浦和の選手1名が新型コロナ陽性、埼玉では1日の過去最多感染者を記録

2021.07.28 18:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
浦和レッズは28日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は26日の夜に発熱と体調不良を訴えたとのこと。27日に病院受診してPCR検査を行い、28日に陽性判定と診断されたとのことだ。

23日のJリーグ公式検査を受けていた当該選手はチーム活動に参加。この検査の結果では陰性と判定されていた。しかし、26日の夜に38.5℃の発熱があると、27日朝も39.2℃の発熱があったが、昼以降は熱は下がっていた。

なお、28日のチームトレーニングは中止に。当該選手以外の全選手、チーム関係者にPCR検査を実施したところ、全員が陰性だったとのことだ。濃厚接触者に関しては、現在特定しているところだという。

このところ新型コロナウイルスの感染者が急増中。28日には東京都で過去最多の3177人が感染。埼玉県でも過去最多の870名、神奈川県も1051人と一気に蔓延している状況となっている。

関連ニュース
thumb

酒井宏樹が浦和初ゴール喜ぶも失点の対応を反省「申し訳なく思っています」

浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹が、加入後初ゴールを振り返った。 浦和は25日、明治安田生命J1リーグ第30節でFC東京と対戦。日本代表のサイドバックを務める酒井とDF長友佑都のマッチアップということで大きな注目を集めた。 試合は開始36秒、森重真人のロングフィードに対して田川亨介が反応。酒井の裏を取って抜け出るとそのまま決めていた。 しかしその酒井は前半アディショナルタイム、右サイドでボールを持ち、柴戸海、平野佑一とつなぎ、最後はボックス内右から蹴り込み同点ゴールを記録。一度はオフサイドの判定で取り消されたが、VARの介入によりオンサイドの判定となり、ゴールが認められた。 酒井にとってはこれが加入後初ゴール。柏時代も2012年3月に初ゴールを決めて以来のゴールとなり、9年半ぶりのゴールとなった。 酒井は自身のインスタグラムを更新。先制点の守備を反省しながらも、初ゴールを喜んだ。 「自分の判断が甘くチームの無失点記録が途絶えてしまい申し訳なく思っています。ただその後のチームメイトの落ち着き、勇敢さはとても頼もしかったです」 「これでリーグ3連勝!どんどん積み重ねていきましょう。浦和での初ゴール最高でした!」 <span class="paragraph-title">【動画】華麗なパスワークから酒井宏樹が加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ゴール動画 <br> 明治安田生命J1リーグ 第30節<br>FC東京vs浦和<br> 1-1<br> 45+3分<br>酒井 宏樹(浦和)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%A6%EF%BC%A3%E6%9D%B1%E4%BA%ACvs%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC東京vs浦和レッズ</a><br>その他の動画はこち<a href="https://t.co/JUEMOXumQp">https://t.co/JUEMOXumQp</a> <a href="https://t.co/F3A1gcyCqA">pic.twitter.com/F3A1gcyCqA</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1441734478074761226?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CURMj-opdiU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hiroki Sakai 酒井宏樹(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.26 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、江坂任のゴールで浦和が逆転勝利! FC東京破りリーグ7試合無敗に【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、FC東京vs浦和レッズが25日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの浦和が2-1で勝利した。 ミッドウィークに行われた名古屋グランパスとの試合をドローで終え、3位争いに食い込むためにも勝ち点3が欲しい東京は、前節からスタメンを5枚変更。肘打ちにより出場停止処分を受けたレアンドロだけでなく、ディエゴ・オリベイラ、アダイウトンらブラジル人選手がスタメンから外れた。システムは変わらず[4-2-3-1]を採用しており、永井が1トップを務めている。 対するは前節セレッソ大阪に勝利を収め、これでリーグ戦6試合負けなしと好調の浦和。前節からスタメンに変更はなく、システムはFC東京と同様に [4-2-3-1]の形を採用。江坂が引き続き1トップとして起用されている。 立ち上がり、いきなり先制したのはFC東京。1分に最終ラインの森重が前線にロングボールを蹴ると、左サイドの田川がこれに反応。酒井宏樹の前に上手く入るとボックス内に進入し、そのままゴール右隅にシュートを決めた。 出鼻をくじかれる形となった浦和は丁寧なビルドアップを試みるも、FC東京の激しいプレッシャーとコンパクトな守備を前に打開できない展開が続く。なかなかチャンスを作れない浦和は15分に江坂が直接FKをトライ。シュートは枠内を捉えていたが波多野が好セーブでゴールを守った。 守勢が続くFC東京だったが、33分にCKからチャンスが到来。渡邊がシュートを放ち、浦和の選手に当たったこぼれ球にオマリが反応するが枠を捉えられず。続く34分には田川の浮き球パスから渡邊がシュートを打つも西川が足での好セーブを見せ、そこからのCKではルーズボールから再びオマリに決定機が訪れたが、これも大きく枠から外れた。 このままハーフタイムに突入するかに思われた前半アディショナルタイム、右サイドの酒井宏樹からボールを受けた柴戸が鋭い縦パスを送る。これを柔らかいタッチで受けた平野がボックス内に進入していた酒井宏樹にパスを出すと、冷静にゴール左隅にシュート。一度はオフサイド判定となったがVARにより判定は覆り、同点ゴールが認められた。 後半、ディエゴ・オリベイラと東を投入して得点を狙うFC東京。50分には早速ロングボールのクリアを拾ったディエゴ・オリベイラが際どいシュートを放つ。一方の浦和も53分、左サイドで溜めを作った小泉からパスを受けた平野がミドルシュートを打ったが、GK波多野が冷静に処理した。 徐々に前半同様ゲームを支配し始めていた浦和は66分、FC東京のプレスを巧みに剥がすと左のバイタルエリアでボールを持った関根がそのまま持ち運び強烈なシュートを放つ。これはクロスバーに防がれたものの、ボックス中央の江坂がこぼれ球を正確に流し込み逆転に成功した。 追いつきたいFC東京は74分に激しいプレッシャーからボールを奪うと、右サイドを駆け上がった長友がクロス。左サイドのアダイウトンが頭で合わせたが、枠を捉えることはできず。82分には三田のFKからオマリがヘディングシュートを放つも、西川が冷静にキャッチしている。 85分にはブルーノ・ウヴィニを入れてパワープレーを敢行するFC東京に対して、浦和は小泉を下げて槙野を投入し、3バックへとシステムを変更。高さを生かそうとするFC東京の攻撃を機能させず、柔軟な対応力を見せた浦和が勝利を収め、これでリーグ7試合無敗となった。 FC東京 1-2 浦和レッズ 【FC東京】 田川亨介(前1) 【浦和】 酒井宏樹(前46) 江坂任(後21) 2021.09.25 17:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs浦和】日本代表SBが織り成すスペクタクルな攻防、軍配は?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月25日(土) 15:00キックオフ FC東京(8位/46pt) vs 浦和レッズ(6位/51pt) [味の素スタジアム] ◆陰を落とす愚行、勝利で払拭を【FC東京】 ミッドウィークに名古屋グランパスと対戦したFC東京。先制したものの、好調のシュヴィルツォクにゴールを許し、1-1のドローに終わった。 3位争いに食い込む上では勝ち点3が欲しかったところだが、最低限の勝ち点1というところだろう。上位との連戦が続く中では負けないことも大事だ。 しかし、その名古屋戦ではFWレアンドロが濃いのヒジ打ちを見舞い一発退場。さらに昨年にも2度注意を受けていた中での愚行ということもあり、長谷川健太監督や長友佑都もこの行為を非難。Jリーグからは3試合の出場停止と罰金が科されると、クラブも独自に2試合の出場停止と制裁金を科すという厳罰が下った。 上を目指していこうとクラブが一つになる中で起こった愚行に対してクラブも重く受け止めている状況。フェアに戦い、勝利を目指してもらいたいものだ。 そんな中でこの試合の注目は左サイドのマッチアップだろう。今夏復帰した長友佑都がチームにもたらすものは多いが、何と言っても今節対峙する相手は日本代表の同僚であり、昨季までマルセイユで両翼をになった酒井宏樹だ。この対決からは目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:中村拓海、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:渡邊凌磨、髙萩洋次郎、永井謙佑 FW:田川亨介 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ ◆6戦連続クリーンシートなるか!?【浦和レッズ】 前節はホームにセレッソ大阪を迎え2-0で快勝。久々の埼玉スタジアム2002での試合でしっかり勝利を収めた。 これで連勝となり、6戦無敗。上昇気流に乗った浦和は6位につけている。 3位のヴィッセル神戸とは勝ち点差3であり、今節勝利すれば勝ち点で並ぶことになる。何としても勝ち点3が欲しいところだ。 その浦和の誇るべきポイントは5試合連続クリーンシートだろう。好調の要因はそこにあり、後半戦に入っての10試合で失点はたったの「4」。一気に上位に羽ばたくチャンスだ。 そして注目は前述の通り、浦和にとっての右サイドの攻防だ。長友を前にした酒井がどのようなプレーを見せるのか。日本代表の主力SB同士のスペクタクルな、そしてワールドクラスのマッチアップは必見。どちらが上回るのか、攻守において目が離せない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.09.25 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和が6戦無敗で3位争いにしがみつく! C大阪とのルヴァン準決の前哨戦制す【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズが2-0でセレッソ大阪を下した。 ここ5試合負け知らずで3位争いに食い込む6位の浦和は前節から1選手を変更するにとどめ、キャスパー・ユンカーは2試合連続でベンチスタート。伊藤の代わりに平野が先発入りした。前節に3試合ぶりの黒星を喫した12位のC大阪はミッドウィークのACLでもラウンド16敗退。リバウンドメンタリティが求められるなか、坂元や原川がサブに回り、西川と加藤の2トップでスタートした。 この先のルヴァンカップ準決勝で相対する両雄にとって、前哨戦にもなる一戦は序盤からホームチームがピッチの縦と横をしっかり使った攻めで主導権を握ると、10分にスコアを動かす。平野からのボールを敵陣ハーフウェイライン右で受けた関根が前線中央に鋭いパスを出すと、小泉がスルー。加速したままボールを受けた江坂がボックス中央に抜け、冷静に右足でネットを揺らした。 見事な攻撃を江坂がしっかりと仕上げ、幸先よく先取した浦和は平野のボール奪取から13分にも小泉が右サイドから左足クロスを上げると、ボックス中央の江坂が枠内をとらえるヘッド。GKキム・ジンヒョンの好守に遭うが、ここまで良い流れで試合を進める。ただ、C大阪も徐々に反攻。乾を中心に攻めの迫力を出していったが、浦和の守りを浮足立たせるような場面を作り出せない。 C大阪よりも狙いを持った戦いを披露する浦和は後半から反攻姿勢の相手を尻目にビッグチャンス。47分、相手のビルドアップに前線からプレスをかけると、GKキム・ジンヒョンの瀬古に出そうとした横パスが緩くなり、すかさず反応した関根がボックス右から無人のゴールマウスをめがけて右足ダイレクトで押し込みにかかる。だが、惜しくも左に逸れ、チャンスを生かし切れない。 後半も押し込む形こそ作るC大阪だが、一向に突破口を見いだせずにいると、浦和が岩波のロングキック一本から追加点。59分、左サイドハーフで先発の汰木が中央にポジションを絞り、後方からのロングフィードに反応すると、相手最終ラインのスペースで巧みな右足タッチでボールを収める。松田陸と西尾の後追いもあったが、体勢を崩しながら右足で相手GKの股下を射抜いた。 2点を追いかけるC大阪は62分に乾、加藤、西川、山田を諦め、中島、タガート、大久保、坂元を一挙に投入。さらに、77分に最後のカードで奥埜の代わりに原川を送り込むが、伊藤、ユンカー、大久保、田中を立て続けに投入して、攻守に卒なしの浦和が82分にもロングカウンターから田中が最終ラインを完全に抜け出して相手GKとの一対一を迎えるなど、チャンスを多く作り出す。 87分にもセットプレー崩れから伊藤の決定的なヘディングシュートでゴールに迫った浦和は最後まで攻守にC大阪を圧倒して、2連勝の6試合負けなし。勝ち点を「51」まで伸ばして、3位争いにしがみついた。一方のC大阪は今季3度目の2連敗。2試合連続の完封負けという結果に終わっている。 浦和レッズ 2-0 セレッソ大阪 【浦和】 江坂任(前10) 汰木康也(後14) 2021.09.18 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsC大阪】3カ月ぶりの埼スタ期間、充実の浦和が失意のC大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ(6位/48pt) vs セレッソ大阪(12位/36pt) [埼玉スタジアム2002] ◆勢いに乗る浦和、3位へ負けられない戦い【浦和レッズ】 前節はアウェイで横浜FCと対戦し0-2で勝利。リーグ戦は5戦無敗とし、3位争いの中でも好位置につけている。 中断期間中に多くの選手を獲得してきた浦和にとっては、選手たちがチームに馴染むまでの時間も必要だったが、酒井宏樹や江坂任、アレクサンダー・ショルツらはしっかりフィット。また平野佑一もボランチのポジションで気の利いたプレーを見せている。 徐々にメンバーと戦い方が固まりつつある浦和。結果も出ており、メンタル面も充実していると言って良いだろう。 その浦和は約3カ月ぶりに埼玉スタジアム2002に戻ることとなる。終盤戦には上位陣との直接対決も5試合残っており、そこまではしっかりと勝利を収めていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス ◆悔やまれるACL敗退【セレッソ大阪】 対するC大阪は前節はホームで北海道コンサドーレ札幌に0-2で惨敗。アウェイゲームでの勝利を生かすことなく敗れた。 そして迎えた15日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の浦項スティーラーズ戦では、相手の圧に押された前半は全く何もできず。後半もプレスがハマらず、終盤に押し込むも時すでに遅し。0-1で敗れて敗退となった。 国際試合という点では経験のなさも浮き彫りとなった一戦だが、その敗戦をしっかりと生かせるかどうかが非常に重要になる。 相手の浦和は国際経験のある選手も多く、強度は高い。主導権を握られると苦しい戦いとなるが、しっかりとACLの反省を活かせるか。短い時間だが、選手たちの変化に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、藤田直之、乾貴士 FW:山田寛人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly