ラツィオがソシエダのヤヌザイに関心か

2021.07.24 16:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(26)にラツィオ移籍の噂が浮上している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のヤヌザイは、2017年夏にソシエダに加入。初年度から主力として試合に出ていたが、シーズンを追うごとに徐々に存在感が希薄になっている。

昨季はリーグ戦27試合に出場したものの、先発出場は半分以下の12試合のみ。フル出場は一度もなく、準主力という立ち位置だった。

加えて、加入当時に結んだ5年契約も残り1年となり、移籍の噂が浮上。伝えられるところでは、中盤の補強を目指すラツィオのマウリツィオ・サッリ新監督が注目しているようだ。

一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』は、ソシエダは1000万ユーロ未満のオファーは受け付けないと推測。昨今の財政状況では、ヤヌザイにその金額を用意するクラブはなかなか現れないと持論を述べている。

同メディアはまた、ソシエダが来夏のフリー移籍をいとわないと言い切っており、移籍の可能性は低いことを強調している。

ただ、ドイツ方面のメディアによると、ソシエダはヴォルフスブルクのクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロに関心を示しているとのことで、その資金繰りが必要になるようだ。

なお、ソシエダは日本代表FW久保建英の移籍先候補として名前が挙がっている。

関連ニュース
thumb

ベティスがソシエダFWウィリアン・ジョゼをレンタル移籍で獲得

レアル・ベティスは26日、レアル・ソシエダのブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍となり、買い取りオプションはついていない。 ウィリアン・ジョゼはウルグアイのマルドナドから、サンパウロ、グレミオ、サントスと渡り歩き、2014年1月にレアル・マドリー・カスティージャへもレンタル移籍で加入。その他、レアル・サラゴサ、ラス・パルマスと全てレンタル移籍で加入すると、2016年7月にレアル・ソシエダへと完全移籍で加入した。 ソシエダでは公式戦170試合で62ゴール15アシストを記録。2020-21シーズンはウォルバーハンプトンへとレンタル移籍を経験。ウルブスでは公式戦18試合で1ゴール1アシストと結果を残せなかった。 ソシエダは、RBライプツィヒからノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得。そのため、ウィリアン・ジョゼが退団すると見られていたが、その通りとなった。 2021.08.26 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダがライプツィヒFWセルロートを獲得! ウィリアン・ジョゼはベティスへ

レアル・ソシエダは25日、RBライプツィヒからノルウェー代表FWアレクサンダー・セルロート(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スペイン『El Diario Vasco』が伝えるところによれば、買い取りオプションの金額は1600万ユーロ(約20億7000万円)となるようだ。 セルロートは、母国ローゼンボリの下部組織出身で2013年7月にトップチーム昇格。その後はフローニンヘンやミッティランを経て、2018年1月にクリスタル・パレスに加入。 イーグルスでは公式戦20試合で1ゴール1アシストと結果を残すことはできなかったが、昨夏に2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルでその才能を完全に開花させると、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。 2020年夏にはドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、チェコ代表FWパトリック・シックが去ったライプツィヒの新エースストライカー候補として加入。しかし、公式戦37試合の出場でわずか6ゴールに留まり、大きく期待を裏切っていた。 そして、今夏の移籍市場でクラブがフランクフルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得したことで、今夏の退団が有力視されていた中、過去に同胞MFマルティン・ウーデゴールが在籍していたソシエダ行きを選んだ。 なお、セルロートの獲得によってソシエダは、今夏にウォルバーハンプトンからレンタルバックしたブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)をベティスに売却することが確実となった。 2021.08.26 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ退団のバルセロナが難敵ソシエダ撃破で白星発進! 終盤冷や汗も力強いパフォーマンスで新時代告げる《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第1節、バルセロナvsレアル・ソシエダが15日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-2で勝利した。   昨シーズン、クーマン体制1年目を3位でフィニッシュしたバルセロナは今夏、前経営陣の放漫経営による深刻な財政難の影響により、契約延長で合意していたメッシの登録かなわず、世界中のフットボールファンを驚愕させる電撃退団という大失態を犯した。   そして、クラブもサポーターも背番号10不在を消化し入れない状況の中、メッシに関するあらゆる広告物が撤去されたカンプ・ノウで昨季5位のソシエダとの開幕戦に臨んだ。クーマン監督は新時代を告げる初陣に向け、ブスケッツやピケ、ジョルディ・アルバという重鎮、ペドリとデ・ヨングというクラブの未来、さらに新戦力のエリック・ガルシア、デパイをスタメンで起用。さらに、守護神テア・シュテーゲンやアグエロ、アンス・ファティら負傷者の存在によってガビやバルデ、ニコ・ゴンサレスといったカンテラーノがベンチに入った。   一方、対戦相手のソシエダはペドリ同様に東京五輪を戦ったオヤルサバル、メリノ、スビメンディが早速スタメンに名を連ねた一方、コンディションに問題を抱える主砲のイサクが招集外となった。   観客の上限は設けられたものの、約1年半ぶりにホームサポーターが戻ってきたカンプ・ノウで幕を開けた2021-22シーズンのラ・リーガ開幕節屈指の好カード。試合は開始直後のブラースヴァイトの強烈なシュートを合図にバルセロナがアグレッシブな入りを見せる。   キックオフから10分後には退団したメッシへのリスペクトによりスタンドから拍手も送られた中、直後の12分には右CKのショートコーナーからデパイの正確なクロスにニアで反応したグリーズマンがクロスバー直撃のヘディングシュートを放つ。   以降も徹底された攻守の切り替えでソシエダに自由を与えないホームチームは18分、相手陣内中央右やや距離のある位置で得たFKの場面でキッカーのデパイがゴール前に絶妙なボールを入れると、これをピケが渾身のヘディングシュート。そして、先日に大幅な減俸を受け入れ、クラブへの忠誠を示した重鎮DFが今季最初のゴールを奪った。   これで俄然勢いが出るバルセロナは25分にもデ・ヨングの斜めのパスに抜け出したブラースヴァイトがボックス左から鋭いクロスを入れると、これをゴール前のデパイがワンタッチで合わすが、これはGKレミロの好守に遭う。   それでも、ソシエダに全く攻撃のチャンスを与えないバルセロナは、前半終了間際の47分に追加点を奪う。相手陣内でのエリック・ガルシアの潰しからショートカウンターに持ち込んで右サイドのデ・ヨングが絶妙な浮き球のクロスを供給。これを大外に飛び込んできたブラースヴァイトが狙いすましたヘディングシュートで合わせ、ゴールネットを揺らした。   バルセロナ相手に何もできずに前半を終えたソシエダはダビド・シルバ、ヤヌザイを下げてバレネチェア、バウティスタをハーフタイム明けに投入した。   一方、後半も気持ちよくプレーするバルセロナは50分、デ・ヨングのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したアルバがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、これは左ポストを掠めるシュートとなり痛恨の決定機逸に。だが、59分には左サイドでデパイとのパス交換からボックス内に侵入したアルバの鋭いクロスのこぼれ球をブラースヴァイトが豪快に蹴り込んでドブレーテを達成した。   この3点目で勝利を確信したクーマン監督は70分過ぎにデストとデ・ヨングを下げてセルジ・ロベルトと共に、バルセロナデビューのエメルソンをピッチに送り出す。   後半に入って幾度かピンチを迎えたものの、危なげなく試合を運んできたバルセロナだったが、82分にバレネチェアに簡単に左サイドを破られて斜めのラストパスを通されると、これを途中出場のロベーテにワンタッチで流し込まれてプリメーラ初ゴールを献上してしまう。   さらに、この直後にエリック・ガルシアとブスケッツを下げてアラウホと、プリメーラデビューのニコ・ゴンサレスをピッチに送り込んだ中、85分にはそのニコ・ゴンサレスが不運な形で与えたボックス手前中央のFKをオヤルサバルに見事な左足のシュートで直接決められ、瞬く間に点差を1点に縮められる。   昨季終盤戦の悪夢を彷彿とさせるバタバタした展開を強いられたクーマン監督は89分に殊勲のデパイを下げてラングレを投入。5バックでの逃げ切りを図ることに。それでも、試合終了間際の91分にはカウンターからグリーズマンが中央を持ち上がり右サイドのブラースヴァイトに展開。デンマークが即座にギアを上げて縦に運んで絶妙な折り返しを入れると、最後はセルジ・ロベルトがワンタッチで流し込み、勝利を決定づける4点目とした。   試合終盤はかなりバタついたものの、ブラースヴァイトの2ゴール1アシストの活躍にデパイやエリック・ガルシアの新戦力の活躍も光った新生バルセロナが、メッシなき新時代を告げる力強いパフォーマンスで新シーズンを白星でスタートした。 2021.08.16 05:02 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格組ラージョ、ソシエダDFケヴィン・ロドリゲスをレンタルで獲得

ラ・リーガに昇格したラージョ・バジェカーノは11日、レアル・ソシエダの元ポルトガル代表DFケヴィン・ロドリゲス(27)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ポルトガル代表として3試合の出場歴を持つ左サイドバックのK・ロドリゲスは、2015年にディジョンからソシエダに加入。2017-18シーズンはラ・リーガ20試合に出場したが、それ以降は出場機会に恵まれず、2019-20シーズンはレガネスに、昨季はエイバルにレンタルに出されていた。 そして昨季はエイバルでラ・リーガ22試合に出場していた。 2021.08.12 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルMF久保建英に古巣が熱視線、ただし状況は厳しいものに

レアル・マドリーに所属するMF久保建英(20)だが、古巣も再レンタルに向けて熱心に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 日本代表としてプレーし、U-24日本代表として東京オリンピックを戦った久保。チームはメダル獲得を逃したが、久保はグループステージの3試合で南アフリカ、メキシコ、フランス相手に3試合連続先制ゴールを記録。大きなインパクトを残した。 高いパフォーマンスを見せた久保だが、2021-22シーズンもレアル・マドリーでのプレーは不可能な状況に。EU圏外枠の3つは、DFエデル・ミリトン、FWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエスで埋まっているため、ファーストチームに登録することができないからだ。 2022-23シーズンには、ヴィニシウスがスペイン国籍を取得できる見込みがあるため、EU圏外枠が1つ空くことが予想されており、やっとマドリーでのプレーが可能な状況になるが、それまではこの2シーズン同様にレンタル移籍をしなければならない。 かつてはノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールもレンタル移籍でプレーしたレアル・ソシエダが興味を見せており、これまでも何度か久保獲得に興味を示していたが、古巣も黙っていないようだ。 今シーズンから再びラ・リーガに所属するマジョルカは、再度久保の獲得を目指しているとのこと。2019-20シーズンは35試合に出場し4ゴールを記録。チームは2部に降格したが、良いイメージを持っている。 ただ、マジョルカには問題が残っており、クラブとして財政的な努力をする必要があるということ。果たして、思いは通じるのか。それともソシエダが獲得するのか。はたまた別のクラブなのか。去就に注目が集まる。 2021.08.08 22:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly