横浜FCの選手1名が新型コロナ陽性…8月1日に予定されていた練習見学は中止

2021.07.29 18:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜FCは29日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は29日の早朝に発熱。抗原定性検査を受けたところ陽性であり、その後医師の診断により陽性判定となった。

なお、そのほかの選手、スタッフ全員は抗原検査により陰性となった。

また、体調不良や発熱などの症状を訴えている者はいないとのこと。濃厚接触者の特定を急いでいるという。なお、選手1名が濃厚接触者疑いとして、自主隔離を行っている。

当該選手はこれまで発熱もなく、28日までチーム活動に参加。しかし、29日に39.2℃の発熱があったとのことだ。

なお、8月1日(日)に予定されていた練習見学に関しては中止となった。

関連ニュース
thumb

残留と逆転優勝を目指す両チームによる"横浜ダービー"は劇的ドロー決着【明治安田J1第30節】

25日、明治安田生命J1リーグ第30節の横浜FCvs横浜F・マリノスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けに終わっている。 ホームの横浜FCは現在3連敗中で最下位に沈んでいる。残り9試合で残留を目指すためにも、まずはこのダービーマッチで負のスパイラルから抜け出したい。 一方、アウェイの横浜FMはここ3試合で2敗を喫している。首位の川崎フロンターレとの勝ち点差は「7」となっており、逆転優勝に向けてこれ以上の黒星は是が非でも避けたい。 16分、横浜FMに決定機。右サイドでレオ・セアラからのスルーパスに抜け出したエウベルが底弾道クロスをGKブローダーセンと最終ラインの間に送る。しかし、そのボールに対して前田がボックス左で合わせるも、上手くミートできずに先制点には至らなかった。 24分、今度は横浜FCにチャンス。自陣でボールを奪い、ピッチ中央の安永から裏に抜け出したミネイロに長いスルーパスが出る。ボールを受けたミネイロは、DFをかわしてボックス右の角度のないところからシュートを打つも、GK高岡に防がれてゴールとはならなかった。 その後はアウェイチームが強度の高いサッカーで試合を支配。精度が高くスピードのあるパス回しで相手を翻弄し、奪われたら前線の選手が間髪入れずに即時奪回を実行し、ホームチームに余裕を与えない。 しかし、横浜FCがワンチャンスをモノにする。38分、敵陣中央からの瀬古の浮き球スルーパスに抜け出したジャーメイン良が、ボックス右からマイナスのクロス。これをボックス中央で合わせたミネイロが冷静に流し込み、先制点を奪取した。 リードを許した横浜FMだったが、62分に追いつく。ゴール前で前田からのパスを受けたレオセアラがGKブローダーセンと1対1を迎えると、不当なタックルを受けてPKを獲得。これをマルコス・ジュニオールがゴール左下に決めてスコアを振り出しに戻した。 このまま逆転を目指すアウェイチームに73分にアクシデント。相手のカウンターを止めに入った渡辺がミネイロに斜め後ろからスライディングでファウル覚悟で止めに入ったものの、これで2枚目のイエローを貰ってしまい、退場処分に。1人少ない状態で残り時間を戦うことになった。 それでも、横浜FMの流れは変わらなかった。77分、敵陣左サイドでボールを受けた扇原がボックス中央にクロスを上げると、ニアでDFに触れられるも前田が左足で上手く合わせて逆転に成功した。 この勢いのまま横浜FMが試合をモノにするかに思われたが、89分に横浜FCが同点に持ち込む。敵陣右サイドからマギーニョがロングスローを投げ、ボックス内で混戦状態に。そのこぼれ球に反応したジャーメイン良がヘディングでミネイロにパスすると、これを押し込んでゴールイン。土壇場で振り出しに戻した。 その後は6分とられた追加タイムの中で互いにゴールに迫る場面を作ったが、2-2で試合終了。一方は残留、もう一方は逆転優勝のためにも勝利が欲しかった横浜ダービーは引き分けで幕を閉じた。 横浜FC 2-2 横浜F・マリノス 【横浜FC】 サウロ・ミネイロ(前38) サウロ・ミネイロ(後44) 【横浜FM】 マルコス・ジュニオール(後17) 前田大然(後32) 2021.09.25 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:横浜FCvs横浜FM】“横浜ダービー”互いにもう落とせない一戦

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 18:00キックオフ 横浜FC(20位/18pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆残留に向けて落とせない一戦【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦で力なく4-0で完敗。リーグ戦3連敗となった。 シーズンも残り9試合。残留ラインとの勝ち点差は「9」という状況。横浜FCにとってはシビアな戦いがこの先続くこととなる。 残留争い中のチームとの対戦はこの先3試合のみ。上位との対決は今節の横浜FMを含めて4試合という状況。熾烈な3位争いの相手と戦う必要があるため、簡単に行く試合はもうないと言える。 開幕から一貫して改善されないのが攻守にわたる精度の低さだろう。チームとしてミスが多く、チャンスを迎えてもゴールを奪い切れず、守備も簡単な失点が多い。 失点が減った後半戦の序盤は4試合で勝ち点8を積み上げるなど復調しかけたが、再び失点が増え、得点が奪えないという厳しい状況に入っている。 もう後はないと考えた方が良いだろう。ピッチ内でリスク管理をしながらも、リスクを負わなければいけない状況になっている。チームとしてしっかりと戦い切れるか。ダービーで勝利し、キッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ブローダーゼン DF:伊野波雅彦、高橋秀人、袴田裕太郎 MF:安永玲央、瀬古樹 MF:マギーニョ、ジャーメイン良、松尾佑介、高木友也 FW:フェリペ・ヴィゼウ 監督:早川知伸 ◆優勝に向けて落とせない一戦【横浜F・マリノス】 前節は名古屋グランパスとの上位対決で2-1と敗戦。再び首位の背中が遠のいてしまった。 この3試合で2敗と優勝の可能性が見えた中での厳しい現実。勝ち点差は「7」に開き、手が届かない位置に行ってしまった。 特に心配なのは、敗れた2試合では攻撃の精度を欠いたこと。チャンスが作れていることは変わらないが、ゴールを奪い切れずに敗れた印象が強い。 ハードな戦い方を毎試合繰り返している横浜FMだが、主力選手はほぼ固定されている状態。フレッシュさを欠いているのも事実だ。 とはいえ、これ以上の取りこぼしは優勝戦線の火を消すことに繋がる。川崎フロンターレとの直接対決を残しているだけに、最後まで可能性を残せるように勝利を積み上げたいところ。攻撃陣の爆発に期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.25 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

長友が復帰後初出場のFC東京、D・オリヴェイラ&レアンドロの2得点で横浜FCに4発完勝【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、FC東京vs横浜FCが18日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が4-0で勝利を収めた。 前節の柏レイソル戦でミスから失点し、0-1で惜敗を喫したFC東京。今節は11年ぶりの電撃復帰が発表された長友佑都がスターティングメンバーに入って注目が高まっているだけに、何としてでもホームでの連敗は避けたいところだ。 対する横浜FCはリーグ戦2連敗中。残留圏との勝ち点差は「8」にまで広がっており、降格の可能性はさらに高まってしまった。残留を目指すために、リーグ戦残り10試合で着実にポイントを積み重ねていきたい。 大雨の中で始まった一戦で、先に決定機を迎えたのはFC東京。10分に右CKを獲得すると、レアンドロのキックにファーの森重が合わせる。しかし、森重のヒザに当たったシュートは、惜しくもゴール左に外れた。 19分にもFC東京にチャンス。小川がボックス内にパスを供給すると、受けたディエゴ・オリヴェイラが反転しながら左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、FC東京がホームで先手を取った。 ホームチームの勢いは止まらない。21分、前線でのプレスからレアンドロがボールを奪取すると、そのままボックス内へと侵入。ワンフェイクで相手DFをかわしてシュートを放ち、追加点を挙げた。 27分には横浜FCも反撃。マギーニョがボックス手前右から中央にいたジャーメインに渡すと、強引な形でコースを作って左足を振り抜く。しかし、相手GKの好セーブに遭い、得点には至らない。 43分にはFC東京にまたも追加点。東のボックス右からのクロスをディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせる。これが相手GKの指をかすめながらもゴール左へ決まり、ホームチームが前半終了間際にリードを3点に広げた。 後半に入ると、アウェイチームがペースを握る。何度もセカンドボールを拾い、分厚い攻撃を展開していく。54分にはボックス内でパスを受けたサウロ・ミネイロがシュート。しかし、これは相手GK正面に飛び、キャッチされてしまう。 57分にはFC東京にも決定機が訪れる。ディエゴ・オリヴェイラがレアンドロとのパス交換でボックス内に侵入し、ボックス左にいたアダイウトンにラストパス。受けたアダイウトンがゴール右隅を狙ったシュートを放つも、相手GKの足でのセーブに遭い、惜しくもチャンスを逃した。 その後も相手に攻め込まれるシーンこそあれど、決定的な場面を作らせなかったFC東京。86分にはとどめの一撃を決める。レアンドロのパスを受け、相手キーパーとの1対1となった渡邊がシュートを放つも、これは相手GKのファインセーブに遭う。しかし、こぼれ球を拾った渡邊がボックス中央にマイナスのパスを送ると受けたレアンドロが、ゴール中央に冷静に流し込み、横浜FCを大きく突き放した。 試合は4-0のまま終了し、FC東京が前節の敗戦を払拭するような完勝。長友の11年ぶりとなるJリーグ復帰戦を白星で飾った。一方の横浜FCはこれで3連敗となった。 FC東京 4-0 横浜FC 【FC東京】 ディエゴ・オリヴェイラ(前19、前43) レアンドロ(前21、後41) 2021.09.18 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

大久保智明がプロ初ゴール、高い強度を見せた浦和が横浜FCを振り切り無敗を「5」に伸ばす【明治安田J1第28節】

11日、明治安田生命J1リーグ第28節の横浜FCvs浦和レッズがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で浦和が勝利を収めた。 2週間の中断期間を経て再開したJリーグ。19位の横浜FCと7位の浦和との一戦となった。 中断前は残留争い中の柏レイソルとの試合で2-1と敗れた横浜FCは、その柏戦から4名を変更。マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、渡邉千真が外れ、前嶋洋太、高橋秀人、サウロ・ミネイロ、フェリペ・ヴィゼウを起用した。 対する浦和は中断前に湘南ベルマーレとドロー。中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは準々決勝で川崎フロンターレと2試合を戦い、試合終了間際の劇的ゴールで逆転勝利を収めていた。 浦和は湘南戦から槙野智章、宇賀神友弥、平野佑一、大久保智明、キャスパー・ユンカーが外れ、岩波拓也、明本考浩、柴戸海、汰木康也、江坂任を起用した。システムはゼロトップと予想さっる。 最初にチャンスを作ったのは浦和。3分、左CKを獲得すると江坂がクロス。ファーサイドで岩波がヘディングで折り返すと、ボックス中央で酒井が滑り込みながらダイレクトボレー。しかし、シュートはクロスバーを直撃し嫌われる。 ピンチを凌いだ横浜FCは直後に決定機。フェリペ・ヴィゼウが右サイドを仕掛けてボックス内に侵入。グラウンダーのクロスにサウロ・ミネイロが合わせるが、シュートはGK西川が身体で防ぐ。 16分にも横浜FCがチャンス。高木がドリブルで左サイドを突破しボックス内に侵入。そのまま左足でシュートも、GK西川が見事な反応でセーブする。 横浜FCは30分にも決定機。ショートカウンターから最後は松尾のスルーパスを、ボックス内でサウロ・ミネイロがシュートも、再びGK西川がセーブする。 ホームの横浜FCが押し込みながら試合を進めたが、先制したのは浦和だった。ボックス右でボールを持った小泉が左足で鋭いクロス。これをボックス内中央で汰木がヘッド。これが決まり、決定機を作れていなかった浦和が汰木の今季リーグ戦初ゴールで先制する。 浦和の1点リードで迎えた後半。浦和はアシストの小泉を下げて、キャスパー・ユンカーを起用する。すると横浜FCは46分、安永のパスをオフサイドラインぎりぎりで受けた松尾がボックス内からシュートも、酒井がブロックする。 浦和は連続したCKで押し込むと50分には柴戸の縦パスを受けたキャスパー・ユンカーがボックス内でキープし反転してシュート。こぼれ球を岩波がシュートも、ブロックされる。 浦和の連続攻撃を凌いだ横浜FCは、56分にチャンス。酒井のパスをカットした高橋がドリブルで運び出さずにフェリペ・ヴィゼウへとパス。ボックス内右でシュートも、枠を外れる。 浦和は59分にチャンス。柴戸の裏へのパスに抜け出した酒井が巧みにヒールパス。これを江坂がシュートで狙うが、DFがブロックする。これで得たCKから江坂がクロス。こぼれ球をつなぐとアレクサンダー・ショルツのパスを受けた江坂が、ボックス内右からニアヲンラッタ強烈シュート。しかし、GKスベンド・ブローダーセンがセーブする。 さらに浦和は押し込むと、62分にも決定機。江坂のスルーパスを受けた伊藤が汰木とスイッチ。ドリブルで抜いてゴールへ迫るが、GKブローダーセンがなんとか凌ぐ。 66分にもビッグチャンス。自陣で相手ボールを奪った酒井がビルドアップから裏へ抜け出すと、完全に独走。ボックス内まで持ち込みシュートチャンスだったが、突破を試みて相手に防がれる。 横浜FCはこのピンチからボールをつなぐと、左サイドからクロス。これをGK西川がファンブルしこぼれると、倒れたジャーメイン良のところへこぼれ、そのままシュート。しかし、西川が飛び出てなんとかセーブする。 横浜FCも徐々に攻め手を見つけると、75分にもチャンス。浦和のライン裏に安永が浮き球のパス。これにジャーメイン良が反応して受けに行くが、酒井が絞って対応する。 互いに選手を入れ替えて迎えた試合終盤。横浜FCのセットプレーから浦和が一気に仕留める。88分、横浜FCがFKを獲得。クロスからこぼれ球を韓浩康がシュート。これがブロックされると、さらにジャーメイン良もシュート。しかし、これもブロック。すると、ここから浦和がロングカウンター。大久保が拾いドリブルで運ぶと、スルーパスに反応したユンカーがシュート。しかし、飛び出たGKブローダーセンがスーパーセーブ。横浜FCは凌いだかと思われたが、こぼれ球が大久保の下にこぼれると、無人のゴールへと蹴り込み、浦和が追加点を奪った。 浦和はそのまま残り時間を消化しタイムアップ。リーグ戦の無敗を5試合に伸ばし勝ち点を「48」に伸ばし3位争いに生き残り。横浜FCは再び最下位に転落する可能性が出てしまった。 横浜FC 0-2 浦和レッズ 【浦和】 汰木康也(前34) 大久保智明(後44) 2021.09.11 20:04 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF齋藤功佑が左肩手術…全治4〜6カ月で今季終了

横浜FCは8日、MF齋藤功佑の手術を発表した。 クラブの発表によると、齋藤は反復性左肩関節脱臼と診断されており、3日に左肩の手術を実施。全治は約4〜6カ月の見込みとなる。 齋藤は今シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合に出場し1得点を記録していた。 齋藤は4月24日に行われた明治安田J1第11節の横浜F・マリノス戦に先発出場。試合開始早々に相手ボックス内で脱臼。そのままピッチを後にしており、そこからはプレーしていなかった。 2021.09.08 14:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly