後半ATに3発の逆転劇!柏が湘南を下して9試合ぶりの白星【明治安田J1第20節】

2021.06.27 21:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
明治安田生命J1リーグ第20節、湘南ベルマーレvs柏レイソルが27日にレモンガススタジアム平塚で行われ、アウェイの柏が2-4で勝利した。

湘南はミッドウィークに試合がなかったため、両チームともに直近の対戦相手が浦和レッズという珍しい状況に。20日の第18節アウェイでの浦和戦では3-2と逆転勝ちを収めた湘南は、大岩を15試合ぶりに先発で起用。さらには、オリベイラがリーグ戦今季初スタメンを飾った。

一方、23日のゲームでは0-2と浦和に完敗した柏だが、その試合で戸嶋が左脛腓骨骨折から復帰し、およそ9カ月ぶりにピッチに立った。今節は先発起用となり、ペドロ・ハウルもリーグ戦では今季初めてスタートからピッチに立った。

試合は立ち上がりから湘南が押し込む展開。9分、オリベイラから対角線のボールが送られると、ボックス左で山田が胸トラップから折り返し、タリクが頭で狙う。これがクロスバーに嫌われた直後には、町野のシュートのこぼれ球が川口に当たってゴール方向へ。際どいコースへ流れるもGK佐々木が辛うじてかき出し、こぼれに反応した山田のシュートは枠の右に外れた。

さらには12分、敵陣右サイドでFKを得ると、岡本からのボールを大野がボックス左から頭で折り返す。ゴール正面から山田が左足で狙うが、ここもGK佐々木がファインセーブでチームを救った。

前向きのベクトルが続く湘南は18分、畑が左サイドを持ち上がり、縦への仕掛けから切り返してボックス左へ侵入。グラウンダーのクロスを送ると、ペナルティスポット上で待っていた町野が左足で合わせてネットを揺らし、勢いのままに先制点を奪った。

劣勢の柏は飲水タイム明けから徐々にペースをつかみ始める。29分に瀬川が川口とのワンツーを使ってボックス手前から左足でミドルを狙うも枠の右へ。直後にはペドロ・ハウルがマーカーをかわしてボックス左に侵入して巻いたシュートを狙うも、GK谷がパンチングで防いだ。

ビハインドで折り返した柏はハーフタイムに3人を入れ替える。ドッジ、戸嶋、川口を下げて神谷、三原、北爪をピッチに送り、後半の立ち上がりから圧力を高めた。

すると、48分には瀬川のシュートをオリベイラが手でブロックしたとして柏にPKが与えられる。キッカーのペドロ・ハウルは長めの助走から強烈なシュートを左上に沈め、来日初ゴールで50分に試合を振り出しに戻した。

追い付かれた湘南は57分、町野のロングスローがファーサイドへ流れると、山田が左足でシュートを放つ。これは神谷にブロックされたが、こぼれ球に反応したタリクがプッシュしてネットを揺らす。

だが、ここでVARが介入。ブロックのこぼれ球がタリクの腕に当たっていたとしてハンドを取られ、ゴールは認められなかった。

途中出場の3人が躍動する柏は62分に連続してフィニッシュシーンを作り出す。セカンドボールに反応した三原がボックス右から、さらにはペドロ・ハウルが狙うも、いずれも至近距離でブロックされた。直後にも三原がミドルでゴールに迫るが、これは枠を捉えられなかった。

後半は押し込まれる時間が続いていた湘南だったが、ワンプレーを生かして流れを変える。ハーフウェイラインを少し越えた敵陣の左でFKを得ると、石原広教は対角へ緩やかなボールを送る。山下に競り勝ったウェリントンが得意のヘディングでネットを揺らし、78分に勝ち越しに成功した。

84分には敵陣中央から池田が浮き球をワンタッチで裏へ送ると、ボックス手前の左で受けた町野がファーストタッチでボックスに侵入。左足を振り抜いてネットを揺らしたが、ここでもVARが介入する。最初のトラップ時に町野は腕でボールをコントロールしたとされ、またもノーゴールの判定に。

終盤に猛攻を仕掛けた柏は90分、三丸が左から上げたクロスにクリスティアーノがヘディングで合わせるも、ラインギリギリでGK谷にはじき出されてしまう。それでも、後半のアディショナルタイムに追い付いて見せる。右サイドからの三原のボールをペドロ・ハウルがフリックして神谷がボックス左で粘って折り返すと、大南がすべり込みながら押し込んで再び同点とした。

そして99分、自陣でのFKからGK佐々木が長いボールを送り、ここもペドロ・ハウルが頭でそらす。ボックス左のほとんど角度のない位置からクリスティアーノが左足を振り抜いて逆転に成功。さらに3分後には高い位置で北爪が石原広教からボールを奪ってそのままクロスを入れると、走り込んだペドロ・ハウルが合わせてリードを広げた。

これがラストプレーとなり、試合終了のホイッスル。柏が劇的な逆転勝利で9試合ぶりの白星をつかんだ。一方の湘南は、2度のリードを奪うも逃げ切れず。VARと長いアディショナルタイムに泣かされ、今季初の連勝とはならなかった。

湘南ベルマーレ 2-4 柏レイソル
【湘南】
町野修斗(前18)
ウェリントン(後33)
【柏】
ペドロ・ハウル(後5,後57)
大南拓磨(後48)
クリスティアーノ(後54)

関連ニュース
thumb

残留争い直接対決は大橋・山田のゴールで湘南が逆転勝ち! 横浜FCは松尾の2戦連続弾も逃げ切れず【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、湘南ベルマーレvs横浜FCの”神奈川ダービー”が23日にレモンガススタジアム平塚で行われ、2-1でホームの湘南が勝利を収めた。 ともに降格圏に沈む両チームながら、直近の成績はコントラストが際立つ。17位湘南(勝ち点28)は6試合勝ちがなく、19位横浜FC(勝ち点25)は2勝1分けと上り調子だ。 山口智監督就任以降の初勝利を目指す湘南は、前節のサガン鳥栖戦からのスタメンを3人変更。舘、大野、町野が外れ、大岩、山本、タリクが入った。一方の横浜FCは、5点を奪った前節の徳島ヴォルティス戦と同じメンバーでスタートした。 まずは積極的な入りをした湘南がハイプレスから平岡のフィニッシュ。さらには、U-22日本代表に選出された畑のクロスからウェリントンが左ボレーで狙うも、横浜FC守備陣も体を張ったブロックでしのぐ。横浜FCは最前線のサウロ・ミネイロを起点にカウンターを試みるが、決定的な場面を作り出すことはできずにゲームは推移する。 膠着の気配を見せた前半の中盤以降は、湘南がクリアボールに反応した田中聡やセットプレー崩れから岡本がシュートを放つも、ゴールを脅かすまでには至らず。42分には湘南のビルドアップのミスを誘って横浜FCがチャンスを迎えるが、ショートカウンターからのサウロ・ミネイロのフィニッシュはGK谷の正面を突いた。 両チームともにハーフタイムでの交代なしで迎えた後半は、アウェイチームが先に仕掛けた。47分、松尾が左サイドを突破して石原広教と入れ替わり、ボックス内で転倒するもノーホイッスル。池内主審はVARと交信するも、オンフィールドレビューは行わずに試合を再開する。 59分の湘南はウェリントンがボックス手前から、横浜FCもフィードのこぼれから松尾がミドルシュートでゴールに迫る。61分には横浜FCベンチが先に動き、マギーニョ、武田を下げて前嶋、高木を投入。するとその2分後、左の中盤で石原広教のパスを引っ掛けた松尾が、ボールを拾ってボックス左に侵入。冷静に右隅に流し込み、均衡を破った。 ビハインドを負った湘南はすぐさま茨田から大橋へとスイッチし、前線への圧力を高めようとする。リードを奪ったアウェイチームだったが、最終ラインにアクシデントが発生。タリクのクロスをブロックした際にガブリエウが足を痛め、71分に韓浩康との交代を余儀なくされてしまう。 追い付きたい湘南は失点時の影響もあるのか、ビルドアップ時に横浜FCのプレッシャーにひるむ場面が散見される。それでも、タリクと畑に代えて山田と高橋諒を送り出すと、落ち着きを取り戻すとともに攻撃も活性化。復調した湘南は右から山田がクロスを入れると、ウェリントンは収め切れずにボックス右にボールがこぼれる。これを拾った大橋がGKの動きをよく見て、軽く浮かせたシュートで78分に試合を振り出しに戻した。 さらに猛攻を仕掛ける湘南は86分、町野のスルーパスから大橋が狙うが、GKブローダーセンのビッグセーブに遭う。それでも迎えた89分、セットプレーから逆転に成功する。右CKを得ると、岡本のクロスから町野がヘディング。ゴール前で山田がバックヘッドでコースを変え、ネットを揺らした。 アディショナルタイム7分が示されるなか、湘南が残り時間をしのぎ切ってタイプアップを迎えた。シックスポインターを制し、7試合ぶりの勝利を手にしたホームチーム。山口体勢初勝利を飾り、降格圏を脱出した。 湘南ベルマーレ 2-1 横浜FC 【湘南】 大橋祐紀(後33) 山田直輝(後44) 【横浜FC】 松尾佑介(後18) 2021.10.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

残留争い直接対決は両者譲らず!ホーム徳島が先制も大分が意地のドロー【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、徳島ヴォルティスvs大分トリニータが23日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローで終えた。 前節、残留を争う横浜FCとの直接対決に敗れリーグ連勝がストップした16位徳島は、鈴木徳真、浜下に代えて藤田譲瑠チマ、宮代を起用。システムは変わらず[4-4-2]を採用しており、前節から引き続き垣田とバケンガが2トップを組んでいる。 対するは、ベガルタ仙台との残留を懸けた大一番を制して、リーグ連勝中と勢いに乗る18位の大分。こちらは前節からスタメンの変更は1人のみとなっており、負傷の松本怜に代わり刀根が入る形となった。システムは [3-4-2-1]から変わらず、前節はセンターバックを務めた小出が松本怜のポジションに入った。 立ち上がり、ボールを握った徳島は2分に右サイドから岸本がクロスを上げると、大分の下田のクリアがゴールに向かいあわやオウンゴールに。だが、GK高木が見事な反応でこれを防ぐ。その後は拮抗した展開が続いたが、12分にバイタルエリアでボールを受けた伊佐が鋭いシュートを放つ。これはGK上福元にセーブされたものの、そのCKでトレヴィザンがヘディングシュートを放つなど序盤は大分が流れをつかむ展開に。 大分は1トップの伊佐による的確なポストプレーもあり、テンポ良くボールを回す。徳島は18分にジエゴが、24分に石井がイエローカードを提示されるなど守備陣が後手に回るシーンが目立つようになった。それでも27分、右サイドの岸本が放ったクロスのこぼれ球を拾った西谷がシュートを打つと、直後のCKではボックス手前でボールを受けた宮代が地を這うようなミドルシュートを放つ。ここもGK高木のセーブに防がれる形となったが、以降は徳島がリズムをつかみ始めたことで、試合は再び膠着状態に入った。 そんな中、徳島は36分にCKのこぼれ球を左サイドで拾った岸本がクロスを上げると、ボックス内で待ち受けていた垣田がヘディングシュート。以降はポゼッションを高める徳島は何度か細かなパスワークと右サイドの岸本の突破で敵陣に迫るものの、大分の守備陣も集中したプレーを見せたこともあり、ゴールレスのまま前半を終えた。 後半、先にチャンスをつかんだのは徳島。50分に垣田がロングボールに抜け出し左サイドから低いクロスを上げると、走り込んできた宮代が強烈なシュートを放つ。しかし、この日大活躍のGK高木が好セーブで弾き出しゴールを許さない。後半の立ち上がりは劣勢だった大分も、57分に素早いスローインをボックス内左で受けた伊佐が意表を突くようなシュートを放ったが、こちらもGK上福元が落ち着いて処理した。 飲水タイム明け、ホームの徳島が試合を動かす。69分のバケンガのミドルシュートは、好調の相手GK高木に横っ飛びでセーブされるも、直後の70分、右CKをカカが頭で合わせると、一度はGK高木に防がれたものの、ボックス左にいた宮代がこぼれ球を強烈なハーフボレーでゴールに突き刺し、待望の先制点を獲得した。 リードを許した大分は長沢とペレイラを投入して[4-4-2]に変更。攻勢を仕掛けると80分、片野坂監督の狙い通りに同点に追いつく。細かなパス交換から左サイドでボールを持った下田がクロスを上げると、ボックス中央で受けた長沢がシュート。これは守備陣にブロックされたが、こぼれ球を町田がボレーで突き刺し同点弾を挙げた。 ホームでどうしても勝ち点3が欲しい徳島は88分にジエゴのロングスローから、バケンガがオーバーヘッドでゴールを狙うも枠外に。今季初の逆転勝利を狙う大分も最後まで前線からアグレッシブにプレッシャーをかけ続けるがチャンスまでは結びつかず、1-1のまま試合は終了。し烈な残留争いを繰り広げる両者にとって、まさに痛み分けと言える結果となった。 徳島ヴォルティス 1-1 大分トリニータ 【徳島】 宮代大聖(後25) 【大分】 町田也真人(後36) 2021.10.23 16:28 Sat
twitterfacebook
thumb

スピードが武器の静岡学園MF川谷凪が清水に加入内定「すぐにこのチームにいきたいと決めた」

清水エスパルスは23日、静岡学園高校のMF川谷凪(18)が来シーズンより加入することが内定したと発表した。 大阪府出身の川谷は、178cm、69kgの中盤の選手。50mを5秒台で走るスピード持ち主だ。 同期のMF玄理吾は徳島ヴォルティス、MF古川陽介はジュビロ磐田に加入が内定しており、同校で3人目のJリーグ内定者となった。 2年次からAチームのメンバーに入ると、今年は静岡県高等学校新人大会優勝、全国高等学校総合体育大会静岡県予選優勝、全国高等学校総合体育大会3位という結果を残している。 川谷はクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに声をかけてもらったことをすごく嬉しく思います。夏に練習参加したとき、緊張していた自分に皆さんから話しかけてくれて雰囲気が明るく、馴染みやすかったし、練習もやりやすかったです」 「すぐにこのチームにいきたいと自分の中では決めていました。自分の武器であるスピードと突破力がプロでも通用できるように努力して、1日でも早く試合にからんで貢献したいです」 「サポーターの方々にも、“こいつなら活躍できるな“と思ってもらえるような選手になりたいと思いますので、これからよろしくお願いいたします」 2021.10.23 16:19 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島が来季ACL出場に望み繋ぐ逃げ切り勝ち、FC東京はリーグ戦3連敗に…【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、FC東京vs鹿島アントラーズが23日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの鹿島が1-2で勝利した。 ホームの9位FC東京(勝ち点46)は前節、川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”に0-1で敗れると、中断期間に行われた名古屋グランパスとのYBCルヴァンカップの準決勝でも敗退。3位争いに参加するには離れすぎている状況だが、しっかりと来シーズンに繋がる戦いを見せたい。 対する6位の鹿島(勝ち点53)は、前節は横浜FCに1-2で敗戦。3週間の中断明けの一戦、7ポイント差の3位ヴィッセル神戸に少しでもプレッシャーをかけたい。 試合は3分、FC東京がいきなり決定機を迎える。永井が右サイドの裏のスペースに抜け出し、中央にグラウンダーの折り返し。これに走り込んだ高萩が合わせるも、ゴール左に外れた。 立ち上がりからサポーターを沸かせたホームチームはさらに分厚い攻撃を仕掛ける。18分、安部が左に展開すると、受けたアダイウトンがボックスに侵入し、右足のシュート。相手DFにブロックされたところに安部が詰めるも、今度はGKに防がれた。 相手の猛攻をしのいだ鹿島はその流れからカウンター。一気に持ち上がったディエゴ・ピトゥカから、ボックス左でボールを受けた上田が中央へと折り返す。これに土居が合わせるも、相手GKのセーブに遭う。 37分には鹿島に大きなチャンス。ディエゴ・ピトゥカのスルーパスから上田がボックス右に抜け出し、右足でシュートを放つ。しかし、これも相手GKに弾かれてしまう。 鹿島が攻勢を強める中で、セットプレーから先手を取る。前半アディショナルタイム、常本がボックス手前右で倒されFKを獲得。キッカーのディエゴ・ピトゥカが左足でボックス内に質の高いボールを送ると、アルトゥール・カイキがゴール右にヘディングシュートを叩き込んだ。 1点を先行した鹿島は、後半も立ち上がりから攻勢を仕掛ける。まずは55分、ファン・アラーノの縦パスをボックス内で受けた上田が前を向き、右足のシュート。だが、これはゴール右に外れた。 65分にはロングカウンターから決定機。ファン・アラーノのスルーパスから、右サイドの裏のスペースに抜け出した土居がボックス中央へと折り返す。走り込んだ上田が左足で合わせると、一度は相手DFのブロックに遭うも、こぼれ球を自ら押し込み、リードを2点に広げた。 2点のビハインドを負ったFC東京は、74分に反撃を始める。左サイドでボールを受けた長友がファーサイドにクロス。これを受けた中村がもう一度折り返すと、中央の渡邉が右足で見事なボレーシュートを決めた。 1点を返された鹿島だが、再びカウンターから大きなチャンスを作る。83分、レオ・シルバが自陣から裏のスペースを狙ったスルーパスを送り、抜け出した荒木がボックス内に侵入。右足でシュートを放つも、精度を欠いて枠の上に外れた。 その後も両チーム攻め合う展開が続くも、大きなチャンスは生まれず1-2のまま終了。逃げ切った鹿島が来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に望みを繋いだ。一方のFC東京はこれでリーグ戦3連敗となった。 FC東京 1-2 鹿島アントラーズ 【FC東京】 渡邊凌磨(後30) 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(前46) 上田綺世(後20) 2021.10.23 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台が広島を下して5試合ぶり白星! 直近17試合で2勝目【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島が23日にユアテックスタジアム仙台で行われ、2-0で仙台が勝利した。 最下位で崖っぷちに立つ仙台(勝ち点23)と、今節にも残留が決まる10位広島(勝ち点45)による一戦。前節の仙台は、残留を争う大分トリニータとの直接対決で痛恨の敗戦を喫し一歩後退。リーグ戦ここ16試合で1勝と苦戦が続く。一方の広島は2連勝中。ACLの日程の兼ね合いで第32節のセレッソ大阪戦が前倒しで消化されたため、今節は直近の第31節名古屋グランパス戦から20日ぶりのリーグ戦となる。 先手を打ったのは負けられない仙台だった。10分、敵陣右サイドでスローインからリスタート。ボックス右手前の加藤千尋が縦に入れたスルーパスに2試合ぶり出場の富樫が反応し、DFを背負いながらポストプレー。最後はペナルティアークでフリーとなっていた関口が富樫のパスをダイレクトで叩き、ネットを揺らした。 その後も仙台の気迫に押される広島は、20分に最終ラインの野上がフリーの状態でまさかのコントロールミス。すかさず奪った赤崎がボックス左に侵入し決定機を迎えたが、シュートはGK林に止められた。 1点を追う広島はサイドの数的有利を生かして攻撃に出るも、クロスの精度、崩しの質が低く、仙台を脅かすまでには至らない。39分に青山が初の枠内シュートを放ったが、GKの正面。 結局前半はチャンスらしいチャンスがなかった広島は、後半から柴崎を下げてエゼキエウを投入。すると早速48分に攻め上がったエゼキエウがシュートに持ち込む。しかし、揺れたのは外のサイドネット。同点には至らない。 そんな中49分に最大の決定機を迎える。青山が右サイドから上げたクロスをゴール前で森島が頭で逸らし、最後は東がシュートへ。完全にフリーだったが、大きくふかしてしまい、枠を捉えることができなかった。 一方、前半同様に熱意のこもったプレーを見せる仙台は、56分に左CKから加藤千尋がヘディングシュート。守勢に回りつつも要所でチャンスを生かす。 その後、さらに交代選手を追加した広島は60分、出場直後の茶島がボックス手前でドリブルを仕掛け、フェイントで相手を躱して左足一閃。個人技が光る見事なプレーだったが、枠に飛ばせず。73分には、左サイドの森島のサイドチェンジを起点にボックス右から茶島がクロス。これを茶島と同時に途中出場したジュニオール・サントスが頭で合わせたが、やはり枠からは遠かった。 それでも攻勢を強める広島。76分にはジュニオール・サントスのビルドアップからスルーパスを受けた野上がボックス右へ侵入し、ゴール前にグラウンダーのクロス。GKも抜けてあとは押し込むだけだったが、飛び込んだ東が合わせられず、2度目の決定機も逸してしまった。 終盤にかけても途中出場の松本がゴールに迫るなどゴールに迫る広島。しかし、アディショナルタイム突入の94分、仙台は途中出場の氣田がボックス中央で単騎突破を仕掛けて右足を振り抜くと、強烈な一撃がゴール右に突き刺さり勝負あり。 最後は氣田のJ1初ゴールで試合を決めた仙台は5試合ぶりの勝利。残留に向けて希望を残した。 ベガルタ仙台 2-0 サンフレッチェ広島 【仙台】 関口訓充(前10) 氣田亮真(後49) 2021.10.23 16:07 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly