マインツ、U-21ドイツ代表MFシュタハを獲得

2021.07.31 23:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは7月31日、グロイター・フュルトのU-21ドイツ代表MFアントン・シュタハ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)とのことだ。

昨年夏にヴォルフスブルクからグロイター・フュルトに移籍した守備的MFのシュタハは昨季、ブンデス2部で30試合に出場。グロイター・フュルトの1部昇格に貢献していた。

また、3月と6月に変則開催で行われたU-21欧州選手権では5試合(うち先発は1試合)に出場してドイツの優勝に貢献していた。

マインツでは昨季まで守備的MFのポジションで主力を担っていたドイツ人MFダニー・ラツァが古巣のシャルケに移籍していた。



関連ニュース
thumb

浅野先発ボーフム、PK失敗響いて連勝ならず《ブンデスリーガ》

ボーフムは15日、ブンデスリーガ第19節でマインツとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ボーフムのFW浅野拓磨は61分までプレーしている。 後半戦スタートとなった前節、浅野が先発に復帰してヴォルフスブルクに勝利した11位ボーフム(勝ち点23)は、浅野が2試合連続スタメンとなった。 10位マインツ(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだボーフムは浅野が右ウイングでスタート。守勢の入りとなった中、19分にCKからコチャプのヘディングシュートが枠に向かったが、威力を欠いてGKにセーブされる。 引き続き劣勢のボーフムは26分、バレイロにGKリエマン強襲のシュートを浴びせられるも、31分にPKを獲得する。浅野のパスを受けたボックス右のポルターがベルに倒された。しかし、キッカーのポルターが枠の右を狙ったシュートはGKゼントナーにセーブされてしまう。 ハーフタイムにかけては互角の攻防で推移した中、ゴールレスで迎えた後半、開始3分にボーフムは失点する。CKの流れからブルクハルトの右クロスをユステに蹴り込まれた。 失点を受けて前がかったボーフムだったが、シュートに持ち込めずにいると61分に浅野がピッチを後に。 しかし、その後も好機を作るには至らず0-1のまま敗戦。PK失敗も響き、連勝はならなかった。 2022.01.16 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツ、東京五輪出場のU-24フランス代表DFカシの来季加入決定!

マインツは10日、ストラスブールからフランス人DFアントニー・カシ(24)が来シーズンから加入することを発表した。 今シーズン限りでストラスブールとの契約が終了するカシは、マインツと2026年6月30日までの4年契約にサインしている。 ストラスブールの下部組織出身のカシは、2016-17シーズンにトップチームデビュー。ここまで公式戦99試合に出場している。右利きの184cmのDFは左サイドバックを本職とするが、右サイドバックやセンターバック、ウイングバックでもプレー可能な守備のマルチロールだ。 また、昨年行われた東京オリンピックではU-24フランス代表としてグループステージ全3試合に出場していた。 今シーズン限りでのストラスブール退団が決定的となっていた中、フランクフルトやヘルタ・ベルリンからも関心が伝えられていたが、新天地はマインツに決定した。 2022.01.11 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部&鎌田先発のフランクフルト、シャットアウト勝利で3連勝《ブンデスリーガ》

フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第17節でマインツをホームに迎え、1-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は85分までプレーし、DF長谷部誠はフル出場している。 前節ボルシアMG戦を鎌田の決勝ゴールで勝利した7位フランクフルト(勝ち点24)は、鎌田と長谷部が揃って先発となった。 6位マインツ(勝ち点24)に対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角で、長谷部が3バックの中央でスタートとなった。 そのフランクフルトがボールを握る立ち上がりとなった中、9分にCKの流れからエンディカが際どいヘディングシュートを浴びせると、13分にはチャンドラーがGK強襲のシュートを放っていく。 そして35分、フランクフルトが押し切る。ボレが独走し、GKを引き付けてラストパス。最後はリンドストロームが押し込んだ。 フランクフルトが1点をリードして迎えた後半も主導権を握って時間を進めていく。 すると67分には追加点のチャンス。リンドストロームのスルーパスに抜け出したボックス右のボレがシュート。だが、GKの守備範囲だった。 その後も危なげなく試合を運んだフランクフルトは90分のピンチをGKトラップが防いでシャットアウト勝利。リーグ戦3連勝として前半戦を終えている。 2021.12.19 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

先日のガードレール激突事故で病巣発見…マインツのハンガリー代表FWが頭部を手術

マインツは17日、ハンガリー代表FWアダム・サライが手術を受けることと発表した。 クラブの発表によると、サライはしばらく試合とトレーニングに参加できなくなるとのこと。病気の治療のため、医師の助言により来週手術を受けるとしている。なお、数週間は活動できないようだ。 34歳のサライは、今シーズンのブンデスリーガで10試合に出場し1得点を記録していた。 サライは今月に入り、トレーニングに向かう途中にガードレールに激突するという事故に遭っていたが、ドイツ『ビルト』によると今回の手術はその件とは関係ないとのこと。事故では首の打撲を負っていただけであり、バイエルン戦、ヘルタ・ベルリン戦を欠場したのはその利用とのことだ。 今回は、頭部の手術になるとのことだが、ガンや潰瘍ではないそう。しかし、長い間頭の中にあった病巣が、今回の事故の検査で発見され、医師と相談した結果、健康体になるために手術を決断したとされている。 なお、1月か2月にはトレーニングに復帰できるもので、深刻な病気ではないようだ。 ブンデスリーガでは274試合で54ゴール26アシストを記録しているサライ。上位を伺えるマインツとしては手痛いベテランの離脱となった。 2021.12.18 19:58 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツに逆転勝利のバイエルンが首位固め《ブンデスリーガ》

バイエルンは11日、ブンデスリーガ第15節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。 前節ドルトムントとの頂上決戦となったデア・クラシカーを制して4ポイント差に広げた首位バイエルン(勝ち点34)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を3-0と快勝。バルセロナの決勝トーナメント進出を阻んだ中、バルセロナ戦のスタメンからジューレに代えてリュカのみを変更した。 7位マインツ(勝ち点21)に対し、攻勢をかける入りとしたバイエルンだったが、21分に先制される。 コマンのバックパスミスをカットされた流れから、ボックス左のブルクハルトのクロスをオニシウォにヘッドで決められた。 先制されたバイエルンは32分、ボックス内のミュラーがボレーシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれず前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、攻勢をさらに強めたバイエルンは53分に追いつく。トリソのフィードを受けたボックス右のコマンがシュートを決めきった。 その後も攻め込み続けたバイエルンは74分に逆転する。パヴァールのパスを受けたミュージアラがボックス右からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが逆転勝利。首位固めに成功している。 2021.12.12 01:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly