今大会出場直訴の10番リシャルリソンが圧巻ハット! リオ五輪決勝再現カードは連覇狙うブラジルに軍配!《東京オリンピック》

2021.07.22 22:29 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックのグループD第1節、U-24ブラジル代表vsU-24ドイツ代表が22日に横浜国際総合競技場で行われ、ブラジルが4-2で勝利した。

前大会覇者であるブラジルと、前大会準優勝のドイツというリオデジャネイロ・オリンピック決勝の再現となったグループステージ屈指の強豪対決。

大会連覇を狙うブラジルは重要な初戦に向けて38歳の大ベテランのダニエウ・アウベス、GKサントス、ジエゴ・カルロスと3人のオーバーエイジを起用。さらに、ドウグラス・ルイス、リシャルリソンというコパ・アメリカに参加した2選手、ヨーロッパで活躍するブルーノ・ギマランイス、マテウス・クーニャ、アントニーといった実力者を起用した。

一方、その他のヨーロッパ勢と同様に各クラブからの派遣拒否によって満足にメンバーを組めなかったドイツではクルーゼ、アミリ、アルノルトというオーバーエイジ3人をスタメンで起用したほか、ヘンリクスやF・ミュラーといったブンデスリーガで活躍するメンバーがピッチに立った。

ブラジルがクーニャとリシャルリソンが縦の関係となる[4-2-3-1]を採用したのに対して、ドイツはアルノルトをアンカーに配した[4-3-3]で前線にリヒター、クルーゼ、アミリを並べる形でスタート。

立ち上がりからエンジン全開のブラジルは5分、アントニーのスルーパスに抜け出したクーニャがボックス左からファーストシュートを放つが、これはGKミュラーの好守に遭う。

しかし、直後の7分には鋭いロングカウンターから再びアントニーのスルーパスに反応したリシャルリソンがボックス内に抜け出すと、最初のシュートはGKのセーブに遭うが、こぼれ球をゴール右隅に蹴り込んで幸先よく先制に成功した。

最高の入りを見せたブラジルは以降もドイツを攻守に圧倒。リシャルリソンの背後への抜け出しを起点にクラウジーニョが続けてフィニッシュに絡む。すると、22分には中盤からのフィードに抜け出したアラーナがボックス左ゴールライン際で上げたクロスをタイミングよくゴール前に飛び込んできたリシャルリソンが頭で合わせ、2点目を奪取。

これで完全にノッたセレソンの10番は30分、クーニャの中央突破からの丁寧なラストパスをボックス手前左で受けると、得意の右足のコントロールシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺し、わずか30分でハットトリックを達成した。

今大会出場、背番号10を志願した若きセレソンのエースの引き立て役となったドイツは、何とか前半の内に1点を返そうと、攻勢を強めていくが、相手の集中した守備に苦戦。さらに、前半終了間際にはセットプレーの競り合いの中でDFヘンリクスがハンドを犯し、痛恨のPKを献上してしまう。

だが、キックオフから一人気を吐いていたGKミュラーがキッカーのクーニャの左を狙ったシュートを見事な反応ではじき出し、後半へわずかながら望みを繋いだ。

後半も押し込まれる入りが続くドイツだが、アントニー、クーニャの立ち上がりの決定機を守護神が連続セーブで阻むと、ようやく攻撃陣が奮闘に応える。57分、ボックス手前でクルーゼとの短いパス交換からリヒターが放ったシュートのこぼれ球をアミリが抑えの利いたダイレクトボレーで合わすと、GKの手前でうまくバウンドしたボールがゴール右隅に決まった。

この1点でドイツが押し返すかに思われたが、63分にはダニエウ・アウベスへのアフターチャージでキャプテンのアルノルトが2枚目のイエローカードをもらってしまい、痛恨の退場となった。

これで試合の大勢が決したか、両チームは中2日の今後の戦いを睨んで積極的に交代カードを切っていく。あとは逃げ切るだけのブラジルはアントニーやリシャルリソンをベンチに下げてヘイニエルらをピッチへ送り出す。対するドイツはクルーゼやアミリとオーバーエイジの選手を下げてアヘ、トイヒャートをピッチへ送り出す。

以降は数的優位のブラジルが危なげなく試合を進めていくが、幾つかの決定機を逃すと、ドイツが意地を見せる。83分、セットプレーの流れからラウムが左サイドで上げたクロスをアヘがドンピシャのヘッドで合わせた。

これで一気に試合はわからなくなったが、ダニエウ・アウベスを中心に気を引き締め直した百戦錬磨の前回王者は試合終了間際の94分にカウンターから途中出場のパウリーニョが4点目を奪い切り、最後の最後にドイツへトドメを刺した。

そして、リオ五輪決勝再現カードをまたしても制したブラジルが連覇に向けて最高のスタートを飾った。一方、敗れたドイツも苦しい展開の中で今後の戦いに繋がるパフォーマンスは見せた。

また、同日行われたU-24コートジボワール代表vsU-24サウジアラビア代表は、コートジボワールが2-1で勝利している。

サウジアラビアの奮闘によって試合は1-1のスコアで折り返すも、後半半ばにコートジボワールが個の力でゴールをこじ開ける。66分、ペナルティアーク付近でアマド・ディアロから足元にパスをを受けたケシエが鋭い反転から強烈なミドルシュートを突き刺した。

その後、試合終了間際には相手との小競り合いの中で投入されたばかりのアブバカル・ドゥンビアが一発退場となるアクシデントに見舞われたものの、このまま逃げきったコートジボワールが白星発進となった。

U-24ブラジル代表 4-2 U-24ドイツ代表
【ブラジル】
リシャルリソン(前7)
リシャルリソン(前22)
リシャルリソン(前30)
パウリーニョ(後49)
【ドイツ】
アミリ(後12)
アヘ(後38)

U-24コートジボワール代表 2-1 U-24サウジアラビア代表
【コートジボワール】
オウンゴール(前39)
ケシエ(後21)
【サウジアラビア】
アル・ドサリ(前44)

関連ニュース
thumb

五輪初勝利のブラサカ。ビーチに続いて快挙達成を期待/六川亨の日本サッカーの歩み

楽しみにしていたロシアでのビーチサッカー決勝は、地元ロシアに2-5と完敗して初優勝は果たせなかった。ピヴォの赤熊が意地の2ゴールを決めて得点王の3位(2位と同ゴールもアシスト数で3位)に入賞したものの、“決定力の差"が出た決勝だった。 ロシアのシュートはほとんどが「GKにとってノーチャンス」と言えるポストギリギリか、意図的なグラウンダーにより砂のピッチ状況で予期しない軌道を描くシュートが多かった。対する日本もオーバーヘッドで対抗したが、いわゆる“普通のシュート“はGKの好セーブに防がれていた。 それでも初のファイナル進出である。18年ロシアW杯決勝と同じ舞台であるルジキニで開催された決勝で、日本の選手は初めて見た光景を忘れずに2年後のリベンジを果たして欲しい。 一方、国内で開催されているパラリンピックのブラインドサッカーで、念願の初出場を果たした日本は初戦でフランスに4-0と完勝した。12年ロンドン五輪で銀メダルに輝いたフランスは、今回もヨーロッパ予選を2位で通過して出場権を獲得したが、攻守に精彩を欠いての完敗だった。 もしかしたらトップアスリートではないだけに、日本特有の蒸し暑さに順応できなかったのかもしれない。試合会場である青海の特設会場は周囲が海に囲まれているため、湿度もかなり高かったことが予想された。 不世出のストライカー釜本邦茂氏の実姉である釜本美佐子さんは、日本交通公社(現JTB)のツアーコンダクター第一期生として世界各地で活躍後、1993年に網膜色素変性症(現在も根治する治療法はなく、徐々に視力を失い失明する病気)を患い69歳の時に失明したが、その後は全国視覚障害者外出支援連絡会会長、網膜色素変性症協会会長などを歴任。そして01年に視覚障害者サッカーが韓国で開催されていると知り視察へ訪れ、ブラインドサッカー専用の鈴が入ったサッカーボールを持ち帰った。 そして翌年の02年、日本視覚障害者サッカー協会(日本ブラインドサッカー協会)を設立し、同時に理事長に就任して“ブラサカ"の普及と発展に尽力してきた。当時のブラインドサッカーを支えていたのは、障害者のスポーツに理解のある外資系の会社がほとんどで、新大久保の雑居ビルの2階にあったブラインドサッカー協会も、職員のほとんどはボランティアだったと記憶している。 ブラサカに転機が訪れたのは13年9月7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたIOC(国際オリンピック委員会)総会だった。昨日死去した前IOC会長のジャック・ロゲ氏(79歳)が、2020年の東京五輪・パラリンピックの開催を発表。障害者サッカーには視覚障害だけでなく、聴覚障害や知的障害など様々なカテゴリーがあるが、パラリンピックの種目はブラインドサッカーだけ。このため徐々にスポンサー企業は増えていった。 その結果、チーム強化のためのキャンプや海外遠征による強化試合など、日本代表を取り巻く環境は飛躍的に改善された。その成果が、今回のフランス戦で現れたと言ってもいいだろう。 しかし、王者ブラジルはやはり別格だった。日本は0-4と完敗したが、ほとんど日本陣内で試合は行われ、日本のシュートは0本。パス、ドリブル、シュートといった基本プレーのスピードがブラジルとは違った。後半から出場して2ゴールを決めたレジェンドであるリカルジーニョのシュートは、健常者であるGKも反応が遅れるほど速かった。 それでも日本はフランス戦の貯金から、得失点差は±0だ。ライバルである3位・中国はブラジルに0-3と健闘したが、フランスには1-0と1点しか奪えなかったため得失点差は-2。このため日本は引き分け以上でグループリーグを突破できる。中国も簡単な相手ではないが、ブラインドサッカーもビーチサッカーに続いて新たな歴史を築いて欲しい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.08.31 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪全試合出場の中山雄太が故郷からの応援メッセージに感謝「母がこの写真を送ってくれました」

ズヴォレに所属するU-24日本代表DF中山雄太が自身に送られた応援メッセージに感謝を示した。 中山は東京オリンピックに出場するU-24日本代表チームのキャプテンを長らく務めるなど主軸として活躍。本大会ではオーバーエイジとして参加したDF吉田麻也がキャプテンを担ったものの、中山は全6試合に出場し、左サイドバックとして大きな貢献を果たした。 すでにオランダに戻っている中山だが、17日に自身のインスタグラムを更新。自身の出身地である茨城県龍ケ崎市の施設に設置された、中山への応援メッセージの数々が貼られたボードの写真を投稿し、感謝を記した。 「応援いただきありがとうございました。たくさんの励ましがあることは知っていましたが、それを直接見ることができず、ありがとうと言いたいです。母がこの写真を送ってくれました。この場での感謝になってしまってすみません。高みを目指します。いつかお会いできるのを楽しみにしています!」と英語で綴った後、「#Thankyou #my hometown #龍ケ崎市 #本当にありがとうございました」と締めた。 次に狙うのはA代表の主力の座。クラブではセンターバックやボランチとしての起用が多くなると見込まれるが、オリンピックのような安定したパフォーマンスを見せたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】壁から溢れんばかりの中山雄太への応援メッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSrHEFNMnPG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSrHEFNMnPG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSrHEFNMnPG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YUTA NAKAYAMA(@y_5_nakayama)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.19 06:35 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪銀メダルのU-24スペイン代表ソレール、バレンシアと両親からのサプライズに笑顔

東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表MFカルロス・ソレールがバレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露した。 ソレールは大会全6試合に出場。3試合で先発し、スペインの銀メダル獲得に貢献した。大会を終えたソレールは9日に帰国すると、10日にはバレンシアの練習に合流。そして13日に行われたラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦に先発出場し、決勝点となるゴールまで決めてみせた。 怒涛のスケジュールをこなしているソレールだが、ヘタフェとの試合では、サプライズで登場した両親からメダルを受け取り、バレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露する場面があった。 ソレールの母は「バレンシアが今日、彼のために行ったこの行為は素晴らしい。本当に美しいです。彼のバレンシアへの愛は魂から来ているものです。彼は本当に愛しています。私たちは感謝していますし、彼とチームをとても誇りに思っています。彼らは本当にうまくやっています」とアカデミー出身の息子とクラブの関係を称えた。 また、ソレールの父も「彼が私たちを見つけたとき、彼は驚きの表情を見せていました。ここに私たちがいることを予想していませんでした。彼が懸命に働いて得たものを、ここでファンに見せることはとても重要でした」とソレールがサプライズに驚いていたことを明かした。 完璧なシーズンのスタートを切ったソレール。バレンシアで成長した姿を見せ、次はA代表デビューといきたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メスタージャに登場した両親に思わず笑顔のソレール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkUERXa292SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.19 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

U-24ブラジル代表FWアントニーが“金メダル” タトゥーを披露!「肌に永遠に残す」

U-24ブラジル代表FWのアントニー・マテウスが東京オリンピック金メダルの喜びをタトゥーにして自らの体に刻んだ。 ブラジルの名門サンパウロで育ったアントニーは、2020年夏にアヤックスへ加入すると、21歳ながら公式戦46試合に出場して10ゴール10アシストをマーク。期待の逸材として東京オリンピックのメンバーにも選ばれた。 大会では全6試合に出場。ゴールこそなかったものの、U-24スペイン代表との決勝でも先発出場するなど、中心選手として活躍した。 アヤックスへと戻ったアントニーだが、その前に金メダルの喜びを自身の体に入れることを選択した。自身のインスタグラムには「肌に永遠に残す!」というコメントとともに、左の太ももに、オリンピックのメダルをそのまま写したようなタトゥーを彫った写真を投稿した。 アントニーがタトゥーにしたメダルは実は裏面なのだが、満足気な表情を見る限り、それを言うのは野暮だろう。 14日に行われたNECとのエールディビジ開幕節では、ベンチ外だったものの、ホームのファンから祝福を受けたアントニー。気持ちを新たに新シーズンの活躍を誓う。 ちなみに、オリンピックのものをタトゥーにした選手はアントニーだけではなく、銅メダルを獲得したU-24メキシコ代表FWのアレクシス・ベガもオリンピックシンボルや聖火のタトゥーを入れていた。 <span class="paragraph-title">【写真】アントニーがいれた金メダル“裏面”のタトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CScLhVRLGw8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CScLhVRLGw8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CScLhVRLGw8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antony Santos(@antony00)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.18 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪で“世界最速の男”になったヤコブスがイタリアサッカー界のチャンピオンと邂逅

東京オリンピックの男子100m走でイタリア勢として初めて金メダルを獲得したラモント マルチェル・ヤコブス。4×100メートルリレーでも1着となり、2つの金メダルを母国に持ち帰った。 本職は警察官のヤコブスだが、現在はサバウディアで休暇を満喫中。そんな中、サッカー界のチャンピオンと邂逅したようだ。 ヤコブスは自身のインスタグラムに「休日の気分」と題して、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏とお互いの妻との家族写真を投稿した。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ヤコブスが好きなのはF1とバスケットボールだが、トッティ氏のようなレジェンドの前では世界最速の男の我慢できなかったとのことだ。 自身も2006年のワールドカップドイツ大会で世界王者に輝いたトッティも「それは喜びと名誉でした...おめでとうございます」とヤコブスの偉業を祝している。 ヤコブスにとって、この写真が東京オリンピック以降で初めての投稿。イル・プリンチペ(王子)との出会いは余程嬉しかったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ヤコブスとトッティ、それぞれの美人妻との集合写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSolPNAsIoP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSolPNAsIoP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSolPNAsIoP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">MARCELL JACOBS(@crazylongjumper)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.17 11:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly