「最後のチャレンジをスタートできる理想的な選択」20年ぶりにパルマ復帰のブッフォンが決意を語る

2021.06.23 14:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20年ぶりに古巣のパルマへと復帰した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)が、入団会見に臨んだ。パルマの下部組織で育ったブッフォンは、1995年に17歳でセリエAデビュー。以後、パルマの正守護神として公式戦220試合で210失点、85回のクリーンシートを成し遂げ、コッパ・イタリアやコッパ・イタリア、UEFAカップのタイトルに貢献した。

2001年には当時のGK史上最高額の移籍金でユベントスに移籍。そのままイタリアのみならず、サッカー界を代表する守護神として長年君臨。2018-19シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)時代を除く19年間もユベントスでプレー。公式戦685試合の出場で539失点、322度の無失点を誇り、10度のスクデット獲得などに貢献した。
17日に2年契約での加入が発表されたブッフォンは、22日に入団セレモニーに出席。その後入団会見に臨み、来シーズンはセリエBを戦う古巣への愛情と、移籍の経緯を語った。

「この選択で僕が自分自身に与えた唯一のメッセージは、自分を深く知り、感情を伴わなければ、物事はうまくいかないと知ることだった」

「何かが起こるまでの20日間、自分にできるチャンスを考えた。そして、妻にメールし、パルマに行くことを伝えた」

「(監督のエンツォ・)マレスカとは何度か話しをしたけど、純粋に戦術的な面での話だった。まずは充電し、自分が一番ワクワクできる選択をする必要があった」

「感情移入が完全にできれば、僕は強力なGKになることができると確信している。最後のチャレンジをスタートできる理想的な選択だった」

「人は変わり、23歳から43歳に成熟した。そうでなければ心配だろう。僕は不遜で冗談が好きな性格だったが、今でもそれがエネルギーとなっている。若い頃の夢がないと続けられない」

また、懐かしさも同時に感じたとしながら、クラブのために野心を持って臨むとコメント。ファンのためにも、パルマのためにも戦いたいと決意。子供たちにもパルマへの想いを伝えられると語った。

「まだ街には行っていないけど、最初の感動は、旧跡に行くために階段を上っているとき、20年も経っているのにどこか昨日のように感じたことだった」

「同じ場所で高いレベルに戻ったと言うことはほとんどできない。ただ、僕はまだ重要なGKであり、クラブの経営陣とともにパルマの重要な目標を持っている。僕をとても信頼してくれる人に、お返しをしたい」

「常にピッチで答えを出すことにフォーカスしてきた。そうでなければ、いつもしてきたことは同じように振る舞うことであり、チームメイトはいつも僕に感謝していた」

「グループに参加し、冗談を言い、必要な時に真剣に取り組むことが好きだ」

「パルマに戻って来ることを決めたのは、今後のチームの成果をパルマのみんなと共有したかったからだ。僕の選択では、ファンは重要だった」

「たまにしかないケースを除けば、毎回スタジアムでの敬意の表現に満足していた。パルマに戻って来るたびに、いつだって幸せにしてくれた」

「僕は彼らが与えてくれたもののために、相応しいものをパルマに与えた。僕は全てのチームで団結力を高め、分裂させる要素にはならなかった」

「この選択をした時、若い人でも自分の好きなチームにブッフォンがいたと言えるようになり、それを誇りに思えるようになったら嬉しいということもあった」

「僕の子供たちは、僕にとってパルマがどういった存在であるかをほとんど知らなかった。でも、今では僕が何故このようなことをしているのかを理解してくれるようになった」

今シーズンのセリエAで最下位となったパルマ。大人になった正守護神のブッフォンとともに1年でのセリエA復帰を果たせるかに注目だ。

1 2

関連ニュース
thumb

元伊代表のアントネッリが35歳でキャリアに幕 「みんなに心から感謝」

元イタリア代表DFルカ・アントネッリ(35)が現役引退を表明した。 アントネッリはミランでカルロ・アンチェロッティ監督にプロの世界に導かれ、バーリ、パルマ、ジェノアでプレー。パルマ時代にイタリア代表デビューを遂げるまでに成長すると、2015年2月にミラン復帰を果たした。 第二次ミラン時代には元日本代表MF本田圭佑とも共闘し、2018年8月からエンポリに。2021年2月からはミランのテクニカルディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏らが新設したアメリカのマイアミFCに加入した。 アメリカ2部にあたるUSLチャンピオンシップでのプレーだったが、そこで公式戦19試合に出場した左サイドバックはこのたび、現役生活に終止符。自身のSNSを通じて、現役引退の決断を報告するとともに感謝した。 「そのときが来た。フットボール場でポールと一緒に過ごしてきた人生。その時間に別れの挨拶をするときが来た。また会えるのを願って。ピッチに立ったり、ファンだけが与えられるアドレナリンや、感動を感じられなくなるのは寂しい。このスポーツのおかげで、僕はあらゆる夢が叶った」 「バーリや、パルマ、ジェノア、エンポリ、そしてマイアミFCのクラブ、そこで働くすべての人々、いつも応援してくれるファン、いつも側にいてくれる家族、そして何より、絶対に忘れられないこの旅をともにしたチームメイトたちに感謝したい。みんなに心から感謝する。すごく素敵だった」 2022.11.12 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

セルティックに大勝のレアル、アンチェロッティ監督が歴代最多のCL103勝を記録…クラブも祝福

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、偉大な記録を樹立した。 2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第6節でセルティックと対戦したマドリー。すでにグループステージ突破を決めているマドリーと敗退が決定しているセルティックの試合は、5-1でマドリーが圧勝した。 間取りは6分にルカ・モドリッチ、21分にロドリゴ・ゴエスがそれぞれPKを決めて先制。後半に入っても、51分にマルコ・アセンシオ、61分にヴィニシウス・ジュニオール、71分にフェデリコ・バルベルデがゴールを決めて5-0に。84分にセルティックはジョタが1点を返すが、そのまま終了した。 この試合で勝利を収めたマドリー。この試合の勝利で、アンチェロッティ監督はCL通算103勝を記録し、歴代最多勝利数となった。 これまでの最多勝利は102勝でマンチェスター・ユナイテッドを長年率いていたサー・アレックス・ファーガソン監督。1つのクラブで達成したという偉業は計り知れないところはある。 一方でアンチェロッティ監督は、マドリーの他にも、パルマ、ユベントス、ミラン、チェルシー、バイエルン、ナポリでもCLに参加し、勝利を積み上げてきた。 ただ、2004-05シーズンの準々決勝インテルvsミランの試合は、インテルのサポーターがピッチ内に物を投げ込み試合が中断。0-1でミランは勝っていたが、のちに0-3と没収試合となったこともあり、この1勝を入れないという考えも一部ではあるようだ。 いずれにしてもCLで多くの勝利を挙げているアンチェロッティ監督。偉大な記録はどこまで伸ばされるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】CLで103勝を記録したアンチェロッティ監督とレアルのペレス会長</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡<a href="https://twitter.com/MrAncelotti?ref_src=twsrc%5Etfw">@MrAncelotti</a> es el entrenador con más victorias en la historia de la <a href="https://twitter.com/LigadeCampeones?ref_src=twsrc%5Etfw">@LigadeCampeones</a>! <br><br>103 triunfos <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/RealMadrid?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RealMadrid</a> <a href="https://t.co/qLRPI0NHRK">pic.twitter.com/qLRPI0NHRK</a></p>&mdash; Real Madrid C.F. (@realmadrid) <a href="https://twitter.com/realmadrid/status/1587912435934973955?ref_src=twsrc%5Etfw">November 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.03 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

2回戦は波乱なし! パルマ&ジェノアのセリエB勢はインテル&ローマと対戦に《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア2回戦が行われ、ラウンド16に進出する8チームが決定した。 今ラウンドでは1回戦を勝ち抜いたウディネ―ゼやトリノ、ボローニャといったセリエA勢とジェノアやパルマといったセリエB勢が参戦した。 前ラウンドではサッスオーロやエンポリ、ヴェローナといったセリエA勢が敗れる波乱もあったが、今ラウンドではトリノやスペツィアがセリエBチーム相手にきっちり勝ち切って波乱は起きず。 ただ、今季セリエAで上位に躍進するウディネーゼがセリエAでボトムハーフにいるモンツァに敗れる波乱も。セリエB勢同士の対戦ではジェノア、パルマが勝ち抜いている。なお、SPALの新指揮官に就任したダニエレ・デ・ロッシ監督は勝てば古巣ローマと対戦予定だったが、ジェノアにその夢を打ち砕かれている。 また、昨季セリエAの上位8チームが参戦するラウンド16以降の決勝トーナメントはすでに組み合わせが決定。パルマはインテルと、ジェノアはローマと対戦することに。なお、ラウンド16は2023年1月中旬に開催予定だ。 ◆コッパ・イタリア2回戦結果 ▽10/18(火) ジェノア(2) 1-0 SPAL(2) トリノ 4-0 チッタデッラ(2) ▽10/19(水) スペツィア 3-1 ブレシア(2) パルマ(2) 1-0 バーリ(2) ウディネーゼ 2-3 モンツァ ▽10/20(木) クレモネーゼ 4-2 モデナ(2) サンプドリア 3-2 アスコリ(2) ボローニャ 1-0 カリアリ(2) ◆ラウンド16対戦カード インテル vs パルマ(2) アタランタ vs スペツィア ラツィオ vs ボローニャ ユベントス vs モンツァ ナポリ vs クレモネーゼ ローマ vs ジェノア(2) フィオレンティーナ vs サンプドリア ミラン vs トリノ ※()内は所属カテゴリー 2022.10.21 06:12 Fri
twitterfacebook
thumb

レッチェがパルマDFペッツェッラをレンタルで獲得、昨季はアタランタで29試合に出場

レッチェは26日、パルマからDFジュゼッペ・ペッツェッラ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ナポリ生まれのペッツェッラは、パレルモの下部組織出身。2017年7月にウディネーゼへと移籍すると、ジェノア、パルマへのレンタル移籍を経て、2020年9月にパルマへと完全移籍する。 左サイドバックを主戦場としており、2021-22シーズンはアタランタへとレンタル移籍。セリエAで21試合3アシスト、チャンピオンズリーグで3試合、ヨーロッパリーグで4試合プレーしていた。 また世代別のイタリア代表を経験。2017年のU-20ワールドカップのメンバーとしてチームの3位に貢献していた。 2022.08.26 23:50 Fri
twitterfacebook
thumb

エンポリがパルマからMFグラッシを獲得! 昨季セリエA30試合出場もカリアリが降格…

エンポリは17日、パルマからイタリア人MFアルベルト・グラッシ(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。今回の契約には特定の条件を満たした場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。 イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのプリマヴェーラ育ちであるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルMF。2014年11月に行われたローマ戦でセリエAデビューを飾り、2016年にはナポリへステップアップ。しかし、その新天地ではポジションを掴めず、SPALやパルマへのレンタル移籍を経験した後、2020年にパルマへ完全移籍した。 その後、パルマの降格に伴い、昨シーズンはカリアリへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。個人としてはセリエA30試合に出場するなど主力として活躍したが、クラブのセリエB降格に伴い、完全移籍は実現せず。 そして、今シーズンはエンポリへレンタル移籍することになり、個人としてはセリエA残留となった。 2022.08.18 22:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly