元鹿島のMFカイオがシャールジャに完全移籍! 日本復帰噂もUAEでキャリア継続

2021.07.07 16:02 Wed
Getty Images
UAEのシャールジャFCは6日、ベンフィカからブラジル人MFカイオ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。

なお、ポルトガル『A Bola』が伝えるところによれば、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)程度になったようだ。
カイオは、2011年に千葉国際高校(現・翔凜高校)への留学で来日。2014年に鹿島アントラーズへ入団すると、1年目から主力として活躍。J1リーグで30試合に出場し8ゴールを記録し、初年度にJリーグベストヤングプレーヤー賞を獲得。2年目には2桁得点を記録すると、2016年7月にUAEのアル・アインに活躍の場を移した。

アル・アインでも主力としてプレーしたカイオは、2019年7月に満を持してベンフィカへと完全移籍。しかし、ベンフィカでは低調なパフォーマンスが続き出場機会を失うと、2020年1月からUAEのシャールジャFCへ1年半のレンタル移籍。2020-21シーズンは公式戦28試合で6ゴール10アシストと、まずまずの成績を残していた。

ベンフィカでは完全に構想外の扱いとなっており、今夏の日本復帰も噂されていたが、レンタル先のシャールジャへの完全移籍を選択した。
関連ニュース

ディ・マリアがマルセイユ戦先勝に導く今季EL4ゴール目 「優勝は重要な夢」

ベンフィカのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがヨーロッパリーグ(EL)4強入りに前進し、今大会にかける思いを口にした。『UEFA.com』が伝えている。 ベンフィカは11日の準々決勝1stレグでマルセイユとホームで対戦。67分にピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで1点差に迫られたが、ラファ・シウバとディ・マリアの得点によるリードを守り抜き、2-1で先勝した。 右ウィングでスタートから出場したディ・マリアは1-0の52分にボックス右からの折り返しをワンタッチで押し込み、今大会4ゴール目で貴重な追加点。1週間後の18日に敵地で行われるリターンレグに向けて弾みをつけた。 チャンピオンズリーグやワールドカップをはじめ、数々のタイトルを手にするディ・マリアだが、『Sportv』のインタビューでマルセイユとの1stレグを振り返りながら、まだ経験のないEL制覇を夢だと語った。 「(EL優勝は)僕にとって重要な夢なんだ。このクラブや、素晴らしい仕事をして目標達成のために戦う選手たちにとってもね」 「僕らは素晴らしい試合をした。マルセイユはベンチにも素晴らしい選手がいる。何人かはベンチ入りし、大きな違いを生み出した」 「大事なのは2-1のリードとゴールの差だ。マルセイユがこの準々決勝に勝ち進んでいるのは多くの意味を持つ」 2024.04.12 16:30 Fri

ラファ・シウバ&ディ・マリア弾で逃げ切ったベンフィカがマルセイユに先勝!【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのベンフィカvsマルセイユが11日に行われ、2-1でベンフィカ勝利した。 ラウンド16でレンジャーズを下したベンフィカが、ビジャレアルを下したマルセイユをホームに迎えた一戦。 試合は16分にスコアが動く。ベンフィカはネレスのパスをボックス右手前で収めたテングシュテットの折り返しをボックス中央に走り込んだラファ・シウバがワントラップからシュートを流し込んだ。 1-0で迎えた後半、再びスコアを動かしたのはリードするベンフィカだった。52分、自陣でのボール奪取からロングカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったディ・マリアがパスをボックス右に駆け上がったネレスが縦に切り込み、中央へラストパス。これを再び受けたディ・マリアがワンタッチでゴールに流し込んだ。 2点を追う展開となったマルセイユは、54分にムンバグナを下げてウナイを投入。すると67分、ウナイのロングスルーパスから上手くDFの裏に抜け出したオーバメヤンがボックス左からゴール右隅にシュートを決めた。 1点を返したマルセイユは、73分にもウナイの右クロスからファーサイドでフリーのアリに決定機が訪れたが、ボレーシュートは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。ホームできっちり先勝に成功したベンフィカが準決勝進出に王手をかけた。なお、2ndレグは18日にスタッド・ヴェロドロームで行われる。 2024.04.12 06:27 Fri

【パリ行きの命運を託された23選手】攻守両面で特徴を出せるか…柏とベンフィカに育てられた守護神・小久保玲央ブライアン

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、小久保玲央ブライアンにフォーカスする。 ■小久保玲央ブライアン(GK/ベンフィカ) ナイジェリア人の父を持つ小久保は190cmと恵まれた体躯を持つ守護神。柏レイソルの下部組織出身で、これまでも多くの守護神を輩出する中、トップチームに昇格せずに海を渡った。 18歳でドアを叩いたのはポルトガルの名門クラブの1つ、ベンフィカ。U-23チームに加入すると、2020年8月にはUEFAユースリーグ決勝に出場。レアル・マドリーを相手に敗れたが、多くの経験を積んでいる。 その後Bチームに昇格。2022年1月にBチームでデビューを果たすと、同年5月に行われたプリメイラ・リーガ最終節で初のベンチ入りを果たすなど、徐々にステップアップを果たしている。 今シーズンからはファーストチームに正式に昇格。23歳という年齢は、ヨーロッパ基準では決して若いとは言えない中、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグもベンチに座って経験。未だデビューは果たせず、リーグ戦ではベンチ入りもままならないが、今シーズンもBチームで開幕から出場を続けるなどして16試合に出場。ただ、1月14日を最後にメンバーにも入れておらず、苦しい状況ではある。 特徴は長身を生かしたハイボールの処理、そして手足の長さを生かしたセービングに加え、ビルドアップの能力が長けている。元々はFWでプレーしていたこともあり、足元の技術は高い。GK鈴木彩艶(シント=トロイデン)とのポジション争いになるが、今大会は鈴木が不在。パリ五輪の切符を掴むためにも、ゴールに鍵をかけたいところだ。 3月の活動ではU-23ウクライナ代表戦にフル出場し、クリーンシートを達成。良いセーブもいくつか見せており、今回消臭を受けた3人では一歩リードしている感もある。 柏時代のチーイムメイトでもあるFW細谷真大も今大会のメンバーに選ばれており、最前線と最後尾の2人が牽引し、パリ行き、そしてA代表行きに繋げることができるのか。ポジション争いもある中での杯パフォーマンスを期待したい。 2024.04.11 17:00 Thu

チェルシーがアヤックスに勝利しベスト4進出! リヨンはベンフィカを下す【UWCL】

27日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝2ndレグの2試合が行われた。 FA女子スーパーリーグ(FAWSL)で首位に立つチェルシーはアヤックスと対戦。1stレグはアウェイゲームながら0-3で快勝していたチェルシーは余裕を持って2ndレグに臨んだ。 なでしこジャパンFW浜野まいかはメンバー外となった中、試合は33分にマイラ・ラミレスのゴールでチェルシーが先制。65分にチャシティ・グラントにゴールを奪われるも1-1で終了。2戦合計4-1でチェルシーが勝利し、準決勝に駒を進めた。 もう1試合はリヨンvsベンフィカのカードとなり、1stレグはリヨンが1-2で先勝していた。 リヨンのホームで迎えた2ndレグは43分にデルフィーヌ・カスカリーノのゴールでリヨンが先制。しかし45分にベンフィカはマリー・アリドゥのゴールで追いつく。 2戦合計でもまだリヨンがリードしていた中、51分にカスカリーノが2点目を奪い勝ち越すと、アディショナルタイムにはカディディアトゥ・ディアニが2ゴールを奪う活躍を見せて、4-1で勝利。2戦合計6-2でリヨンがベスト4に進出した。 なお、28日には準々決勝の2試合が予定されており、バルセロナとブラン、パリ・サンジェルマン(PSG)とヘッケンが対戦。バルセロナ、PSGがそれぞれ2-1で1stレグを勝利していた。 ◆UEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ ▽3/27(水) リヨン 4-1(AGG:6-2) ベンフィカ 【リヨン】 デルフィーヌ・カスカリーノ(43分、51分) カディディアトゥ・ディアニ(90分+1、90分+6) 【ベンフィカ】 マリー・アリドゥ(45分) チェルシー 1-1(AGG:4-1) アヤックス 【チェルシー】 マイラ・ラミレス(33分) 【アヤックス】 チャシティ・グラント(65分) ▽3/28(木) バルセロナ vs ブラン (1stレグ:2-1) パリ・サンジェルマン vs ヘッケン (1stレグ:2-1) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】チェルシーが女子CLでアヤックスを下してベスト4進出</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VmPNSixUSTo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.28 11:15 Thu

ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”、ドーピング検査での不正行為で2年間の出場停止処分に

ブラジル・ドーピング規制当局(ABCD)は25日、アンチ・ドーピング検査で不正行為を働いたフラメンゴの元ブラジル代表FWガブリエウ・バルボサに対して、2年間の出場停止処分を科したことを発表した。 ガビゴルの愛称で親しまれるガブリエウ・バルボサは、2023年4月8日にクラブ施設で行われた抜き打ちのドーピング検査の際、検査スタッフの指示に従わず、昼食を取るなど検査の実施を遅らせていた。 これを問題視したABCDは、昨年12月にブラジル・アンチ・ドーピング規程第122条の「管理過程の一部に対する不正行為または不正行為の企て」に対する違反があったとして、ガビゴルを告発していた。 クラブの発表によれば、25日にブラジルのアンチ・ドーピング裁判所にて行われた裁判の結果、有罪5票、無罪4票の賛成多数で有罪となり、ガビゴルに対する2年間の出場停止処分が確定。この処分はドーピング検査が行われた2023年4月8日から執行され、ガビゴルは2025年4月までプレーすることができなくなった。 今回の処分を受け、フラメンゴは「科された処分を受けるだけの不正がなかったと確信していることから、当該選手がスポーツ仲裁裁判所へ上訴することを支援する」との声明を発表している。 弱冠20歳にして欧州に渡ったガビゴルだが、インテルやベンフィカといった欧州のクラブでは輝きを放つことができず、2018年にブラジルに復帰。2019年からは一貫してフラメンゴでプレーし、クラブ通算261試合143得点38アシストという数字を誇り、南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスやブラジル1部リーグなど多くのタイトルをクラブにもたらしていた。 2024.03.26 06:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly