ドウグラス・ヴィエイラが再離脱へ…左太もも肉離れで全治3〜4週間

2021.07.18 17:24 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は18日、FWドウグラス・ヴィエイラの負傷について報告した。

伝えられるところによると、ドウグラス・ヴィエイラは11日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の横浜FC戦で負傷。左太ももの肉離れと診断され、全治には3週間から4週間を要する見込みだ。

今季の同選手は度重なるケガに悩まされており、ここまでリーグ戦の出場は11試合のみ。得点は3月の横浜F・マリノス戦の1ゴールにとどまっている。

関連ニュース
thumb

「ぞくっとしたよ」広島・川村拓夢のJ1初ゴールにむせぶ声多数「何回見ても痺れる」「気持ち入りすぎてて泣いた」

サンフレッチェ広島のMF川村拓夢のJ1初ゴールがサポーターの心を揺さぶった。 6日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節、6位の広島は敵地で2位・鹿島アントラーズとの上位対決に臨んだ。川村はゴールレスで迎えた83分にピッチへ投入されると、直後に均衡を破る。 中盤の左サイドでボールをはたいた川村は、エゼキエウがドリブルで運ぶ間に最前線へとスプリント。野上結貴へスルーパスが送られ、ボックス右からのグラウンダーのクロスに対し、ニアのドウグラス・ヴィエイラを囮に背後に走り込んでプッシュした。 これがJ1初ゴールとなった川村。値千金の先制点を挙げ、アウェイサポーターの前で拳を握りしめた姿には「まじ何回見ても痺れる」、「ガッツポーズに気持ち入りすぎてて泣いた」、「ぞくっとしたよ」、「愛媛で修行した甲斐があったなあ!!」「我が家の推しをご覧ください」などのコメントが寄せられている。 終盤にはエゼキエウの追加点もあり、2-0で勝利。試合後のフラッシュインタビューでは「すごく嬉しいです。ここ最近チャンスをもらえても、なかなか監督の期待に応えることができなかったので、悔しかったですし、今日チームがきつい中で、絶対に自分が決めてやるんだという気持ちで入りました」と、目を赤くしながら強い想いで試合に入ったことを明かした。 地元広島市出身で育成組織上がりの川村だが、トップ昇格した2018年には出番を得られず、以降3年間愛媛FCへと期限付き移籍。昨シーズンはJ2で8ゴールを挙げた。今季も開幕戦で途中出場ながらJ1デビューを果たしたものの、以降も試合に絡む機会は少なかった。 夏場のターンオーバーを含め、第21節、第23節とスタメンのチャンスをもらっていた川村は、重要な鹿島戦でようやく大仕事。これからの活躍にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】育成組織出身、広島MF川村拓夢のJ1初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TfU5sU3vZTs";var video_start = 264;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.07 18:40 Sun
twitterfacebook
thumb

川村拓夢がJ1初ゴール! 今季初弾のエゼキエウら交代選手が応えた広島、アウェイで鹿島に勝利!【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が6日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-2で広島が勝利した。 2位の鹿島(勝ち点40)と6位の広島(勝ち点35)による上位戦。前節の鹿島は横浜F・マリノスとの首位攻防戦に敗れ8ポイント差に。また、ここ4試合は3分け1敗と勝ちきれない状況が続いている。 対する広島もリーグ戦ここ4試合は2分け2敗と足踏み。ただ、3日に行われたルヴァンカップでは、横浜FMに3-1で快勝しており、今節は中2日ながら同じスタメンが起用されている。 キックオフ前に戦争の犠牲者への黙祷が行われた中、試合は前線の強度を生かし、ロングボールを攻撃の起点とする鹿島と、後方からパスをつないで組み立てる広島という構図に。スタメンにカイキやピトゥカ、エヴェラウドを並べた鹿島は、5分にそのピトゥカがこぼれ球をボレーで狙い初シュート。序盤から迫力のある攻撃を見せる。 ただ、先にチャンスを迎えたのは広島だった。13分、満田が右サイドでボールを奪い、そのままの推進力でボックス右まで侵攻。シュートの選択肢もあった中、選んだグラウンダーのクロスは常本にクリアされた。 続く17分にもボール奪取からカウンターを発動。敵陣中央を満田が運び、ボックス右の森島へパス。森島は右足でアウト回転をかけたシュートを放ったが、左ポストを掠めていった。 立て続けに2度のピンチを迎えた鹿島。なんとか攻勢に転じたいところだが、20分のエヴェラウドのボレーシュートは完全に対応され枠に飛ばせず。27分には混戦の中からピトゥカがシュートへ。これは枠に飛んだがGK大迫に止められた。 前半は優勢だった広島。後半に向けては一度警告を受けているベン・カリファを下げてドウグラス・ヴィエイラを投入する。その立ち上がり、広島はクロスに対応の際に、塩谷の腕に当たったとしてVARチェックの対象に。ここはお咎めなしとなったが、ややヒヤリとするシーンに。 ここで浮き足立つ広島に鹿島は51分、右サイドに流れた鈴木のクロスからカイキがヘディングシュート。枠を捉えることができなかったが、ホームチームにとってはここまで最大の決定機に。続く56分のFKのシーンでは、ボックス右角付近から入れたグラウンダーのクロスが相手に当たってゴール方向に。ここはGKにキャッチされたが、セカンドハーフは鹿島が攻勢を仕掛ける。 70分を過ぎると両チームとも立て続けに選手を交代。徐々に1点の奪い合いという様相を呈する中、エゼキエウと野上を投入した広島は79分、満田のスルーパスからドウグラス・ヴィエイラにビッグチャンス。ボックス左に抜け出し、シュートも打てた中でクロスを選択。ここに満田が飛び込んだが合わせられず。 かたや鹿島も83分に左サイドの広瀬が右足で上げたクロスに鈴木が飛び込む好機を演出。互いにゴールに近づいていく。 アウェイの広島は83分に柏を下げて川村を投入。するとその直後、エゼキエウがドリブルでボックス手前右まで持ち上がり、追い越す野上へスルーパス。ボックス右からグラウンダーのクロスが入ると、ニアのドウグラス・ヴィエイラを囮に、背後に走り込んだ川村がプッシュしネットを揺らした。 交代選手が全員絡む攻撃で先制した広島。J1初ゴールを決めた川村は、87分にもシュートを放ち、貪欲に追加点を狙いにいく。鹿島も残りの力を振り絞り攻撃を仕掛けるが、広島の止まぬプレッシングに苦戦。 すると後半アディショナルタイムも5分が過ぎようとしたところで、広島は自陣左サイドで相手のパスをカットした佐々木がすかさず前線へ足の長いスルーパスを供給。これに反応したエゼキエウがワンタッチでボックス左に抜け出し、対面する相手を半身躱したところで右足のコントロールショットを流し込み勝負あり。 広島が2位の鹿島にアウェイで勝利し、5試合ぶりの白星を手にした。 鹿島 0-2 広島 【広島】 川村拓夢(後39) エゼキエウ(後50) 2022.08.06 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:鹿島vs広島】互いに迎えた正念場。これ以上負けられない両者、キッカケを掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月6日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/40pt) vs サンフレッチェ広島(6位/35pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆これ以上は取りこぼせない【鹿島アントラーズ】 3試合連続ドローで臨んだ再開初戦。首位の横浜F・マリノスとの首位攻防戦。今後のリーグを占う一戦だったが、2-0で敗戦を喫してしまった。 これで勝ち点差は「8」数字上はまだまだ可能性があるが、後半戦は6試合で「11」の勝ち点を落としている状況。これ以上の取りこぼしはタイトル争いに黄信号を灯す頃になるだろう。 日本代表FW上田綺世がチームを去ったことで、攻撃の形をまだ見つけられず。また、前半戦から課題だった後半のペースダウンという課題は残っている状況。暑さも厳しくなる中で、消耗が激しいサッカーをしていれば当然のこととも言える。 その中で課題は、やはり得点力。前半のうちにゴールを重ねれば戦い方も楽になるが、チャンスを生かし切れないシーンが多い。新加入のFWブレッシング・エレケにも期待がかかるが、まずは目の前の試合での勝利が必要となる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、キム・ミンテ、広瀬陸斗 MF:樋口雄太、三竿健斗 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー ◆良かった頃を思い出せ【サンフレッチェ広島】 前半戦最後は4連勝と勢いに乗り、多くの選手が日本代表にも招集されていたが、直近は4戦未勝利。さらに2敗を喫するなど、後半戦は勝ち点を伸ばせていない。 つまづくチームが多く、順位も6位で止まっているが、今後は追い上げに遭う可能性も高い。 ルヴァンカップから中2日。ケガ人も抱えている中で、チームとしてはもう一度仕切り直して浮上したいところ。上位に行くのか、中位に飲まれるのか。正念場と言える。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、松本泰志、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ 監督:ミヒャエル・スキッベ 2022.08.06 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

広島が10人先発入れ替えの横浜FMに3発快勝! 準決勝進出に大きな弾み《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ準々決勝、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスの第1戦がエディオンスタジアムで行われ、3-1で広島が先勝した。 このラウンドからプライムステージと銘打たれ、ACL組を含めた8チームによるトーナメントが行われる。互いに直近のリーグ戦からは中3日。広島は1-2で敗れたそのFC東京戦からスタメンを2人変更。欠場していた野津田が復帰し、負傷が報告された東の代わりに柏を起用する現状のベストメンバーを揃えた。 対して、このラウンドから参戦の横浜FMは、2-0で勝利した鹿島アントラーズ戦からフィールドプレイヤー全員入れ替え。こちらは疲労を考慮したメンバー構成となった。 両者の直近の対戦は約1カ月前の7月6日。日産スタジアムで行われたその一戦は、横浜FMが3-0で快勝している。今回は立ち上がりから互いに強みを生かした攻撃でスペクタクルな内容となる。 その中でホームの広島は11分、塩谷から鋭い縦パスが敵陣中央の満田に入ると、その満田から今度はボックス右に走る松本へスルーパス。迷わずシュートまで運んだが、体を寄せられ枠に飛ばせず。 それでも分厚い攻撃を見せる広島はその3分後、右サイドの藤井からクロスが上がると、ボックス左で上手くフリーとなっていた柏に繋がり、ワントラップからシュート。これがゴール左下に突き刺さり、先制に成功した。 その後は前線からのプレスで横浜FMのパスワークを牽制しつつ、追加点の機会を窺う広島。27分にはGK大迫のビッグセーブもあった中、36分に松本のロングボールに抜け出した満田がネットを揺らすシーンがあったが、ここはオフサイドの判定に。 一方、なかなか攻撃が組み立てられない横浜FMだが、43分に前半最大の決定機。速攻のシーンでボックス手前のレオ・セアラからマルコス・ジュニオールにパスが渡り、GKと一対一に。だが、ここはGK大迫に軍配。前に出てきた相手を見てループシュートを狙ったが、体に当てられてしまった。 しかし後半開始直後、横浜FMのロングボールから浮き玉が続いたところで右サイドの水沼に渡ると、すかさずグラウンダーのクロスを供給。これがディフェンスラインとGKの間に入り、最後はレオ・セアラがプッシュし同点とした。 上手く出鼻を挫いた横浜FM。52分にも右サイドからチャンスを作り、レオ・セアラのクロスに吉尾。同点シーンに似た形となったが、シュートは惜しくも右に外れた。 その後、広島はベン・カリファを下げてドウグラス・ヴィエイラ、横浜FMはマルコス・ジュニオールを下げて西村を投入し、前線のメンツを入れ替える。 この交代以降、GKを強襲した森島のシュートなど勢いを取り戻した広島は68分、ボックス左のスペースを見つけた松本が左サイドの森島からパスを呼び込みシュートへ。決定機だったが、ここはGK高丘に止められた。 ここから立て続けにCKを得た広島。71分の左CKは右サイドに流れたものの、そこから森島が左足で上げ直したクロスに合わせたのは荒木。頭で滑らせてコースを変えるようなシュートがゴール左隅に決まり、再びリードを得た。 残り15分となるところでさらに2人を交代させた両チーム。すると広島は78分、この交代で投入されたエゼキエウのお膳立てからドウグラス・ヴィエイラがネットを揺らし3点目かに思われたが、VARで確認した結果、その一つ前のプレーで満田がオフサイドだったとして、ゴールは取り消された。 このVARによる中断もあったため、後半アディショナルタイムは5分と長めの設定。その中でドウグラス・ヴィエイラがロングボールの競り合いで相手と頭どうしで接触し、包帯を巻く事態に。 だが、この体を張ったプレーが広島にさらなる歓喜をもたらす。このプレーでボックス手前のFKを得た広島は、塩谷が放ったシュートは壁に当たってしまうものの、こぼれ球に対し野津田がダイレクトで左足を振り抜くと、上手く壁の隙間を抜けてゴール左下に決まった。 その後、4点目のチャンスもあった広島だが、試合は3-1で終了。10日に行われるアウェイでの2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にしている。 広島 3-1 横浜FM 【広島】 柏好文(前14) 荒木隼人(後26) 野津田岳人(後53) 【横浜FM】 レオ・セアラ(後1) 2022.08.03 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

広島、FC東京戦で負傷のMF東俊希が左下腿コンパートメント症候群で手術…全治3カ月

サンフレッチェ広島は31日、MF東俊希の手術を発表した。 クラブの発表によると、東は左下腿コンパートメント症候群と診断。31日に、広島県内の病院で筋膜切開術を実施したとのことだ。 東は30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節のFC東京戦で負傷。先発出場していたが、85分に交代していた。 なお、全治は3カ月とのことだ。 東は今シーズンの明治安田J1で19試合に出場。YBCルヴァンカップでは8試合で2得点を記録していた。 2022.07.31 12:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly