ユナイテッド移籍のヴァラン、インスタで“マドリディスタ“へ惜別「この国は僕にとって常に特別な存在だ」

2021.07.30 21:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表DFラファエル・ヴァランが、自身のインスタグラムでレアル・マドリーのファンに別れを告げた。

27日にマドリーからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍で合意したヴァラン。2011年7月にRCランスからマドリーに移籍すると、在籍10年間で公式戦360試合出場17ゴール7アシストを記録していた。

ヴァランは、マドリー在籍中にチャンピオンズリーグ(CL)を4度、ラ・リーガを3度、コパ・デル・レイを1度優勝するなど計18個のタイトルを獲得。加えて、フランス代表では2018年のロシア・ワールドカップで優勝を果たすなど、偉大な功績を残していた。

10年在籍したクラブを離れるヴァランは、自身のインスタグラムで関係者や全ての“マドリディスタ“に別れを告げた。

「この数日間は、様々な感情が渦巻いていた。それをみんなに伝えるよ。僕が常に心に留めているクラブ、レアル・マドリーで信じられないほど素晴らしいの10年間を経て、ついにお別れの日がやってきた」

「2011年に移籍してきて以来、僕が夢にも思わなかったことを共に達成してきた。すべての監督、クラブで働いている、そしてこれまで働いていた人々に感謝している」

「また、いつも愛情を持って接してくれた“マドリディスタ“のみんなにも感謝しているよ。みんなの大きな期待は、僕がベストを尽くして、すべての成功のために戦う後押しになったんだ」

「僕は、世界最高の選手たちとドレッシングルームを共にするという栄誉を経験した。忘れられない、数えきれないほどの勝利、特に“ラ・デシマ(10度目のCL優勝)“は忘れられないよ。その瞬間に立ち会えたことは、とても光栄なことだった」

「最後に、すべてのスペイン人、特に僕の2人のこどもが生まれたマドリーの街には感謝しているよ。この国は、僕にとって常に特別な存在だ」

「すべてにおいて信じられない旅だったよ。僕は(マドリーに)すべてを捧げたという気持ち、僕の物語の中で何一つ変わらないという気持ちで去る」

「新たな章が始まる…」



1 2
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第6節プレビュー】久保建英が首位レアル・マドリーに挑む! 今季初のミッドウィーク開催

先週末に行われた第5節ではレアル・マドリーがバレンシアとの首位攻防戦を制し、首位をキープ。一方、アトレティコ・マドリーとセビージャはバスク勢との上位対決をいずれもドローで終え、バルセロナは格下グラナダ相手にホームで痛恨のドローを喫した。 今季初のミッドウィーク開催となる今節は、マジョルカのMF久保建英が自身初のサンティアゴ・ベルナベウで、保有元のレアル・マドリーと激突する一戦が、最大の注目カードだ。 久保は前節、昨季前半戦を過ごした古巣のビジャレアルと対戦。自身を評価しなかった敵将エメリの前で決定的な仕事を見せたが、チームは相手の堅守をこじ開けられず、ゴールレスドローに終わった。それでも、久保自身は右サイドから積極的な仕掛けや正確なパスで攻撃の起点となり、古巣相手にきっちり存在感を示した。ただ、本人としてはそろそろ目に見える結果を残したいところだ。 これまで保有元のレアル・マドリーとは通算4度対戦しているが、コロナ禍と改修工事の影響によって2度のアウェイゲームは、いずれもサブグラウンドのアルフレド・ディ・ステファノでのプレーとなった。したがって、久保にとって今回の一戦は自身初のサンティアゴ・ベルナベウでのプレーとなる。その夢の舞台に来シーズン戻ってくるため、決定的な仕事を期待したい。 対するレアル・マドリーは前節のバレンシア戦で今季初黒星の危機を迎えていたが、試合終盤にエースFWベンゼマと覚醒中のFWヴィニシウスのコンビが決めた2ゴールによって、勝ち点0を勝ち点3に変える会心の勝利を収めた。昇格組をホームで迎え撃つこの一戦では絶好調の2人の躍動が期待されるところだ。 その首位チームを勝ち点2差で追うアトレティコは、開幕5戦全敗のヘタフェとのマドリード自治州ダービーに臨む。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦、前節のアスレティック・ビルバオ戦を2試合連続ゴールレスドローで終えたチームは、攻撃面が完全に停滞。多士済々の攻撃陣の組み合わせに関して最適解を見いだせておらず、FWルイス・スアレスとFWグリーズマンのコンディション不良も懸念材料だ。 ここ数試合ではシメオネ監督の攻撃的な選手交代によって、ようやく攻撃のギアが上がるという展開が続いており、開幕全敗と苦境の格下相手には前半からよりアグレッシブに戦い、早い時間帯の先制点を狙いたい。 1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指す。マンデーナイトでの開催となったグラナダ戦では試合開始直後にセットプレーの流れから先制を許すと、以降のほぼ90分は相手陣内でハーフコートゲームを展開。しかし、完全に専守防衛の構えを見せる相手に対して崩しの精度、アイデアを欠いた。 その後、途中出場のDFピケをFWルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として投入し、カンプ・ノウにクロスの雨を降らせると、90分には同じく前線に上げたDFアラウホが何とかゴールをこじ開けて公式戦連敗こそ回避したものの、クラブの攻撃哲学を捨ててまで勝ちに行った試合をモノにできず、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。同じく堅守速攻を得意とする今回のカディス戦で同じ轍を踏むようなことがあれば、指揮官更迭も現実味を帯びてくる。 また、直近の公式戦3試合連続ドローと足踏み状態が続くセビージャは、前節レアル・マドリーと激闘を演じたバレンシアとの上位対決で4試合ぶりの勝利を目指す。今シーズンも昨季同様の堅守は健在も、10人のラージョ相手に3点を奪った開幕戦を除き公式戦4試合では一度も複数得点を奪えておらず、前節のレアル・ソシエダ戦では今季初の無得点に終わった。今夏の補強によって使える前線の駒は確実に増えているだけに、湿りがちな主砲エン=ネシリを中心に攻撃陣の奮起が求められるところだ。 その他では開幕4戦連続ドローのビジャレアルや4戦全敗のアラベスを含め、今季初白星が遠いセルタやグラナダ、レバンテ、エスパニョールの戦いにも注目したい。 《ラ・リーガ第6節》 ▽9/21(火) 《26:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs ラージョ レバンテ vs セルタ ▽9/22(水) 《26:30》 エスパニョール vs アラベス セビージャ vs バレンシア 《29:00》 ビジャレアル vs エルチェ レアル・マドリー vs マジョルカ ▽9/23(木) 《26:30》 オサスナ vs ベティス グラナダ vs レアル・ソシエダ 《29:00》 カディス vs バルセロナ 2021.09.21 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的勝利で単独首位のレアル、1G1Aのヴィニシウスは謙虚な姿勢 「チームの勝利が重要だ」

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがチームの劇的な勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ヴィニシウスは19日に行われたラ・リーガ第5節のバレンシア戦に先発。勝ち点「10」で並ぶチーム同士の首位攻防戦となった試合は66分に先制点を許すも、86分にヴィニシウスが同点ゴールを決め、振り出しに戻す。 土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左から上がったヴィニシウスのクロスに中央のフランス代表FWカリム・ベンゼマが合わせ、逆転ゴール。試合は2-1のまま終了し、勝利を収めたマドリーが単独首位となった。 試合後、ヴィニシウスは敵地メスタージャでの劇的な逆転勝利を喜んだ。 「ここでプレーするのはいつも難しい。失点した後はさらに厳しくなったけど、チャレンジを続けたよ。レアル・マドリーは決してあきらめない。序盤はうまくいかなかったけど、最後には逆転して勝利を収めることができた。全力で取り組んだ結果、良い結果を得ることができたんだ」 「この勝利は監督とチーム全体が成し遂げたことであり、僕らは一生懸命ハードワークした。僕らは今までにないことをやっているんだ」 「失点した後のプレーはとても良かった。逆転できると確信していたし、だからこそ、あっという間に試合をひっくり返すことができたのだと思うよ。鍵となったのは、全員の集中力と個性、そして全員が逆転すると信じていたことだ」 「リーガで優勝するためにはこのような試合に勝たなければならないんだ。僕らはレアル・マドリーであり、常に最後まで挑戦する」 また、今季のここまで好調を維持するなかで、この試合でも1ゴール1アシストの大きな活躍を見せたが、あくまで重要なのはチームの勝利だと謙虚な姿勢を示した。 「何よりも嬉しいのはレアル・マドリーの勝利だよ。また、僕に自信を与えてくれ、頑張れる気持ちにしてくれたチーム全体にも満足している」 「たくさんボールを与えてくれるから、チームのために多くのチャンスを作ることができるんだ。今日はいいプレーができたと思うし、勝てたことが一番重要だ」 2021.09.20 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

逆転で首位攻防戦を制したレアル、アンチェロッティ監督「この勝利は不屈の精神によるもの」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が劇的な勝利を挙げたチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは19日、ラ・リーガ第5節でバレンシアと対戦。勝ち点「10」で並ぶチーム同士の首位攻防戦となった試合は66分に相手FWウーゴ・ドゥロにゴールを許し、アウェイでリードを奪われてしまう。しかし、86分にFWヴィニシウス・ジュニオールが同点弾を決めると、88分にはFWカリム・ベンゼマが逆転ゴール。試合は2-1のまま終了し、劇的な形で首位攻防戦を制したマドリーが単独首位となった。 試合後、アンチェロッティ監督は逆転勝利をつかみ取った選手たちのメンタリティを称賛した。 「この勝利はクオリティの高さではなく、チームの不屈の精神によるものだ。冷静に最後までやり抜く力があったし、チームはとてもフレッシュで、うまくいっている」 「ディフェンス面ではボールを持っていないときにもっとアグレッシブにならなければならず、改善点もかなりあるが、この精神をもってすれば大丈夫だ」 また、立て続けに得点を挙げたヴィニシウスとベンゼマについても言及。両選手の活躍を振り返りつつ、好調ぶりを語った。 「彼らは非常に好調だ。前半は苦戦して新鮮味のない試合となったが、前線の選手たちはよくやってくれていた」 「彼らは完璧なカウンターを仕掛けていたし、(エデン・)アザールとのコンビネーションも良かった。後半は試合をコントロールしながら、非常に危険な存在であることを示した」 さらに、「私がここに就任したとき、このチームにゴールなどないと思った。それだけ素晴らしい選手が揃っている。監督の仕事は全員のクオリティを組み合わせて、チームのために役立てることだ」ともコメント。チームのポテンシャルを高く評価した。 2021.09.20 10:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス&ベンゼマが殊勲の働き! 不屈のマドリーが試合終盤の連続弾でバレンシアとの首位攻防戦制す!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バレンシアvsレアル・マドリーが19日にメスタージャで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。   前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を、ベンゼマのトリプレーテと、カマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾ったマドリー。また、チャンピオンズリーグ(CL)初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦ではカマヴィンガのアシストからロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、1-0の会心の勝利を挙げた。   勝ち点10で並ぶ2位のバレンシアとの首位攻防戦ではインテル戦からルーカス・バスケスに替えてアザールを起用した以外、同じメンバーを起用した。   対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを披露。直近のアラベス戦、オサスナ戦ではソレール、ゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めた。難敵相手に真価が試されるこの上位対決では負傷のガヤとチェリシェフに替えてフルキエ、古巣対戦のウーゴ・ドゥロを起用した以外、同じメンバーを継続した。   注目の上位対決は立ち上がりから球際のバトルが強調される拮抗した展開となる。戦前の予想通り、アウェイのマドリーがボールを握る形に落ち着くが、好調のヴィニシウスやアザールの仕掛けは相手守備に封じ込まれ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。   ボールを奪えば、シンプルに相手の背後を狙っていくバレンシアは狙い通りの形で試合を進めていくが、13分にはソレール、23分にはコレイアと続けて筋肉系のトラブルか、プレー続行不可能となり、ユヌス・ムサ、ラトの投入を余儀なくされる。   すると、この負傷者の流れに乗っかる形となったマドリーもカルバハルがプレー続行不可能となり、26分にルーカス・バスケスがスクランブル投入された。   前半に3人の負傷者を出すアクシデント続きの首位攻防戦は前半半ばから終盤にかけてホームチームが優勢に運んでいく。30分には裏へ抜け出したマキシ・ゴメスがボックス内でDFアラバに後ろから倒されるが、これはVARのレビューの結果、ノーファウルの判定に。さらに、43分にはヴァスのFKからガブリエウがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。   一方、マドリーは右サイドの攻撃を起点にカゼミロやバルベルデのミドルシュートで相手ゴールを脅かしたものの、バレンシアの守備を崩し切れぬまま試合を折り返すことになった。   迎えた後半も入りはバレンシアペースに。開始直後にボックス左に抜け出したウーゴ・ドゥロがGKクルトワの好守を強いると、以降もゴンサロ・ゲデス、ウーゴ・ドゥロとボックス付近で積極的に足を振っていく。   その後はマドリーが一時盛り返したが、序盤からの流れを汲んでホームチームに先制点が生まれる。66分、右サイドでのスローインの流れからフルキエがゴール前に入れたクロスに対してバスケスがクリアをし損ねると、このこぼれ球をボックス左のウーゴ・ドゥロが右足ボレー。DFミリトンに当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール右隅に決まった。   昨シーズンにレンタルで在籍していたウーゴ・ドゥロに恩返し弾を決められたマドリーは直後に動く。カゼミロとモドリッチを下げてカマヴィンガとロドリゴを、さらに78分にはアザールとバルベルデに替えてヨビッチ、イスコをピッチへ送り出す。そして、攻勢を強めていく中、ボックス内のベンゼマに幾度か決定機が訪れるも、相手GKや守備陣の身体を張ったプレーに阻まれる。   その後、バレンシアが最後の交代機会を使って守備的な3枚替えを敢行した中、何とかゴールをこじ開けたいマドリーはリスクを冒して攻め立てる。すると、今季ここまでチームの攻撃をけん引する2選手が劇的逆転劇をもたらす。   まずは86分、ボックス中央でロドリゴの右からのクロスを収めたベンゼマが自身の外側でフリーのヴィニシウスに丁寧に落とすと、ヴィニシウスが狙いすまして放った右足のシュートが相手DFにディフレクトし、ニア下の最高のコースに決まった。   土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左からヴィニシウスが右足でゴール方向に向かう浮き球のクロスを入れると、DFとGKに競り勝ったベンゼマが肩でボールをゴールへ流し込み、一気に逆転まで持っていった。   そして、ベンゼマとヴィニシウスのコンビで奪った値千金のリードを守護神クルトワを中心に守り抜いたマドリーが、難所メスタージャでの首位攻防戦を劇的な形で制して単独首位となった。 2021.09.20 06:15 Mon
twitterfacebook
thumb

11月まで離脱か…アンチェロッティ、欠場続くベイルに「かなりの重傷」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が2カ月離脱見込みのウェールズ代表FWガレス・ベイルにコメントをした。スペイン『マルカ』が報じている。 今季からレンタル先のトッテナムから戻り、ラ・リーガ開幕から3試合連続で先発して1ゴールを記録したベイル。先の代表ウィークでも国際親善試合を含む3試合でプレーして、そのうちのカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節のベラルーシ代表戦でハットトリックの活躍を披露した。 だが、レアル・マドリーに合流してからの練習で右足ハムストリングの違和感をアピールして、12日に本拠地で行われたラ・リーガ第4節のセルタ戦に続き、15日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のインテル戦も欠場。一部メディアで2カ月離脱の見込みも浮上している。 リーグ戦とCLでともに好スタートを切ったアンチェロッティ監督だが、19日に敵地で行われるラ・リーガ第5節のバレンシア戦に先駆けた会見で、欠場が続くベイルに関する最新情報を尋ねられると、復帰時期の見通しが立っていない状況を明らかにしつつ、長期離脱の可能性も示唆した。 「どれぐらい欠場するのかまだわからない。かなりの重傷で、復帰時期を定めるのは難しい。残念だ。良いプレーもしていたわけだからね」 なお、スペイン『アス』によると、既報どおり、2カ月の離脱となれば、最大で12試合を欠場する恐れ。戦列復帰は11月が予想され、インターナショナルブレイク明けの同月21日に敵地で予定するラ・リーガ第14節のグラナダ戦以降が現実的だという。 2021.09.19 12:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly