「クーマンの下でプレーしたい」…デパイ、バルサ移籍間近を認める

2021.06.17 08:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)がバルセロナ移籍間近を認めた。

マンチェスター・ユナイテッドでの挑戦が鳴かず飛ばずに終わったデパイだが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦178試合76得点55アシストの数字を収め、今やキャプテンマークも託される。

だが、リヨンとの契約は今季最終年。昨夏からオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の意向を受け、バルセロナ行きの可能性が取り沙汰され続けており、今夏の動向も大いに注目されているところだ。

クーマン監督の来季続投も決まり、カンプ・ノウ行きが現実味を帯びるデパイ。17日にアムステルダムで行われるユーロ2020グループC第2節のオーストリア代表戦前会見で、バルセロナ移籍が近づいていると話した。

「僕とバルサの繋がりが取り沙汰されてきたのは誰もが知っての通りで、ロナルド・クーマンの下でプレーがしたい。待っていれば、自ずと知らせがやって来るだろうね」

なお、クーマン監督も『Voetbal International』で「契約はほぼ完了している。まだサインに至ったわけじゃないが、ほぼ終わった」と述べ、デパイの獲得が迫っていると明かしている。

関連ニュース
thumb

イカルディが後半ATに劇的逆転弾! PSGがメッシホームデビューを白星で飾る開幕6連勝《リーグ・アン》

リーグ・アン第6節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsリヨンが19日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-1で逆転勝利した。   開幕5戦全勝で首位に立つPSGが、ボス新体制で7位に位置するリヨンをホームで迎え撃ったリーグ屈指の強豪対決。   PSGはミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦でメッシ、ネイマール、ムバッペの新トリデンテを初お披露目したものの、格下クラブ・ブルージュに五分の戦いに持ち込まれて痛恨の1-1のドロースタートとなった。そのドローからのバウンスバックを図る一戦ではメッシが待望のホームデビューを飾り、ムバッペ、ネイマール、ディ・マリアと共にアタッキングユニットを形成した。   1トップにムバッペ、2列目に右からディ・マリア、メッシ、ネイマールを並べる守備度外視の布陣でリヨンとのビッグマッチに臨んだPSG。立ち上がりから攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となった中、ディ・マリアとメッシのアルゼンチンコンビが良い関係性でフィニッシュに絡んでいく。   以降はシャキリ、エカンビの両翼を起点にリヨンが効果的にカウンターを繰り出し、強豪対決らしいがっぷり四つの攻防が続く。その中でこの日の主役のメッシが続けて見せ場を作る。   まずは32分、カウンターからボックス手前左でボールを受けたネイマールが相手守備を引き付けて絶妙なヒールパスを落とすと、これに抜け出したメッシがボックス左でGKと一対一の絶好機を迎える。だが、右隅を狙ったシュートはGKアントニー・ロペスが粘り強く残した足にはじき出される。さらに、37分にはボックス手前の好位置で得たFKの場面で、メッシが左足で直接狙うが、このシュートは枠の右上隅を叩いた。   結局、0-0のスコアで試合を折り返したPSGは後半もなかなかリズムを掴めない。すると、54分には左サイドのエカンビへあっさりとサイドチェンジを許すと、そこからの折り返しを中央に走り込んだパケタに左足で流し込まれ、先制点を奪われた。   すぐさま反撃に出たホームチームは流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないが、63分にはボックス左で仕掛けたネイマールがDFデナイヤーのファウルを誘い、PKを獲得。メッシがキッカーを務めれば、加入後初ゴールとなるが、ここはネイマール自らキッカーを務め相手GKの逆を突くシュートを流し込んだ。   ひとまず追いついて落ち着きを取り戻したPSGはボールの主導権を握りながら逆転ゴールを目指す。74分にはメッシに後半最初の見せ場が訪れるが、ボックス手前から放った左足のシュートは枠の右に外れた。   ホームで勝ち切りたいポチェッティーノ監督は76分にメッシを下げてハキミ、82分にはディ・マリアに替えてイカルディを投入。ハキミとネイマールを両サイドに置き、イカルディとムバッペを2トップに配した布陣でゴールをこじ開けにかかる。   一連の交代でより攻撃にスピードと迫力が出てきたものの、敵地で引き分け良しとするリヨンにうまく時計を進められて試合は1-1のまま4分のアディショナルタイムに突入する。だが、ここで底力を見せたPSGは92分、左サイド深くで仕掛けたムバッペが絶妙な浮き球のクロスを上げると、イカルディが相手DFの死角から飛び出す巧みな動き出しから冷静にヘディングシュートを叩き込んだ。   そして、イカルディの値千金の逆転ゴールでリヨンとの強豪対決を制したPSGが、CL初戦ドローを払しょくするリーグ開幕6連勝を飾った。 2021.09.20 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表DFボアテングが有罪も前科付かず、元妻への暴力行為で罰金2億3400万円

元妻への暴行容疑で地方裁判所に出廷したリヨンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、有罪判決を受けた。ドイツ『ビルト』が伝えた。 問題となっているのは、ボアテングの元妻であるシェリン・センラーさんに対する3年前の暴力。2人は2007年から交際をスタートさせ、双子の女の子を授かったものの、2018年に離婚。2019年にセンラーさん側から家庭内暴力で起訴されていた。 9日、ボアテングは裁判所に出廷。自身の暴行については否定したが、判決は有罪となり罰金処分が下された。 懲役5年とも報じられていた中、『ビルト』によればボアテングは1回3万ユーロ(約390万円)を60回に分けて支払うとのこと。合計で180万ユーロ(約2億3400万円)の罰金となった。 なお、検察官は危険な身体的危害、暴行、侮辱の罪で、執行猶予付きの1年6カ月を求刑していたが、罰金処分に終わった。 1回の罰金学はボアテングの収入に応じて決められるが、最大で3万ユーロしか科せられず、最高額になるとのこと。月収を90万ユーロ(約1億1700万円)と見たてており、年収を1080万ユーロ(約14億円)と考えて計算しているようだ。 また、60回の罰金となるものの、ドイツでは刑期は90日を上回った場合は前科とみなされるため、ボアテングは前科者にはならないという。 今回の事件は起訴状によると、ボアテングがカリブ海のタークス・カイコス諸島でバカンスを過ごしていた最中に、センラーさんを殴打したとされている。ボアテングは、侮辱しながら殴ったり、頭に噛みつき、地面に叩きつけるなどの行為に及んだとのこと。また、検察官によると、ガラス製のランタンや保冷バッグを“全力”で投げつけたとのこと。罪状は、侮辱罪と故意の身体的危害とされていた。 2021.09.10 12:37 Fri
twitterfacebook
thumb

元妻への暴行容疑で出廷の元ドイツ代表DFボアテングが無罪を主張…事の発端は“カードゲーム”での口論

今夏バイエルンを退団し、リヨンへと移籍した元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング。元妻への暴行容疑で地方裁判所に出廷したが、容疑を否認した。 問題となっているのは、ボアテングの元妻であるシェリン・センラーさんに対する3年前の暴力。2人は2007年から交際をスタートさせ、双子の女の子を授かったものの、2018年に離婚。2019年にセンラーさん側から家庭内暴力で起訴されていた。 元々2020年12月に裁判が開かれる予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でここまで延期に。9日にJ・ボアテングはミュンヘンの地方裁判所に出廷することになっていた。 ドイツ『ビルト』によると、ボアテングは紺色のスーツに白いシャツで出廷。4人のボディガードが脇を固めていたという。 起訴状によると、ボアテングはカリブ海のタークス・カイコス諸島でバカンスを過ごしていた最中に、センラーさんを殴打したとされている。ボアテングは、侮辱しながら殴ったり、頭に噛みつき、地面に叩きつけるなどの行為に及んだとのことだ。 また、検察官によると、ガラス製のランタンや保冷バッグを“全力”で投げつけたとのこと。罪状は、侮辱罪と故意の身体的危害とされている。 なお、ボアテングの主張によると、センラーさんを押しのけようとした際に倒れ込んでしまったとのこと。また、投げつけたのはランタンではなくクッションだったといい、ランタンはテーブルからただ地面に落ちただけとのことだ。 事の発端は、カードゲームでの口論だったという。平和な休日で良い雰囲気だったというが、カードゲーム中にセンラーさんと友人の1人が、ボアテングがカードゲームでイカサマをしていると非難。口論がどんどんエスカレートしていったようだ。 しかし、翌日には両者は仲直り。壊れたランタンなども夜のうちに片付けられ、謝罪もしたという。 ただ、センラーさんの主張は違う。「親指で私の目をこんな風に掴んだ」と主張し、「彼は私の髪を引っ張り、頭に噛み付いた。唇を叩き、頭を引っ張り、血を私の顔に吐きかけた」というものだった。また、跪いた時には、腎臓を激しく殴り、呼吸ができなくなったという。 ボアテングの弁護士も、センラーさんの主張には何も証拠がないとし、この訴訟は本来は中止されるべきだったと主張している。 なお、センラーさんとその友人も証言するとのこと。『ビルト』によれば4人の証人が召喚されているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】元妻への暴行容疑で出廷した際のボアテングの様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Ligue 1 : ouverture du procès de Jérôme Boateng pour violences conjugales<a href="https://t.co/snsgxOhECR">https://t.co/snsgxOhECR</a> <a href="https://t.co/Mgduw2qd4M">pic.twitter.com/Mgduw2qd4M</a></p>&mdash; franceinfo (@franceinfo) <a href="https://twitter.com/franceinfo/status/1435941503361245192?ref_src=twsrc%5Etfw">September 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jerome Boateng has appeared in a Munich court accused of assaulting ex-girlfriend <a href="https://t.co/33dhWXiIKm">https://t.co/33dhWXiIKm</a> <a href="https://t.co/QkVvIJQRGG">pic.twitter.com/QkVvIJQRGG</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1435914667885531138?ref_src=twsrc%5Etfw">September 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.09 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

J・ボアテング、3年前の元妻への家庭内暴力で懲役5年に直面

先日にリヨン移籍が発表となった元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが懲役5年の刑に直面しているようだ。フランス『RMC Sport』などが報じている。 問題にあがっているのは、J・ボアテングの元妻であるシェリン・ゼンラーさんに対する3年前の暴力。2人は2007年から交際をスタートさせ、双子の女の子を授かったものの、2018年に離婚。2019年にゼンラーさん側から家庭内暴力で起訴されていた。 元々昨年12月に裁判が開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの影響でここまで延期に。今月9日にJ・ボアテングはミュンヘンの裁判所に出廷することになっており、最大懲役5年の刑罰を受けると見込まれている。 なお同選手は、ゼンラーさんとの離婚後に付き合っていたカシア・レンハルトさんが今年2月に自殺する事態が起きており、女性関係で苦難が続いている。 2021.09.08 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

J・ボアテングがリヨン加入を改めて説明 リベリ&フリックへの相談も明かす

元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)が今夏のリヨン入り決断の理由を改めて説明した。ドイツ『シュポルト1』が伝えている。 昨シーズン限りで10年間在籍したバイエルンを離れ、今月1日にフリートランスファーでリヨンへ加入したボアテング。 ここまで世界中のクラブからオファーが舞い込んだ中、リーグ・アン初挑戦を決断した32歳は、リヨン行きを選んだ理由について改めて説明。クラブのプロジェクトに対する共感を大きな理由に挙げつつも、元同僚FWフランク・リベリやバイエルン前指揮官であるハンジ・フリック監督からの助言の影響を挙げている。 「新しいクラブを探すということに不安はなかったよ。むしろ、『どのクラブを選べばいいのだろう?』ってワクワクした気持ちだったよ。いつも自分に言い聞かせていたのは、“正しい直感を待つ”ということだね」 「そう言う意味ではリヨンがそれに該当するクラブだった。クラブもプロジェクトも、ピーター・ボス監督の目標も気に入っているんだ。とてもいい話し合いができたよ」 「リベリからは、リヨンはフランスの素晴らしいクラブだと言ってもらったよ。同時に、彼は今回の移籍を喜んでくれているというメッセージをもらったよ」 「ハンジ・フリックは、リヨンは国際レベルの良いクラブであり、僕の移籍が実現すれば嬉しいって言ってくれたんだ。彼は、僕自身で決断しなければならないと言い、最後には自分の心と直感に耳を傾けるべきだとアドバイスをくれていたんだ」 2021.09.04 22:32 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly