元韓国代表FWチ・ドンウォンが母国で再出発!マインツがFCソウルへの移籍を発表

2021.07.08 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは7日、元韓国代表FWチ・ドンウォン(30)が韓国のFCソウルへ移籍したことを発表した。

マインツのマルティン・シュミットSDによれば、今回の移籍の経緯について「チ・ドンウォンは母国で再起を図りたいと考えている。そして我々はその希望を叶えることにした。彼の将来に幸運が訪れることを願っている」

チ・ドンウォンは2010年に母国クラブの全南ドラゴンズでプロデビュー後、2011年6月のサンダーランド移籍を機に欧州挑戦。アウグスブルク、ドルトムント、ダルムシュタットを経て、2019年5月からマインツにフリーで加入。

しかし、マインツでは加入初年度からケガに悩まされ、在籍1年半で公式戦わずか11試合の出場に留まり、今冬にはブンデス2部のブラウンシュヴァイクへレンタル移籍。ブラウンシュヴァイクではリーグ戦12試合に出場し1ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

マインツに痛手…ハンガリー代表FWサライが左ヒザ手術で6週間の離脱

マインツは22日、ハンガリー代表FWアダム・サライのヒザの手術が成功したことを報告した。 アダム・サライは18日に行われたブンデスリーガ第5節のフライブルク戦に先発出場。しかし、32分に左ヒザを負傷するとハーフタイムでFWカリム・オニシウォと交代していた。 クラブによると、アダム・サライは左ヒザの半月板の損傷が確認され、22日に手術に踏み切った。離脱期間は約6週間と見込まれている。 ハンガリー代表ではキャプテンを務めているサライは、2019年夏にマインツへ6年ぶりに復帰。復帰後は準主力として在籍2シーズンで公式戦47試合に出場。今シーズンもここまでブンデスリーガで4試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.09.22 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツのハンガリー代表FWサライが左ヒザ半月板損傷で手術

マインツは20日、ハンガリー代表FWアダム・サライが手術を受けることとを発表した。 ハンガリー代表ではキャプテンを務めているサライ。今シーズンもここまでブンデスリーガで4試合に出場し1ゴールを記録していた。 しかし、18日に行われたブンデスリーガ第5節のフライブルク戦では、32分に負傷。ハーフタイムに交代していた。 クラブの発表によると、サライは左ヒザの半月板を損傷しているとのこと。21日にも内視鏡の手術を受け、その後リハビリに励むことになるという。 2019年夏にホッフェンハイムからフリートランスファーで加入したサライは、これまで公式戦137試合に出場し28ゴール14アシストを記録していた。 2021.09.20 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、マインツからE・フェルナンデスをレンタル

アルミニア・ビーレフェルトは8月31日、マインツからスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定した。 190cmの大型セントラルMFのフェルナンデスは、2016年8月にシオンからウェストハムに移籍。その後、フィオレンティーナへの武者修行を経て、2019年夏にマインツに完全移籍で加入した。 マインツでは昨シーズン、新型コロナウイルス感染やケガの影響で公式戦15試合の出場に留まっていた。 なお、2016年11月にデビューしたスイス代表ではこれまで22試合に出場している。 2021.09.01 01:40 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ、リバプールとの契約終了後について言及 「3年後のことは私にわかるわけがない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、自身の将来について語った。 クロップ監督は2001年の選手引退と同時にマインツの監督に就任し、指導者キャリアをスタート。その類稀な手腕と人心掌握術で数々の実績を残し、2008年に就任したドルトムントではブンデスリーガ2連覇にDFBポカール制覇で黄金時代を築いた。 そして2015年夏から指揮を執るリバプールでは、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に続いて、2019-20シーズンは30年ぶりのリーグ優勝に導き、2季連続でビッグタイトルを手にした。 名実ともに世界トップクラスの指揮官となったクロップ監督だが、リバプールとの現行契約は2023-24シーズンまで。同じく2024年夏までの契約となっているハンジ・フリック監督の後任として、ここ最近はドイツ代表監督への就任が噂されている。 ドイツ『ビルト』のインタビューで、契約延長とドイツ代表監督就任の可能性について聞かれると、「まだ先のことなので何も言うことはない」とコメント。仮に現行の契約が満了となったら1年休暇を取るようだ。 「3年後に何が起こるかなんて、私にわかるわけがない」 「ほとんどの人は、2週間後、3週間後に自分がどこにいるのかさえ分からないのだから」 「もし2024年にリバプールでの仕事が終わるのであれば、その後に1年間の休暇を取ることになるだろう」 「ハンシ・フリックの契約が2025年まで続いていれば、私は検討の対象にもならない」 「2024年は誰も私に電話をかけてこないでくれ」 2021.08.25 15:22 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野途中出場のボーフムがマインツを下し今季初勝利を飾る!《ブンデスリーガ》

浅野拓磨の所属するボーフムは21日、ブンデスリーガ第2節でマインツと対戦し、2-0で勝利した。浅野は81分からプレーしている。 前節、強豪ヴォルフスブルクに惜敗したボーフムが、開幕白星を飾ったマインツをホームに迎えた一戦。前節先発の浅野はベンチスタートとなった。 試合は一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはボーフム。21分、自陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると左サイドでパスを受けたホルトマンがダイアゴナルドリブルで中に切り込むと、相手DF5人をかわしゴール前まで侵入。相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 先制したボーフムは、30分にも右CKが上手くニアで収めたS・ツォラーがワントラップから右足ボレーでゴールネットを揺らしたが、VAR検証でトラップ際のハンドを取られてゴールは認められず。 主導権を握りかけるボーフムだったが、42分にピンチを迎える。アーロンの絶妙なスルーパスに反応したタウアーがDFと上手く入れ替わりボックス内へ侵入。ボックス左深くから放ったシュートは、好反応を見せたGKリエマンが左足で弾き出した。 後半は積極的な選手交代を行ったマインツにボールを支配されるボーフムだったが、56分に追加点を奪う。ガンボアのパスで右サイド高い位置で受けたS・ツォラーがクロスを供給すると、ゴール前のポルターが頭で流し込んだ。 リードを広げたボーフムは、81分にホルトマンを下げて浅野を投入。しかし、浅野に見せ場は訪れず、試合は2-0のままタイムアップ。今季初勝利を飾ったボーフムは、2009年5月16日以来12年ぶりの1部勝利となった。 2021.08.22 00:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly