PAOKがパルマからスロベニア代表MFクルティッチを獲得

2021.07.18 23:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
香川真司の所属するPAOKテッサロニキは18日、パルマからスロベニア代表MFヤスミン・クルティッチ(32)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、背番号は「27」を着用する。

2011年にパレルモに加入したクルティッチは、その後サッスオーロやトリノ、フィオレンティーナ、アタランタ、SPALなどでプレー。

2020年1月に買取義務付きのレンタル移籍で加入したパルマでは、半年間でリーグ戦20試合に出場し2ゴールをマーク。昨夏に移籍金500万ユーロで完全移籍を果たすと、昨季もセントラルMFを主戦場にセリエAで34試合に出場し4ゴールを記録していた。

なお、2012年5月にデビューしたスロバキア代表では、通算68試合に出場しており、2ゴール4アシストをマークしている。

関連ニュース
thumb

トルコの新興クラブが新たにトルコ代表DFなど実力者2名を獲得!

トルコのファティ・カラギュムリュクは6日、フェネルバフチェからトルコ代表DFジャネル・エルキン(32)とパルマからフランス人FWヤン・カラモー(23)の2選手を獲得したことを発表した。 移籍形態はエルキンがフリーで加入、カラモーは1年間のレンタル移籍となる。 CSKAモスクワやガラタサライ、インテル、ベシクタシュなどでプレーしたエルキンは、昨夏にフェネルバフチェへ加入。昨シーズンはスュペル・リグ34試合に出場し9アシストを記録。また、トルコ代表としても59試合に出場している。 一方のカラモーはカーンの下部組織出身のウイングを本職とするアタッカー。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、2017-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。 しかし、インテルでは出場機会を与えられず、2018-19シーズンはボルドーへレンタルされると、2019年の夏にパルマへ買い取り義務付きのレンタル移籍で加入。2シーズンを過ごしたパルマでは、公式戦41試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。 昨季36年ぶりにスュペル・リグで返り咲いたファティ・カラギュムリュクには、FWファビオ・ボリーニやFWアーメド・ムサ、MFルーカス・ビリア、MFアンドレア・ベルトラッチ、MFエムレ・モル、メディ・ベナティアなどが在籍している。 2021.09.07 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペがPSG会長に会談を要求か、レアル移籍を直談判とも

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが加入して沸いているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、新たな騒動が起こるかもしれない。 スペインのテレビ番組『El Chiringuito』によると、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)が、ナセル・アル・ケライフィ会長に対して、会談を要求したと報じている。 予てからレアル・マドリーへの移籍が噂されているムバッペ。PSGとの契約は2022年6月30日までとなっており、あと1年で契約が満了を迎える。 しかし、ムバッペはPSGとの契約更新にサインをしていない状況。このままでは来夏にフリートランスファーで移籍することとなってしまう状況だ。 『El Chiringuito』によると、ムバッペは会長との会談で今夏の移籍を要求するのではないかと報じている。 今夏の移籍市場も残り2週間程度。PSGが移籍をさせないとした場合は、来夏のフリーでの移籍がほぼ確定する状況だ。 今夏はメッシを獲得し、ムバッペを引き止める材料は作ったが、新たなトリオがピッチ上で揃うことはないのかもしれない。 なお、15日に元スペイン代表MFアンデル・エレーラの誕生日を祝う会では、多くのPSGの選手が参加したものの、ムバッペの姿はなく、ここでも移籍の噂が浮上したが、現実にものとなってしまう可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】練習場ではメッシ、ネイマール、ムバッペが揃ったが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHclhyNG1KWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.16 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

トラブゾンスポル、パルマからデンマーク代表FWコーネリウスを獲得!

トラブゾンスポルは10日、パルマからデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(28)を完全移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 母国の名門コペンハーゲンでプロデビューを飾った193cmのセンターフォワードであるコーネリウスは、2017年の夏にアタランタへ完全移籍。加入初年度は公式戦31試合に出場し6ゴールを記録も、2018-19シーズンはボルドーへレンタルされると、2019-20シーズンには買い取り義務付きの2年レンタルでパルマに加入。 パルマでは、加入初年度にセリエAで26試合に出場し12ゴールを記録したが、昨季は公式戦30試合に出場し1ゴール5アシストにとどまっていた。 クラブから正式な契約期間などは明かされていないが、トルコ『Fotomac』によれば契約期間は2025年6月30日までで、年俸は150万ユーロ(約3億8900万円)となる。なお、移籍金については約490万ユーロ(約6億3500万円)を4回の分割で支払うようだ。 2021.08.11 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノア、セリエB降格のパルマから昨季7Gのブラジル人MFエルナニを獲得!

ジェノアは7日、パルマからブラジル人MFエルナニ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 ブラジルのアトレティコ・パラナエンセ出身のエルナニは、188cmという恵まれた体格と屈強なフィジカルを生かした守備を特長とするボランチ。2017年1月に5年契約で加入したゼニトでは出場機会に恵まれず、2017-18シーズンはサンテチェンヌへレンタル移籍。 ゼニトへ復帰した翌シーズンも公式戦17試合の出場にとどまり、2019年夏にはパルマへ買い取り義務付きのレンタル移籍。加入初年度からセリエAで32試合に出場するなどチームのセリエA残留に貢献すると、翌年に完全移籍を果たす。2020-21シーズンも、主力としてセリエAで33試合に出場し7ゴールを挙げる活躍を見せていたが、チームは最下位でのセリエB降格となった。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、ジェノアはシーズン終了後に移籍金400万ユーロ(約5億2000万円)をパルマに支払うとようだ。 2021.08.08 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、パルマからスロバキア代表MFクツカを1年レンタルで獲得!

ワトフォードは6日、パルマからスロバキア代表MFユライ・クツカ(34)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 母国のポドブレゾヴァーでプロデビューしたクツカは、ルジョムベロクやスパルタ・プラハ、ジェノア、ミラン、トラブゾンシュポルでのプレーを経て、2019年1月にパルマへ加入。 パルマでは豊富な運動量と中盤でのユーティリティ性を武器に加入初年度から活躍すると、在籍2年半で公式戦74試合に出場し17ゴール8アシストを記録した。 また、2008年にデビューしたスロバキア代表では、これまで86キャップを誇り、今夏に行われたユーロ2020でも全試合にフル出場していた。 2021.08.07 08:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly