アーセナルGKイリエフがスロバキア1部へレンタル移籍

2021.07.28 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは27日、北マケドニア代表GKデヤン・イリエフ(26)が、スロバキア・スーパーリーグのSKFセレヂへとレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は1年間となる。

2012年にアーセナルアカデミーに加入したイリエフは195cmの大型GK。これまでヨーロッパリーグ(EL)や国内カップ戦でのベンチ入り経験はあるものの、ファーストチームデビューは果たせていない。

2019年7月にはセレヂへとレンタル移籍。2020年1月からはポーランドのヤギエロニア・ビャウィストクへとレンタル移籍。2020-21シーズンは冬までリーグ1(イングランド3部)のシュルーズベリー・タウンへとレンタル移籍していた。

プレミアリーグ2では、U-23チームのキャプテンも務めたイリエフ。再びの武者修行に出る。

関連ニュース
thumb

「他とは異なった試合」トッテナム指揮官がアーセナルとのダービーへ意気込み、ルーカスの練習復帰も明かす

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、初のノース・ロンドン・ダービーに向けて意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは26日、プレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦する。1887年に初めて相まみえて以降、今回で203回目を迎えるノース・ロンドン・ダービー。トッテナムはリーグ戦直近2試合でいずれも0-3での敗戦と不調気味ではあるものの、この伝統の一戦では是が非でも勝利を挙げたいところだ。 ヌーノ監督は他のダービーとは一味違った一戦であることを強調。ファンにとっても特別な試合であるとし、気を引き締め直した。 「我々にとってもファンにとっても特別な試合だ。タフな展開になると思うが、間違いなく他とは異なる試合になるだろう」 「ダービーというものは何度も何度も経験している。しかし、今回のダービーはまた新しいものであり、難しく、特別だ。ファンにとって特別なのであれば、我々からしても特別だ」 「タフな試合になることはわかっている。我々はハードに戦わなければならないし、できる限りのことをして良いプレーをしなければならない。良いプレーとは、自分たちのゲームの中で正しいバランスを見つけることだ」 また、足首を負傷していたFWルーカス・モウラが練習に復帰したことを明かした一方で、FWステーフェン・ベルフワインと、MFライアン・セセニョンについては、まだ時間がかかると話した。 「ステーフェンと、ライアンはまだ復帰できない。しかし、ルーカスが再び練習のメンバーに加わったのは良いニュースだ」 「ベルフワインのケガは深刻なもので、まずは安静にしなければならない。完全にトレーニングを中断しているわけではなく、上半身のみのフィットネスを行っている。しかし、彼のケガには注意を払わなければならない。今のところ、彼は起用できない」 2021.09.25 18:54 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル支えるDFガブリエウが大一番を前にモデルの彼女と婚約発表「永遠に愛している」

アーセナルのU-23ブラジル代表DFガブリエウ(23)が幸せな報告を行った。 2020年9月にリールからアーセナルへと加入したガブリエウ。東京オリンピックに臨むU-24ブラジル代表にも選出されていたが、ケガにより離脱。五輪出場は叶わなかった。 優れた対人能力と空中戦の強さを生かし、アーセナルでは1年目に公式戦32試合出場し3ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンは五輪前のケガにより開幕から出遅れたものの、第4節のノリッジ戦から復帰。イングランド代表DFベン・ホワイトとのセンターバックコンビで、2試合連続クリーンシートにも貢献していた。 そのガブリエウは24日に自身のインスタグラムを更新。交際をしてきた彼女との婚約を発表した。 「僕が将来に望む全てのことを考えるとき、あなたはいつもそこにいる」 「いつも何よりも優先され、君と一緒に生きていきたいと思う」 「僕のフィアンセ。永遠に愛している」 お相手はファッションモデルを務めるガブリエレ・フィゲイレドさん。インスタグラムでは「私は生涯のパートナーと婚約しました」と報告している。 26日にはトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”という大一番を控えているガブリエウ。婚約を力に変えて3連勝に導けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ガブリエウが婚約したモデルの彼女と幸せ2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUOAgy-sAeQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUOAgy-sAeQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUOAgy-sAeQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gabriel Magalhães(@_gabrielmagalhaes)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.25 17:06 Sat
twitterfacebook
thumb

「驚きの連続」2試合でファンのハートを鷲掴みにした冨安健洋、アーセナルデビュー戦を振り返る「一生忘れない」

日本代表DF冨安健洋が、アーセナルでのデビュー戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。若手主体に補強を行った今夏の締めくくりとなる補強となった。 その後日本代表の活動に参加した冨安は、チームに合流して1日半のトレーニングで、ノリッジ戦のピッチにスターティングメンバーとして立った。 開幕から無得点で3連敗と最悪のスタートを切っていたアーセナル。ミケル・アルテタ監督の手腕にも非難が集まる中、アーセナルファンにとっては馴染みがなく、名前もプレーもよく分からない日本人DFということもあり、冨安の獲得には懐疑的な目が向けられていた。 さらに開幕3試合でチームのウィークポイントとして見られていた守備陣を担うということもあり、スタメンに名を連ねた際にも、「誰だ?」という声が出るほど。全く期待を受けていなかった状態だった。 しかし、冨安は右サイドバックとして先発出場すると、攻守にわたって高いパフォーマンスを披露。あわやアーセナルのリーグ戦初ゴールとなりかけたボレーシュートを放つなど、プレーでファンの心を掴み、後半に途中交代する際にはスタンディングオベーションで見送られた。 その次のバーンリー戦では先発フル出場。空中戦の勝率100%という衝撃のスタッツを残すなど、一気にファンを虜にしている。 その冨安は、26日に行われるトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”に向けたマッチデープログラムで自身のデビュー戦について振り返り、アーセナルファンの歓声に衝撃を受けたと語った。 「デビューの日は驚きの連続でした。プレミアリーグでプレーすることは僕の大きな夢だったので、僕にとっては特別な日でした」 「特に、エミレーツ・スタジアムでプレーできたことは、本当に素晴らしいことでした」 「あんな音は今まで聞いたことがありません。人生で初めてです。本当に特別なものでした。一生忘れないと思います」 「もちろん、あの音には驚かされました。あんなに多くのサポーターの前に立ったこともありません。でも、試合中はプレーに集中していました。自分のパフォーマンスに集中する必要があったので、そうしました」 「僕にとっては驚きの連続でした。ピッチに入った瞬間から、その声が聞こえてきました。そして、僕がボールを持ったり、プレーするたびに、その音が聞こえてきました。ゴールの時も良かったです」 <span class="paragraph-title">【写真】まるでナイスカップル! 冨安と岩渕のアーセナルコンビ2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 【動画】冨安健洋を探せ! アーセナル集合写真撮影の舞台裏 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyTG1YazFCVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「感動している」 トッテナム戦前会見でも冨安健洋にアーセナル指揮官から賛辞続く

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に対して、ミケル・アルテタ監督から惜しみない賛辞が続いている。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏の移籍マーケット最終日にそれまでのトッテナム行きが一転して、ボローニャからのアーセナル入りが決定した冨安。まだ加入して間もないにもかかわらず、デビュー戦からプレミアリーグ2試合連続で右サイドバックとして先発起用され、3連敗スタートのチームもそこから2連勝と巻き返す。 移籍後後2試合目の18日に行われた第5節のバーンリー戦では空中戦&デュエルの勝率でともに100%という驚異的なスタッツを記録。新たなキャリアを華々しくスタートさせた冨安をこれまでも称賛してきたアルテタ監督が26日に行われる第6節のトッテナム戦前会見で働きぶりに改めて言及した。 「まあ、感動させてもらっているね。パフォーマンスも、落ち着きぶりもね。周囲からもすぐに評価されているところもだ。ノリッジ戦では準備の時間がなく、それからプレミアリーグの典型的な試合だったバーンリー戦に臨んだわけだが、ズバ抜けた活躍を披露した。難しかったはずだが、誇りを持ってそれをやり遂げたと思う。彼は常にフルでコミットし、集中している」 そんな日本の未来も背負って立つ冨安のさらなる活躍も期待されるアーセナルだが、今週末は同じくロンドンに拠点を置く宿敵トッテナムとの大一番。勝ち点もわずか3ポイント差での直接対決となり、勝敗が大きな意味を持つ。ホーム戦のアーセナルからしてみれば、是が非でも勝ちたい一戦だ。 3連勝がかかるアルテタ監督は「今季のホーム戦で最もスペシャルな一戦に違いない」と特別な試合であるのを認め、「ノースロンドン・ダービーだから、気持ち的にもいつもと違うものになる。サポーターにとっても大きな意味を持つものだと認識している」と気合を入れて挑む姿勢を示した。 2021.09.25 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

フリーのウィルシャーにつきまとう負のレッテル 「『素晴らしい選手だが、ケガがね』と…」

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(29)が自身に対する先入観に苦労しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 若くして天才とうたわれ、アーセナルでプロキャリアを歩み出したもののの、故障癖が災いして才能を燻らせたウィルシャー。2018年夏のウェストハム移籍を機にアーセナルを離れ、今年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)の古巣ボーンマスと半年の短期契約を結び、再起を図ったが、昨季終了後に退団した。 そこから国外挑戦を目指して、セリエBを戦うカルチョ・コモの練習に参加するなどしたが、いまだフリーのなか、『Under The Surface Podcast』にゲスト出演。“負傷がち”というレッテルにも苦労して、新天地探しが混迷を極めている旨を告白した。 「僕への先入観があると思う。いくつかのクラブからは『素晴らしい選手だが、ケガするだろう』という意見があった」 「でも、ロックダウンの前からケガなんてしていないし、重いものもだ。毎日のようにトレーニングできている」 「ボーンマスのときだってすべての試合に出てもいた。僕はプレーできるし、いい加減なアンサーだと感じる」 「チャンスをくれ、証明させてくれ。フィットしていることを示させてほしい」 無所属になってからの苦しみをそう吐露したウィルシャーだが、クラブから声がかかったときのためにひとりでの練習を継続。再びプレーできるチャンスを根気強く待っている状況だが、ひとりでの練習にも限度があり、精神的にも参りそうになるとも語った。 「イライラするし、精神的にも参るよ。ひとりでトレーニングをしているときは特にだ。ひとりでやれることなんて、限られているしね」 「ただ走るのは辛くて、退屈。『何でこんなことをやっているんだ?』とか、自問自答しているんだ。でも、僕はチャンスを待っている」 2021.09.24 16:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly