“社長”フラミニが新プロジェクト立ち上げ、相棒は元同僚エジル

2021.06.11 18:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表MFマテュー・フラミニがフェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルとともに、新事業に乗り出すようだ。

かつてはアーセナルやミランでプレーし、献身的な守備で中盤に不可欠なプレイヤーとなっていたフラミニ。しかし、2019年夏にヘタフェを退団してからは無所属のまま約3年が経過しており、事実上の引退状態になっている。

また、サッカー選手とは別に経営者の顔を持っていることでも有名だ。2008年にビジネスパートナーと共に「GFバイオケミカル」という会社を設立すると、石油の代替エネルギーとなり得る新エネルギー、レブロン酸の大量生成に成功しており、その市場規模は200億ポンド(約3兆円)にも上ると見られている。

そんなフラミニはイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「これまで以上に忙しい日々を送っているよ」とコメント。経営者としての生活についてを話した。

「僕はエネルギーに溢れた人間だ。毎日、トレーニングをしているし、それが僕のライフスタイルの一部になっている。椅子に座っていると不安になるんだよ」

「僕はバイオ燃料の分野で様々なことに取り組んでいる。環境問題の解決策を探っているんだ」

また、今回アーセナル時代の元同僚であるエジルをビジネスパートナーに迎え、新プロジェクト『UNITY』を設立したことを発表。アスリートの食生活を考え、健康を管理するサプリメントを販売するサービスのようだ。

「サッカー界には10代の若者も多く、トップアスリートでさえ、砂糖と着色料が多く入った不健康なエナジードリンクを飲んでいる。それにはショックを受けたね」

「僕らのアイデアは人々が自分の健康をコントロールできるように、特定の目標に向けたサプリメントを作ることだった。他の市場にある製品は自然の素材を使っていなかったり、あまり重要ではないことに焦点を当てて作られていたりしていたからね」

さらに、相棒となるエジルについても言及。「サッカー選手としてのプレーが彼の最優先事項だ」としつつも、別分野での再びの共演を喜んだ。

「彼は多くのアイデア、多くの意見を持っている。時には決断を迫られることもあるけど、まるでブレインストーミングのように、通話やメッセージで連絡を取り合ったり、写真を取り合ったりしているよ」

「定期的に連絡を取り合って話をすることができるから、とても楽しいね。このプロジェクトは、僕らの長年の友情を続けさせてくれているんだ」

関連ニュース
thumb

ジャカがローマ行きから一転、残留の可能性? アーセナルが好条件の契約延長オファー

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ移籍から一転、アーセナルと契約延長する可能性が出てきている。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やイギリス『The Athletic』が報じている。 ジャカは今夏の移籍市場においてローマの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がっており、セリエA初挑戦に前向きなスイス代表MFはすでに個人間での合意も伝えられていた。 その一方で、ローマが直近に掲示したと言われる総額1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーは、アーセナルサイドに拒絶されていた。 その後、アーセナルがアンデルレヒトからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を完全移籍で獲得したことから、ローマとのクラブ間交渉に何らかの動きが出ると思われていたが、ここまで交渉は停滞している。 そういった中でロマーノ氏が伝えるところによれば、アーセナルはジャカに対して2025年までの契約延長オファーを掲示したという。サラリーに関してはローマが掲示したものより高額で、クラブはジャカがローマ行きを蹴って残留を選ぶことに自信を持っているとのことだ。 ただ、ジャカ自身は未だにローマ行きを希望していると考えられており、ローマとしてはアーセナルが要求する移籍金を満たす再オファーが必要となる。 2021.07.31 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル加入のDFベン・ホワイトが移籍を語る「良い雰囲気を感じた」

アーセナルに加入したイングランド代表DFベン・ホワイトが意気込みを語った。 アーセナルは30日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからベン・ホワイトを獲得。長期契約を結び、背番号は「4」に決定した。 移籍金は5000万ポンド(約76億2600万円)とも報じられているベン・ホワイト。ブライトンの下部組織出身で、2020-21シーズンはリーズ・ユナイテッドで主力としてプレー。ビルドアップ能力に長けるセンターバックだ。 アーセナルとしてはミケル・アルテタ監督が掲げるサッカーに適したCBの獲得に成功。ユーロ2020ではメンバーに選ばれるも出場機会は訪れなかったが、将来が期待されるCBだ。 ベン・ホワイトはアーセナルでの最初のインタビューに応じ、移籍を決めた理由やアーセナルでのキャリア、自身の強みを語った。 「正直、多くの説得力は必要なかったと思う。もちろん、アーセナルを見ていれば一目瞭然で、夏の間に何度も監督と話をした」 「良い雰囲気を感じたし、監督が望んでいるプレーのやり方は、このチームでクオリティを生み出し、アーセナルを取り戻すことができると思っている」 「僕はフットボールリーグでプレーしていた。ローンで多くのチームでプレーしたけど、飢えはまだ残っている。ビッグクラブに加入することができて、このチームのレベルを上げることができて本当に嬉しい」 「試合で難しい時間を迎えた時、僕は力を入れて状況をコントロールできる。ボールを持つととてもリラックスできるし、試合の悪い局面でもクオリティを発揮できるようにしなければならない」 「僕の主戦場は明らかにセンターバックだ。それは何年にも渡って成長してきたポジションだよ。僕はチームを助けるために、様々なポジションをやってきた。そしてチームを助けることができると思う。今シーズン、必要なるならば、もちろんやるよ」 <span class="paragraph-title">【動画】ベン・ホワイトがアーセナルに到着!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJGNkhVVDBmZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.31 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがベン・ホワイトの獲得を発表!背番号は「4」を着用

アーセナルは30日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからイングランド代表DFベン・ホワイト(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とだけ明かしており、背番号は4を着用する。 なお、イギリス『BBC』によれば移籍金は5000万ポンド(約76億2600万円)とのことだ。 ブライトンの下部組織出身のホワイトは昨シーズンにレンタル加入したリーズ・ユナイテッドで台頭。182cmと体格には恵まれていないものの、プレミアリーグのセンターバックでトップレベルのスピードなどアスリート能力が高く、地上戦でも空中戦においても高いデュエルの勝率を記録している。 また、鬼才マルセロ・ビエルサ監督、現指揮官のグラハム・ポッター監督という、2人の智将から攻守両面で多くのことを学んでおり、ビルドアップも魅力の現代的なセンターバックとして昨季は公式戦39試合出場と主力に定着した。 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベンは我々のトップターゲットだったので、彼との契約が完了したことは素晴らしいことだ。ベンは知的なディフェンダーで、ボールを足元に置くことに非常に慣れている。彼のプレースタイルは我々のスタイルにぴったりと合うだろう。彼がクラブの将来的な長期計画の中心となることを、我々全員が楽しみにしている」 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルがベン・ホワイト到着を紹介!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJGNkhVVDBmZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.31 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル氏がスイス代表監督候補に浮上、初の代表監督に?

長らくアーセナルで指揮を執ったアーセン・ヴェンゲル氏に現場復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2017-18シーズンを最後に、アーセナルの監督を退任したヴェンゲル氏。その後はどのチームでも指導せず、解説の仕事などを行っている。 監督業を引退したわけではないヴェンゲル氏。すると、スイス代表監督の候補の1人に挙がっているとスイス『Blick』が伝えた。 現在はFIFAの育成部門のチームでもあるヴェンゲル氏。スイス代表監督に就任した場合は、短期的に引き継ぐことになると見られている。 スイス代表を7年間指揮したウラジミール・ペトコビッチ監督は、ユーロ2020を最後に退任。ボルドーの監督に就任したため、後任を探す必要があった。 ヴェンゲル氏は2022年のカタール・ワールドカップに向けた欧州予選を指揮するとのこと。3月のプレーオフまでになると見られている。 ヴェンゲル氏はナンシー、モナコ、名古屋グランパス、アーセナルで監督を務め、代表チームからのオファーはこれまで何度も断りを入れていた。果たしてスイス代表の指揮を執るのか、注目が集まる。 2021.07.30 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ベジェリンはやはりインテル? 代理人がアーセナル説得に直談判か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(26)が、改めてインテル移籍を求めるようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 2011年7月にバルセロナのカンテラからアーセナルのアカデミーへと加入したベジェリン。ワトフォードへのレンタル移籍を経験すると、2014年7月にファーストチームへと昇格した。 昇格以降はケガなどで戦列を離れることも少なくなかったが、持ち前のスピードと攻撃力を生かし、公式戦239試合に出場し9ゴール29アシストを記録していた。 そのベジェリンだが、予てからインテルへの移籍が浮上。パリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの代役として獲得に動いているという。 しかし、インテルは資金不足のため、買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したい意向がある状況だ。 ただ、アーセナル側はレンタルでベジェリンを放出するつもりはないとのこと。ベジェリンの代理人がアーセナルの幹部と会談し、インテルからのオファーを受け入れることを要望するという。 ベジェリン自身にはインテルへの移籍の意思があり、すでにミケル・アルテタ監督にも伝えているという状況だが、28日に行われたプレシーズンマッチにも後半から出場。アルテタ監督としては完全移籍以外は認めずに戦力として考えているということだろうか。 2021.07.29 22:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly