“社長”フラミニが新プロジェクト立ち上げ、相棒は元同僚エジル

2021.06.11 18:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表MFマテュー・フラミニがフェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルとともに、新事業に乗り出すようだ。

かつてはアーセナルやミランでプレーし、献身的な守備で中盤に不可欠なプレイヤーとなっていたフラミニ。しかし、2019年夏にヘタフェを退団してからは無所属のまま約3年が経過しており、事実上の引退状態になっている。

また、サッカー選手とは別に経営者の顔を持っていることでも有名だ。2008年にビジネスパートナーと共に「GFバイオケミカル」という会社を設立すると、石油の代替エネルギーとなり得る新エネルギー、レブロン酸の大量生成に成功しており、その市場規模は200億ポンド(約3兆円)にも上ると見られている。

そんなフラミニはイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「これまで以上に忙しい日々を送っているよ」とコメント。経営者としての生活についてを話した。

「僕はエネルギーに溢れた人間だ。毎日、トレーニングをしているし、それが僕のライフスタイルの一部になっている。椅子に座っていると不安になるんだよ」

「僕はバイオ燃料の分野で様々なことに取り組んでいる。環境問題の解決策を探っているんだ」

また、今回アーセナル時代の元同僚であるエジルをビジネスパートナーに迎え、新プロジェクト『UNITY』を設立したことを発表。アスリートの食生活を考え、健康を管理するサプリメントを販売するサービスのようだ。

「サッカー界には10代の若者も多く、トップアスリートでさえ、砂糖と着色料が多く入った不健康なエナジードリンクを飲んでいる。それにはショックを受けたね」

「僕らのアイデアは人々が自分の健康をコントロールできるように、特定の目標に向けたサプリメントを作ることだった。他の市場にある製品は自然の素材を使っていなかったり、あまり重要ではないことに焦点を当てて作られていたりしていたからね」

さらに、相棒となるエジルについても言及。「サッカー選手としてのプレーが彼の最優先事項だ」としつつも、別分野での再びの共演を喜んだ。

「彼は多くのアイデア、多くの意見を持っている。時には決断を迫られることもあるけど、まるでブレインストーミングのように、通話やメッセージで連絡を取り合ったり、写真を取り合ったりしているよ」

「定期的に連絡を取り合って話をすることができるから、とても楽しいね。このプロジェクトは、僕らの長年の友情を続けさせてくれているんだ」

関連ニュース
thumb

ユーロ決勝でPK失敗のサカに数千もの励ましのメッセージ「どうお礼を言えば良いのか」

アーセナルのイングランド代表FWブカヨ・サカ(19)がファンのサポートに感謝している。 サカは先のユーロ2020決勝イタリア代表戦でPK戦のキッカーを任され、失敗。ネット上では誹謗中傷を受けていた。 しかし4日、アーセナルの練習場に訪れたサカは数千を超えるファンからの励ましの手紙を目の当たりにした。 このサプライズを受けてサカは自身のツイッターにて次のように感謝を述べた。 「言葉を失ったよ。どうお礼を言えば良いのか。この手紙を全部持ち帰っても良いかな。公園でサッカーをしようって? 僕が必ず勝たせてあげるよ」 2021.08.05 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

一転残留のジャカがエミレーツでの試合後にメッセージ! 「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」

アーセナルに一転残留のスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がファンにメッセージを発信した。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。 ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各媒体もローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。負けこそしたが、69分に同点弾をマークした。 ミケル・アルテタ監督はその試合後、「グラニトは我々の下に残る。我々にとって、重要なメンバーだ」と残留を明言。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏もアーセナルが新契約を打診したと主張している。 そんなジャカは本拠地エミレーツ・スタジアムでの同試合後、自身のインスタグラムに自らが得点時の写真と共に「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」との言葉。ファンにエミレーツが自分の“ホーム”だと主張した。 <span class="paragraph-title">【動画】ジャカがプレシーズンのチェルシー戦でヘディングゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJicUM1YW9jTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

プレシーズン敗戦のアーセナル、アルテタ監督は課題に言及 「自陣でボールを相手に与えれば…」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が敗戦となったプレシーズンマッチを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 13日から始まるプレミアリーグに向けて準備を進めるアーセナルは1日にメンタルヘルス関連の慈善団体『マインド』と協力し、“マインドシリーズ”と銘打たれたプレシーズンマッチでチェルシーと対戦。前半に先制点を許したチームは後半、CKからMFグラニト・ジャカのヘディングシュートで追いつくものの、その後に追加点を奪われ、1-2で敗れた。 試合後のインタビューに応じたアルテタ監督はまず観客の入ったエミレーツ・スタジアムの雰囲気についてコメント。そのうえで、チャンピオンズリーグ(CL)王者を相手に難しい試合だったと認めつつ、収穫もあったことを強調している。 「素晴らしい雰囲気だった。2万5千人くらいのファンがチームをしっかりサポートしてくれて、良いムードだったと思う。ヨーロッパ最高のチームとの対戦は大きな試練だった。ポジティブな部分もあったが、難しいポジションでボールを与えたり守備を固めるべきときにスペースを空けてしまったりと、心配な部分も見られたね。ただ、あのチームに対して我々ができること、そしてここまでの状況を考えれば、ポジティブなものだったよ」 「自陣でボールを相手に渡せば、1、2回のパスでゴールを狙われる。これを解決するのは本当に難しい状況だ。とはいえ、このような状況でも、多くのチャンスを作れた。リスクを取るタイミングについては見極めなければばらない。実際の行動より、重要なのは選手の認識と解釈だ。このようなチームとの対戦でミスをすれば、プレミアリーグでは罰せられるとわかっているはずだからね」 また、アルテタ監督は去就が不透明となっている選手たちにも言及。ジャカの残留は明言した一方で、DFエクトル・ベジェリンやMFジョー・ウィロックの去就については言葉を濁している。 「グラニトは我々と一緒にいてくれるだろう。彼は我々が高く評価している選手であり、チームの重要なメンバーだ。彼がここにいたいと思っていることは明らかだと思う」 「(ベジェリンやウィロックの去就については)わからない。私は彼らを指導し、訓練し、尊重しつつ見守っていきたい。できれば、彼らにはここで気持ちの入った準備をして欲しい。アーセナルの選手である以上、我々の仕事は彼らをできる限り良くすることだからね」 2021.08.02 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFトーマスが開幕前に右足首負傷…全治4〜6週間の可能性も?

アーセナルのガーナ代表MFトーマス・パルティが新シーズンの開幕前に負傷した。 負傷と復帰を繰り返したアーセナル加入初年度を経て、2年目のシーズンに挑むトーマス。アーセナルデビューイヤーに露呈した稼働率の悪さを払拭するような活躍が期待される新シーズンだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに先発すると、前半終盤に右足首を痛め、40分にスイス代表MFグラニト・ジャカとの交代でピッチを後にした。 アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、「まだドクターと話をしただけだ。彼は明日、検査を受ける。今の見立てだと、良い状態のように感じない」と述べている。 現時点で離脱期間などの詳細こそ不明だが、アスリートの負傷に関する専門家のラジパル・ブラル氏が自身のツイッターで明かした見立てによると、高位足関節ねん挫が疑われ、程度がグレード1なら、全治4〜6週間を要する見込み。最近だと、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが強いられたケガと同類だという。 なお、アーセナルは今後、8日のプレシーズンマッチでトッテナムと対戦。14日に行われるプレミアリーグ開幕節でブレントフォードとのアウェイ戦に臨む。 2021.08.02 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカのローマ移籍なし! アルテタが残留明言

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がアーセナルに残留するようだ。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。 ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各メディアでもローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。69分に同点ゴールをマークした。 アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、ローマ行きの憶測が取り沙汰されるなかで再びアーセナルのシャツを着てプレーしたジャカについて、残留を明言した。 「グラニトは我々の下に残るだろう。彼は我々にとって、重要なメンバーだ。今日もプレーしたがり、彼がここにいたいというのは彼を見ても明らかだと思う」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルはローマから届いた移籍金1200万ユーロ(約15億6000万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億9000万円)のオファーを拒否した模様だ。 そして、ジャカに対しても新契約を提示。昇給も含めた2025年6月までの延長オファーで、合意の自信をみなぎらせているという。 2021.08.02 08:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly