「チャレンジという思い」18歳で渡英、横浜FMで初めてのJリーグ挑戦を決めた宮市亮の決意「アジアでNo.1のチームになるように」

2021.07.05 15:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスへの加入が決定した元日本代表FW宮市亮(28)が、加入後初のメディア取材に応じた。

横浜FMは5日、ドイツ2部のザンクト・パウリから宮市の完全移籍加入を発表。隔離期間を経て、5日にチームへと合流した。

中京大学附属中京高校からJリーグを経ずにそのままアーセナルと契約をした宮市。フェイエノールトやボルトン、ウィガン、トゥベンテ、ザンクト・パウリとイングランド、オランダ、ドイツの3カ国でプレーした。

自身初のJリーグ挑戦となる今回の移籍。初練習を終えてオンラインでのメディア取材に応じた宮市は、移籍を決断した理由について明かした。

「シーズン終わってから移籍先はヨーロッパを含めて探していましたが、そのタイミングでマリノスからお話しをいただいて、監督も代わる中で、色々内部事情あったと思いますが、その中でも熱心にオファーをくださいました」

「マリノスはJリーグ創成期からあるクラブで、ビッグクラブという認識があるので、熱心にオファーをいただいたその誠意に応えたいと思いました。それが一番です」

また、決断した理由については「Jリーグでプレーをしていないので、僕にとっても挑戦で、長く日本にいることもないので、異国のような気もしますが、僕にとってはチャレンジという思いで日本を選ばせてもらいました」と、まだ日本に慣れないと言う不思議な感覚がありながらも、チャレンジしていく気持ちだと明かした。

ヨーロッパでの移籍の可能性もある中で、自身初となるJリーグへの移籍を決断した宮市。それはケガの多いキャリアとも関係があると語っている。

「ケガに関して正直メディカル面を比べると海外よりこっちの方が安定してプレーできるというのがありました」

「幾度となくケガをしてきましたが、僕にとってはプレーすることが大事なので、総合的なことを考えたときに日本の方が自分にとってベストな状態でプレーできるという思いがあり、そこが決めての1つになりました」

同様の理由を挙げてヨーロッパから日本に戻ってきたのはガンバ大阪の日本代表DF昌子源。トゥールーズでレギュラーとしてプレーしていながらケガがなかなか治らない時期を過ごしたことで感じたという。

宮市もヒザの大きなケガを何度もしているだけに、細かい部分に気を配れて、安心して任せられる日本の体制が、1つのポイントだと語った。

初めてのJリーグ、そして日本のクラブに所属する宮市。横浜FMのサッカーの印象については「本当に攻撃的なサッカーでウイングを使って攻撃をしていくパターンが凄く多いので、自分に凄くあっているという印象です」と語り、自身が生きるチームだと感じているようだ。

特に左ウイングが主戦場の宮市だが、そこがハマると本人も感じている様子。「僕のストロングは左サイドだと思いますし、ドイツでは右をやることも多かったですが、ウイングを多用するシステムということで、どっちで出ても良さが出ると思います」と、自身の強みを生かしていきたいと語った。

宮市の強みはスピードと縦への突破だろう。試合を観た感想は「ウイングにボールが渡る回数が多いので、そこでの働きが大事になってくると思います」と語り、「得意なドリブルやスピードを出すことが大事かなと思います」と、ストロングポイントを出したいと語った。

その中でJリーグでの楽しみについては「自分はサッカーができることが幸せでしかないというか、10年間色々ありましたので、日本だろうが海外だろうがプロとしてサッカーをさせていただける環境があることが嬉しいことなので、それを噛み締めながら毎日楽しんでいきたいと思います」とコメント。ケガがつきまとうこととなったキャリアを振り返り、サッカーができることを幸せに感じていると語った。

また「昨シーズンはケガでなかなか出られないシーズンだったので、そこは皆さんも懸念されているところだと思います」と、自身のコンディションについても言及。現在の状態については「口で言うよりピッチで示すことかなと思います。状態は良いのでピッチの上で見せられたらと思います」と、現時点では問題がないことを強調し、ピッチ上でパフォーマンスで見せたいと語った。

横浜FMでの目標については具体的な数字というよりも、しっかりと目の前のことを見て動くことだという。

「この10年で学んだことは、1日1日、1トレーニング1トレーニングをどれだけ大事にするかです。若い時は数字だったり、先を見据えすぎて自分を苦しめたことも正直ありました」

「今は1トレーニング1トレーニングに全力を尽くすこと、健康でピッチに立てることを身をもって体感しているのでそれに限ります」

日々の大切さ、1つ1つの積み上げを大事にする宮市。30歳が近づく中、自身のキャリアは思い描いていたものとは違うとコメント。それでも、今は横浜FMのために全てを尽くしたいと考えているようだ。

「正直なところ、18歳でアーセナルと契約した時に思い描いたキャリアではないです」

「ただ正直今は幸せで、この10年間は引退かという時もあったので、思い返せば苦しい時もありましたが、サッカーができる喜び、プロ選手で居られるありがたみを誰よりも感じていると思います」

「あの18歳の時はそんなことも思っていなくて、サッカーができるのが当たり前で、健康でいることが当たり前で、そういったところに感謝できていなかった部分はあったと思います」

「キャリアでヨーロッパで成功したとは言えないですが、自分のことは好きですし、マリノスに移籍してプレーする機会をいただいたので、このチームのために全力でやりたいと思います」

「マリノスのためにプレーして、マリノスをもっともっとビッグなアジアでNo.1のチームになるように貢献したいですし、自分の特徴であるスピードなどを出すことにフォーカスしていきたいと思います」

宮市亮のデビューは、早くても8月6日の明治安田生命J1リーグ第6節のガンバ大阪戦。およそ1カ月後にJリーグのピッチに初めて立つ宮市が見られるか、注目だ。

関連ニュース
thumb

「いつも通りやろう」U-19日本代表のキャプテンとして予選通過を果たした山根陸、この先はJ1優勝目指すチームへ「置いていかれないように」

U-19日本代表のキャプテンを務めたMF山根陸(横浜F・マリノス)が、U-20アジアカップ予選を振り返った。 U-19日本は、10日からラオスで集中開催されているU-20アジアカップ予選に参加。グループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居した。 A代表のレベルで考えればどのチームも力の差がある格下。日本は12日の初戦でラオスを0-4で下すと、14日にグアムを9-0、16日にパレスチナと0-8で破っていた。 そして迎えた18日は、グループで一番力のあるイエメンと対戦。相手がマンツーマンで守備をするなど強度に苦しんだが、セットプレーからオウンゴールが決まり1-0で勝利。4戦全勝、無失点で予選突破を決めた。 イエメンを終えた翌日、山根はメディアのオンライン取材に応対。今回の予選を振り返った。 「チームとしては突破できたことは嬉しく思いますし、今まで積み重ねてきたもの、目指しているものは、毎試合毎試合成長できている実感はありました。それはまた次の活動でも見せられればと思います」 「個人としては中東の相手、最後のイエメン戦は個人としてもすごく難しく、普段とは違う戦術で来る相手にグラウンドで解決する能力、個人として打開出来る様になりたいです」 中1日というハードなスケジュール、さらにピッチコンディションなど環境面も日本とは違い簡単ではない状況での大会となった。 「ピッチコンディション、気候もそうですが、東南アジアはぬかるんだピッチが多かったり、初日の練習は慣れない部分がありましたが、段々段々ボールフィーリングや読めないバウンドは初日に比べれば慣れてきたと思います」 「食事の面は意識的に摂っていかないと自然と体重が落ちてしまうので、普段よりも気を遣っていたかなと思います」 とはいえ4連勝で無失点。苦しんだ部分もありながらも、結果を残した。 ここからはまたクラブに戻ってのプレーとなるが、「僕がプラスするというよりは、僕がいない間にチームも良い方向に行っていると思いますし、置いていかれないようにしないといけないです」とコメント。「マリノスと代表はやり方が違う部分があるので、切り替えてしっかりとメンバーに入れるようにしていきたいと思います」と、優勝を目指すチームでもしっかりとプレーしたいとした。 今大会キャプテンとして意識したことについては「いつも通りやろうということを意識しました」と語り、「キャプテンになったからといっていつもと違うことはしていないです」とコメント。「普段のプレーだったりを見て、冨樫さんから任命してもらったので、そこはいつも通りで良いのかなという判断をしました。特に変わったことはなかったです」と、普段通りの振る舞いをしていたとした。 中1日での試合の手応えについては「連携の部分や攻撃のコンビネーションは、チームとして同じ絵を描けるシーンが増えてきたかなと。あとは個人のクオリティが上がれば良いサッカーを見せられるシーンもあります」と語り、「改善点も同じように見つかっていて、毎試合少しずつ改善されていったのが成長だったと思います」と、予選を通じて成長している部分はあるとした。 これで予選を突破。来年行われるU-20アジアカップを戦い抜いて、その先にU-20ワールドカップが控えている。 「フランス(6月のモーリスレベロトーナメント)でヨーロッパや南米の良いチームといっぱい戦って、チームとしてだけでなく、個人としても感じました。将来海外と戦っていくためにも、良い経験の場になりますし、日本代表としてワールドカップで1位を取るということをずっと目標にしてきているので、その目標に向かっていけばいくほど成長できると思っています」 「この大会があるから、自分たちも基準が上げられるというか、世界に基準を向けられると思います」 2022.09.19 17:28 Mon
twitterfacebook
thumb

首位の横浜FMが2位の川崎Fを突き放せずのゴールレス…アンデルソン・ロペスの恩返し弾も幻に【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1第30節の横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌が18日に日産スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 前節は京都サンガF.C.を2-1で破り、3連勝となった首位の横浜FM。2位の川崎フロンターレが前日の柏レイソル戦でドローに終わり、勝ち点差を広げるチャンスとなった一戦に向けては、累積警告によって出場停止となったエドゥアルドに代わり、角田がセンターバックの位置で先発した。 対する11位の札幌は前節、4-0でジュビロ磐田に快勝で連勝。今節はガブリエル・シャビエルがトップ起用、菅が3バックの一角に入るなど、普段とは異なった配置で臨む。 大雨が降りしきる中でキックオフを迎えた一戦。立ち上がりから両チームがサイド攻撃を中心にゴールに迫るアグレッシブな展開の中、最初に決定機を迎えたのはホームの横浜FMだった。9分、敵陣左サイド浅い位置でのスローインから、古巣戦のアンデルソン・ロペスが中央でフリックすると、反応した渡辺が右に展開する。ボックス右でフリーとなっていた水沼がボールを受けて右足を振り抜くが、惜しくも右に外れた。 勢いを強める横浜FMは17分にもマルコス・ジュニオールとのワンツーでボックス右まで攻め込んだ水沼がゴールに前にふわりとしたクロスを供給。これにアンデルソン・ロペスが頭で合わせようとするが、うまくミートできず、左肩に当たったボールがゴールへと向かい、クロスバーを叩いた。 ここまで押され気味の札幌だったが、23分に速攻を展開。岡村の自陣からのロングボールでボックス右に抜け出した金子が後方にパスを出す。走り込んできた田中がダイレクトで強烈な右足シュートを放つも、正面に飛んでしまい、相手GKに処理される。 44分にもアウェイチームに惜しいシーン。ボックス内での空中戦のこぼれ球を拾った菅がボックス手前にバックパス。これに反応した高嶺が左足のクロスを上げ、ゴール前に飛び込んだ岡村が頭で合わせるも、相手GKの好セーブに阻まれる。 ゴールレスで前半を終えた中、ハーフタイムには両チームがメンバーを変更。横浜FMは藤田を、札幌は興梠を起用し、先制点を狙う。 前半も幾度となく決定機を迎えていた横浜FMだが、56分についにゴールネットを揺らす。ボックス左手前に獲得したFKの場面で永戸の放った低い弾道のボールは一度跳ね返されるも、こぼれ球をボックス左で拾ったエウベルが中央へ送る。このボールを巡ってゴール前は混戦となるが、最後はアンデルソン・ロペスがゴールに押し込んだ。しかし、シュートの直前のプレーで藤田が相手選手の足を踏んでしまっており、VARが介入した結果これがファウルの判定に。得点は取り消しとなった。 後半に入って大きなチャンスを作れていなかった札幌だが、77分には金子が一人で局面を打開。ルーカス・フェルナンデスのパスを敵陣右サイド浅い位置で受けると、ボックス手前中央まで切り込んで左足を振り抜いたが、鋭いボールは相手GKの横っ飛びによって処理されてしまう。 終盤を迎え、札幌がアウェイでの1ポイント獲得に向けてゆっくりと時間を使うのに対して、横浜FMはゴールを目指して攻撃を展開。しかし、前線のコンビネーションがうまくかみ合わず、フィニッシュまで至らない。 そのまま時間は進み、0-0のまま試合終了。2位川崎を相手にタイトルを争う横浜FMにとっては足踏みとなる痛いドローとなった。 横浜F・マリノス 0-0 北海道コンサドーレ札幌 2022.09.18 16:24 Sun
twitterfacebook
thumb

えっとそろそろ横浜FMの優勝が決まるんじゃないですかって言われたので!? の巻/倉井史也のJリーグ

川崎が名古屋に引き分けたので、残り6試合で勝点5差!! Jリーグの勝点計算でよく言われる言葉の一つに、「残り試合数が勝点差より少なければ優勝決定」というのがあるんですけど、はたしてこの言葉って正しいんでしたっけ? ってことで、今回は過去の逆転劇で残り試合数と勝点差のデータを追ってみましょ!! 例によって2005年以降のJ1リーグが18チーム構成になってから、さらに2シーズン制だった2015年と2016年、20チーム構成だった2021年は除きますよ。 できる限り今回と同じ条件に近い年を探すために、残り6試合で調べてみます。まず歴代の優勝チームと、残り6節で首位に立っていたチームは 2005年|優勝:G大阪/残り6試合で首位:G大阪 2006年|優勝:浦和/残り6試合で首位:浦和 2007年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:浦和 2008年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:鹿島 2009年|優勝:鹿島/残り6試合で首位:清水 2010年|優勝:名古屋/残り6試合で首位:名古屋 2011年|優勝:柏/残り6試合で首位:G大阪 2012年|優勝:広島/残り6試合で首位:広島 2013年|優勝:広島/残り6試合で首位:広島 2014年|優勝:G大阪/残り6試合で首位:浦和 2017年|優勝:川崎/残り6試合で首位:鹿島 2018年|優勝:川崎/残り6試合で首位:川崎 2019年|優勝:横浜FM/残り6試合で首位:鹿島 2020年|優勝:川崎/残り6試合で首位:川崎 つーことは、14回のデータの中で残り6節からの逆転が起きたのは6回、約43パーセント。ってことで、今年はもう横浜FMが半分以上優勝しちゃったようなもんですよ!! ちなみにその6回の勝点差は 2007年第28節|首位:浦和(64)/3位:鹿島(54)/勝点差10 2009年第28節|首位:清水(50)/2位:鹿島(50)/勝点差0 2011年第28節|首位:G大阪(57)/2位:柏(56)/勝点差1 2013年第28節|首位:浦和(56)/2位:G大阪(52)/勝点差4 2017年第28節|首位:鹿島(61)/2位:川崎(56)/勝点差5 2009年第28節|首位:鹿島(55)/3位:横浜FM(52)/勝点差3 6回のうち5回は勝点差が5以内、6回の平均勝点差は3.8と、今の勝点5差では相当難しい! やっぱり横浜FMで今年は決まり!! ……って、よくデータ見たらまだいろいろありそうなんですけど。 2007年は勝点10差をひっくり返してるし、2017年は勝点5差を川崎がひっくり返してるし。もしかしたら広島までチャンスが広がってくるかもしれないし、C大阪なんかが悲願の初優勝することになっちゃったらもう大騒ぎだし。 ということで、まだまだ優勝争いも面白そうですよ! ほら、みんな、残留争いばっかり見てないで!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.09.17 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「泣かせるじゃないか」横浜FMの助っ人エウベルがケガしたチームメイトのゴールパフォ披露!「仲川発信なのもいい」

横浜F・マリノスの選手たちが一致団結している。 横浜FMは14日、サンガスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第26節で京都サンガFCと対戦。優勝に向けて3連勝を目指した。 試合はDFエドゥアルドの移籍後初ゴールで横浜FMが先制。さらに50分には、攻め込んでいた中でクロスがGKに跳ね返されたところを、ボックス左のFWエウベルがダイレクトでループシュート。これが見事な軌道を描きながらゴールに吸い込まれていった。 貴重な追加点を喜ぶエウベルはゴール裏まで駆け寄ると、チームメイトたちと喜びを爆発。そして、前節のアビスパ福岡戦でタックルを受け負傷をしたFW西村拓真のゴールパフォーマンスを披露した。 助っ人のチームメイト思いな行いにはファンも感動。「泣いちゃう」、「マリノスファミリー最高だぜ」、「エエやつや」、「泣かせるじゃあないか」と反応したほか、直前にFW仲川輝人がエウベルに西村のゴールパフォーマンスを見せており、「全員好き」「テル(仲川)発信なのもいい」といった声もあった。 横浜FMは終盤に1点を返されるも、逃げ切りに成功。リーグ戦3連勝で首位を守っている。 <span class="paragraph-title">【動画】エウベルが普段西村がやっているゴールパフォーマンスを披露!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UCgeQ1Ku2AQ";var video_start = 321;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.15 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

エドゥアルドの初ゴールにエウベルの芸術ループ! 横浜FMが京都退け3連勝【明治安田J1第26節】

明治安田生命J1リーグ第26節、京都サンガFCvs横浜F・マリノスが14日にサンガスタジアムで行われ、1-2で横浜FMが勝利した。 アジアチャンピオンズリーグとの兼ね合いで先延ばしとなっていた一戦。京都は前節、4位の鹿島相手にドローを演じ、天皇杯を含めると公式戦ここ3試合で2勝1分け。9月に入って無敗を維持している。 一方の横浜FMは、前節は福岡から辛勝ながら白星を奪い、7日に行われた湘南戦から2連勝とした。ただ、その福岡戦では西村が負傷し、全治最大6週間の離脱に。逃げ切り優勝に向けて、やや影を落とすことになった。 [4-2-3-1]に近い形で前線にマルコス・ジュニオールやアンデルソン・ロペス、エウベルを並べた横浜FMに対し、[4-3-3]の布陣を採用した京都が積極的にプレスをかけて主導権を掴みにかかる立ち上がりに。 すると4分から5分にかけて、京都が立て続けにシュートシーンを演出。14分にも川崎がミドルシュートを狙うなど、首位相手に攻勢を保つ。 一方、自慢のパスワークや連動した攻撃が鳴りを潜めるトリコロールは、13分にマルコス・ジュニオールのスルーパスから仲川が抜け出すが、ここは相手の最終ラインに対処されフィニッシュまで持ち込めず。それでも17分に相手のバイタルエリアを突いた仲川のお膳立てからエウベルがシュート。決定機だったが枠に飛ばすことはできなかった。 そんな中、20分に京都にもビッグチャンス。右サイドから上げたクロスがボックス左に流れると、ワンタッチでゴール前に送った横パスを福岡がシュート。しかし、ここはGK高丘の好セーブに阻まれた。 だが、横浜FMもピンチの後にはチャンスあり。23分に速攻から右サイドの仲川に展開し、仲川は早いタイミングで中央へパス。ボックス手前でアンデルソン・ロペスのトラップが大きくなったところをエウベルが拾い、そのままシュートを放つも、こちらもGK上福元にセーブされた。 それでも直後の25分、敵陣左サイドでFKを獲得した横浜FMは、永戸が左足で上げたクロスをエドゥアルドがフリーでヘディングシュート。これがゴール右に決まり、先制に成功した。エドゥアルドはこれが移籍後初ゴールとなった。 この得点を機に流れは横浜FMに傾いていく。次々とアタッキングサードまで侵入し、ゴールに迫っていく中で、38分にはマルコス・ジュニオールのミドルシュートがGKを強襲。対する京都も45分にゴールチャンスを迎えるが、前半はアウェイチームの1点リードで折り返すことになった。 後半から横浜FMはアンデルソン・ロペスを下げてレオ・セアラを投入。これで前線のパス回転率が上がると50分、攻め込んでいた中でクロスがGKに跳ね返されたところをボックス左のエウベルがダイレクトでループシュート。これが見事な軌道を描きながらゴールに吸い込まれていった。 この失点を受けて京都はウタカやパウリ―ニョらを次々と投入。70分までにすべての交代枠を使い切り勝負に出る。すると、途中出場となった萩原のクロスから福岡がヘディングシュート。京都にとってここまで最大の決定機だったが、惜しくも枠を捉えることができなかった。 一方、余裕の出来た横浜FMは前線の選手を交代でリフレッシュさせながらプレスの強度を維持。京都に攻撃の隙を与えず、時計の針を進めていく。 だが、粘り強く攻撃を続ける京都は87分、左CKで井上がヘディングシュートを放つと、GK高丘のビッグセーブに遭うものの、セカンドボールをボックス右から金子が蹴り込んで得点。これで1点差となった。 しかし、トリコロールは動揺することなく、その後も冷静な試合運びで逃げ切りに成功。リーグ戦3連勝で首位を守っている。 京都 1-2 横浜FM 【京都】 金子大毅(後42) 【横浜FM】 エドゥアルド(前25) エウベル(後5) 2022.09.14 21:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly