PSGがリバプールMFワイナルドゥムの獲得を正式発表、3年契約「さらに上を目指せる」

2021.06.10 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は10日、リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

なお、契約期間は2024年6月30日までの3年間。フリートランスファーでの加入となった。

ワイナルドゥムはスパルタ・ロッテルダム、フェイエノールトのユースで育つと、2007年7月にファーストチームへ昇格。2011年7月にPSVへと移籍すると、2015年7月に海を渡り、ニューカッスルへと完全移籍した。

ニューカッスルでは1年間の在籍だったが、公式戦40試合に出場し11ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ、2016年7月にリバプールへと完全移籍を果たした。

リバプールでは公式戦237試合に出場し22ゴール16アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグのタイトル獲得に貢献すると、今シーズンも公式戦51試合出場で3ゴールと大車輪の活躍を見せていた。

また、オランダ代表としても活躍し75試合に出場し22ゴールを記録していた。

今シーズン限りで契約が満了となり、移籍は既定路線だったがバルセロナ行きが有力視されていた。しかし、突如としてPSG行きが浮上。そのまま契約に至った。

ワイナルドゥムはPSG加入についてクラブを通じてコメントしている。

「パリ・サンジェルマンに加わることは、僕にとって新たな挑戦だ」

「ヨーロッパで最高のチームのひとつに加入することになり、この野心的なプロジェクトに自分の欲望と決意を持ち込みたいと思っている」

「パリ・サンジェルマンは近年その地位を証明してきた。ファンのみんなのために、一緒になってさらに上を目指せると確信している」



1 2
関連ニュース
thumb

メッシはどこへ? 最有力はPSG、忘れてはいけないバルサ残留の可能性

世界中が驚きに包まれたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)のバルセロナ電撃退団。誰もが予想しなかった終わり方は、大きな話題となっている。 ユースに加入してから21年、ファーストチームに昇格してから17年。その間に35のタイトルを獲得し、公式戦778試合に出場し672ゴール305アシストを記録した。 1年前にメッシが退団を表明してから、クラブへの残留を決断。そこから1年後、建設的な会話を続けてきた両者だったが、最後に袂を別つこととなったのは、ラ・リーガが設定しているサラリーキャップ制度に抵触するというものだという。互いの願望に沿わない結末となったことも悲しい出来事と言える。 こうなると気になるのは、そのメッシがどこでプレーするのかだ。バルセロナでのメッシしか知らない中、その候補はいくつかに絞られている。 <span class="paragraph-title">◆第一候補はやはりPSG</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/messi20210806_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> メッシの新天地候補の筆頭に上がるのは、やはりフランスのメガクラブ、パリ・サンジェルマン(PSG)だろう。 昨夏、メッシがバルセロナからの対談を表明した際にも手を挙げたクラブ。世界有数のメガクラブとなった中、今夏も積極的な補強を見せている。 移籍金をかけずにミランからイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、レアル・マドリーからスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを獲得。またインテルからはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得した。 ご存知の通り、フランス代表FWキリア・ムバッペが所属し、バルセロナでもプレーしたブラジル代表FWネイマールも在籍。また、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、MFレアンドロ・パレデス、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティと有数の選手が所属している。 メッシも移籍金はゼロ。決してサラリーは安くはないが、それでも莫大な移籍金がかからないことは大きなプラス材料だ。 さらに、メッシとしてもよく知るネイマールやディ・マリア、パレデスが在籍。長年のライバルだったセルヒオ・ラモスとの共闘も見られるとなると、いよいよPSG悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見えてくるだろう。 <span class="paragraph-title">◆第二の候補は恩師率いるシティ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/messi20210806_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 二番手として考えられるのは、プレミアリーグのマンチェスター・シティだろう。 シティも昨夏の時点でメッシの獲得に手を挙げたクラブ。かつてバルセロナでプレーし、監督も務めたジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮するクラブ。メッシをチームに組み込むことは難しくない。 奇しくも、メッシの盟友であるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが昨シーズン限りで退団し、バルセロナへと移籍したが、新たなストライカーは現時点では確保できず。トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインを獲得するという話が出ているが、どうなるかは不透明だ。 シティもPSGと同様にCL制覇という大きな目標がある。プレミアリーグでは優勝の常連チームとなった一方で、CL制覇は昨季もあと一歩まで迫ったが達成できていない。 バルセロナ時代にメッシの飛躍を加速させたグアルディオラ監督と再びタッグを組むのか。ケインに投資することを決断すれば、メッシにかける費用はないが、間違いなく候補の1つで歯ある。 <span class="paragraph-title">◆三番手は新たな舞台アメリカ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/messi20210806_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 3つ目の候補はヨーロッパを離れるということ。アメリカ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミだ。 イングランドサッカー界のレジェンドであるデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めることでも知られるクラブ。メッシを含めたヨーロッパでプレーしたビッグネームの獲得を目指すことは予てから口にしており、いつでも歓迎する旨を明かしている。 バルセロナとメッシの関係を考えれば、まずスペインでプレーすることは考えにくい。そして、ヨーロッパのクラブでプレーする以上、CLなどでバルセロナと対戦する機会が生まれる。それをメッシが好むかと言われると、難しいところだろう。 しかし、海を渡りアメリカでのプレーを選択すれば、バルセロナと対戦することはなくなる。あったとしてもフレンドリーマッチ。真剣勝負の場ではないことを考えれば、妥当な行き先とも考えられる。 かつてメッシはいずれアメリカでプレーしたいという旨を語っており、2022年のカタール・ワールドカップが終わった後のタイミングだと見られてきた。それが少し早まる形は可能性としてはゼロではない。 <span class="paragraph-title">◆忘れてはならないバルセロナ残留</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/messi20210806_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> そして何よりも忘れてはならないのはバルセロナでプレーするという可能性だ。 バルセロナはメッシとの契約が結べてないということを確かに発表した。しかし「バルセロナとリオネル・メッシは個人間の条件面で合意に達し、本日にも新契約を結ぶという双方の明確な意思があった」と発表。クラブとメッシの間の合意は得られていることを強調している。 問題となったのはラ・リーガの規制。サラリーキャップの問題で、契約できないという状況だ。 つまり、クラブとしてはその規制の中で収められればメッシと契約ができる状況。さらなる条件面の譲歩なのか、クラブとしての財政的な問題なのか、はたまた他の選手の契約にも及ぶ問題なのかは定かではないが、メッシに別れを告げたわけではないことは事実。一転して残留という発表がなされる可能性もゼロではない。 そのほかにも候補としてあげるとすれば、母国に復帰し古巣のニューウェルズ・オールドボーイズに加入することもあるかもしれない。はたまた、バルセロナとの関係、さらには盟友である元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属するヴィッセル神戸に入る可能性もゼロとは言えない。 莫大な移籍金がかからない以上、本人の意思と契約の条件が合致すればどこのクラブでもプレーする可能性はある。今夏、メッシの去就は何よりも注目を集めることになりそうだ。 《超ワールドサッカー編集部》 <span class="paragraph-title">【動画】もう見納めか?リオネル・メッシ、バルセロナでの数々のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxYW1GSHMyTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.06 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ニース、PSGからU-21ポーランド代表GKブルカを買い取りOP付きのレンタルで獲得

ニースは5日、パリ・サンジェルマンからU-21ポーランド代表GKマーシン・ブルカ(21)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のエスコラ・ヴァルソヴィアでプロキャリアをスタートした199cmの長身GKは、2016年7月にチェルシーのアカデミーに加入。トップチームデビューは果たされなかったものの、ユースチームやリザーブチームの主力として活躍していた。 2019年にはフリートランスファーでPSGに2年契約で加入し、同年8月のメス戦でリーグ・アンデビューを飾った。昨季は、9月にスペイン2部カルタヘナへのレンタルされたが、出場機会を得られずレンタル期間を早期に打ち切ると、今年1月からフランス2部のシャトールーへレンタル移籍していた。 2021.08.06 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

オフでも仲良し!メッシがネイマールやディ・マリアらPSG4人組と集合写真!

欧州勢はユーロ2020を、南米勢はコパ・アメリカ2021を戦い、各々がオフを満喫している。それぞれ家族と過ごしたり、趣味に興じたりと有意義な休暇を過ごしている様子だ。 友人との時間を過ごすのも悪くないだろう。その中で、美しい夜景をバックに、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをはじめとしたスターが集結した写真が話題だ。 この写真はブラジル代表FWネイマールがインスタグラムで投稿したもの。メッシに加え、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティといった豪華な顔ぶれが休暇先で終結。ディ・マリアもこの写真を自身のインスタグラムで『フレンズ』のキャプションとともに公開している。 オフでも仲の良いトッププレーヤーたち。リーグアンは今週末、ラ・リーガは来週末に開幕を迎えるが、それぞれの今季の活躍に期待が高まる。 <span class="paragraph-title">【写真】移籍のお誘いも?メッシがPSGの4人と記念写真!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSIfvIpoldY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSIfvIpoldY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSIfvIpoldY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">NJ 10 2021.08.04 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールが休暇満喫中! オーバーウェイトでスロースタート危惧の声も…

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの新シーズンはだいぶスロースタートとなるかもしれない。スペイン『マルカ』がPSGのエースのオーバーウェイトを危惧している。 今夏に行われたコパ・アメリカ2021で相変わらずの存在感を示したネイマールだが、盟友リオネル・メッシのいるアルゼンチン代表に決勝で惜敗し、準優勝で大会を終えることになった。 それでも、クラブと代表で長いシーズンを終えた29歳は現在、地中海のイビサ島で友人や、元恋人で一人息子のダヴィ・ルッカ君(9)の母親でもあるカロリーナ・ダンタスさんらと共に束の間の夏季休暇を満喫中だ。 その中でフランス『RMC sports』のダニエル・リオロ氏が公式『ツイッター』に投稿した1枚の写真がPSGファンを不安にさせている。 同氏が投稿した写真は休暇中のネイマールがヨットの上で水着姿でいる姿が写されていたが、この休暇中にだいぶ暴飲暴食を重ねたのか、お腹がだいぶポッコリとなっていた。 また、ネイマールが自身の公式『インスタグラム』に投稿したPSGの同僚MFマルコ・ヴェッラッティとのツーショット写真では白いタンクトップを着ていたことで腹部の様子は確認できないものの、頬周りやあご周りや全体のフォルムがシーズン中に比べてだいぶ丸みを帯びている印象だ。 これを受けて、SNS上のPSGファンはネイマールのシーズン序盤戦がだいぶスロースタートになることを覚悟する声も挙がっている。 なお、今夏の移籍市場でGKジャンルイジ・ドンナルンマ、DFアクラフ・ハキミ、DFセルヒオ・ラモス、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムらを補強し、強力なスカッドを作り上げたPSGだが、直近に行われたリールとのトロフェ・デ・シャンピオンでは9連覇を阻まれており、微妙な滑り出しとなっている。 <span class="paragraph-title">【画像】ポッコリお腹に丸みを帯びたフォルムに</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Incroyable comme il ressemble à Neymar !! <a href="https://t.co/1VjHkNtj9y">pic.twitter.com/1VjHkNtj9y</a></p>&mdash; Daniel Riolo (@DanielRiolo) <a href="https://twitter.com/DanielRiolo/status/1422220605340987394?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.03 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ドラクスラーがリール戦敗戦を悔やむ…「多くのチャンスを作ったけど…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、トロフェ・デ・シャンピオン2021の敗戦を悔やんでいる。フランス『レキップ』が伝えている。 昨季クープ・ドゥ・フランス優勝のPSGは、1日にイスラエルで行われたトロフェ・デ・シャンピオンでリーグ・アン王者のリールと対戦。前半終了間際にリールMFゼカに決められた鮮烈なミドルシュートが唯一のゴールとなり、0-1の敗戦を喫することになった。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021を戦った多くの主力が不在となった中、FWマウロ・イカルディと共に前線の起点となる仕事が期待されたドラクスラーだが、ほぼ主力を揃えたリールの堅守を最後までこじ開けることができなかった。 同試合後、フラッシュインタビューに応じたドラクスラーは、自身を含む決定力不足を嘆きながらも、主力不在の中でチームとして一定のパフォーマンスを見せることはできたとこの一戦を振り返っている。 「僕らはゴールを逃した。多くのチャンスを作れたと思うけど、どうしてもゴールをこじ開けることができなかった…」 「ファイナルでの敗戦を受け入れることは難しいことだけど、僕らは数人のプレーヤーが不在の中で決して酷いプレーをしたとは思っていない」 「もちろん、僕らは完璧ではなかったけど、後半に関しては自分たちがベストチームだったと思っている」 「リールにはおめでとうと言いたい。僕らのサポーターのことを考えれば、悲しくて失望も感じているけど、チーム全員が最後の最後まで全力を注いだことは確かだ。そして、リーグ・アンの戦いに向けて準備はできているよ」 新シーズンを黒星でスタートすることになったPSGは、7日に覇権奪還を目指すリーグ・アン開幕節で昇格組トロワと対戦する。 2021.08.02 17:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly