。 チームメイトからも絶賛されていたこのゴラッソは、投票でも64%を獲得して文句なしの受賞。インターネット上にも国内外のファンからも祝福の声が多数寄せられた。 なお、2位には11%で8月25日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)2回戦のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦でガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがハットトリックを達成した62分のゴールが選出された。 3位は10%で、岩渕のゴールと同じくPSV戦での先制点となったオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマのゴールが選ばれてる。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルの8月度月間最優秀ゴールトップ3</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It’s time to reveal your Goal of the Month for August… <br><br><br><br> <br><br>Some absolute belters right here! </p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437408580932718601?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.15 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

新チーム大宮VENTUSの一員として一歩を踏み出す仲田歩夢「夢のあるWEリーグに向けてサッカーと向き合う」

日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がいよいよ9月12日(日)に開幕。INAC神戸レオネッサと大宮アルディージャVENTUSの一戦でスタートする。 歴史的な一戦を前に、デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」が大宮の仲田歩夢にインタビュー。古巣との開幕戦に向けた想いを語った。 ■何もないところからスタートする充実感 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ayu20210911_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 仲田は2012年に常盤木学園高校からINAC神戸に入団。チームは黄金期を迎えており、2011年の女子ワールドカップを制したなでしこジャパンのメンバーが中心となっていた。 INAC神戸で過ごした9シーズンではリーグ戦99試合に出場し11得点。今季から新天地となる大宮へと移籍していた。 入団会見では「試合の出場機会を求めるために環境を変えること」と「立ち上げのチームで楽しいことが待っているというイメージ」を理由に語っていたが、その後チームで7カ月という長期のプレシーズンに臨み今の心境を語った。 「移籍前に感じていた戸惑いはなくなったのですが、まだまだ未熟なチームではあるので、『これからどのような色にも染まれるな』という意味で、ワクワクする気持ちは変わっていません。上手くいくことばかりではないし、むしろ難しいことのほうが今は多いですが、何もないところからスタートすることの面白みや魅力を感じています」 ■夢を感じられるWEリーグに <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ayu20210911_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> チームにはなでしこジャパンでも活躍し、W杯優勝メンバーであるDF鮫島彩やMF阪口夢穂、DF有吉佐織らが所属。また総監督には当時の監督である佐々木則夫氏が就き、コーチにはINAC神戸時代のチームメイトでもある大野忍が就任している。 仲田はチームのポゼッションサッカーに対して「ポゼッションが得意だと思ったことは自分自身あまりありませんが、INACで培われた部分ではあると思います。ボールを動かすことも大事ですが、自分のストロングポイントであるプレーをどんどん出していきたいと思ってますし、貪欲にゴールを狙っていきたいです」と個の強さでチームに変化をもたらすことを意気込んだ。 また、アウェイでのINAC神戸との開幕戦を前に古巣の印象については「身体能力や技術が高い選手が多く、監督も星川さんになってよりパワーアップしているな、という印象です。サイドを活用した攻撃と粘り強い守備で、今私たちがどこまでINAC相手に戦えるのかとても楽しみです」と昨シーズンまでホームとしてプレーしたノエビアスタジアム神戸に戻っての戦いが楽しみだと語った。 WEリーグの名称は、「Women Empowerment」の略で、「一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」という日本サッカー協会(JFA)の理念を表している。その日本初の女子プロサッカーリーグが産声を上げようとしている中、「まだまだ十分な環境と言えるわけではないですが、私たち選手がいかに女子サッカーを盛り上げられるかに今後のWEリーグが左右されてくると思います。今サッカーをしている子どもたちに、『WEリーグでプレーしたい』と思ってもらえるように、私たちも強い責任感をもってサッカーと向き合っていきます」と夢を繋いでいく決意を語った。 神戸で過ごした9年を経て、「以前は自らが率先して何かを発言したり、行動することがほぼなく、周りを頼っていた部分がありました。でも、今現在は思ったことや伝えたいことは伝えるようにしていますし、まずは自分が動くことで言葉の重みが生まれたらいいなと思っています」と語る仲田選手のプレーに注目が集まる。 2021.09.11 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

元なでしこのMF宇津木瑠美が11年ぶりに古巣復帰、日テレ・東京ヴェルディベレーザが加入発表

日テレ・東京ヴェルディベレーザは9日、元なでしこジャパンのMF宇津木瑠美(32)の加入を発表した。背番号は「30」となる。 宇津木は神奈川県出身で、川崎フロンターレのジュニアにも所属。その後、日テレ・メニーナ、日テレ・ベレーザに所属し、フランスのモンペリエへと移籍した。 その後は海外でのプレーを続け、アメリカのシアトル・レインFC(現レインFC)に所属。今回は11年ぶりに古巣復帰となった。 なでしこジャパンとしても、113試合に出場し6ゴールを記録。2011年の女子ワールドカップに出場し、優勝に貢献。2015年、2019年の女子ワールドカップにも参加していた。 宇津木はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン、ベレーザの一員として活動する、宇津木瑠美です。中学校1年からメニーナで育ち、サッカーを学び、仲間や、家族、アスリートとして、1人の人間として、多くの事をメニーナ、ベレーザからだけではなく、東京ヴェルディという組織から教わりました」 「ベレーザの高いスキルや意識に刺激を受けながら、全力で挑戦していきたいと思います。サッカーが出来ることに感謝し、真正面から向き合ってくれるベレーザの選手やスタッフと共にこの緑のユニフォームで、戦える事を誇りに思いながら、WEリーグ初代女王を目指します」 「日本のファンの皆様にお会いできるのを楽しみにしています、その想いを超えられるように、頑張ります。応援よろしくお願いします」 日テレ・東京ヴェルディベレーザも参加する日本初の女子プロリーグ、WEリーグは今週末に開幕を迎える。 2021.09.09 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン高倉麻子監督が5年間で蒔いた種、開いた強豪国との差

8月27日、日本サッカー協会(JFA)は高倉麻子監督が任期満了に伴い、退任すると発表した。2016年から5年間に渡って指揮を執った日本女子サッカーの先駆者は、いったん身を引くことになる。 高倉体制となった5年間を振り返えると、強豪相手には勝てないというジレンマに常に悩まされてきた印象だ。日本の強みであったパスワークは各国でも取り入れられ、加えて戦術に優れるコーチ陣を擁する欧州勢には水をあけられた。 その一方で、若手を積極的に招集し、世代交代や人材の発掘という面では一定の成果を残したと言える。欲を言えば、大きな大会の中でも新戦力に経験を積ませる積極性が欲しかった。 <span class="paragraph-title">◆2016年:途絶えた五輪出場から引き継いだバトン</span> 2016年2月のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピック予選で敗退したなでしこジャパン。立て直しを図るべく白羽の矢が立ったのは、2014年のU-17女子ワールドカップ(W杯)コスタリカでリトルなでしこを優勝に導いた高倉監督だった。当時の優勝メンバーには現在なでしこジャパンで活躍する、長谷川唯、杉田妃和、宮川麻都、南萌華らが在籍。高倉監督は4月から新指揮官へと就任した。 高倉監督はなでしこジャパンのこれまでの中心メンバーに、少しずつ自分の色を加えるところからスタート。アメリカ遠征での2連戦から始まった活動には、それまで指揮を執っていたU-23から佐々木繭や高木ひかりらを抜擢。既存戦力に自らが手塩にかけた若手を加え、プラスアルファと世代交代に着手しようとした。 <span class="paragraph-title">◆2017~2018年:若手中心に多くの選手にチャンスを</span> 高倉体制初の国際大会となった2017年のアルガルヴェ・カップでは、長谷川唯や籾木結花をA代表デビューさせた。この年はその後の女子ユーロ2017を制するオランダ女子代表とも1勝1敗。櫨まどかや上野真実、大矢歩を招集するなど、なでしこリーグ2部へも目を光らせ、順調にチームは成長を遂げていた。 周囲の雑念が生まれたのはEAFF 女子E-1サッカー選手権だろうか。勝てば優勝が決まる最終節の北朝鮮女子代表戦ではまさかの完敗。最終ラインからのビルドアップやフィニッシュに至るまでのアイデアといった課題が浮き彫りになった。 2018年のアルガルヴェ・カップでも強豪相手には勝たせてもらえず、欧州女王となったオランダには2-6と歴史的な敗退を喫した。ただ、2019年のフランス女子W杯の出場権を懸けた4月のAFC女子アジアカップではオーストラリア女子代表に苦戦しながらも優勝し、チーム発足後初のタイトルを獲得。さらに8月のアジア競技大会でも優勝をさらい、アジアの中では結果を出し続けた。 <span class="paragraph-title">◆2019~2021年:世代は変わったが課題は克服し切れず</span> 欧米勢との対戦ではスピードやフィジカルで劣り、主導権を握れずに勝ち切れないという課題を抱えたまま臨んだ2019年のフランス女子W杯。高倉ジャパンの中心であった阪口夢穂が負傷明けながら実戦経験のないまま帯同されたことが波紋を呼ぶ。結果的にほかにも負傷者が相次ぎ、予選は1勝1分け1敗と辛うじて突破したものの、ベスト16でオランダに惜敗してフランスを後にした。 この頃から、ヨーロッパ勢がフィジカルベースだけでなく、ポゼッションの技術や戦術的な戦い方を身に付けて進化していった一方で、なでしこジャパンの持ち味であったパスワークがもはや日本だけの特権ではないと、周囲にも認知され始めた。 国内での親善試合やアジアでの戦いでは、そういった課題に砂をまぶしながら勝利を手にすることができた。同年のEAFF 女子E-1サッカー選手権では全勝で優勝し、アジア3冠を手にするも、翌2020年3月のShe Believes Cupではスペイン女子代表、イングランド女子代表、アメリカ女子代表に3連敗。さらには、新型コロナウイルスが猛威を振るい、国際試合が組めないという事態もマイナスに働いてしまった。 一方で、なでしこチャレンジと称してトレーニングキャンプを実施し、なでしこジャパンへの門戸を広げもした。林穂之香や北村菜々美らは、育成年代での活躍からなでしこチャレンジを経てA代表へ入っている。 そして迎えた2021年。親善試合では大勝を収めるも、東京オリンピック本番ではグループステージから苦しみ、決勝トーナメントではスウェーデン女子代表に敗れてベスト8止まり。戦前の予想を覆すことはできず、戦術性や応用力を欠いたまま自国大会を終えることになった。 なでしこジャパンが抱えている課題は明確だ。戦術面における先進国との開きは明らかで、もはや精神論では片づけられない。今後はフィジカルや技術、粘り強さだけを語るだけなく、頭の中を整理しながら戦えるようなチーム作りが必要となってくるだろう。 種はすでに蒔かれ、芽吹き始めてもいる。スウェーデン戦後に長谷川は「ヨーロッパのサッカーが変化している中で、理論的に立ち位置なども理解しながら、もっと突き詰めないといけない」と語った。その長谷川は今シーズンからイングランドのウェストハムでプレーする。世界トップの戦術を肌で吸収するまたとない機会だ。 若くしてすでに海外でのプレーを選択している林や宝田沙織も、ここからさらに伸びるだろう。同じように早くして海を渡った先輩、岩渕真奈や熊谷紗希のように、なでしこの主軸へと進化できるかだ。 さらに、9月からはWEリーグも開幕する。高倉監督が裾野を広げたこともあり、代表入りを現実的な目標にできる環境も整いつつある。日の丸を経験した選手たちが個や組織でのプレー基準を上げていけば、国内サッカー全体のレベルアップ、ひいてはなでしこジャパンの復権に繋がっていくだろう。 《超ワールドサッカー編集部・江原正和》 2021.08.30 20:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly