C・ロナウドの実姉がコロナ感染、容態急変で入院も現在は回復

2021.07.30 14:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの実姉が危険な状態だったようだ。

ユベントスのエースであり世界的スターであるC・ロナウド。その実姉であるリリアーナ・カティア・アヴェイロさんは、現在入院している。

実は、カティアさんは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。17日から自宅で隔離生活を行っていたとのことだ。

当初は大きな症状もなく、自宅で療養していたカティアさんだったが、1週間後に突然容態が悪化。入院せざるを得ない状況となってしまったのだ。

日本でも再び急速に感染が拡大している新型コロナウイルス。ヨーロッパでも状況は似ており、各国が再び渡航制限を設けるなど事態は変化している。

C・ロナウドもイタリアでユベントスのトレーニングに復帰したが、ポルトガルに帰るのは難しい状況だ。

カティアさんは歌手としてポルトガルで活躍しており、多くのファンも心配の声を寄せている。

そのカティアさんは入院後、症状が回復しているとのこと。「目に見えた改善があります。家族はいつも私のためにそばにいます」と綴っていた。

ストーリーズでは症状が改善し元気そうな様子を見せているカティアさん。順調に回復することを願うばかりだ。



1 2
関連ニュース
thumb

酷評後マイナーチェンジされたドルトムントのサードユニ、CLでお目見えも相変わらずエンブレムは不遇

ドルトムントのサードキットが正式にお披露目となった。 5月にリークされた際にはファンから酷評を受けていたドルトムントのサードキット。左胸にエンブレムがなく、スポンサーの方が目立つとして憤慨し、あるファンは有志の方がもっといいものを作れると嘆いていた。 このような反応を受け、クラブは8月にデザインのマイナーチェンジを決行。「ファン、新しいシーズンのカップジャージに対する批判を受けました。リークされたジャージはどのように見えるかわかりません。少々お待ちください。どうぞよろしくお願いします」と回答していた。 そして迎えた15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節のベシクタシュ戦。披露されたユニフォームには一見ではわからない、微妙な変化が施されていた。 目を凝らして見てみると、左胸にはエンボス加工によるクラブのロゴがあしらわれている。胸部中央に配置される予定だったが、通常通りの位置に。デザインとしてはおしゃれと言えそうだが、クラブの象徴ともいえるエンブレムであるにも関わらず、印象は希薄だ。 その他は概ね既報通りと言える。中央にプーマのロゴ、『BVB 09』、スポンサーの『EVONIK』の文字が入り、カラーはリーグ戦で着用しているキットよりも明るいイエローとなっている。 評判の芳しくないプーマのサードキットだが、これでエンブレムにキスをしようとするが見当たらないという珍事も回避できるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】よーく見ると左胸にクラブのエンブレムが施されている</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dortmund.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.16 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ウォーカーのスピードが…サッカーゲームの能力値“ドッキリ”にデ・ブライネが爆笑「この男は世界で最も速いんだよ」

マンチェスター・シティの選手たちがドッキリを仕掛けられた。 10月1日に発売されるサッカーゲーム『FIFA 22』。現役のサッカー選手の間でも多くの人がプレーする人気ゲームだ。 『FIFA 22』では各選手にペース(スピード)、シュート、パス、ドリブル、ディフェンス、フィジカルの能力値が設定されており、その数値をもとにレーティング(総合能力値)が置かれている。 そんな中、シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとイングランド代表MFフィル・フォーデンがチームメイトたちのレーティングを見ていく企画が行われ、ペースが「78」に設定されている選手が誰かを予想する。ちなみに「78」という数値はそれほど高くなく、俊足の選手は「90」を超えることが多い。 デ・ブライネがパネルをめくり、その選手がイングランド代表DFカイル・ウォーカーだということが分かると、冷静に「これは偽物だ」と指摘した後、時間差で爆笑し、「この男は世界で一番早いんだよ」と語った。 一方、一緒に見ていたフォーデンはパネルを見た瞬間に、驚きからか席を立ち上がってしまい、冗談で部屋を出ようとしながら「終わりだ。もう行くわ。78ペース!?なに!?」と見事なリアクションを見せた。 これは、デ・ブライネの指摘通り、ウォーカーのペースを低く設定した“ドッキリ”。ちなみに、この後ウォーカー本人にも同じ“ドッキリ”を敢行。自身のパネルをゴミ箱に投げ捨てた後、「俺のペースを決めたの誰だよ!オイ!」と憤慨したものの、ネタ晴らしされると満足げだった。 ちなみに、ウォーカーの『FIFA 22』のペースの実際の値は「92」だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ドッキリを仕掛けられたデ・ブライネやウォーカーたちのリアクションが面白い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CTzjHbhjOTW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CTzjHbhjOTW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CTzjHbhjOTW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Manchester City(@mancity)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CT0Ae7LI4Oy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CT0Ae7LI4Oy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CT0Ae7LI4Oy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Manchester City(@mancity)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル・マイアミの試合で物議を醸す判定が、ラインを割ったように見えるもゴールは認められず

ゴールか否か、メジャーリーグ・サッカー(MLS)で物議を醸すシーンが生まれた。 現地時間14日に行われたMLSで、トロントFCは元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミをホームに迎えた。 前半のうちに退場者を出し、数的不利のなかでも粘りを見せたトロントFC。すると、互いにゴールレスで迎えた試合終盤にトロントFCにビッグチャンスが訪れる。相手GKのパスミスを突いてカナダ代表FWジェイコブ・シャッフェルバーグが大きく空いたゴールへシュート。だが、懸命に戻ったGKにラインギリギリでかき出された。 とはいえ、映像を見る限りは非常に際どいところだ。ラインを割っているようにも、ギリギリで防いだようにも見える。主審は副審とも協議を行ったが、判定はノーゴールのまま試合は続行された。 VARは導入されているようだが、オンフィールドレビュー(OFR)は行われなかった模様。もちろん、対象はラインを割ったかどうかのファクトであるため、オンリーレビュー(OR)で事足りるのだが、行われたか否かは定かではない。さらに、GKの体に隠れてしまい"明らかにラインを割った"と確認できる映像がないことも論争を巻き起こしている要因だろう。 トロントFCにとっては絶好機を逸しただけでなく、終了間際に失点を喫して無念の敗北。『たられば』になってしまうが、上記のシーンでゴールが認められていれば、結果は異なるものになっていたかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールかノーゴールか、非常に際どいシュートシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No goal in Toronto <a href="https://t.co/24feDQOAfg">pic.twitter.com/24feDQOAfg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1437951948301340674?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ジブラルタル主将がハットトリックを許したハーランドにチクり「誰も彼のシャツを欲しがらなかった」

ジブラルタル代表の主将FWリース・スタイシュがドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを皮肉った。 ジブラルタルは7日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第6節でノルウェー代表と対戦した。前半だけで4失点を喫し、終わってみれば1-5の大敗。ハーランドにはハットトリックを許している。 いくら敗れたとはいえ、ハーランドクラスの選手とであれば、ユニフォーム交換を願い出たいと考える選手は多いだろう。だがこの日、ジブラルタルの選手は誰一人としてハーランドにユニフォーム交換を求めなかったという。 イングランド7部のヘドネスフォード・タウン所属し意地の1点を返したスタイシュは、3月に行われたホームでの試合を引き合いに出して「誰もハーランドのシャツを欲しがらなかった」という理由を語った。 「(ジブラルタルのホームでは)ノルウェーが3-0で勝ったけれど、ハーランドは得点できずに60分過ぎで交代した。だから少し気分が良かったんだ」 「(その試合後の)互いのインタビュー後に「私の息子はあなたの大ファンです、ジャージを交換してもらえるかい?」って頼んだら、ハーランドはちょうど僕を見て、笑って立ち去った」 スタイシュは「(ハーランドは)多くのものを買うことができるけど、気品は買うことができない」のだろうと思案。再戦時に大量得点を奪った相手エースを皮肉った。 「彼は小さな子供の日、月、年などを作る機会があるからと、ノーと言った。だからオスロでは誰も彼のシャツを欲しがらなかった」 「ハットトリックをマークするためにそれを持っていたかったのか、Covidの流行後、サポーターと迎える最初のホームゲームだったので、ノルウェーのファンにあげたのかもしれないけどね」 <span class="paragraph-title">【音出し推奨】ジブラルタル戦前に繰り出した“轟音”鳴り響くハーランドの強烈ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="lt" dir="ltr">B.O.O.M. <a href="https://t.co/d6bc0nHB6Y">pic.twitter.com/d6bc0nHB6Y</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1434919104276729857?ref_src=twsrc%5Etfw">September 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 06:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ギャップ萌え、月間最優秀ゴール受賞の岩渕真奈がなにもないところでズッコケる「我々の心を掴んで離さない」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が思わぬところで足を取られた。 FA女子スーパーリーグ(WSL)の開幕戦では昨季チャンピオンのチェルシー女子を撃破し、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でもグループステージ進出を決めたアーセナル女子。今季はここまで公式戦全勝と絶好調だ。12日のWSL第2節ではレディング女子と対戦した。 岩渕はレディング戦で61分から途中出場したが、4-0と大量リードで迎えた67分にハプニングが発生した。 CKを得て、スタンドの隅に転がっていったボールに小走りで寄っていくと、拾い上げようとかがんだところで突然スリップ。両手を広げてピッチに倒れる恥ずかしい姿をさらしてしまった。 実況からクレバーな選手だと紹介された直後に、何もないところで転倒。その瞬間を押さえた動画が公開されると、サポーターからは暖かな眼差しが。「可愛いがすぎる」、「OK,これは見逃せない」、「我々の心を掴んで離さないな」などのコメントが殺到した。 幸いケガなどはなく、やや照れながらチームメイトにボールを渡してタッチする岩渕。アーセナルの8月度月間ベストゴールを叩き出した実力とのギャップに、ファンは改めて心を奪われたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを拾おうとしてズッコケる岩渕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You okay there, <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@Buchi_Mana</a>? <a href="https://t.co/kNzXtbLcAJ">pic.twitter.com/kNzXtbLcAJ</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437763475200266241?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 05:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly