ジャカが“金髪”に大幅イメチェン!変貌ぶりに美人妻も開いた口が塞がらず

2021.06.16 19:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカがイメージチェンジを行った。

ローマへの移籍も取り沙汰されているジャカは現在スイス代表の一員としてユーロ2020に参戦中。16日にはグループA第2節で決勝トーナメント進出を争うイタリア代表と対戦する。

12日に行われたウェールズ代表戦では先制しながらも追いつかれ、1-1の引き分けに終わっており、是が非でも勝利が欲しいところだ。

そんな中、ジャカは15日に自身のインスタグラムを更新。「サプライズ!」と題して黒かった頭髪を金髪に綺麗に染め上げ、そのことを知らせないまま妻のレオニータさんとビデオ通話する様子を投稿した。

通話がつながるや否や、レオニータさんは口を大きく開けて唖然。しばらく言葉を失っていた。奥様へのサプライズを成功させてジャカ。下馬評ではイタリア代表有利と見られる一戦だが、気合の金髪でサプライズを起こせるか。



1 2
関連ニュース
thumb

ヴェンゲル氏がスイス代表監督候補に浮上、初の代表監督に?

長らくアーセナルで指揮を執ったアーセン・ヴェンゲル氏に現場復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2017-18シーズンを最後に、アーセナルの監督を退任したヴェンゲル氏。その後はどのチームでも指導せず、解説の仕事などを行っている。 監督業を引退したわけではないヴェンゲル氏。すると、スイス代表監督の候補の1人に挙がっているとスイス『Blick』が伝えた。 現在はFIFAの育成部門のチームでもあるヴェンゲル氏。スイス代表監督に就任した場合は、短期的に引き継ぐことになると見られている。 スイス代表を7年間指揮したウラジミール・ペトコビッチ監督は、ユーロ2020を最後に退任。ボルドーの監督に就任したため、後任を探す必要があった。 ヴェンゲル氏は2022年のカタール・ワールドカップに向けた欧州予選を指揮するとのこと。3月のプレーオフまでになると見られている。 ヴェンゲル氏はナンシー、モナコ、名古屋グランパス、アーセナルで監督を務め、代表チームからのオファーはこれまで何度も断りを入れていた。果たしてスイス代表の指揮を執るのか、注目が集まる。 2021.07.30 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクFWメーメディ、スイス代表を引退

ヴォルフスブルクのFWアドミール・メーメディ(30)が16日、スイス代表からの引退を発表した。 2011年6月にスイス代表デビューを飾ったメーメディは、これまで76試合に出場して10ゴールをマーク。2度のワールドカップとユーロ出場を果たしていた。 先のユーロ2020でも2試合に出場したメーメディはヴォルフスブルクの公式サイトで以下のように語っている。 「いつ代表に別れを言うかは自分で決めたいと常に思っていた。ユーロで代表のキャリアを終えられることは価値のあることだと思った。代表で長年プレーできたことを誇りに思う」 2021.07.16 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「自分たちを責めるしかない」モウリーニョがEUROベスト16敗退のフランスを批判

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ユーロ2020決勝のトーナメント1回戦で敗退したフランス代表を批判した。 優勝候補の一角として大会に臨んだワールドカップ王者のフランス代表は、"死の組"と呼ばれたグループFを首位で突破し、6月28日に行われたラウンド16でスイスと対戦した。 先制されながらもFWカリム・ベンゼマの2得点とMFポール・ポグバのゴールで3-1と逆転したが、残り10分間で2点差を追いつかれると、PK戦の末に敗れた。 まさかの早期敗退となったフランスに対して、イギリス『talkSPORT』に出演したモウリーニョ監督は痛烈に批判。壮大なポテンシャルがあることを認めつつ、負けた原因を「傲慢になったこと」とコメントしている。 「フランスは傲慢になったが故に、世界チャンピオンと欧州チャンピオンの両方になるチャンスを失った」 「このチームには、他のチームとは比較にならないほどの素晴らしいポテンシャルがある。イングランドよりも、イタリアよりも良いチームだが、サッカーは彼らを罰した。それは当然のことなんだ」 「チームのパフォーマンスの問題ではない。彼らは1点ビハインドの状況で試合の流れを変え、20分の間に見事なサッカーでスイスを破壊した。おそらく今大会で最高のプレーだったよ」 「そして、サッカーは彼らに罰を与えた。彼らの(得点時の)喜び方、反応の仕方、デシャン監督が行った選手交代に対してだ」 また、スイス戦の終盤で行った守備的な采配に関しても非難し、本来はフランスの方が格上だったと強調した。 「グリーズマンを下げてのシソコの投入は、延長戦に突入しないことを想定した選手交代だったのだろう」 「フランスは自分たちを責めるしかない。彼らの方が優れたチームだったね」 2021.07.14 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

スイスの躍進に貢献したエンボロに長期離脱の可能性…

ユーロ2020でベスト8進出に貢献したスイス代表FWブリール・エンボロだが、新シーズンの開幕に出遅れることになった。同選手が所属するボルシアMGは6日、エンボロの負傷を報告した。 エンボロは今回のユーロで全5試合に出場し、初戦のウェールズ代表戦で1ゴールを挙げるなど、持ち味の強靭なフィジカルとスピードを武器に前線の主力の一人として活躍した。 しかし、2日に行われたスペイン代表との準々決勝では前半半ばに左足を痛めて負傷交代となっていた。 そのエンボロに関してボルシアMGは今後の経過をチェックする必要があるとしながらも、左ハムストリングに損傷を負っていることを明かした。 現時点で離脱期間は不明だが、来月のブンデスリーガ開幕に間に合わない可能性が高そうだ。 2021.07.07 13:57 Wed
twitterfacebook
thumb

「選手たちはヒーロー」PK戦でベスト8敗退のスイス、ペトコビッチ監督は前を向く「ポジティブな気持ちの方が大きい」

スイス代表のウラジミール・ペトコビッチ監督が、スペイン代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 スイス代表は、フランスとのPK戦を勝ち抜いて史上初のベスト8に進出。準々決勝では前々回王者のスペイン代表と対戦した。 キャプテンのグラニト・ジャカを出場停止て欠いたスイスは8分にオウンゴールで失点。スペインに押し込まれる時間もある中、68分に一瞬の隙を突いてジェルダン・シャキリが同点ゴールを決める。 しかし、77分にレモ・フロイラーが一発退場。数的不利となるも1-1のまま延長戦へ。延長後半にはジェラール・モレノに決定期を迎えられるが、GKヤン・ゾンマーのスーパーセーブもあり2試合連続のPK戦となった。 PK戦ではスペイン代表GKウナイ・シモンが2つのセーブを見せてスペインが勝利。スイスはベスト8での敗退となった。 ペトコビッチ監督は試合後の記者会見でスペイン代表を祝福。しかし、誇りを持って大会を去ると選手たちを讃えた。 「スペインを祝福したい。彼らはあらゆるチャレンジをし、最後にはPK戦で勝利した。私はチームと全ての選手を誇りに思っている」 「我々の選手たちは、今夜のヒーローだった。我々は準決勝に進むのに値すると思っていた」 また、ベスト4を目の前にしての敗退に落胆しながらも、ポジティブな気持ちであると語った。 「複雑な気持ちだ。私は誇りを持っている。我々全員が誇りを持つべきだろう。誇りを持ったまま、ここを去ることができる」 「一方で、準決勝まであと一歩のところまで来ていた訳で、そんなことは滅多に起こらない。ネガティブな気持ちよりも、ポジティブな気持ちの方が大きい」 2021.07.03 12:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly