「クーマンの下でプレーしたい」…デパイ、バルサ移籍間近を認める

2021.06.17 08:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)がバルセロナ移籍間近を認めた。マンチェスター・ユナイテッドでの挑戦が鳴かず飛ばずに終わったデパイだが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦178試合76得点55アシストの数字を収め、今やキャプテンマークも託される。

だが、リヨンとの契約は今季最終年。昨夏からオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の意向を受け、バルセロナ行きの可能性が取り沙汰され続けており、今夏の動向も大いに注目されているところだ。

クーマン監督の来季続投も決まり、カンプ・ノウ行きが現実味を帯びるデパイ。17日にアムステルダムで行われるユーロ2020グループC第2節のオーストリア代表戦前会見で、バルセロナ移籍が近づいていると話した。

「僕とバルサの繋がりが取り沙汰されてきたのは誰もが知っての通りで、ロナルド・クーマンの下でプレーがしたい。待っていれば、自ずと知らせがやって来るだろうね」

なお、クーマン監督も『Voetbal International』で「契約はほぼ完了している。まだサインに至ったわけじゃないが、ほぼ終わった」と述べ、デパイの獲得が迫っていると明かしている。
関連ニュース
thumb

ニースがU-24仏代表DFバールの獲得を正式発表

ニースは7月31日、リヨンからU-24フランス代表DFメルヴァン・バール(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 U-24フランス代表として東京オリンピックに参加していたバールはチームのグループステージ敗退に伴い、フランスに帰国。30日にメディカルチェックをパスし、今回の正式契約に至った。 リヨンの下部組織出身のバールは173cmの小柄な左サイドバック。2019年12月に行われたリーグ・アンのニーム戦でトップチームデビューを飾った俊英は、高精度の左足に加え、積極的なドリブル突破やインナーラップでアタッキングサードでの崩しに絡むモダンな攻撃的サイドバックだ。 昨シーズンは公式戦18試合に出場するなど、リヨンのトップチームで活躍の兆しを見せていたが、新天地は今夏積極補強を行っているニースとなった。 2021.08.01 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨン、アヤックス守護神オナナ獲得が決定的に!

リヨンがアヤックスに所属するカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(25)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今夏の移籍市場でアヤックス退団が有力視されるオナナにはアーセナル、インテルという2クラブからの関心が伝えられていた。 しかし、その争奪戦を制したのはアヤックス時代に同選手を指導していたピーター・ボス新監督が率いるリヨンとなったようだ。 『レキップ』によると、アヤックスは当初、移籍金を1400万ユーロ(約18億2000万円)に設定していたものの、最終的に両クラブは800万ユーロ(約10億4000万円)で合意に達したという。 バルセロナのカンテラ出身のオナナは2015年にアヤックスに完全移籍。2016–17シーズンにトップチームの守護神の座を獲得すると、ここまで公式戦204試合に出場。2度のエールディビジ制覇を含む5つのタイトル獲得に貢献してきた。 ただ、昨年10月に妻が処方されていた薬を誤って服用し、ドーピング違反による出場停止処分を科されたオナナは、処分期間が9カ月に短縮されたものの、2021年11月までプレーできない状況にある。 なお、リヨンは今シーズンに関してはヨーロッパリーグとクープ・ドゥ・フランスでのプレーを確約しているという。そして、オナナの試合勘を養った後、2022-23シーズンは同年が契約最終年となるポルトガル代表GKアントニー・ロペスとポジションを争わせる意向を持っているようだ。 2021.07.31 14:37 Sat
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、リヨンのデンマーク代表DFアンデルセンを獲得

クリスタル・パレスは28日、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍金は2200万ユーロ+ボーナス500万ユーロの総額2700万ユーロ(約35億1000万円)とのことだ。 コペンハーゲンやミッティランの下部組織で育ったセンターバックのアンデルセンは、トゥベンテでプロデビュー。2017年にサンプドリアに移籍した後、2019年にリヨンに加入。ただリヨンでは出場機会を得られず、昨季はフルアムにレンタルで移籍していた。 そのフルアムではプレミアリーグ31試合に出場。先のユーロ2020ではベスト4まで進出したデンマーク代表の一員として3試合に途中出場していた。 トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドも獲得に関心を示していたようだが、新天地はクリスタル・パレスとなった。 2021.07.29 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表DFアンデルセンの新天地はC・パレス! 近日中に正式決定へ

クリスタル・パレスがリヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)の獲得に成功したようだ。フランス『LE PROGRES』など複数メディアが報じている。 トゥベンテやサンプドリアでの活躍を経て、昨年10月にリヨンから1年レンタルでプレミアリーグ昇格のフルアムに加わったアンデルセン。1年での降格が決まったチームのなかで、192cmの長身センターバックは公式戦31試合に出場し、3バックと4バックを併用するチームの中でソリッドな守備と安定したビルドアップで個人としては評価を高めていた。 そのアンデルセンに関してはトッテナムとマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられていた。 しかし、『LE PROGRES』や移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、新天地はパトリック・ヴィエラ監督が率いるパレスとなるようだ。 リヨンとパレスは2200万ユーロ+ボーナス500万ユーロという総額2700万ユーロ(約35億1000万円)という条件で合意に至っており、すでに個人間で合意に至っているアンデルセンはメディカルチェック受診後に2026年までの5年契約にサインすることになるようだ。 2021.07.25 17:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ユムティティに古巣リヨンが関心! 給与折半でのレンタルを希望か…

バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(27)に古巣リヨン復帰の可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 現在、深刻な財政難に喘ぐバルセロナは、新シーズンに向けてリーグが定めるサラリーキャップ遵守が求められる中、余剰人員の整理とチーム全体の給与削減に取り組んでいる。 そういった中、現時点でセンターバックの5番手に甘んじているユムティティに関しては、クラブがフリーでの移籍を容認する通知を行ったとされている。ただ、他クラブではバルセロナで受け取っている以上の給与を受け取れる可能性が低いこともあり、選手自身はクラブからの申し出を固辞したと見られている。 ただ、『スポルト』が伝えるところによれば、そのユムティティに対して古巣であるリヨンが獲得に興味を示しているようだ。 生まれはカメルーンもリヨン育ちのユムティティは2016年にバルセロナに移籍するまで、長らくフランス屈指の名門の最終ラインを支えており、クラブは今夏のタイミングでの復帰を画策しているという。 ただ、ユムティティがバルセロナで受け取っている高額な給与を支払う余裕はなく、リヨンはバルセロナと給与50%を折半する形のレンタル移籍での獲得を希望している。 そのため、バルセロナとユムティティが現時点でリヨンからの申し出を受け入れるかは不透明な状況だという。 2021.07.18 16:38 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly