テレスの離脱は9月まで、プレミア開幕は間に合わず

2021.07.28 08:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレスが9月まで離脱するようだ。ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が明かしている。

テレスはユナイテッドのトレーニングキャンプでの練習中、足首を負傷。当初、スールシャール監督は数週間の離脱と話していたが、「思っていたより重いケガだった。少なくとも8月いっぱいはプレーできない」とのことだ。

昨季はイングランド代表DFルーク・ショーのバックアッパーとして公式戦23試合に出場したテレス。8月開催のプレミアリーグ、リーズ戦、サウサンプトン戦、ウォルバーハンプトン戦は欠場することが確実となった。

関連ニュース
thumb

最下位ユナイテッド…OBは移籍希望のC・ロナウドにリーダーシップ求める「彼だけがチームを引っ張れる」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、去就問題に揺れるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにリーダーシップを期待している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 昨季プレミアリーグを6位で終えたユナイテッドは、今夏にエリク・テン・ハグ監督を招へい。新体制での巻き返しを誓い新シーズンに臨んだが、プレミアリーグ開幕から2連敗で最下位に転落するなど、早くも危機的状況に立たされている。 加えて、エースとしてチームの牽引が期待されたC・ロナウドはチャンピオンズリーグ(CL)出場を求めて移籍を希望。代理人のジョルジュ・メンデス氏は他クラブへの働きかけを隠そうとせず、チームの混乱に拍車をかけている有様だ。 YouTubeチャンネル『The Diary of a CEO』に出演したネビル氏も、古巣の現状やC・ロナウドの振る舞いには落胆。それでも、今の混乱するチームを牽引できるのはC・ロナウドだけだと、リーダーシップの発揮を望んだ。 「(現在の振る舞いについては)クリスティアーノを批判しないとならない部分だ。君はスターであり、世界一の選手なんだ。今の状態はいい加減にして欲しいね。今はピッチを出て行く時じゃないだろうと言いたい」 「今こそ、彼のような選手がチームを率いていくべき時だと思う。しかし、実際の彼はクラブを去りたがっており、その望みは叶うかもしれない。そして、誰が彼の決断を責められるだろう」 「彼は、偉大なことを成し遂げているクラブで、自分のキャリアを終えたいのだ。それでも、私はあのユナイテッドのドレッシングルームで、彼だけがチームを引っ張れる選手だと思っているよ。彼だけが、生まれつきの反発力と精神的な強さを備えている」 また、ネビル氏はかつてのチームには力強いリーダーシップを備える選手がいたと回想。現在はそうした大黒柱の不在が混乱の一因になっていると分析した。 「かつてはピーター・シュマイケルやロイ・キーンが選手たちの目の前にいて、トンネルを歩いていた。安心感があったよ。当時の我々は20代前半の若者だった」 「経験豊富な人たちに見守られているとわかるから、安心できたのだ。一人じゃないと理解できていた。だが、今の選手たちはピッチに出ると孤独を感じているように見える。自分のそばに、誰もいないような気がしているだろう」 2022.08.19 16:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、アントニーに再挑戦もアヤックスが門前払い…代替案にPSVガクポ

今夏のマーケットが終盤に差しかかり、補強の手を強めるマンチェスター・ユナイテッドだが、以前から噂されるアヤックスからブラジル代表FWアントニー(22)の獲得は難しそうだ。 ここまでDFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得したユナイテッドだが、プレミアリーグでまさかの開幕2連敗。先が思いやられる結果でなりふり構っていられず、補強の動きにも噂レベルながら拍車がかかっている。 そんな赤い悪魔は二の足を踏むコネクター役にレアル・マドリーでプレーするブラジル代表MFカゼミロの獲得話が唐突に浮上して、実際にその動きが前進中とされるが、同時に今夏の早い段階から関心が取り沙汰されるアントニーにも再チャレンジしているといわれている。 そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、ユナイテッドは17日に移籍金8000万ユーロ(約109億7000万円)のオファーを打診したが、アヤックスは拒否。今後もプッシュし続けるか否か不明で、獲得の可能性は現時点で希薄だという。 なお、ユナイテッドはほかのターゲットとして、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポをあげている模様だ。 2022.08.19 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドにはチーム作りだったりにかける時間がない」 元戦友ナニがフォロー

マンチェスター・ユナイテッドからの移籍か、残留かで揺れるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に元戦友でメルボルン・ビクトリーのMFナニが語っている。 今季のユナイテッドがエリク・テン・ハグ新体制で再出発を期すなか、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを求め、移籍を懇願しているといわれるC・ロナウド。開幕後もユナイテッドでプレーしているものの、家族の事情によるプレシーズンの不参加をはじめ、その後もネガティブなニュースが相次ぎ、いまだ移籍の話で話題を振りまいている。 最近では売る気なしの姿勢だったユナイテッドの上層部もチーム内でネガティブな存在となりつつあるC・ロナウドの現状から、一転して移籍容認の方針転換が噂に。イギリス『メトロ』によると、ナニはユナイテッド時代の同僚であるリオ・ファーディナンド氏のポッドキャスト番組『Vibe With FIVE』で、同胞の現状に理解を示したようだ。 「僕らは一緒にプレーしてずいぶんと時間が経つし、クリスティアーノはもう子供じゃない。時代は変わり、リアクションも姿勢も変わる。でも、見ての通り、彼はずっと一貫している。負けず嫌いで、チームがうまくいっていないときは反応する」 「ただ、違うのは時代だ。彼はまたマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているけど、様々なチームで様々な選手とうまくやってきたんだ。今は監督が強いチームを作ろうとしているクラブにいるけど、それは簡単じゃないし、時間もかかる」 「クリスティアーノにとって、チーム作りや次のシーズンを待つのに時間をかけてはいられない。この先もゴールを決め、トップに立ち続ける選手でいたいんだ。だから、今回の反応はいたって普通。誰だって、間違った反応をしたりするものさ」 2022.08.19 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&バルサがリヨンの逸材SBに関心か?

リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)にマンチェスター・ユナイテッドとバルセロナが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ユナイテッドはDFアーロン・ワン=ビサカのクリスタル・パレス復帰が迫っている上、DFジオゴ・ダロトがエリク・テン・ハグ監督の要求を満たすことができず、右サイドバックは市場閉幕までの補強ポイントに挙がる。 一方、バルセロナはチェルシーDFセサール・アスピリクエタの獲得に失敗したことで、同じく右サイドバックは補強ポイントとなっており、今後DFセルジーニョ・デストを放出し、新たなラテラルの獲得に動く可能性が指摘されている。 『レキップ』によると、その両クラブは過去にパリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティも関心を示したグストの獲得に動いているという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、昨シーズンから新指揮官に就任したピーター・ボス監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 リヨンは2024年まで契約を残す逸材の売却に否定的な姿勢を見せているが、断れない金額のオファーが届いた場合、売却に踏み切る可能性は十分にあるようだ。 2022.08.19 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのカゼミロ獲得に現実味? 選手本人前向きでクラブ間交渉も進展か

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(30)獲得交渉に進展が出てきているようだ。 プレミアリーグで開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいるユナイテッド。今夏の移籍市場ではホールディングMF獲得が優先事項の一つとなっていたが、ここまでターゲットにしている選手をことごとく逃している。獲得に近づいていたとされるフランス代表MFアドリアン・ラビオに関しては、高額なサラリーを要求されたことで破談に。再び振り出しに戻った。 現在、クラブはブライトンのエクアドル代表MFモイゼス・カイセドという現実的なターゲットの獲得に関心を示す一方、レアル・マドリーの中盤を長年支えるワールドクラスの獲得に動いている模様だ。 スペイン『アス』やイギリス『The Athletic』など複数メディアが報じるところによれば、ユナイテッドとマドリーは今週初めに同選手の獲得交渉を本格化。ユナイテッドの幹部がマドリードに渡り、すでに会談を行ったという。 現時点でクラブ間、個人間のいずれでも合意には至っていないが、現在は6000万ポンド(約97億3000万円)の移籍金で交渉が行われている模様だ。 一方、マドリーと2025年まで契約を残すカゼミロに関しては、オールド・トラッフォード行きに前向きな姿勢を示している模様。ユナイテッドが掲示する現行給与の2倍以上のオファーに関しては信ぴょう性は怪しいものの、選手自身が移籍に関心を示していることは確かなようだ。 一方、マドリーに関してはフェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤に若手選手を揃えており、来夏にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得にも動く構えで、カゼミロの意向次第では適切なオファーが届いた場合、放出に踏み切る可能性もあるという。 また、カゼミロの流出の可能性を考慮してニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスら代役候補の確保に動く可能性も伝えられている。 これまでユナイテッドが獲得に固執してきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと比較すると、カゼミロとエリク・テン・ハグ監督の採用する戦術の相性は微妙なところ。ただ、同選手の加入によって同胞MFフレッジがセレソンで見せるハイパフォーマンスをクラブチームでも披露できる可能性も高く、その選手としての能力の高さに加えて、プラスアルファをもたらすことも期待される。 2022.08.19 00:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly