PSGとセビージャが激突! PSGは新シーズン開幕前の最終調整に

2021.07.28 15:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
27日にポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェでパリ・サンジェルマン(PSG)vsセビージャのプレシーズンマッチが行われた。

新シーズンの開幕が間近に迫るヨーロッパ。特にPSGは8月1日にリールとのフランス・スーパーカップが控えており、その1週間後には早くもリーグ・アンが始まる。

フランスの覇権奪還に向けて今夏に積極補強を敢行したPSG。DFアクラフ・ハキミに始まり、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、さらにはDFセルヒオ・ラモスなど、超大物が続々と加入してきた。ただ、今回の一戦でメンバー入りしたのは一足早く加入が発表され、すでに数試合こなしているハキミのみとなった。

一方、来月15日にラ・リーガ開幕戦が予定されているセビージャは、ここまでは控えめな夏を過ごす。補強はGKマルコ・ドミトロビッチと、FWブライアン・ヒルとのトレードでトッテナムから加入したMFエリック・ラメラのみで、さらなる戦力到着の噂はあるものの、逆にDFジュール・クンデに引き抜きの可能性も報じられている。

そんなセビージャだが、このPSG戦では3バックを採用。新シーズンに向けて新たな布陣を試した中、序盤は守勢を強いられることになる。PSGは15分までにハキミが2度のチャンスを迎えるものの、相手の守護神ボノの好守もあり、先制点は遠い。

すると37分、セビージャはケガのジョルダンに代わって入ったペドロ・オルティスのスルーパスでエン=ネシリがゴール前に侵入。GKケイロル・ナバスに倒されPKを獲得した。これをラキティッチが沈めたアンダルシアチームは1点リードで試合を折り返す。

だが、PSGも後半立ち上がりから反撃。ハキミのスルーパスでボックス右に抜け出したカリムエンドの折り返しをイカルディが押し込んで同点に。その後もアシストを記録したカリムエンドが幾度かゴールに迫っていく。

そんな中、勝ち越したのは再びセビージャだった。62分、左サイドで仕掛けたオカンポスのパスを受けたオスカル・ロドリゲスが、ペナルティアーク手前から右足でコントロールショット。これが名手ケイロル・ナバスも届かないゴール右に決まった。

しかし終盤の88分、セビージャはPSGのカリムエンドのボックス手前からのシュートをGKボノが止めたところ、ルーズボールの処理を守備陣が連携ミス。その隙に背後から迫った19歳のケニー・ナゲラが蹴り込んで、試合は同点決着となった。



1 2
関連ニュース
thumb

「3人を合わせると弱い」“MNM”が揃ったPSGをオーウェンが酷評「なぜ優勝候補の一角?」

元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に懐疑的なようだ。 今夏のPSGは、大物選手を相次いで獲得。仕上げにはバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得した。 悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指すPSG。その初戦となった15日のクラブ・ブルージュ戦では、メッシに加え、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペの3人が初めて同時起用。“MNM”が結成されたが、不発に終わり1-1の引き分けに終わっていた。 オーウェン氏は『BT Sport』にて、PSGについて意見。メッシが加わったことで弱体化していると持論を述べた。 「我々が彼らに憧れているように、このPSGの攻撃陣も、それぞれが驚異的なプレーヤーだ」 「ただ、3人を合わせると、私にとっては弱くなるし、彼らがCLの優勝候補の一角になっているのかはよくわからない」 「イングランドのチーム(チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド)の方が、はるかに優れていると思う」 メッシが加わり、サッカー界を代表する攻撃的な選手が揃ったことでPSGをCLの優勝候補にするのは違うと語るオーウェン氏。一方で、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミといった守備陣の補強の方が、よほど重要だったと語った。 「ドンナルンマやセルヒオ・ラモスの加入は、メッシのような選手の加入よりも、CL優勝の可能性を高めてくれるような気がする」 現時点で、まだ獲得した意義を見せられていないメッシ。プロになってからは、スペインで過ごし、バルセロナ以外のチームでのプレー経験がないことがどう影響するのか。まだまだ本領発揮には時間を要しそうだ。 2021.09.16 22:35 Thu
twitterfacebook
thumb

初の3トップ形成も不発のPSG、敵地のドローにポチェッティーノ監督「問題は3人ではない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦を振り返った。フランス『ル・パリジャン』が伝えた。 15日、CLグループA第1節で、アウェイでクラブ・ブルージュと対戦したPSG。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペの3トップが実現し、大きな話題となった。 しかし、試合はなかなか上手く進まず、15分にアンデル・エレーラのゴールで先制するも、27分にハンス・ヴァナケンのゴールで追いつかれる。 PSGはボールを保持しながら、メッシ、ムバッペらがゴールに迫るも得点を奪えず。終盤には完全に押し込むも、最後までゴールをこじ開けられずに終了。1-1の引き分けに終わった。 ポチェッティーノ監督はドローに終わった試合を振り返り、自分たちも悪くなかったとしながら、ブルージュを評価した。 「ブルージュが試合を支配したとは思わない。我々はポゼッションしていた。確かに、彼らの方が優れていた部分もある」 「ただ、試合の入りはよく、得点もできた。与えてはいけないゴールを与えてしまったことで、相手に自信を与えてしまった。改善するための努力は必要だ」 また、この試合で初めてトリオを形成したメッシ、ネイマール、ムバッペの3人は不発に終わり、質問が及んだが、問題は彼らにはないとした。 「問題は3人の前線の選手の働きではないと思う。問題はチャンピオンズリーグの試合では十分な堅さがなかったということだ」 「我々は試合のすべての部分でより強くなる必要がある。組み合わせや相性はトレーニングでしか生まれないわけではない。互いに理解するためには、共に戦う必要がある」 PSGの選手として初めてCLで戦ったメッシについてもポチェッティーノは一定の評価。しかし、もっと上手くやらなければいけないと語った。 「彼のプレー、意志、態度、適応力には満足している。確かに、今日は全ての選手が幸せではないだろう。みんなもっと上手くやらなければいけない」 2021.09.16 09:37 Thu
twitterfacebook
thumb

“MNM”の最強3トップ初お披露目もPSGが格下ブルージュに痛恨のドロー…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第1節、クラブ・ブルージュvsパリ・サンジェルマン(PSG)が15日にヤン・ブレイデル・シュタディオンで行われ、1-1のドローに終わった。 昨季準決勝で敗れたマンチェスター・シティ、2年連続グループステージで同居することになったRBライプツィヒとの三つ巴の突破争いに臨むPSG。 今季リーグ・アン開幕から5戦全勝と安定感際立つ新銀河系軍団は、今季CL初戦で加入後初スタメンのメッシを、ネイマール、ムバッペと同時起用した。 試合は世界最高のトリデンテを擁するPSGがボールを握る展開となるが、ホームのブルージュも専守防衛のスタイルではなく、マイボール時には相手の切り替えの鈍さを利用して反撃に繋げていく。 それでも、地力で勝るアウェイチームは15分、左サイドでボールを受けたムバッペがマッチアップしたDFマタを鮮やかな仕掛けで抜き去り、ボックス左からマイナスのクロスを供給。これを中央に走り込んだエレーラがうまく左足のボレーで合せ、幸先よくゴールをこじ開けた。 さらに、メッシとの連携からムバッペが際どい枠内シュートを放つなど、ここから一気にPSGペースで試合が進むかに思われたが、ここからブルージュが見事な反発力を見せる。27分、相手陣内左サイドでキープしたラングが絶妙なランニングで背後のスペースを取ったソボルにスルーパスを通すと、ソボルからのマイナスのクロスをゴール前に走り込んだヴァナケンが豪快に蹴り込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はここからよりオープンな展開に。29分にはボックス手前右で仕掛けたメッシが絶妙な左足のコントロールシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 対するブルージュもマイボール時にボランチ脇やサイドのスペースを効果的に使った能動的な崩しから応戦。ヴァナケンの強烈なFKやデ・ケテラエルのフィニッシュでGKケイロル・ナバスを脅かす場面を作り出した。 ブルージュの奮闘によって1-1で折り返した中、思わぬ苦戦を強いられたPSGは早いタイミングで動く。ワイナルドゥムとパレデスを下げてドラクスラー、ダニーロをハーフタイム明けに投入すると、51分には左足を痛めたムバッペを下げてイカルディをスクランブル投入。早々に3枚の交代カードを切った。 だが、この交代も流れを引き寄せるまでには至らず、後半もアグレッシブな姿勢を失わないホームチームに対して守勢に回る場面が目立つ。その後、メッシを中央、イカルディを右サイドに出して[4-3-1-2]に近い並びで立ち位置に変化を加えたPSGは、70分にネイマールとメッシのコンビからゴールに迫るが、ボックス左で放ったシュートはGKの好守に遭う。 後半半ばを過ぎてブルージュの運動量にかげりが見え始めたことで、ようやく相手を完全に押し込むことに成功したPSG。79分と81分にはいずれも途中投入のヌーノ・メンデスの左サイドからのクロスで、メッシ、イカルディに続けて決定機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばすことができない。 その後、試合終盤にかけてはどちらが勝ち越しゴールを奪ってもおかしくない拮抗した展開となったが、ブルージュが驚異の粘りで格上PSGに2点目を許さず。 試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、メッシとネイマール、ムバッペの最強トリデンテお披露目となった一戦は消化不良のドローに。PSGにとってはグループ4番手相手に手痛い勝ち点逸となった。 2021.09.16 06:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドとムバッペがレアルに!? バイエルン元CEOが予想

6月30日をもってバイエルンのCEO(最高経営責任者)を退任したカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が、久々にメディアの前に姿を現した。 現役時代は西ドイツ代表としても活躍。1974年から1984年までバイエルンに10年間在籍。引退後の1991年11月に副社長に就任すると、2002年2月からCEOに就任していた。 早期に契約を打ち切り、元ドイツ代表GKのオリヴァー・カーン氏へと引き継いだ中、ドイツ『ビルト』のインタビューに応じ、様々なサッカー界の出来事について語った。 古巣であるバイエルンの選手やバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)の試合についても語る中、今後のサッカー界を牽引するであろう2選手について語った。 バイエルンが獲得をするのではないかとも噂が浮上しているドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキという絶対的なエースがいる中、ハーランドについて聞かれたルンメニゲ氏は、レヴァンドフスキがいるとコメント。さらに、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペとともに、あのチームが獲得するのではないかと予想した。 「レヴァンドフスキという世界で最も優れているセンターフォワードがいる。ハーランドは2番目に良い。バイエルンは、2023年に契約が切れた後も、ロベルトが残ることに興味を持っているだろう」 「ハーランドは投資だ。彼はリバプールに行くとは思えない。私はオーナーのことをよく知っているが、彼は箱を開けることはない」 「ハーランドに関しては、レアルも除外しない。夏にはもう少し箱を開けて、ハーランドとキリアン・ムバッペを獲得するだろう」 ルンメニゲ氏の予想では、両者がレアル・マドリーで共演するというもの。ムバッペに関しては、今夏の移籍市場終盤でマドリーが獲得に動くも、PSGがオファーを拒否していたが、契約が満了を迎えればフリーで移籍することになる可能性は高い。 一方でハーランドにも興味を持っているだけに、両者を同時に獲得する可能性も本当にあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドが投げ込まれたカップを拾って飲むふり</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnVW5HN2UxTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.15 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、ネイマール、ムバッペの同時起用は? PSG指揮官が示唆「それは可能」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、15日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第1戦に向けてコメントした。 今夏の移籍市場でPSGは、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマと大型補強を敢行した。 悲願のCL制覇に向けて戦力を増強した中、最後にはバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得。願っても無い補強を行うことに成功した。 そのPSGのCLがいよいよ開幕。初戦ではアウェイでグラブ・ブルージュと対戦する。 試合に向けた記者会見に出席したポチェッティーノ監督は、メッシにとブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペの3人の同時起用について質問され、可能性があることを示唆した。 「多分。メッシ、ムバッペ、ネイマールは一緒にプレーするだろう。多分、それは可能だ」 「私はこの3人の選手を一緒に見たいと思っている全ての人の興奮に加わらなければならない。私はそれに逆らえない。狂ってしまうよ。みんなの要求に応じようと思う」 また、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスとドンナルンマの守護神争いについても言及。フェアにするため、試合毎に決定したいと語った。 「私は試合毎にGKを決める。全ての選手にとって最もフェアなことだと思う。我々のようなチームでは試合毎に決める必要がある」 「質問されたケイロルやドンナルンマのような選手がチームにいることは我々にとって幸せなことだ」 「競争のレベルが上がり、試合毎に異なる選択肢が得られるので、私たちは満足している」 「シーズンは長く、途中で様々な問題や障害が発生する可能性がある。このような選手がいることはクラブにとってもメリットがある」 「選手がパリ・サンジェルマンと契約するとき、彼らはここでの競争力が非常に高いことを知っている」 「それは明らかだ。毎回プレーできるのは11人だけで、GKは1人だけだ。だから物事は明らかだ。各試合で誰がプレーするかを決める」 <span class="paragraph-title">【動画】メッシ、ネイマール、ムバッペの同時起用を語るポチェッティーノ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwQVRmUU1OWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.15 21:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly