ボルシアMG、ザカリアがコロナ陽性判定

2021.07.27 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは26日、スイス代表MFデニス・ザカリアが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを発表した。

スイス代表の一員としてユーロ2020を戦っていたザカリアは、休暇を終えてボルシアMGのプレシーズンに臨むべくメディカルチェックを受けた結果、コロナ陽性となってしまった。

クラブによればザカリアは他のチームメートと接触しておらず、体調面も問題ないようだが、自己隔離に入っているとのことだ。


関連ニュース
thumb

奥川が今季初ゴールもビーレフェルトが今季初黒星…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは12日、ブンデスリーガ第4節でボルシアMGと対戦し1-3で敗戦した。奥川は77分までプレー、47分に今季初ゴールを記録している。 開幕から3試合連続ドロー中のビーレフェルトが、2連敗中のボルシアMGのホームに乗り込んだ一戦。奥川は4試合連続のスタメン出場となった。 積極的な入りを見せたビーレフェルトは3分、奥川のパスをボックス左横で受けたハックがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴィマーがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠を捉え切れない。 一進一退の時間が続く中、ボルシアMGがゴールネットを揺らす。20分、最終ラインにプレスをかけたJ・ホフマンがインターセプトからショートカウンターを仕掛けると、J・ホフマンのラストパスからプレアがゴールネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 判定に助けられたビーレフェルトだったが、35分に失点を許す。バイタルエリア右でボールを受けたシュティンドルがミドルシュートを放つと、ラウルセンにディフレクトしたボールが絶妙なループシュートとなりゴールネットに吸い込まれた。 先制されたビーレフェルトは前半終了間際に決定機を迎える。47分、プリートルの縦パスに反応した奥川がDFの裏に抜け出すと、ボックス内まで持ち上がりシュート。一度目はGKゾマーに弾かれたが、跳ね返りを再び奥川が冷静にゴールに流し込んだ。ゴール直後はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、ボルシアMGはJ・ホフマンを下げてヴォルフを投入。すると51分、敵陣左サイドでパスを受けたプレアがノイハウスとのワンツーでボックス左手前まで切り込みシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。 対するビーレフェルトは、61分にハックのミドルシュートの跳ね返りからシェプフがダイレクトシュート。62分には左CKからヴィマーがゴールに迫ったが、ともにシュートはGKゾマーの好守に防がれた。 膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。69分、ザカリアのパスをボックス右横で受けたヘアマンがダイレクトクロスを上げるとボックス内のシュティンドルがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 勝ち越しに成功したボルシアMGは、直後の72分にもシュティンドルのパスで右サイドを抜け出したヘアマンの折り返しを中央で受けたザカリアがトラップでボックス内に侵入し、すべり込みながらシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 2点差となったビーレフェルトは、77分に奥川とクロスを下げてクルーガーとセッラを投入したが、最後までGKゾマーの牙城を崩すことが出来ず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。ビーレフェルトの今季初勝利はお預けに、ボルシアMGはホームで待望の今季初勝利となった。 2021.09.13 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

原口が先制点アシスト、ボルシアMGに逃げ切り勝利のウニオンが今季初白星《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは29日、ブンデスリーガ第3節でボルシアMGをホームに迎え、2-1で逃げ切った。ウニオンのMF原口元気は61分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。 前節ホッフェンハイムに引き分けたウニオンは2試合連続ドロースタートとなった中、原口が[3-5-2]のインサイドMFの位置で先発となった。 1分け1敗スタートのボルシアMGに対し、鋭いボールホルダーへの寄せでショートカウンターを狙うウニオンは開始3分、トリメルのボレーシュートでゴールに迫ると、22分に先制する。 思惑通りのショートカウンターの形から、クルーゼのパスを受けた原口がボックス右から正確なクロスを送ると、ファーサイドのジーベルマンがヘッドで押し込んだ。 続く34分にアウォニーがボックス内に進入して決定的なシュートに持ち込んだウニオンだったが、GKゾンマーにセーブされる。 直後の36分にはピンチを迎えたが、こちらもヴォルフの決定的なシュートをGKルセが好守で凌ぎ、リードを保った。 すると41分、2トップの連係で加点する。アウォニーが持ち上がってクルーゼにパス。クルーゼがリターンスルーパスを通すと、ディフェンスライン裏を取ったアウォニーがGKとの一対一を制してシュートを決めきった。 アウォニーの3戦連発弾でリードを広げたウニオンは、43分に再びピンチを迎えるも、ノイハウスのシュートミスに救われ、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、ヘアマンとザカリアを投入してきたボルシアMGに対し、ウニオンが集中した守備ではね返す流れで推移していく。 61分に原口がピッチを後にした中、66分にFKからジーベルマンが際どいヘディングシュートに持ち込むと、直後にもエツナリが決定的なシュートを放っていった。 終盤にかけてもウニオンが隙を見せずに時間を消化していたが、追加タイムにJ・ホフマンにゴールを許してしまう。それでも2-1で逃げ切ったウニオンが今季初白星を飾っている。 2021.08.30 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ワクチン2回接種も…ボルシアMG主力ギンターがコロナ感染

ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンターが新型コロナウイルスに感染してしまったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ここまでブンデスリーガ開幕2試合とDFBポカール1回戦で先発出場していたギンターだが、24日に行われたレバークーゼン戦では60分過ぎに何らかの支障をきたし、ピッチを後にしていた。 『ビルト』によると、この時に循環器系の問題が発生していたようで、その後24日のトレーニングも欠席している状況だった。 そして、最近のコロナ検査でギンターは陽性が判明。上記の問題が関係しているかどうかは不明だが、同選手はワクチンを二度接種した状態だった。 ただ、幸いにも無症状のようで、毎日検査で陰性が確認され次第、チームに戻るとのことだ。それでも、29日に予定されているブンデスリーガ第3節のウニオン・ベルリン戦については欠場は確定のようだ。 2021.08.25 18:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGに痛手、テュラムがヒザの靭帯損傷で約2カ月の離脱へ

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラムが右ヒザ内側靭帯を損傷し、少なくとも約2カ月の離脱を強いられるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 テュラムは21日に行われたブンデスリーガ第2節レバークーゼン戦に先発。しかし20分に交代を強いられていた。 ボルシアMGでは同試合でDFシュテファン・ライナーが足首を骨折しており、主力2選手を長期離脱で失うことに。バイエルンとの開幕戦では引き分けに持ち込んだボルシアMGだが、レバークーゼンに完敗して1分け1敗スタートとなったチームは、主力の離脱で苦しいシーズン序盤を戦うことになりそうだ。 2021.08.25 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

圧巻レバークーゼンがセオアネ新体制リーグ初勝利! ボルシアMGは守護神ミス&PK失敗に4人の負傷者…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第2節、レバークーゼンvsボルシアMGが21日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが4-0で圧勝した。 それぞれウニオン・ベルリン、バイエルン相手に1-1のドロースタートを飾った昨季6位のレバークーゼンと8位のボルシアMGによる、今季リーグ戦初勝利を懸けた強豪対決。 拮抗した展開が予想されたが、試合はホームのレバークーゼンが主導権を握る。開始3分、ボックス付近まで攻撃参加を見せたバッカーがミドルシュートを放つと、GKゾンマーが不用意に見送ったボールが右ポストの内側を叩き、その跳ね返りがゾンマーの左足に当たると、そのままゴールネットに吸い込まれた。 守護神の痛恨ミスでバタつくアウェイチームに対して、畳みかける攻めを見せるレバークーゼンは、先制からわずか5分後に追加点を奪取。8分、最終ラインからの長いボールが繋がって右サイドのディアビが馬力のある仕掛けで内へ切り込んでペナルティアーク付近のシックに繋ぐ。ここで左に持ち出したシックの左足のシュートはややコースが甘かったものの、GKゾンマーの手を弾いてゴール左隅に決まった。 頼れるゾンマーのらしくない2つのプレーで一気に厳しくなったボルシアMGは、15分にボックス手前のホフマンが左ポストを掠めるシュートで最初の決定機を創出。だが、その直前から足を痛めていたテュラムがプレー続行不可能となり、20分にヴォルフのスクランブル投入を余儀なくされた。 悪循環に陥るアウェイチームを尻目にディアビ、パウリーニョの両ウイングの推進力を生かした高速アタックが面白いように機能するレバークーゼンは、幾度も何度となく決定機を創出。だが、気持ちを切り替えたGKゾンマーの好守などに阻まれ、3点目を奪うには至らず。 すると、前半終了間際の41分にはボックス右で仕掛けたライナーがDFバッカーのファウルを誘いPKを獲得。1点差に詰め寄って試合を折り返す絶好のチャンスを得たが、キッカーのシュティンドルが右を狙って蹴ったシュートはGKフラデツキーに完璧に読まれてしまい、痛恨の失敗に。さらに、バッカーからハードチャージを受けたライナーもプレー続行不可能となり、再び負傷で2枚目の交代カードを切ることになった。 攻守の歯車がカチッと嵌って2点リードで試合を折り返したレバークーゼンは、後半も先にゴールをこじ開ける。パウリーニョとバッカーの連携で左サイドを破ると、ボックス左でバッカーが浮き球のクロスを供給。ボックス右でフリーのディアビがワントラップから左足を振ると、DFベンセバイニにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 反撃に打って出る前に出ばなを挫かれたボルシアMGの受難は続く。60分過ぎにはギンターが負傷。すでに2度の交代を行っているチームに残された交代機会はあと1度のため、ヒュッター監督はギンターに代えてネッツ、さらにプレアを下げてヘアマンを最後の交代カードとして投入した。 一方、後半もイケイケな展開が続くレバークーゼンはシックがドッペルパックに迫るシーンを作るなど、4点目、5点目と奪いそうな勢いを見せる。さらに、試合終盤にかけては新戦力のアンドリッヒをデビューさせるなど、今後の戦いを見据えた戦い方にシフトした。 そして、試合終了間際の87分にはヴィルツ、アミリの途中出場コンビの連携からアミリがトドメの4点目まで奪い、この日のゴールショーを締めくくった。 そして、ボルシアMGをホームで文字通り粉砕したレバークーゼンがセオアネ新体制初勝利となる今季初白星を手にした。一方、守護神の拙守、主将のPK失敗に加え、後半ラストプレーではベンセバイニまで負傷し、4人の負傷者を出す散々な内容となったボルシアMGはヒュッター新体制で初黒星を喫することになった。 2021.08.22 03:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly