エバートン主将コールマン、2023年まで契約延長

2021.07.29 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは28日、アイルランド代表DFシーマス・コールマン(32)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。

2009年にアイルランドのスライゴ・ローヴァーズからエバートンに加入したコールマンは、これまで公式戦350試合に出場して26ゴール31アシストを記録。昨季はプレミアリーグ25試合に出場していた。

契約延長に至ったコールマンはクラブの公式サイトで次のように語っている。

「エバートンでのプレーを続けることができて光栄だよ。これまでのように努力を続けることが大事だと思っていたが、クラブは応えてくれた。とても嬉しいね。これからもできるだけ長く現役を続け、若い選手たちに自分の経験を伝えたい。彼らをサポートし、ピッチ上でもできる限り貢献していきたいね」


関連ニュース
thumb

カタール移籍のハメス、エバートンに別れの言葉 「みんなの成功を願う」

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがエバートンに別れの挨拶をした。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦だったが、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のレアル・マドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、構想外に。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まっていなかった。 そうしたなか、先日にカタール渡航が複数メディアで指摘されると、22日にカタール・スターズリーグのアル・ラーヤン入りが決定。まだ30歳と若く、欧州レベルで十分にやれるが、そこでのキャリアにひとまず区切りを打ち、カタールに活躍の場を移す決断をした。 まだまだ欧州で活躍する姿を見てみたいファンも多いなかで、中東行きを決意したハメスは23日、自身のSNSを更新。わずか1年間の共闘だったが、ともにプレミアリーグで上位入りを目指したエバートンのファンやサポーターに向けて、惜別のメッセージを綴った。 「僕を歓迎してくれたチームメイトに感謝するし、彼らの幸運を祈る。そして、エバートンファンにもね。みんながいるなかでグディソン・パークでプレーできなかったのは残念だし、(叶えば)きっとすごく素晴らしいものだっただろう。僕はいつも勝ちたいと思っているし、それこそが僕のメンタリティだ。みんなの成功を願っている。JR10」 <span class="paragraph-title">【写真】ハメスがエバートンへ別れのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I want to thank my teammates, who welcomed me well, I wish them the best and I also want to thank Everton fans. A pity not to have played in goodison park with you, it would have been very nice. I always wanted to win , that is my mentality. I wish you all the best. JR10 <a href="https://t.co/YRwzlPtfco">pic.twitter.com/YRwzlPtfco</a></p>&mdash; James Rodríguez (@jamesdrodriguez) <a href="https://twitter.com/jamesdrodriguez/status/1441022436057694208?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスのアル・ラーヤン移籍が正式決定! 完全移籍での加入に

カタールのアル・ラーヤンは22日、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいた。 そういった中、ハメスはヨーロッパでのキャリアを一先ず終え、来年のワールドカップ開催地でもあるカタール行きを選択することになった。 なお、アル・ラーヤンは元フランス代表DFのローラン・ブラン氏が指揮官を務め、同僚にはハメスと同じポルトで活躍したアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミが在籍している。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・ラーヤンが加入を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ca" dir="ltr">Bienvenido <br>Welcome <br>مرحبًا <a href="https://twitter.com/jamesdrodriguez?ref_src=twsrc%5Etfw">@jamesdrodriguez</a> <a href="https://t.co/Als0VqEqxD">pic.twitter.com/Als0VqEqxD</a></p>&mdash; AlRayyanSC (@AlrayyanSC) <a href="https://twitter.com/AlrayyanSC/status/1440699341287550985?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.23 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

格下相手にEFL杯敗退のエバートン…指揮官も結果に落胆 「勝利に値する試合だったと思う」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、EFLカップ(カラバオ・カップ)敗退を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたEFLカップ3回戦でQPRと対戦したエバートン。前半のうちに相手FWチャーリー・オースティンに2ゴールを許す苦しい展開となったものの、追いつく形で試合はPK戦に突入。互いに7人目まで全員成功させた中、エバートンは8人目のキッカーであるMFトム・デイビスが外してしまい敗北となった。 これでエバートンは格下相手に3回戦で早くも敗退。試合後のインタビューに応じたベニテス監督は、パフォーマンスは悪くなかったと振り返りつつ、結果だけを得られなかったと嘆いた。 「私はとても失望している。ただ、それは明日までだ。次の試合に向けてすでに取り組み始めてもいるよ。今日と同じように仕事をして、同じような姿勢でいれば改善されていく。そして少しずつチームが安定して、より強固になっていくはずだ」 「今季を全体的に見れば、私はとても幸せだと思っている。アストン・ビラ戦では9分、今日は2つ、3つの場面で良くないプレーがあったが、それはチームが非常にうまくいっているからだ。もちろん、我々はいつだってもう少しうまくやりたいと思っているがね」 「前向きに考えなければならない。とはいえ、こうした試合には勝つ必要があったため、本当にがっかりしている。アタッキングサードでの正確さや、自分たちが望むようなディフェンス以外では、勝つため必要なことをすべて発揮していたのだ」 「アタッキングサードでのチャンスをものにできなかったのは残念であり、失点は避けられたかもしれない。ただ、PK戦では若い選手を含む全員がやるべきことをやったから、全体的には残念な結果だ。勝利に値する試合だったと思うよ」 また、ベニテス監督はチームの課題として、安定感に欠ける守備を指摘。全員の守備意識がより高まれば、勝利の回数も増えていくはずだと語った。 「我々は守備と攻撃の両方を鍛えなければならない。通常、改善が難しいのは選手の質に左右される攻撃面だと思うが、我々はチャンスを作れてはいるから、きっとゴールを決められるようにもなるだろう」 「しかし、守備では周りで何が起こっているかをもっと意識して、チームとして守る意識を徹底する必要がある。守備面を強化すれば、試合に勝てる可能性も出てくるはずだ」 2021.09.22 15:54 Wed
twitterfacebook
thumb

カタール渡航が明るみのハメス、アル・ラーヤンと交渉中…その進捗状況は?

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)がカタールの名門アル・ラーヤンと接触しているようだ。 昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦だったが、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のレアル・マドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、構想外に。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいる。 そうしたなか、イギリス『BBC』などの複数メディアが先日、ハメスのカタール渡航を報じた。そして、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ハメスやその選手の代理人は現在、カタール・スターズリーグのアル・ラーヤンと移籍交渉中だという。 現時点で成立にも、サインにも至っていないようだが、両者はローン契約での加入を探り、給与詳細についても協議。契約を2022年まで残すエバートンはハメスの最終的な決断を待っている状況のようだ。 2021.09.21 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベニテス監督の完全構想外となったハメス、中東への移籍に向けカタールへ出発

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)が、カタールへと移籍する可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ポルトやモナコでプレーしていたハメスは、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で5試合連続となる6ゴールを記録。その結果、大会終了後の2014年7月にレアル・マドリーへと鳴り物入りで加入する。 しかし、期待されていたほどの活躍はできず、公式戦125試合で37ゴール42アシスト。その後は、バイエルンへのレンタル移籍を経て、2020年9月にエバートンへとフリートランスファーで移籍していた。 エバートンでは加入1年目で公式戦26試合に出場し6ゴール9アシスト。しかし、今シーズンからラファエル・ベニテス監督が就任すると、ハメスは構想外に。チームで飼い殺し状態となっており、今夏の退団を強く願っていた。 トルコからもオファーあった中、結局移籍先が見つからなかったハメス。今シーズンはベンチにも入れない状態となっており、一刻も早く脱出したい考えがあるようだ。 エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の制限により、多くの選手と契約できず。今シーズンは3勝1分けと好スタートを切ったが、18日にはアストン・ビラに0-3で完敗を喫していた。 戦力として全く計算に入っていないハメスは、週給20万ポンド(約3000万円)を手にしているとされており、エバートンとしてはコストカットのためにもいち早く放出したい選手となっている。 『BBC』によれば、ハメスは中東への移籍の可能性があり、カタールへと渡ったとのこと。クラブ名は明らかになっていないが、エバートンで飼い殺されることだけは避けたいところだろう。 2021.09.20 21:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly