昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得2018.08.15 01:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。

▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。

▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルのカラモー、来シーズンはパルマでプレーか

インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモー(20)が来シーズンはパルマでプレーする事になりそうだとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 カラモーはカーンの下部組織出身。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、17-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。今シーズンはレンタルでボルドーに加入しリーグ戦22試合で3得点という成績を残した。 同メディアによるとカラモー自身がパルマでのプレーに意欲を高めており、またパルマのロベルト・ダヴェルサ監督の評価も高く契約へ向け交渉を進めているという。 世代別フランス代表の常連で19歳にしてインテルと契約を結んだ俊英はパルマでさらなるブレイクなるか。来シーズンの活躍に注目が集まる。 2019.06.25 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ポルトが最有力もイタリア復帰が浮上

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たな移籍先候補が浮上した。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えた。 今シーズン、ユベントスからPSGへと加入したブッフォンだったが、フランス代表GKアルフォンス・アレオラとの併用が続いていた。今シーズンはローテーションが行われていたものの、トーマス・トゥヘル監督は来シーズンはやめると明言。より定期的なプレー機会を望むブッフォンは、PSGとの契約を拒否していた。 そんなブッフォンには、ポルトが獲得に動いていた。元スペイン代表GKイケル・カシージャスがシーズン終盤に心臓発作を起こし、プレーできない状況。その代役にブッフォンをと考えているようだ。 一方で、新たな移籍先候補としてアタランタが浮上している。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したアタランタは、ブッフォンに魅力的なオファーを出しているとのこと。イタリアに復帰する可能性もあるようだ。また、古巣であるパルマへの復帰も噂されており、ブッフォンの去就には注目が集まることになりそうだ。 2019.06.21 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマがお得意先のナポリからログ&ウナスの獲得を狙う?

パルマが、ナポリのクロアチア代表MFマルコ・ログ(23) と、アルジェリア代表MFアダム・ウナス(22)の獲得を狙っているのではないかとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 2016年夏にディナモ・ザグレブから加入したログは今シーズン途中からセビージャにレンタル移籍。ヨーロッパリーグのラツィオ戦で初出場し、リーグ戦では10試合に出場したがインパクトを残せなかった。 一方、ウナスは2017年夏にボルドーから加入。当時はネクスト・ロッベンと言われ評価も高かったが、ナポリでは2年間で公式戦出場は39試合に留まり、今季はフル出場ゼロと苦しいシーズンを送った。 パルマはナポリから毎年のように選手を獲得しており、今シーズンもFWアマト・チチレッティ、FWロベルト・イングレーゼ、MFアルベルト・グラッシらをレンタルで獲得。そして今夏も来シーズンの補強選手としてログとウナスをレンタル候補に挙げており、少なくともどちらかの移籍が実現する可能性は高いという。 2019.06.13 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、原点の地で現役ラストイヤーか…パルマ復帰の可能性

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)に対して、パルマ復帰の可能性が浮上した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ブッフォンは2018年夏、ユベントスからフリートランスファーでパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍。1年間の延長オプションが付いた単年契約での加入だったが、行使に至らず、わずか1年でパリを去ることが5日に決まった。 あと1年間の現役続行を希望している様子のブッフォンはバルセロナや、来シーズンからセリエAに昇格するブレシアの関心が取り沙汰されているが、すでにパルマと接触中。金銭面の議論こそないが、交渉に入っているという。 ブッフォンにとって、パルマは育成年代から過ごした思い入れ深いクラブであり、プロキャリアスタートの地。復帰となれば、実に18年ぶりとなる。なお、今シーズンのパルマはセリエA14位でフィニッシュ。残留を決めている。 2019.06.09 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“Grazie DDR”! ジャッロロッソにすべてを捧げたデ・ロッシをローマが勝利で送り出す!《セリエA》

セリエA最終節のローマvsパルマが26日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 前節、サッスオーロ相手の痛恨ゴールレスドローで逆転での4位フィニッシュが絶望的となった6位のローマ(勝ち点63)が、13位のパルマ(勝ち点41)をホームに迎えた今シーズンのセリエA最終戦。 逆転での4位フィニッシュには奇跡が求められるため、ローマのこの試合での最大の注目は今シーズン限りでの退団が発表されたバンディエラ、ダニエレ・デ・ロッシのラストゲーム。その主役のデ・ロッシは2001年のトップチームデビュー以降、ジャッロロッソのユニフォームを着て通算616試合目のピッチに立った。 “DDR”へのトリビュートに満ち溢れたオリンピコでのデ・ロッシラストゲームは、この日のロマニスタの気持ちを如実に表した涙雨の中で幕を開ける。開始4分には盟友トッティを彷彿とさせるデ・ロッシのワンタッチパスに反応したパストーレがヘディングシュートを放つ。 その後はパルマの盛り返しによって一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには互いに決定機を作り合う。21分、ボックス手前から仕掛けたパストーレがゴール左に持ち込んで左足のシュートをニアポストに飛ばすが、これはGKフラッタリの好守に遭う。直後の24分にはパルマのカウンターからスプロカティのラストパスに抜け出した古巣対戦のジェルビーニョに絶好機も枠の右隅を捉えたシュートはこちらも古巣対戦のGKミランテがビッグセーブで防ぐ。 徐々にローマが押し込み始めた30分過ぎに試合が動く。35分、ボックス左でのペロッティの仕掛けからコラロフのヘディングでの折り返しが相手DFのクリアに遭う。だが、ペナルティアーク付近でクリアボールに反応したペッレグリーニの左足のダイレクトシュートがゴール前のDFにディフレクトする幸運もあってゴールネットを揺らした。 次期カピターノのフロレンツィと共にデ・ロッシの後継を担うローマっ子のペッレグリーニのゴールで先制に成功したローマは、勢いづいて攻め立てる。パストーレやペロッティの果敢な仕掛けで相手ゴールに迫ると、前半終了間際にはフロレンツィも際どいミドルシュートを放ったが、ここは相手のブロックに遭い、前半が終了した。 後半もペロッティが個人技で決定的なシュートを放つなど、良いリズムで後半に入ったローマ。57分にはパストーレを下げてクリスタンテ、62分には今夏退団でインテル行きも噂されるジェコに代わってシックが投入される。ジェコがピッチを去る際には愛憎交じった拍手とブーイングが送られることになった。 その後は拮抗した展開が続く中、82分にはこの試合最大のハイライトが訪れる。フォースオフィシャルが掲げた交代ボードにはロマニスタが見たくなかった「16」の数字が…。そして、両チームの選手、主審と抱擁を交わしたローマのバンディエラはジェンギズ・ウンデルとの交代でローマでの最後の試合を終えることになった。 このしんみりとしたムードの中、86分には水を差すパルマのゴールが決まることに。ローマでの中盤でのボールロストからペピンのスルーパスに抜け出したジェルビーニョが左足のシュートを古巣のゴールに流し込むが、プロフェッショナルとしての仕事を全うしたジェルビーニョも気まずそうな表情を浮かべる。 バンディエラの門出を何とか勝利で飾りたいローマは89分、トッティのラストゲームでもチームを救う大仕事を見せていたペロッティが再び大仕事をやってのける。ボックス右のジェンギズが上げたクロスをアルゼンチン人アタッカーが冷静に頭で流し込み、ローマは再びリードを手にした。 そして、土壇場での勝ち越しゴールを今度こそ守り切ったローマが誰からも愛されたバンディエラのラストゲームを見事勝利で飾り、今季を6位で終えた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=10vpp57wibkph1gienep9ab884" async></script> </div> 2019.05.27 06:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース