ガラタサライ、オランダ代表DFファン・アーンホルトを獲得

2021.07.29 00:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライは28日、フリーのオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(30)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。

先のユーロ2020でオランダ代表の一員として4試合に先発していたファン・アーンホルト。かつてはチェルシーの下部組織に在籍し、将来が嘱望されていたファン・アーンホルトは、2009年から2014年にかけてニューカッスルやレスター・シティ、フィテッセなど5つのクラブをレンタルで渡り歩いたが、最後までトップチーム昇格は叶わず、2014年夏にサンダーランドへ完全移籍した。

その後、2017年1月にはクリスタル・パレスへ移籍。キャリアの大半を過ごしてきたプレミアリーグでは、通算213試合21ゴール15アシストの成績を残していた。


関連ニュース
thumb

レスターMFメンディがガラタサライ移籍か? クラブ間合意も締め切りまでに間に合うか…

レスター・シティのセネガル代表MFナンパリイズ・メンディ(29)がガラタサライにレンタル移籍する見込みだ。フランス『フット・メルカート』など複数メディアが報じている。 メンディは、モナコやニースでプレーした後、2016年7月にレスターに完全移籍。その後ニースへのレンタル移籍を経験していた。昨シーズンは公式戦29試合に出場するなど、中盤の準主力として活躍していた。 しかし、今シーズンはフランス人MFブバカリ・スマレの加入に加え、イングランド人MFキアナン・デューズバリー=ホールの台頭によって出場機会減が見込まれる。 そういった中、今夏中盤の補強に難航するガラタサライがレンタルでの獲得を打診している模様。トルコ屈指の名門はここ最近、ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ、アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー、ベンフィカのポルトガル代表MFジェジソン・フェルナンデスらの獲得に動いていたものの、クラブや選手サイドからの拒否によって交渉がまとまらず。 なお、メンディに関してはクラブ間で合意に至っているものの、トルコの移籍市場閉幕が現地時間8日夜までとなっている中、同選手が現地入りして契約にサインできるか、時間との勝負になるようだ。 2021.09.08 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルはガラタサライからのオファーも拒否、エルネニーは残留が濃厚

アーセナルはエジプト代表MFモハメド・エルネニー(29)に対するガラタサライからのオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ヨーロッパの5大リーグは8月31日に夏の移籍市場が閉鎖。しかし、トルコは8日まで市場が開いており、現時点でも補強が可能となっている。 そんな中、ガラタサライが土壇場でエルネニーの獲得についてアーセナルに問い合わせをしたとのことだが、アーセナルが売る気がないことを伝えたようだ。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルへと加入。2019-20シーズンはウナイ・エメリ監督の構想外となったために、ベシクタシュへとレンタル移籍していた。 ベシクタシュでは公式戦36試合に出場し1ゴール4アシストとまずまずの結果を残し、そのまま退団の可能性も考えられたが、ミケル・アルテタ監督はエルネニーを戦力とみなし、2020-21シーズンは公式戦41試合に出場し3ゴールを記録していた。 今夏の移籍市場でアーセナルはスイス代表MFグラニト・ジャカが退団するとみられた中、チームと新契約を結んで残留。さらに、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を獲得し、中盤を補強していた。 エルネニーとアーセナルの契約は2022年6月30日までとなっており、今シーズン終了後に満了を迎える。一方で、アルテタ監督はクラブの構想に入っていることを強調している。 開幕3連敗スタートとなったアーセナル。今夏の移籍市場ではプレミアリーグで最も獲得に資金を割いた中、インターナショナルマッチウィーク明けではどんなプレーを見せるのだろうか。 エルネニーにはベシクタシュからもオファーがあるとされていたが、こちらも拒否している模様。移籍市場が閉まるまでに動きはあるだろうか。 2021.09.08 12:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ファルカオがガラタサライと契約解消…ラージョ移籍で8年ぶりのラ・リーガ復帰へ

ガラタサライは8月31日、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(35)との契約を双方合意の下で解消した。 これまでポルトやアトレティコ・マドリー、モナコと渡り歩いたファルカオは、モナコ在籍中にはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーへのローン移籍も経験し、ガラタサライには2019年夏に加入した。 ガラタサライでは通算43試合に出場し20ゴールを記録。契約は来夏まで残っていたが、深刻な財政難に陥っているクラブは400万ユーロ(約5億2000万円)とされる同選手の高額なサラリーを支払うことが難しく、今夏のタイミングでの契約解消となった。 なお、スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、ファルカオの新天地はラージョ・バジェカーノとなる模様。同選手は近日中にラージョ入りし、2023年までの2年契約にサインする見込みだ。 近年は度重なるケガなど、コンディションに問題を抱えるエル・ティグレだが、アトレティコ時代の2013年以来となるラ・リーガの舞台で再びゴール量産となるか…。 2021.09.01 09:26 Wed
twitterfacebook
thumb

味方への頭突き+パンチで退場…ガラタサライのブラジル人DFに8試合の出場停止処分

ガラタサライのブラジル人DFマルコンへの処分が決定した。 マルコンは16日のトルコリーグ1部スュペル・リグの開幕節、ギレスンスポル戦で味方FWケレム・アクトゥルコールに頭突きやパンチを浴びせて退場となっていた。前代未聞の行動が物議を醸していたが、このほど処分内容が決定。トルコサッカー連盟(TFF)は19日、マルコンに罰金2万1000トルコ・リラ(約27万円)と8試合の出場停止を課したと発表した。 イギリス『サン』によれば、一部のファンからはクラブにマルコンの解任を要求しているとのこと。だが、マルコンが相手のケレムやほかのチームメイトに次のように謝罪したため、ファティ・テリム監督は頭を冷やすようと促している。 「私もあなたも同じ人間ですが、模範的な行動を示すことができませんでした。私の行為についてまず、ケレムの母と父に謝罪します…それからケレムにも謝罪します」 「あなたがもう私を欲しない可能性も理解できます。私はクラブが下す、すべての決定を尊重します」 なお、ケレム自身は公にコメントを残してはいないが、自身のインスタグラムでクラブのエンブレムと彼のチームメイトと祝っている自身の写真を共有したとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】激怒して試合中にチームメイトに頭突き&パンチを浴びせたマルコン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Kerem Aktüroğlu<br><br> Tugay Kerimoğlu: &quot;Burada korunması gereken kişi Kerem. Bu genç oyuncuların, bunu yaşamaması gerekiyor. Genç oyuncuların da söz hakkı var saha içinde. &#39;Sus&#39; da diyebilir, konuşabilir de. Bu görüntüler, affedilir bir durum değil.&quot; <a href="https://twitter.com/hashtag/beINS%C3%BCperLig?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINSüperLig</a> <a href="https://t.co/0OwQJQvM4g">pic.twitter.com/0OwQJQvM4g</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1427380726836645890?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.23 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都の元同僚が“チームメイト”に頭突きからのワンツー…一発退場に

トルコリーグ1部で前代未聞の事件が起きた。 先日開幕を迎えたトルコリーグ1部スュペル・リグ。物議を醸しているのは、16日に行われたギレスンスポルvsガラタサライでの一幕だ。2-0のリードで迎えた63分にそれは起きた。 プレーが止まると、ガラタサライのブラジル人DFマルコンは同僚のトルコ代表FWケレム・アクトゥルコールの元へ走り寄る。何を思ったのか突然頭突きを浴びせ、さらに右左とワンツーで殴打。ほかの味方に諭されても怒りが収まらない様子だ。 たとえチームメイトであっても手を挙げたらレッドカード、当然マルコンにも掲示され、彼はピッチを後にした。 試合は2-0でガラタサライが勝利したものの、後味は悪いものに。2019年1月にガラタサライへと加入し、当時は日本代表DF長友佑都ともプレーしていたマルコンだが、一体何が彼をここまで激昂させたのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】激怒…試合中にチームメイトに頭突き&パンチを浴びせ退場に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Kerem Aktüroğlu<br><br> Tugay Kerimoğlu: &quot;Burada korunması gereken kişi Kerem. Bu genç oyuncuların, bunu yaşamaması gerekiyor. Genç oyuncuların da söz hakkı var saha içinde. &#39;Sus&#39; da diyebilir, konuşabilir de. Bu görüntüler, affedilir bir durum değil.&quot; <a href="https://twitter.com/hashtag/beINS%C3%BCperLig?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINSüperLig</a> <a href="https://t.co/0OwQJQvM4g">pic.twitter.com/0OwQJQvM4g</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1427380726836645890?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.17 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly