アンジェとボルドーが2部に暫定降格…財政問題理由にDNCGが通告

2021.07.03 15:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ・アンに所属するアンジェとボルドーの2クラブが、リーグ・ドゥ(フランス2部)に暫定降格となった。フランス『レキップ』が報じている。

フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)は、財政問題を理由にアンジェとボルドーの2クラブに対して、暫定ながらリーグ・ドゥへの降格措置を取った。

昨シーズンのリーグ・アンを13位で終えたアンジェに関しては財務上の不正が確認されており、その不正を理由に降格措置が取られている。ただ、同クラブのオーナーを務めるサイード・シャバヌ氏は、『レキップ』の取材に対して、今回指摘されている不正は単なる書類上の不備によるもので、決定を覆せることを確信していると主張している。

そして、アンジェはすでに控訴を行っており、7月12日に行われるDNCGの監査によって前述の降格措置が撤回されることを期待している。

一方、昨シーズンのリーグ・アンを12位で終えたボルドーは、深刻な財政難を理由にオーナーグループのキング・ストリートがクラブを商事裁判所の保護下に置くことを決定したため、DNCGは暫定的に降格措置を取ることに。

ただ、前リールのオーナーであるルクセンブルク実業家のジェラール・ロペス氏がクラブ買収に迫っており、同氏はクラブに対して控訴を行うように指示しており、今回のクラブ買収が完了した場合は、暫定措置が解かれる可能性が高い模様だ。

その他のクラブではマルセイユとナントに対して、サラリーと移籍金の支出を監督する通知が行われており、両クラブは今夏の移籍市場において過度な支出を行わないように指導されている。

関連ニュース
thumb

フランスで再びサポーター同士が衝突…アンジェvsマルセイユの暫定処分決定

LFP(フランス・プロリーグ機構)が、サポーター同士の衝突があったアンジェvsマルセイユの一戦について暫定処分を下した。 両者は22日、リーグ・アン第7節で、アンジェの本拠地ジャン・ブーアン・スタジアムにて対戦した。 0-0のゴールレスドローで終わると、試合終了後に両軍のサポーター同士の衝突に発展した。マルセイユのサポーターがピッチに降り立ち、アンジェ側のスタンドまで駆け寄りいざこざになると、警備員を巻き込んでの乱闘となった。 LFPの懲戒委員会はこの件について調査を実施。10月6日の会議で下される最終決定を前に暫定処分を発表した。 アンジェは、10月3日に行われる第9節のメス戦でスタンドの1つを封鎖することが命じられた。一方で、マルセイユに対しては、同日にアウェイで行われるリール戦でアウェイサポーター用の駐車場が閉鎖されることが決まった。 マルセイユは、この件以前にも8月22日に行われたニース戦で、ペットボトルを投げ入れてきた観客と選手たちが衝突し、一部選手に出場停止処分が下されていた。 また、18日に行われたリーグ・アン第6節のRCランスvsリールの“デュルビ・デュ・ノール(北部ダービー)”では、今回のようにサポーターが衝突。この件でも、リールに対してはアウェイサポーター用の駐車場が閉鎖する処分を科されており、アウェイチームに対しては今回も同様の処分となった。 <span class="paragraph-title">【動画】数十人のマルセイユサポーターがアンジェスタンドに向かい警備員が応戦する</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Les Marseillais viennent en découdre avec les Angevins <a href="https://twitter.com/hashtag/SCOOM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCOOM</a> <a href="https://t.co/JpsfjTVTkf">pic.twitter.com/JpsfjTVTkf</a></p>&mdash; Matthieu Margueritte (@MattMargueritte) <a href="https://twitter.com/MattMargueritte/status/1440782756431085575?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.25 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

無所属ベンタレブがアンジェ移籍か? クラブは調整のため練習施設の使用を許可

昨シーズン限りでシャルケを退団した元アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(26)がアンジェ移籍に向けて交渉中のようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。その後、2016年夏にレンタルでシャルケに加入すると、翌年2月に完全移籍に移行した。 シャルケでは、在籍5シーズンで公式戦107試合に出場し19ゴール9アシストの数字を残した一方、度重なる規律違反でクラブやファンの不興を買うことに。また、2020年1月にはニューカッスルへの半年間のレンタル移籍も経験していた。 その後、昨シーズン限りでシャルケとの契約が満了を迎え、以降フリーの状態が続いている。 なお、アンジェは23日、「感覚を取り戻し、スポーツの挑戦を見つけるために彼の体調を完璧にする機会を与える」と、現時点で契約は結んでいないものの、ベンタレブにコンディション調整の場としてトレーニング施設の使用を許可したことを明かしている。 2021.09.24 00:26 Fri
twitterfacebook
thumb

自慰行為見せつけで逮捕のアルジェリア代表FWに執行猶予付きの実刑判決

わいせつ物陳列罪で逮捕されたアンジェに所属するアルジェリア代表FWファリド・エル・メラリ(23)に18カ月の執行猶予付きの懲役6カ月の実刑判決が下された。フランス『レキップ』が伝えている。 エル・メラリは新型コロナウイルス感染拡大の影響によってロックダウンとなっていた今年3月から4月にかけてアンジェ市内にある自宅から、2人の異なる隣人女性に対して、合計3回に渡って女性宅を覗き見ながら自慰行為を見せつけた容疑で逮捕されていた。 その後、エル・メラリが容疑を認めたため、アンジェの地元裁判所は29日に同選手に対して18カ月の執行猶予付きの懲役6カ月の実刑判決を下した。 また、エル・メラリは精神科医への受診義務および罰金2000ユーロ(約24万円)を同時に科されている。さらに、被害者の弁護費用全額を負担することになるようだ。 なお、アルジェリア代表として2キャップを刻む同選手は今シーズンここまでリーグ・アン2試合に出場していたが、負傷と共に今月に入ってトレーニングへの遅刻を繰り返したことで、リザーブチームへの降格を言い渡されている。 2020.10.30 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アンジェ、サウサンプトンからブファルを獲得!5年ぶりの復帰

フランスのリーグ・アンに所属するアンジェが5日、サウサンプトンからモロッコ代表FWソフィアン・ブファル(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までとなる。 ブファルはアンジェのユース出身であり、プロキャリアも同クラブでスタートさせた。その後、2015年1月にリールへ移籍。高い技術と巧みなドリブルを武器に、冬の加入ながら14試合で3ゴール6アシストを記録。翌シーズンはリーグ戦29試合に出場し、11ゴール4アシストという好成績をマークした。 かつてリールに所属したFWエデン・アザールと比較される選手となったブファルは、2016年にサウサンプトン移籍を果たすと、プレミアリーグにおいてもそのドリブルは多くのファンを魅了し、2017-18シーズンにはベストゴール賞も受賞した。 しかし、成績自体は振るわず、サウサンプトンに所属した3シーズンで挙げたゴールはわずか5に留まった。2018-19シーズンはセルタにレンタルされ、昨シーズンはサウサンプトンに復帰もリーグ戦でのスタメンが8試合に留まるなど、徐々にチームでの立場を失っていった。 ブファルにとってアンジェは、5シーズンぶりに復帰に。プロキャリアをスタートさせたクラブで、復活を果たせるか注目だ。 2020.10.06 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フライブルク、クラブ史上最高額でフランス人MFパチスト・サンタマリアを獲得

フライブルクは17日、フランス人MFパチスト・サンタマリア(25)をアンジェから獲得したことを発表した。契約は4年、背番号は「8」に決定している。 パチスト・サンタマリアは、かつてフランス代表のFWオリヴィエ・ジルーやDFローラン・コシエルニーを擁したトゥールの下部組織出身。2016年夏にアンジェに移籍し、守備的MFの主力として在籍4年で公式戦149試合に出場した。 昨季のブンデスリーガで8位と好成績を収めたフライブルクは、今夏の移籍市場でアラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得。その他、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)をレンタルしている。 一方で、リーグ戦で7ゴールを記録したドイツ人FWルカ・ワルドシュミットや、ドイツ代表DFロビン・コッホ、さらには守護神のドイツ人GKアレクサンダー・シュウォローを流出している。 なお、サンタマリアに関しては、フランス『レキップ』などによると移籍金は1500万ユーロ(約18億6200万円)でクラブ史上最高額となったようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">So glad to finally be here <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Can’t wait to start⁣<br>⁣<br>So glücklich endlich hier zu sein <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Kann es kaum erwarten zu spielen⁣<br>⁣<a href="https://twitter.com/hashtag/SCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCF</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Bundesliga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bundesliga</a> <a href="https://t.co/pf9LDaxCsW">pic.twitter.com/pf9LDaxCsW</a></p>&mdash; Baptiste Santamaria (@BaptSantamaria) <a href="https://twitter.com/BaptSantamaria/status/1306617003902414851?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.18 13:36 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly